まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

赤坂日枝神社

赤坂山王日枝神社(東京都中央区永田町)3

image

東京都千代田区永田町に鎮座している「赤坂日枝神社」になります。。

最寄り駅は、東京メトロ千代田線「赤坂駅」、銀座線「溜池山王駅」になります。
両駅から徒歩数分位の所にありました。


こちらの神社の由緒は次の通りです(國學院大学日本文化研究所編 弘文社刊『神道事典』より)。
「〈祭神〉大山咋神、相殿、国常立尊、伊弉冉神、足仲彦尊
〈指定文化財〉太刀一振(国宝) 太刀十四振(重文)
〈例祭日〉6月15日(山王祭、神幸祭(隔年))
〈由緒〉創祀年代未詳。熊野那智大社米良文書の貞治元年(1362)の文書に『武蔵国豊島郡江戸郷山王宮』とみえ、これが当社の前身にあたるという説がある。また一説には、文明十年(1478)太田道灌が江戸築城の際に川越の無量寿寺(現、喜多院)の鎮守日枝神社から勧請したことに始まるともいう。
 天正十八年(1590)徳川家康が江戸に移封されたときに、城内の紅葉山の地に遷座し江戸城の鎮守とされた。慶長九年(1604)からの江戸城改築に伴い、麹町隼町に移遷され江戸庶民の参拝が可能となった。その後明暦の大火で類焼したため、万治二年(1659)さらに現在地にに移された。
 当社の祭礼である山王祭は神田祭と並び江戸の代表的祭りとされ、多数の山車・練物が出るなど華美を極めた。天下祭・御用祭としょうされた。
 明治元年(1868)11月、東京奠都に際して准勅祭社となり、そののち祠官となった平山省斎の努力などもあって皇城鎮護の社として官幣大社に進んだ。
 昭和二十年(1945)5月の空襲で国宝の社殿をはじめ宝物類を焼失したが、昭和三十三年6月に現在の社殿が復興された。
〈旧社格〉官幣大社(大正元年)」

また、大修館書店刊「日本の神仏の辞典」よると次の通りです。
「東京都千代田区永田町に鎮座する旧官幣大社。神社本庁別表神社。主祭神は大山咋神、相殿神に国常立尊、足仲彦尊、伊弉冉神を奉斎する。
 江戸期においては日吉山王社・山王権現と称し大宮・二宮・三宮を祀った。
 創祀年限は平安末期に遡り、秩父流平氏の名族・江戸重長の江戸荘定着にともなって、同氏の本貫地川越荘の鎮守日吉宮を勧請したという。また、『米良文書』貞治元年(1362)の願文に『豊島郡江戸郷山王宮』とみえ、熊野師檀関係を軸とした中央との交流がうかがえる。
 文明十年(1478)太田道灌の江戸築城にあたり、郭内北の曲輪梅林坂に奉祀され、天正十八年(1590)徳川家康関東入国後は、紅葉山さらに半蔵門外へ遷祀、社領600石が付されるなど、爆風直轄の大社として重きをなした。明暦の大火後は現在地に遷り幕命によって荘厳な社殿が造営された。
 年二季、将軍家の奉幣があり、6月15日の祭礼は山王祭礼・天下祭りとして豪華な神幸祭を挙行、江戸第一の盛典と称された。」


鳥居になります。
image

「山王鳥居」という独特な鳥居です。

階段で昇っていきます。
image

外堀通りからの参道からはエスカレーターで境内まで登れます。
image

image

(´・ω・`)

とても楽です。

こちらが表参道のようです。
image

image

少々急ですから、気を付けてください。

随神門になります。
image

手水舎になります。

image

社殿になります。
image

(´人`)

創建に関して勧請したのは「江戸重長」or「太田道灌」の両説があります。
共に武蔵国川越の「日吉社(日枝神社)」からのようです。

周囲はオフィス街です。
平日はサラリーマンやOLの参拝も多いかもしれません。

宝物館が開いており、拝観が出来ます。

以前こちらの神職が巫女さんにとんでもないことをしたことがニュースに出てました。

御朱印は、御朱印受付で頂きました。
御朱印代は500円円です。
以前は御朱印代は300円でしたが、値上げしてました。




神社名:赤坂山王日枝神社
鎮座地:東京都千代田区永田町二丁目10‐5
祭 神:大山咋神
相 殿:国常立尊 伊弉冉神 足仲彦尊
旧 称:山王社 山王権現
社格等:旧官幣大社 勅祭社 別表神社
URL:http://www.hiejinja.net/

赤坂日枝神社(東京都千代田区)1

ce181049.jpg

東京都千代田区に鎮座する「赤坂日枝神社」の御朱印になります。
旧官幣大社になり、東京十社に数えられる神社になります。

国会議事堂からも近く、日本の中心部といった感じの所に鎮座しています。

最寄り駅は、東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」、東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」、東京メトロ千代田線「国会議事堂前駅」になります。

表参道の右側に参拝者専用の駐車場がありました。

こちらの神社は、文明十年(1478年)に太田道灌が埼玉県川越市に鎮座する「川越日枝神社」から勧請したそうです。
江戸時代には、江戸三大祭りの「山王祭」が開かれており、庶民に親しまれたようです。

新参道には、エスカレーターがあり、疲れずに境内まであがれます。

鳥居は、「山王鳥居」になります。
山王系の神社特有の鳥居です。

こちらの神社は、千代田区のど真ん中に神社があるとは思いもよらず、意外と境内は広いです。

周辺は、オフィス街になります。
やはり、ビジネスマンの参拝者が多かったです。
商談成立のお願いをしているのかなぁ?

こちらの神社は、官幣大社と旧社格は高いですが、雰囲気は良いと言うか悪いと言うか・・・
いろいろ調べてみると、こちらの神社に奉職する「男性の神職」の方がとんでもないことをしたとか・・・
弱ったもんです。
神に仕える身が・・・

そんな神社なので、神威が感じられないのもわかります。

御朱印は、授与所ではなく「社務所」で頂きました。
御朱印代は、300円でした。

授与所では、御守りや御札といった授与品はありました。

由緒書きはありました。

オリジナル御朱印帳があるようです。




神社データ
神社名:赤坂日枝神社
鎮座地:東京都千代田区永田町二丁目10‐5
祭 神:大山咋命
相 殿:国常立神 伊弉冉神 足仲彦尊
社格等:官幣大社 准勅祭社
旧 称:山王社 山王権現
札所等:東京十社めぐり

川越日枝神社(埼玉県川越市)3

9d302ee8.jpg

埼玉県川越市に鎮座する「川越日枝神社」に参拝してきました。

最寄り駅は、JR川越線・東武東上線「川越駅」、西武新宿線「本川越駅」になります。
神社まで15分以上は歩くと思われます。

川越日枝神社は、天台宗の名刹「星野山 喜多院」の前に鎮座をしています。
元々は、「星野山無量寿寺」の鎮守社として滋賀県大津市に鎮座する式内社「日吉大社」から勧請されて創建されたそうです。

東京都港区には、戦国時代に太田道灌が江戸城築城の折りに、こちらの川越日枝神社から勧請した「赤坂日枝神社」があります。

こちらの神社の境内は、さほど広くはありません。
また、赤坂日枝神社の元宮のわりには、社殿も大きくはありません。
c5834802.jpg

境内に入ると、国指定の重要文化財のわりには新しさを感じましたが、本殿を見ると納得しました。

社務所は、無人でした。
おそらく、お正月の三が日や例大祭以外は、神職の方はいらっしゃらないかもしれません。
国指定の重要文化財だけに残念です。

御朱印は、社殿前の賽銭箱の上に「印刷の御朱印」がありました。
御朱印代は、200円でした。

由緒書きは、あるかどうかはわかりません。




神社データ
神社名:川越日枝神社
鎮座地:埼玉県川越市小仙波町一丁目4‐1
祭 神:大山咋神 大己貴命
社格等:県社
社 殿:三間社流造
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール

まほろば

まほろばと申します。

「社寺参詣道 代表師範」になります。

社寺巡りや散歩を趣味にしています!
リンクやトラックバックはご自由に。ただしアダルト系は困ります。
コメントもしていただくと嬉しいです。

いろんな情報もコメントしてください。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ