神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

阿弥陀如来

室田之瀧不動尊 大福寺(群馬県高崎市中室田)5

image

 高崎市を北部、中室田地区にお寺はありました。

 国道406号線沿いにお寺はありました。しかし、国道からは直接は入れません。
image

 ↑看板を目印にしてください。この看板から舗装されていない道を進むとお寺はあります。

 駐車場はありました。

 こちらは薬師堂になります。
image

 薬師如来が本尊になります。

 こちらが不動堂になります。
image

 室田之瀧不動尊が祀られています。北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。

 こちらが授与所になります。
image

 おみくじや御守りがありますが、閉まっています。寺務所に声をかけて下さい。

 御朱印は、寺務所で頂けました。御朱印代は300円でした。






寺院名:秀厳山 龍水院 大福寺
所在地:群馬県高崎市中室田町5558
宗 派:天台宗
本 尊:大聖不動明王
通 称:室田之滝不動尊
札所等:北関東三十六不動尊霊場 三番札所
御詠歌:人びとを 救いて守る 明王の 榛名の山も 近くなりけり

赤岩山地蔵院光恩寺 再拝(群馬県邑楽郡千代田町)5

image

 千代田町の南部、利根川に近いところにお寺はありました。

 お寺専用の駐車場はありました。自動車は、数十台は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(上毛新聞社刊「ぐんまのお寺 真言宗機廚茲螳貮抜粋)。
「寺伝によると、『人皇二十一代雄略帝、穴穂宮のために勅して、全国に九箇の伽藍を建立した、その内の一つにはじまるという。推古天皇十一年(603)秦河勝を使として佛舎利三粒を納め、同三十三年(625)高麗の僧恵灌が来住、嵯峨天皇御宇、弘仁五年(814)弘法大師に賜り、永く真言の道場としたことにより、弘法大師を開基とした。
 醍醐天皇の御宇、昌泰年中(898〜901)大臣菅丞参詣金泥紺紙に佛説海龍王教一巻を書写し納める。一條天皇御宇、長保暦中(999〜1004)金岡相模法眼当院に参詣し釈迦千佛を納める。高倉天皇(1168〜1180)御宇運慶巧匠当院に参詣し地蔵を彫刻し納める。後鳥羽天皇(1185〜1198)御宇陸奥国鎮守府将軍藤原入道秀衡、阿弥陀三尊を彫刻し当院に安置、これが境内の阿弥陀堂の本尊である。
 天正十八年(1590)榊原康政の為に寺領を没収される。
 文政十三年(1830)閏三月、庫裏・仁王等悉く雷火に罹り、天保年間(1830〜1844)伽藍・僧舎を再営する。また、慶応二年(1866)11月、境内堂宇・境外堂山建物いっさいがっさい灰塵(かいじん)となる。明治元年、御朱印奉還する。……縁起の意を案ずるに、弘仁巳(813)ー元亨(1321〜1324)の間は、寺家内外僧別院十六末寺三千余とした。爾来(じらい)、漸々哀禿天下騒乱の為門末巨多分離した。宝永の頃は、僅かに七十六ヶ寺となる。明治維新の際は四十六ヶ寺を余すと言えども、同六年に至り無縁無檀の寺院を廃止し現在の末寺二十六寺となる。(中略)』
 寺は、慶応二年十一月に廃墟となり、これまでの壮麗さは失ってしまったが、有縁の浄財により、明治二十六年(1893)、現況のように見事に復活した。
(後略)」


 山門になります。
image

 日本で最初の医師免許を持った女性医師「荻野吟子」の家の門を移築してありました。
image

 また、荻野女史の石像がありました。
image

 本堂内では護摩を修していますので、祈祷祈願が受けられるようです。
image

 御朱印を頂く際に堂内に入り、参拝でました。
 堂内の天井には、吉田左源二画伯の竜王の絵が描かれています。とても立派でした。

 御朱印は、「不動明王」・「地蔵菩薩」・「薬師如来」の三種類ありました。御朱印代は、各300円(納経帳)・500円(北関東不動尊霊場納経軸)になります。御御影を一体頂きました。





寺院名:赤岩山 地蔵院 光恩寺
所在地:群馬県邑楽郡千代田町赤岩1041番地
宗 派:高野山真言宗
本 尊:不動明王
通 称:赤岩不動尊
札所等:北関東三十六不動尊霊場 十一番札所
    関東百八地蔵尊霊場 二十一番札所
    関東九十一薬師霊場 四十番札所
御詠歌:はちす葉の 露の垂る木を 白妙の 玉かと磨く 寺づくりかな

都幾山一乗法華院慈光寺 坂東札所(埼玉県比企郡ときがわ町西平)5

image

 埼玉県比企郡ときがわ町にお寺はありました。

 最寄り駅は、JR八高線「明覚駅」になります。
 駅から徒歩で行くのは無理ですので、バスで行くか自動車で行かれた方が宜しいかもしれません。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「埼玉県比企郡都幾川村にある天台宗寺院。都幾山一乗法華院。本尊は十一面千手千眼観音。
 天武天皇二年(673)慈訓(じくん)が観音霊場を開き、役小角(えんのおづぬ)を根本開山、道忠を開山とする。
 源頼朝、近世には五代将軍綱吉母桂昌院が帰依し朱印寺領百石。」

 また、吉川弘文館刊「日本仏教史辞典」によると次の通りです。
「埼玉県比企郡都幾川村西平にある天台宗寺院。都幾山一乗法華院と号し、草創は天武天皇二年(673)僧慈訓と伝え、鑑真の高弟道忠を開山としている。
 清和天皇の勅願により関東天台別院とされ、貞観十三年(871)上野国権大目安倍小水麿が『大般若経』(重要文化財)を書写奉納した。源頼朝の信仰篤く、文治五年(1189)愛染明王像と長絹百疋を献じている。建久二年(1191)には一山七十五坊を営繕し千二百町歩の寺領を寄進したという。戦国時代松山城主上田朝直に攻略され衰微したが、天正十九年(1591)徳川家康から寺領百石を与えられ東叡山末として勢力を回復した。元禄八年(1695)徳川家光の室桂昌院が金蘭緞子の打敷を寄進。
 寺には後鳥羽上皇らの書写とする法華経・一品経・阿弥陀経・般若心経(慈光寺経、国宝)をはじめ、開山堂(重要文化財)など多数の文化財・寺宝があり。
 観音堂は坂東九番札所である。」


 坂東三十三観音霊場九番札所として知られている寺院になります。

 山の中にあるといった感じのお寺です。森林浴になりそうです。

 山門になります。
image

 山門を入ると正面が本堂になります。
image

 本尊である「阿弥陀如来」が祀られています。
 
 本堂前には多羅葉樹の木がありました。
image

 慈覚大師円仁のお手植えと伝えられており、埼玉県指定天然記念物だそうです。

 鐘楼堂になります。
image

 観音堂は、少し離れた所にありました。
image

 「千手観音」が祀られており、坂東三十三観音霊場の札所本尊になります。

 宝物館がありました。納経所が拝観受付になります。
image

 御朱印は、本堂内で頂けました。「阿弥陀如来(本尊)」・「千手観音(坂東三十三観音霊場)」・「地蔵菩薩(関東百八地蔵尊霊場)」・「薬師如来(関東九十一薬師霊場)」の四種類ありました。

 坂東三十三観音霊場の巡礼用品、汎用の納経帳、御守りや参拝記念品等授与品は多くありました。





寺院名:都幾山 一乗法華院 慈光寺
所在地:埼玉県比企郡ときがわ町西平386番地
宗 派:天台宗
本 尊:阿弥陀如来
札所等:坂東三十三観音霊場 九番札所
    関東百八地蔵尊霊場 十四番札所
    関東九十一薬師霊場 三十三番札所
御詠歌:聞くからに 大慈大悲の 慈光寺 誓いも共に 深きいわどの

深川公園 旧永代寺跡(東京都江東区富岡)5

 成田山東京別院深川不動堂の西側には、「深川公園」がありました。
 
image

 写真の通り、いたって普通の公園である。大通りからはかなり入っているので、周辺に住む方々の憩いの場になっており、散歩をされる人や深川不動堂の参拝された後に休憩される人もいるようです。

 歴史的なものをみると、この場所は明治初年にあった神仏分離・廃仏毀釈まで旧永代寺の境内だった場所になります。
image

 この土地と深川不動堂を含む土地に旧永代寺があったわけで、深川不動堂は旧永代寺の境内に出開帳されていました。阿弥陀如来を本尊とし、御府内八十八ヶ所の札所であり、境内には江戸六地蔵の一つの地蔵菩薩があったようです。

 残念ながら旧永代寺は明治初年に廃寺、塔頭であった吉祥院が永代寺の名跡を継ぎ、深川不動堂の参道沿いに現在はあります。

芝増上寺 黒本尊御朱印(東京都港区芝公園)5

image

 東京都港区の芝公園内にある浄土宗大本山の寺院になります。

 最寄り駅は、都営三田線「御成門駅」・「芝公園駅」都営浅草線・大江戸線「大門駅」になります。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(吉川弘文館刊『日本仏教史辞典』による)。
「東京都港区芝公園にある寺院。浄土宗の大本山。三縁山広度院。縁山とも。
 もと光明寺という真言宗寺院。江戸豊島郡貝塚にあったが、明徳四年(1393)聖聡が改宗して増上寺と改名、千葉氏・佐竹氏などの寄進によって堂宇を再建、江戸における念仏布教の中心寺院になった。文明三年(1471)戦乱によって焼失したが復興され、十世存貞ごろには伝法道場となり、学問所としての基礎が完成した。天正十八年(1590)徳川家康の入府と同時に師檀関係ができ、徳川家の菩提所として興隆した。慶長三年(1598)現在地に移され、同十年には徳川家康の援助によって大造営が開始され、数年を費やして大伽藍が完成した。同十三年は常紫衣の勅願所となり、同十八年家康は寺領千石を安堵し、高麗・元・宋版三大蔵経を寄進して寺内の整備につくした。やがて総本山知恩院と肩を並べ、実力は浄土宗第一になった。元和元年(1615)には檀林の筆頭として多くの所化をかかえ、僧録所として一宗を統制する機関となった。また家康をはじめ徳川家の御霊屋が建ち、これをまもる別当として奉仕し寺院ができて多くの寺領が加増された。承和元年(1652)の一山には百二十余の建物が並び、当時三千名にのぼる学僧がいたという。数度の火災にあったがそのつど復興され、明治八年(1875)には大本山となった。昭和四十九年(1974)近代技術を駆使して大伽藍が完成、境内も整備されて近代的な寺院に生まれかわった。
 なお昭和三十八年徳川家廟所の改葬時調査が行われ、学会に貴重な資料を提供した。
 寺宝のうち『法然上人伝』二巻と宋・元・高麗の三大蔵経は重要文化財。その他絵画には『五百羅漢像』『浄土五祖図』などがあり、彫刻には家康の守り本尊であった黒本尊をはじめ、釈迦三尊など多数。古文書・記録類の多くは数度の火災で焼失したが、まだ数百点に及ぶ古文書と日鑑が現存し、史的解明に役立っている。」


 言わずと知れた浄土宗大本山で「徳川家の菩提寺」になる寺院です。
image

 さすが徳川家康が帰依したお寺だけにあって、本堂は大きいです。
image

 隣の安国殿は本堂に比べたら小さいですが、やはり大きいです。
image

 安国殿の前にある西向観音堂まで参拝する人は、なぜか少ないです。
image

image

 御朱印は、安国殿で頂けます。黒本尊の御朱印を頂きました。御朱印代は300円です。






寺院名:三縁山 広度院 増上寺
所在地:東京都港区芝公園四丁目7‐35
宗 派:浄土宗
寺格等:大本山 関東十八檀林
本 尊:阿弥陀如来
札所等:昭和新撰江戸三十三観音霊場 二十一番札所
御詠歌:ありがたや 西向観音に 詣る身は 現世安穏 後生極楽
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ