まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

須賀神社

高尾氷川神社(埼玉県北本市高尾)5

KIMG4190
 埼玉県北本市の北西部、鴻巣市からも近いところに神社は鎮座していました。

 駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(由緒書きより)。
「当社は、貞観十一年(869)の御創建と伝えられていますが風土記には、文明五年(1473)武蔵一宮氷川男体神社を勧請とあり、詳細は不明ですが、この地が縄文時代の集落であり、祭祀の痕跡もあり、また付近の状況からも貞観年間に鎮斎、文明年間に改めて勧請されたものと考えられます。旧地頭牧野家の祈願所として崇敬され、高尾・荒井・石戸・高尾新田等近郷の鎮守として尊崇されてまいりましたが、石戸・中丸両村合併後は、北本の総鎭守とし日々の祭典が奉仕されています。」


 鳥居になります。
KIMG4184
 手水舎。
KIMG4182
 社殿になります。
KIMG4180
 小ぢんまりした神社です。

 社殿前の絵馬。
KIMG4179
 琴平神社。
KIMG4181
 境外社の厳島社。
KIMG4189

 御朱印は、境内右側の授与所にて頂きました。御朱印代は300円です。




神社名:高尾氷川神社
鎮座地:埼玉県北本市高尾7‐31
祭 神:素盞嗚尊 市杵嶋姫命 大雷命 菅原道真公 誉田別命 大物主命
社格等:旧村社
札所等:北本七福神 大黒天・恵比寿神

健田須賀神社(茨城県結城市結城)5

[画像:18f706a4-s.jpg]

 茨城県結城市の中心部に神社は鎮座していました。

 最寄り駅はJR水戸線「結城駅」になります。徒歩で神社まで10分位かと思われます。

 神社専用の駐車場はありました。北側に鳥居があり、その右側にあります。自動車は10台以上は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【健田須賀神社】
 茨城県結城市結城浦町の旧県社。延喜式内社(合祀社)。祭神は健田大神・須賀大神。
 例祭は11月15日。7月15日から22日に神輿渡御祭があり、15日に子供の無病安全祈願のおけさ幣を授与する。4月15日に太々神楽を奉納する。7月31日の夏越祭では新茅の茅の輪と疫神を麦藁で作る。
 結城朝光が尾張国の津島神社から勧請し須賀神社と称した。付近にあって衰微した延喜式内社の健田神社を合祀して現社号になる。」

 また、由緒書きによると次の通りです。
「【祭神】
 武渟川別命 須佐之男命
 【由緒】
 健田須賀神社は明治3年に健田神社と須賀神社が現在の地に合祀され、健田須賀神社となりました。
 健田神社は現在の地より2キロ東南の古代より霊峰筑波山を拝する素晴らしい地にありました。そこで祭りを行った事より日の出から暦を察した場所と考えられます(古代祭祀)。やがて神社の形をあらわし、結城の国造竹田臣の祖神武渟川別命を祀りました。日本最古の公式記録集『延喜式』(927)には下総国11社の一つに記されています。以後宝暦14年(1764)小塙乗国寺と習合し、明治3年神仏分離により須賀神社と合祀しました。
 須賀神社は結城家初代朝光公が仁治3年(1242)尾張国の津島神社より御神霊を勧請し、結城家第一の氏神として手厚く祀り、結城家はもとより広く民衆に信仰され、結城の産土神として崇敬されました。特に康永2年(1343)7代直朝公が結城7社を定め、結城108郷の総社として盛観を極めました。18代秀康公(徳川家康次男)は福井移封後も家臣を遣わし変わらずに崇敬しました。
 合祀以降、明治5年に郷社、昭和5年に県社昇格。」


 北側に鳥居があります。
[画像:685b7739-s.jpg]
 案内板。
[画像:72ff9955-s.jpg]
 神楽殿。
[画像:773bd40f-s.jpg]
 社殿左側にある境内社。
[画像:c53b42dd-s.jpg]
 社殿になります。
[画像:cfdf1a36-s.jpg]

 参拝指していたら、新車を購入したのか交通安全祈願のご祈祷をしている方々がいらっしゃいました。

 御朱印は授与所にて頂きました。御朱印代は300円です。
 御神札や御守りといった授与品はありました。





神社名:健田須賀神社(たけだすがじんじゃ)
鎮座地:茨城県結城市結城195番地
祭 神:武渟川別命 須佐之男命
社格等:延喜式内社(健田神社) 旧県社 結城総鎮守

浅草橋須賀神社(東京都台東区)5

b006a097.jpg

東京都台東区に鎮座する「浅草橋須賀神社」に参拝してきました。

最寄り駅は、JR総武線・都営浅草線「浅草橋駅」になります。
浅草橋駅からは、徒歩で約5分位の所に鎮座していました。
都営浅草線「蔵前駅」からも歩いていけます。

国道6号線(水戸街道)沿いに神社は鎮座していました。

こちらの神社は、ヤマタノオロチえ有名ないわゆる「スサノウ」を祀る神社です。
「八坂神社」・「八雲神社」・「すさのう(漢字はいろいろと当てられています)神社」等も同じです。

「601年に疫病が流行した時、近くにあった祠に病気平癒を祈願したところ、治った」ことに由来する神社になります。
故に、御神徳は「目的完遂・病気平癒」となります。

鳥居から社殿を臨みます。
26717566.jpg

もう少し全体を写したかったのですが、そうすると国道6号線から撮らなければいけなくなり、それは怖いので止めました。
東京都の社寺はコンクリート製の建物が多いですが、こちらの神社もコンクリートでした。
何だか風情はありません。

交通量の多い水戸街道沿いに鎮座していますので、少々車の騒音が・・・

境内は、少々狭い気がします。
東京都内の神社は、仕方ありませんが。

御朱印は、社殿の右側にある「社務所」で頂けました。
御朱印代は、「受け取っていません。」ということでしたので、賽銭箱に納めさせていただきました。

由緒書きは、ありました。

近くには、「人形の久月」の本店?がありました。
大きなお店でした。

「第六天榊神社」や「銀杏岡八幡神社」も近くに鎮座していました。




神社データ
神社名:浅草橋須賀神社
鎮座地:東京都台東区浅草橋二丁目29‐16
創 建:推古九年(600年)
祭 神:素盞鳴命
旧 称:団子天王社 笹団子天王社
旧社格:村社

小山須賀神社(栃木県小山市)5

4ab64c70.jpg

栃木県小山市の中心部に鎮座する「小山須賀神社」に参拝してきました。

国道4号線沿いにありました。

最寄り駅は、JR両毛線・水戸線「小山駅」になります。
徒歩では、15分位だと思われます。

神社専用の駐車場には、自動車は数十台位は停められそうです。

一の鳥居は修理中でした。

神門です。
9078c1e4.jpg

なかなか立派です。

社殿です。
5c6155ad.jpg

ちょうどお宮参りをする家族連れの参拝者に出くわしました。

こちらの神社では、徳川家康が境内にて「小山評定」を開いた神社として有名です。
どこだったんだろうか。
見落としてしまった。

神楽殿です。
bc52119b.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?

神楽殿横の門です。
654bb285.jpg

なかなか立派です。

御朱印は、境内の右側にある「須賀会館」の中にある「社務所」で頂けました。
巫女さんに対応していただきました
御朱印代は、300円でした。

由緒書きは、ありました。

御守りや御札といった授与品は、ありました。

須賀神社会館の中には喫茶室?があり、ホット・アイスコーヒーとオレンジジュースが各300円で頂けます。

国道4号線を南下すると式内社の「安房神社」、「間々田八幡宮」がありました。

国道4号線は交通量が多いので、気をつけてください。




神社データ
神社名:小山須賀神社
鎮座地:栃木県小山市宮本町一丁目2‐4
祭 神:素盞鳴男命 大己貴命 誉田別命
旧社格:郷社続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

まほろばと申します。

「社寺参詣道 代表師範」になります。

社寺巡りや散歩を趣味にしています!
リンクやトラックバックはご自由に。ただしアダルト系は困ります。
コメントもしていただくと嬉しいです。

いろんな情報もコメントしてください。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ