神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

郷社

荏原神社(東京都品川区北品川)5

image

 東京都品川区の山手通りと目黒川に挟まれる形で神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、京急「新馬場駅」になります。徒歩では駅から数分位かと思われます。
 また、品川神社から荏原神社までは徒歩で5〜6分位かと思われます。

 駐車場は見当たりませんでした。自動車で行かれるかたは、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都品川区北品川の旧郷社。祭神は高龗神(たかおかみのかみ)・天照大御神・豊受姫神(とようけひめのかみ)・素盞嗚命(すさのうのみこと)・手力雄命(たじからおのみこと)。例祭は6月上旬に行われる神輿の海中渡御がある。
 和銅二年(702)に藤原伊勢人が高龗神を勧請して当地の鎮守としたという。川つ木地に鎮座していたが現在地に遷された。天照大御神・豊受姫神は長元二年(1029)に勧請・合祀された。天正十九年(1591)に徳川家康から朱印領を受ける。
 当社は東京遷都にあたり内侍所奉安所に充てられた。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「東京都品川区北品川。旧郷社。高龗神・天照皇大神他三柱の神を祀る。
 和銅二年(709)大和国丹生川上神社より南品川三ツ木(旧地名)に勧請、後現社地に遷座。旧社地にも貴布禰神社が鎮座す。
 別称を北天王社(品川神社)に対して南天王社と称す。
 康平五年(1062)源頼義・義家は安部貞任・宗任征伐のため武蔵国国府総社大国魂神社と当社に、参籠、品川の海中にて身を浄めた事により現在も大国魂神社の神職等来社し禊を行い、くらやみ祭を奉祀する。
 例祭6月初旬、6月8日海中より拾得した面を神輿海渡御し五穀豊穣、豊漁を祈るかっぱ祭が行われる。」


 目黒川沿いに神社は鎮座していました。
image

 春先は桜で綺麗かと思われます。3月下旬から4月上旬の参拝が良いかもしれません。

 目黒川に架かる「鎮守橋」になります。
image

 鳥居になります。
image

 鳥居の左側には、ふくぶくしい恵比寿さまがいらっしゃいました。
image

 東海七福神の一尊になります。

 鳥居をくぐると手水舎がありました。
image

 社殿になります。
image

 祭神は京都の貴船神社と同じ「高龗神(たかおかみのかみ)」になります。

 御朱印は、授与所で頂けました。御朱印代は300円でした。
 授与所は閉まっていますが、インターホンを押すと神社関係者が出てきます。

 御守りや御神札といった授与品はありました。





神社名:荏原神社
鎮座地:東京都品川区北品川二丁目30‐28
祭 神:高龗神(たかおかみのかみ) 豊受姫之神 天照皇大神 須佐男之神 手力雄之神 大鳥大神 恵比須神
社格等:旧郷社 品川総鎮守 准勅祭社
札所等:東海七福神 恵比須神

品川神社 東京十社(東京都品川区北品川)5

image

 東京都品川区の京急の線路沿い神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、京浜急行「新馬場駅」になります。北口を出て神社まで徒歩で数分かと思われます。
 また、荏原神社から品川神社まで徒歩では5〜6分位かと思われます。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都品川区北品川の旧郷社。北の天王社とも。祭神は天比理乃很拭α狽罫北拭ΡР貲掲簗拭N禳廚4月15日後の日曜日で、元亀年間(1570〜1573)から伝承する太太神楽を奉奏する。6月7日に近い金曜日から日曜日に北の天王祭がある。
 文治三年(1187)に源頼朝が安房の州崎明神を勧請し品川大明神と称した。後醍醐天皇の御代、守護の二階堂道蘊が宇賀之売命を勧請し、文明十年(1478)に太田道灌が素盞嗚尊を勧請した。慶長五年(1600)に徳川家康が関ヶ原出陣の祈願として太太神楽を奏した。寛永十四年(1637)に家光が東海寺の鎮守社とした。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「東京都品川区北品川。旧郷社。元准勅祭社。祭神は天比理乃很紳昌傭譴凌世鱆る。
 創立年代は不詳。江戸期の書物によれば、文治三年(1187)二階堂道蘊が宇賀之売命を勧請、再興す。文明十六年(1484)太田道灌が素盞嗚尊を勧請す。古くは品川の鎮守として品川大明神と称したが明治元年(1868)現社名に改称、南天王社(荏原神社)に対して北天王社と称す。
 品川太々神楽(例大祭日・新嘗祭・都無形文化財)古文書(区指定)など多くの宝物文化財が現存する。
 例大祭(品川天王祭)6月7日。」


 京急の電車に乗っていると神社が見えました(・ω・)

 一の鳥居です。
image

 鳥居の左側には東海七福神の大黒天がいらっしゃいました。
image

 境内には「品川富士」と呼ばれる富士塚があり、浅間神社が鎮座していました。

image

 二の鳥居になります。
image

 5月4日に参拝しましたが、境内には躑躅が咲いていました。
image

 三の鳥居になります。
image

 神楽殿になります。
image

 社殿になります。
image

 社殿右側には稲荷神社が鎮座していました。
image

 御朱印は、境内の左側にある授与所で頂けました。御朱印代は300円でした。

 また、「東京十社巡拝記念絵馬」を頂きました。
image

 一体300円です。

 授与所で対応してくれた男性がかなりぶっきらぼうな感じでした。もい少し愛想が良くても…



神社名:品川神社
鎮座地:東京都品川区北品川三丁目7‐15
祭 神:天比理乃很拭覆△瓩劼蠅里瓩里澆海函法〜狽罫紡此 ̄Р貲掲簗拭覆Δのめのみこと)
社格等:旧郷社 准勅祭社
札所等:東京十社めぐり
    東海七福神 大黒天

樺崎八幡宮(栃木県足利市)5

image

 栃木県足利市の北東部に神社は鎮座していました。

 駐車場は、道路沿いにありました。


案内板による由緒。
「樺崎八幡宮は、正治元年(1199)、足利義兼の生入定の地に八幡神を勧請し、義兼の霊を合祀したことに由来する。
 本殿は、天和年間(1681〜1684)の再建といわれ、昭和六十三年度・平成元年度の保存修理で、本来の造りであった隅木入春日造(軒唐派風)に復元した。
 この建物は意匠上においても種々の面で卓抜したものがあり、歴史的由来とあわせて価値の高い建造物である。
 (昭和六十一年九月二十四日 足利市指定)

※足利義兼は、奥州藤原氏征伐の後、建久年間(1190〜1199)、この地に下御堂(法界寺)を創建した。
 義兼は正治元年、当地にて入寂、その子義氏は、法界寺の諸堂宇を整備するとともに八幡神を勧請した。
 足利将軍家の衰退とともに法界寺もその庇護するところを失い、現在では樺崎八幡宮を残すのみである。」


 私が参拝した4月16日は春季大祭が行われており、社務所には氏子さんが詰めておりました。

 参道です。
image

 先に進みます。
image

 こちらが社殿になります。
image

 (´人`)
 境内の神楽殿では神楽が舞われていました。
image

 御朱印は、参道右側の社務所で頂けました。普段は非常駐のため社務所の掲示にある電話番号にかけて社務所に来ていただき、御朱印を頂けます。御朱印代は300円でした。
 由緒書きはありました。




神社名:樺崎八幡宮
鎮座地:栃木県足利市樺崎町1723番地
祭 神:誉田別命 源義兼公(足利義兼公)
社格等:旧郷社

世良田東照宮 再拝(群馬県太田市世良田町)5

 4月15日に世良田東照宮に参拝してきました。。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「新田郡尾島町世良田町の旧郷社。徳川家康ほか十九柱を祀る。例祭は4月17日。
 寛永二十一年(1644)に天海僧正が徳川家光の命により、日光東照宮の古殿を始祖である義季の墳墓がある長楽寺境内に移築し創建した。
 拝殿は日本最古の東照宮建造物である。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「群馬県新田郡尾島町世良田。旧郷社。
 当地は江戸幕府の祖先・世良田徳川氏の発祥の地という。
 寛永二十一年(1644)三代将軍家光の命を受けた天海僧正が、徳川氏遠祖・義季の墳墓が存する当地長楽寺境内に日光東照宮の古殿を移し創建した。したがって歴代将軍の修復・寄進など重んずべきものがあった。
 本殿・拝殿・中門の建造物、社宝の太刀(銘了戒)、大鉄灯籠は重要文化財。
 例祭4月17日」


 神門です。
image

 境内の全景です。
image

image

 残念ながら4月15日には桜が散り始めてます。桜吹雪で幻想的でした。

 大名駕籠がありました。
image

 一人できたので顔は出しません。

 拝殿前の桜は満開でした。
image

 今週末にはどうなるでしょうか?

 本殿になります。
image

 本殿前には二葉葵があり、桜の花びらで綺麗でした。
image

 何だか綺麗でした。





神社名:世良田東照宮
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
主祭神:徳川家康公
配祀神:菅原道真公 倉稲魂命 須佐之男命 伊弉冉命 火産霊命 大穴牟遅命 誉田別命 建御名方神 豊城入彦神 外十柱
社格等:旧郷社

今市瀧尾神社(栃木県日光市今市)5

image

 日光市の中でも旧今市市の中心部、国道119号線沿いに鎮座しています。

 最寄り駅は、東武日光線「上今市駅」になります。

 駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「栃木県今市市春日町の旧郷社。祭神は田心姫命・味耜高彦根命・大己貴命。例祭は4月13日から15日のさくら祭りで、九基の山車の曳行と囃方四組が出る。
 神護景雲年間(767〜770)、勝道上人が日光瀧尾神社の祭祀を掌ると同時に当地にも瀧尾神社を奉斎したという。寛正元年(1460)の社殿改築に際し日光瀧尾神社の分霊を勧請した。」


 国道119号線沿いに鎮座しており、日光二社一寺世界遺産からも車で15分位かと思われます。

 鳥居になります。
image

 手水舎になります。
image

 境内は木々に覆われ、町中にあるとは思われない感じです。
 
 社殿になります。
image

 御朱印は、境内の右側の「社務所」で頂けました。御朱印代は300円でした。

 由緒書きはありました。頂きたい旨を言えば頂けます。

 御守りや御神札といった授与品はありました。



神社名:今市瀧尾神社(たきのおじんじゃ)
鎮座地:栃木県日光市今市531番地
祭 神:大己貴命 田心姫命 味耜高彦根命
社格等:旧郷社 今市総鎮守
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ