まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

赤城山

大洞赤城神社 夏期限定御朱印(群馬県前橋市富士見町)5

KIMG4267
 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「勢多郡富士見村赤城山大洞の旧郷社。祭神は赤城大明神・豊城入彦命・磐筒男命・磐筒女命・徳川家康・大己貴命ほか八柱。例祭は5月8日の山開祭。8月8日の沼祭りには納鏡がある。
 赤城山頂の大沼・小沼は千古の神秘をたたえ、赤城大明神と沼神を祀る。崇神天皇の皇子の豊城入彦命が東国経営にあたり沼霊と大己貴命を奉斎し、允恭・用明天皇の御代に創建されたと伝える。大同二年(807)に大洞に遷座。前橋城主の崇敬があり大老酒井雅楽頭忠清が社殿を造営。徳川家康を合祀して将軍家の処遇を受ける。昭和四十五年(1970)に現在の小鳥ヶ嶋に遷された。」


 赤城山を御神体とする山岳信仰の神社になります。
KIMG4262
KIMG4263
KIMG4264
KIMG4265
 御朱印は、境内の右側にある授与所で頂けました。限定御朱印のみで直接御朱印帳への揮毫はなしです。御朱印代は300円です。




神社名:大洞赤城神社
鎮座地:群馬県前橋市富士見町赤城山4‐2
祭 神:赤城大明神 大国主神 磐筒男神 磐筒女神 経津主神
相 殿:徳川家康公 大山咋神
社格等:旧郷社 延喜式内社 上野国二宮
札所等:全国東照宮めぐり
    上野国十二巡拝

月田近戸神社(群馬県前橋市粕川町)5

KIMG4125
 群馬県前橋市の中でも旧粕川町に神社は鎮座していました。

 駐車場は門前と神社の北側にありました。


 こちらの神社の由緒は、境内の案内板によると次の通りです。
「当社は東国を鎮定した豊城入彦命の媛宮が字丸山に勧請 した社を延暦十三年(七九四)に移築したものと 言われている。
現在の社殿は、鎌倉時代の宝治元年(一二四七)に 造営されたものと言われ、その後何度か改築された。
 昔は地蔵の鎮守神・産土神として信仰されるとともに、 赤城神社と同じく赤城山信仰による里神であり 神仏習合時代は、小沼(粕川の水源)の本地仏である 虚空蔵菩薩をお祀りしていた。
 六百年の伝統を誇る獅子舞と華麗な神輿を舁いでの 御川降り神事に伴う粕流し神事は『粕川』の由来として 有名である。」


 鳥居になります。
KIMG4121
 社殿になります。
KIMG4117
 社殿内部。
KIMG4120
 境内社。
KIMG4116
 野口雨情の童謡碑
KIMG4119
 狛犬。
KIMG4112
KIMG4113
 御朱印は、境内北側にある宮司さん宅にて頂けました。御朱印代は300円です。




神社名:月田近戸神社
鎮座地:群馬県前橋市粕川町月田1261番地
祭 神:大己貴命 豊城入彦命
相殿神:大物主命 誉田別命 伊弉諾尊 伊弉册尊 少名彦名命 大山咋命 素盞嗚尊 大山祇命 大日孁尊 火産靈命 宇賀魂命 菅原道眞 保食命 稚産靈 埴山姫命 木花開耶姫命
社格等:旧村社

三夜沢赤城神社 御守り(群馬県前橋市三夜沢町)5

KIMG3423
KIMG3424
 群馬県前橋市に鎮座する三夜沢赤城神社の御守りです。授与所で頂きました。初穂料600円になります。

 ここのところ神職の方が常駐しているようで、授与所は開いています。
 以前はなかなかいらっしゃらなかったので、式内社だけに残念だなぁと思っていました。

 境内は清々しい感じで良かったです。

 社殿
KIMG3421
 神楽殿かな。
KIMG3422
 由緒を載せておきます(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「勢多郡宮城村三夜沢の旧県社。延喜式内名神大社。祭神は大己貴命・豊城入彦命。
 例祭は5月5日4月初辰日と12月初辰日に春・秋の神幸祭がある。筒粥神事は1月14日で神代神楽を奉奏する。
 崇神天皇朝の創祀と伝える。元慶四年(880)に従四位上を授かる。上野二の宮となり、国内神名帳には正一位とある。徳川家が朱印領を安堵し前橋藩主の酒井氏も崇敬した。
 内外に分社が多い。国幣中社内定中に終戦となる。」




神社名:三夜沢赤城神社
鎮座地:群馬県前橋市三夜沢114番地
祭 神:赤城神 大己貴命 豊城入彦命
社格等:延喜式内社 県社 上野国二宮

大洞赤城神社(群馬県前橋市富士見町)5

KIMG3337

 群馬県前橋市にある赤城山の大沼に鎮座する神社になります。

 神社専用の駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「勢多郡富士見村赤城山大洞の旧郷社。祭神は赤城大明神・豊城入彦命・磐筒男命・磐筒女命・徳川家康・大己貴命ほか八柱。例祭は5月8日の山開祭。8月8日の沼祭りには納鏡がある。
 赤城山頂の大沼・小沼は千古の神秘をたたえ、赤城大明神と沼神を祀る。崇神天皇の皇子の豊城入彦命が東国経営にあたり沼霊と大己貴命を奉斎し、允恭・用明天皇の御代に創建されたと伝える。大同二年(807)に大洞に遷座。前橋城主の崇敬があり大老酒井雅楽頭忠清が社殿を造営。徳川家康を合祀して将軍家の処遇を受ける。昭和四十五年(1970)に現在の小鳥ヶ嶋に遷された。」


 山岳信仰の神社になります。
 まだ雪は降っていないので大沼までは自動車まで登れます。
KIMG3333

 あいにく天気が悪い日に参拝し、しかもTシャツ一枚だったので寒くて・・・
KIMG3336
 手水舎になります。
KIMG3334
 社殿になります。
KIMG3335

 御朱印は、境内右側にある授与所で頂けました。御朱印代は300円です。





神社名:大洞赤城神社
鎮座地:群馬県前橋市富士見町赤城山4‐2
祭 神:赤城大明神 大国主神 磐筒男神 磐筒女神 経津主神
相 殿:徳川家康公 大山咋神
社格等:旧郷社 延喜式内社 上野国二宮

二宮赤城神社 御守(群馬県前橋市二之宮町)5

KIMG2454
KIMG2455

 群馬県前橋市の国道17号線と50号線に挟まれた所に神社は鎮座していました。

 駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「群馬県前橋市二之宮町の旧郷社。祭神は大国主命。例祭は4月15日。春・秋の神幸祭、7月31日の夏越祓(茅輪くぐり)がある。
 垂仁天皇の御代に創祀されたと伝える。後冷泉天皇の勅願所となる。源頼朝が崇敬し社領一百石を寄進し社殿を造営した。永禄年間(1558〜1570)に烏有に帰した。大胡城主の歴代が崇敬し、安政二年(1855)に正一位を受ける。」


 鳥居になります。
KIMG2435
 参道を進みます。
KIMG2436
 神門になります。
KIMG2433
 入ると左側に新しく授与所ができてました。

 社殿になります。
KIMG2429
 天満宮になります。
KIMG2430
 久しぶりに参拝です。新しく授与所ができてましたので授与品を見ていたら、御守りがありましたので一体頂きました。初穂料500円です。
 各種御守り(一体500円)、御神札(一体800円)、絵馬(初穂料は忘れました)、破魔矢(初穂料は忘れました)がありました。




神社名:二宮赤城神社
鎮座地:群馬県前橋市二之宮町886番地
祭 神:大己貴命 豊城入彦命 他十五柱
相 殿:大山祇命 他八柱
社格等:延喜式内社(明神大社)  旧郷社 上野国二宮
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ