まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

郷社

世良田八坂神社 己巳の日の御朱印(群馬県太田市世良田町)5

KIMG4604
 群馬県太田市に鎮座する世良田八坂神社に参拝。
 9月29日に参拝しましたが、己巳(つちのとみ)の日であったため弁天社の御朱印がありました。御朱印代は500円です。

 鳥居
KIMG4598
 社殿です。
KIMG4599
 参拝者は、日曜であったためひっきりなしにいらっしゃいました。





神社名:世良田八坂神社
鎮座地:群馬県太田市世良田町1497番地
祭 神:素戔鳴尊
社格等:旧郷社

甲波宿禰神社 上野国四宮(群馬県渋川市川島)5

KIMG4566

 群馬県渋川市川島に鎮座していました。

 最寄り駅はJR吾妻線「金島駅」になります。徒歩では十数分位かと思われます。

 神社専用の駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【甲波宿禰神社】
 群馬県渋川市川島の旧郷社。延喜式内社。祭神は速秋津彦(はやあきつひこ)神、速秋津姫(はやあきつひめ)神。例祭は10月9日。獅子舞の奉納がある。
 宝亀二年(771)の創建と伝え、上野四の宮である。元慶四年(880)正四位下を授かった。国内神名帳には正一位とある。」

 また、由緒書きには次の通りです。
「『甲波』は川、『宿禰』は貴人を尊ぶ敬称である。吾妻川のほとりに、水を司る『速秋津彦神』と『速秋津姫神』をご祭神として、宝亀二年(771年)と建立された。
 元々社殿は、現在の場所から500メートル東、川沿いに鎮座していた。
 しかし、天明三年(1783年)の浅間山の大噴火の泥流で流出。元々諏訪神社の境内地であるこの高台に場所を移し、再建される事になった。
 京都御所が炎上にあった貞観十八年(876年)清和天皇が火難守護神として祈願した。(水の神は、全国でも少ないため)
 また、戦国の世には、北条・武田・長尾氏らが旧郷社に寄進したと伝えられている。」


 渋川市の中心部から北西、県道35号線から細い道に入ったところに神社は鎮座していました。
 できればコンパクトカーみたいな車で行かれた方がよいかもしれません。

 鳥居
KIMG4553
 社殿
KIMG4554
 社殿内部
KIMG4557
 社号額
KIMG4558
 本殿
KIMG4559
 神楽殿
KIMG4555
 社務所
KIMG4556
 御朱印は、宮司さん宅にて頂けました。宮司さん不在のため書き置きを頂きました。



 
神社名:甲波宿禰神社
鎮座地:群馬県渋川市川島1287番地
祭 神:速秋津彦神 速秋津姫神
社格等:延喜式内社 上野国四宮 旧郷社

前玉神社(埼玉県行田市埼玉)5

KIMG4475
 埼玉県行田市の南部に神社は鎮座しています。

 神社専用駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【前玉神社】
 埼玉県行田市埼玉の旧郷社。延喜式内社。祭神は前玉彦命・前玉姫命。例祭は7月14日・15日。
 境内の浅間社は埼玉の浅間様として知られ、新生児の無病息災を祈って額に神璽を受ける。初山祭は6月30日・7月1日である。
 古くから埼玉郡の総社として崇敬を受ける。」

 また、衫彑扈馘拘「神道大辞典(縮刷版)」によると次の通りです。
「【前玉神社】
 埼玉県北埼玉郡埼玉村埼玉に鎮座。郷社。前玉命を祀る。
 近世まで浅間宮、又は富士権現と呼び、郡中の総鎮守である。上下二宮に分る。口碑には延喜式内社という。一説に、浅間宮は、中頃、社内に勧請せられたもので、その宮の繁盛と共に何時ともなく本社までもその社号を称するに至ったのであると。浅間社はいま境内社である。
 例祭日、4月15日。」


鳥居です。
KIMG4467
 社号標
KIMG4468
 二の鳥居
KIMG4464
 
 富士塚の上に前玉神社は鎮座しています。
KIMG4463
 途中に浅間神社が鎮座しています。

 手水舎になります。
KIMG4458
 蒸し暑い日に参拝しました。蝉が鳴いており、より一層蒸し暑さが増幅しました(´・ω・`)

 富士塚に登っていきます。
KIMG4452
 境内社
KIMG4454
 左側は菅原道真公らしい御神像があったので天神社(天満宮)かな。右側は恵比寿さまらしい御神像があったので恵比寿社かな。

 さらに先に行きます。
KIMG4455
 社殿になります。
KIMG4456
 御朱印は、参道と中の授与所で頂けました。
KIMG4461
KIMG4462
 前玉神社と浅間神社の二種類があり、御朱印代は各300円。書き置きの御朱印もある。




神社名:前玉神社
鎮座地:埼玉県行田市大字埼玉字宮前5450番地
祭 神:前玉彦命 前玉比売命
社格等:延喜式内社 旧郷社

前玉神社 境内社「浅間神社」の御朱印(埼玉県行田市埼玉)5

KIMG4474
 埼玉県行田市埼玉に鎮座する前玉神社の境内社「浅間神社」の御朱印です。祭神は木花咲耶姫命になります。。
 富士塚の途中に鎮座しています。

 全景
KIMG4463
 浅間神社の社殿です。
KIMG4453
 御朱印は、前玉神社の授与所にて頂けます。御朱印代は300円です。



神社名:前玉神社
鎮座地:埼玉県行田市大字埼玉字宮前5450番地
祭 神:前玉彦命 前玉比売命
社格等:延喜式内社 旧郷社

通五丁目八雲神社(栃木県足利市通五丁目)5

KIMG4427
 栃木県足利市の織姫山の南側に神社は鎮座していました。

 最寄り駅は、JR両毛線「足利駅」になります。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「足利市通の旧郷社。天王様とも。祭神は素盞嗚男命。
 例祭は7月20日。22日に御幣合わせ神事があり、馬の背に幣を乗せた神輿行列が出る。上・下の神輿が下馬橋で行き合い御幣を合わせる。
 貞観年間(859〜877)に創建されたと伝える。当地の産土神となり天王宮と称した。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「足利市通。旧郷社。祭神は素盞嗚尊を祀る。旧称、天王宮。
 例祭7月20日。この日、御幣合わせ神事が行われる。当社の神輿と旧村社の八雲神社(祭神、奇稲田姫命)の神輿とが合うという神事である。
 また八百燈の提灯を点ずる提灯祭りも行われる。」


 森高千里の「渡良瀬橋」に出てくる八雲神社ではありません。

 鳥居になります。
KIMG4416
参拝したのは7月20日で例祭の日でした。
KIMG4417
 参道を進みます。
KIMG4419
 お神輿ですか
KIMG4415
 社殿になります。
KIMG4413
 普段は無住なため、お正月や例祭の時は神職の方がいらっしゃるようです。

 御朱印は、社務所で頂けました。御朱印代は300円です。





神社名:通五丁目八雲神社
鎮座地:栃木県足利市通五丁目2816番地
祭 神:櫛稲田姫命
配 祀:素盞嗚男尊
社格等:旧郷社
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ