まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

関東八十八ヶ所

無量山西光寺 秩父札所(埼玉県秩父市中村町)5

KIMG4332
 埼玉県秩父市にある無量山西光寺に参拝。秩父三十四観音霊場の札所になります。
 
 山門になります。
KIMG4308
 六地蔵がいらっしゃいました。
KIMG4309
 札堂になります。
KIMG4311
 金比羅堂になります。
KIMG4313
 大黒堂がありました。
KIMG4316
 大黒堂に祀られている「酒樽大黒天」の由緒は、次の通りです。
「酒樽大黒天の由来
 酒蔵奥深く仕込樽として大正年間に作られし樽、時代と共に使用しなくなりたるを、昭和四十年代、茶室として造りしが偶々大黒天を祀りしところ、招福の御利益ありと多くの参詣を集め、願をかけ名刺を残すという他に例の無い酒樽大黒天となりける。
 因みにこの樽は三十石樽といい一日三合三十年分入ると言う。」

 本堂になります。
KIMG4310
 本堂の右には回廊がありました
KIMG4314
 四国八十八ヶ所の札所本尊が祀られており、巡拝できます。

 御朱印は、境内の左にある授与所で頂けましたけど

 千手観音御守(子歳守本尊・ 諸願成就)、弘法大師厄除御守木札(災いを代わりに受けてくださる)、酒樽大黒天御守(勝運上昇・商売繁盛・子孫繁栄)等の授与品はありました。




寺院名:無量山 西光寺
所在地:埼玉県秩父市中村町四丁目8‐21
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:千手観音
札所等:秩父三十四観音霊場 十六番札所
    関東八十八ヶ所 特別霊場
御詠歌:西光寺誓いを人に尋ぬれば ついの住家は西とこそ聞け

少間山龍泉寺 大開運御守(埼玉県熊谷市三ヶ尻)5

KIMG4215
 埼玉県熊谷市にある真言宗豊山派の名刹「少間山龍泉寺」にて「大開運御守」を頂きました。
 何故かここ一年くらいでがらりと雰囲気が変わったお寺。
 不動明王を本尊とし、観音堂の観音様は「三ケ尻観音」として知られていたお寺でしたが何故か弘法大師・興教大師を厄除・開運大師として宣伝し始める(´・ω・`) 
KIMG4214
 境内全景
KIMG4212
 観音様
KIMG4213





寺院名:少間山 観音院 龍泉寺
所在地:埼玉県熊谷市三ヶ尻3712番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:不動明王
通 称:三ヶ尻の観音様、熊谷観音、埼玉厄除開運大師
札所等:関東八十八ヶ所 八十三番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 二十九番札所
    彩の国武州十二支霊場 子年守護
    忍三十三観音霊場 二十九番札所
    幡羅郡新四国八十八ヶ所 三十八番札所
御詠歌:少間(さやま)なる 龍の泉を 訪ぬれば 降魔不動の お慈悲あふるる


埼玉開運厄除大師龍泉寺(埼玉県熊谷市三ヶ尻)5

KIMG4050
 埼玉県熊谷市の西部、深谷市に近いところにお寺はありました。
 国道140号線(彩甲斐街道)沿いで、「観音山」の麓にあります。

 最寄り駅は、JR高崎線「熊谷駅」or 「籠原駅」、秩父鉄道「大麻生駅」or 「明戸駅」になります。どの駅からも徒歩で行くのは大変かと思われますので、出来れば自動車で行かれた方が宜しいかと思われます

 駐車場は、門前にありました。自動車は、10台以上は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(雄山閣出版刊『日本名刹大事典』による)。
「真言宗豊山派、少間(さやま)山、観音院。本尊は不動明王。
 江戸時代初期、心海は開山、小此木紀伊守を開基として創建。これ以前、当地には少間ガ池(現川本町瀬山)から出現したと伝える千手観音を安置する観音堂があり、この別当寺として創建されたのかもしれない。
 天保三年(1832)渡辺崋山は田原藩主家譜編纂のため、藩祖がかつて領した三ヵ尻村調査にあ当り当寺を訪れ『訪瓺録(ほうへいろく)』を残した。同書のほか、寺には華山筆『双雁図』山門格天井図のうち『松図』が残り県文化財に指定。
 寛政七年(1795)『新義真言宗本末帳』によれば本寺は針ヶ谷弘光寺(現岡部町)。
 年中行事には正月15日の千手観音縁日がある。」


 山号である「少間山」は、「さやまさん」と読むそうです。私は読めませんでした(・ω・)

 国道沿いにありますが、熊谷市や深谷市の中心部からかなり外れていますので、周辺は長閑な田園地帯になります。しかし、太平洋セメントの工場もありますので、ギャップがあります。
 けれども、境内は静かですのでゆっくり参拝できます。

 山門です。
KIMG4022
 山門を入ると、正面が本堂になります。
KIMG4025
 「不動明王」が祀られており、関東八十八ヶ所の札所本尊になります。

 観音堂へ向かう山門。
KIMG4023
 平成平和大観音になります。
KIMG4024
 境内の左側にある小高い丘には観音堂があります。
KIMG4026
「千手観音」が祀られており、「熊谷観音」や「三ケ尻の観音様」とも呼ばれています。忍観音霊場と十二支霊場の札所本尊になります。

 渡辺崋山所縁のお寺です。
KIMG4027
 観音堂横の桜は満開です。
KIMG4029
 鐘楼堂になります。
KIMG4028
 一回撞きました。

 御朱印は、本堂の右側にある「庫裡」で頂けました。御朱印代は300円でした。





寺院名:少間山 観音院 龍泉寺
所在地:埼玉県熊谷市三ヶ尻3712番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:不動明王
通 称:三ヶ尻の観音様、熊谷観音、埼玉厄除開運大師
札所等:関東八十八ヶ所 八十三番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 二十九番札所
    彩の国武州十二支霊場 子年守護
    忍三十三観音霊場 二十九番札所
    幡羅郡新四国八十八ヶ所 三十八番札所
御詠歌:少間(さやま)なる 龍の泉を 訪ぬれば 降魔不動の お慈悲あふるる

柿薬師光栄寺 関東九十一薬師霊場の御朱印(群馬県みどり市大間々町)5

KIMG3978
 群馬県みどり市の中の旧大間々町にあるお寺になります。

 最寄り駅は、わたらせ渓谷鉄道「大間々駅」、東武桐生線・上毛電気鉄道「赤城駅」になります。

 お寺専用の駐車場はありました。自動車は数十台は停められそうです。


 こちらのお寺の由緒は、次の通りです。
「光栄寺は京都の東山にある智積院を総本山とする真言宗智山派に属している寺院になります。
 正式には瑠璃光山醫王院光榮寺と称し、薬師如来を祀り、慶長八年(1603)にこの地に良瑜上人と大間々六人衆によって創建されました。
開山良瑜上人が携えてきたご本尊の薬師如来様は柿の木で造られている為、別名柿薬師の寺といわれております。
 毎年十一月の第一日曜日には柿薬師大祭が行われ、御本尊薬師如来の功徳にあずかろうと多くの善男善女で賑わいます。渋柿が太陽の光を浴びると、渋みが取れ、甘柿になることから、人間を柿に見立てて御本尊の光
を浴びることで、知らず知らずに犯してい悪(アク)を取り除き、きれいな心と身体になって、来る寒い冬を乗り超えるという信仰で三百年程続いているお祭りです。近年には人形供養も行っています。また1月8日には厄除け大護摩供法要を行っています。厄除、家内安全、方位除、交通安全、商売繁盛などの祈願を行っており、近在の方々がその年の無事を祈ってお参りをされます。(後略)」


 春の彼岸の終わりに参拝してきました。

 山門です。
KIMG3972
 鐘楼堂と六地蔵と手水舎になります。
KIMG3970
 ちょうど本堂では法事をしていました。
KIMG3969
 本堂前には遍路大師とくるま観音がいらっしゃいました。
KIMG3971
 御朱印は、関東九十一薬師霊場のものを頂きました。中央の印は御御影のようです。御朱印代は300円です。

 各種御守り(500円)はありました。
KIMG3968
KIMG3967




寺院名:瑠璃光山 医王院 光榮寺
所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1056番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:薬師如来
通 称:柿薬師
札所等:関東八十八ヶ所 八番札所
    上州三十三観音霊場 一番札所
    関東九十一薬師霊場 四十九番札所
御詠歌:柿薬師せいなる光あびながら 祈りの声を耳にふれつつ(関東八十八ヶ所)
    山の名の るりを土なる かの国の らみちはこがねの さかひとぞきく(上州三十三観音霊場)

吉見観音安楽寺 彩の国武州十二支霊場の御朱印(埼玉県比企郡吉見町御所)5

KIMG3941
 埼玉県東松山市の隣の比企郡吉見町に寺院はありました。

 参道の入り口に駐車場はありました。自動車は10台位は停められそうです。

 最寄り駅は、東武東上線「東松山駅」になりますが、徒歩で吉見観音まで行くのは無理そうなので、できれば自動車で行かれた方が宜しいかと思われます。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「埼玉県比企郡吉見町御所にある真言宗智山派の寺院。岩殿山。光明院。坂東三十三か所十一番札所。通称吉見観音。
 本尊は行基作と伝える聖観音。観音堂は坂上田村麻呂開基と伝えるが未詳。
 果鏡が江戸初期に中興し、三重塔・護摩堂などを再建したといわれる。
 江戸期には本尊は大日如来で、古来信仰を集めた観音堂を護持することにより発展したといわれる。」

 また、東京堂出版刊「古寺名刹辞典」によると次の通りです。
「埼玉県比企郡吉見町御所374。岩殿山と号し、吉見観音の通称がある。真言宗智山派。坂東三十三ヶ所第十一番札所。
 慈光寺・正法寺(板東九、十番)とともに比企三山と呼ばれる。
 近くには有名な吉見百穴の古代横穴古墳群がある。
 行基自刻の観音像を得たこの地の豪族吉見氏による開創の伝、また坂上田村麻呂が奥州進攻の途上、この地の岩窟からもれ出る光を怪しみ、その光が窟内の観音像から発すると知るや、直ちに伽藍を建立したのであるとの伝もある。
 源頼朝の弟、範頼が稚児僧としてこの寺に隠れ住み、頼朝挙兵に従った功により、この地の領主となった時には所領の半分を寄進して、寺院も大いに栄えた。範頼の死後に一時廃絶し、現在の三重塔は寛永年間(1624〜1644)の建立。
 本尊は聖観音。
 御詠歌は、
  吉見よと天の岩を押し開き
   大慈大悲の誓いたのもし」


山門になります。
KIMG3933

 境内は本堂の他に「吉見大仏」という阿弥陀如来坐像がありました。
KIMG3934
 鎮守社の山王社になります。
KIMG3935
 真言宗なのに山王社なのは不思議です。

 地蔵菩薩坐像です。
KIMG3936
 本堂になります。
KIMG3937
 こちらの寺院は「坂東三十三観音霊場十一番札所」になり、「吉見観音」の名で知られているお寺になります。坂東以外は「関東八十八ヶ所」、「東国花の寺百ヶ寺」の札所でもあります。
 埼玉県内にある坂東の札所の慈光寺・巌殿観音とともに「比企三山」と呼ばれています。

 本堂内には大黒天像がありました。とても福々しい笑顔でした。

 御朱印は本堂の左側にある「納経所兼授与所」で頂きました。今回は彩の国武州十二支霊場の大日如来の御朱印を頂きました。御朱印というか御緑印というか・・・
 御朱印代は300円でした。

 各種御守りや各種御札といった授与品はありました。私は、御守りを一体頂きました。

 こちらのお寺から東松山市の「箭弓稲荷神社」までは、自動車で15分位かと思われます。

 参道には厄除団子を売るお店「どびんや」がありました。厄除団子をおいしく頂きました。隣には食事がとれるスペースがあり、天ざるうどんや定食等がありました。






寺院名:岩殿山 光明院 安楽寺
所在地:埼玉県比企郡吉見町御所374番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:聖観音
通 称:吉見観音
札所等:坂東三十三観音霊場 十一番札所
    関東八十八ヶ所 七十五番札所
    彩の国武州十二支霊場 申年守護
    東国花の寺百ヶ寺
御詠歌:吉見よと天の岩戸を押し開き 大慈大悲の誓いたのもし
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ