神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

誉田別命

行田八幡神社の境内社「大国主神社」(埼玉県行田市行田)5

image

埼玉県行田市に鎮座する「行田八幡神社」に参拝してきました。

最寄り駅は、秩父鉄道「行田市駅」になります。

駐車場は、参集殿の前と第二駐車場が利用できます。


こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』より)。
「埼玉県行田市行田に鎮座。祭神は品陀別命・息長足姫命・大物主命・素盞嗚尊・市杵島姫命ほか二柱。
 虫封じの信仰がある。
 例祭は9月15日。
 源頼義・義家親子が奥州征討にあたり、戦勝祈願として八幡神社を勧請したと伝える。天文年間(1532〜1555)に佐間村田中から行事に遷された。忍城主成田下総守氏長の崇敬により城下の総鎮守となる。」


こちらが鳥居になります。
image

社号標になります。
image

右側には手水舎がありました。
image

手と口を漱いで参拝です。

こちらが社殿になります。
image

(´人`)

癌封じや病気平癒等のご祈祷で知られています。
参拝したときもご祈祷をやってました。

社号額になります。
image

社殿の前には、「撫で桃」がありました。
image

image

境内社が複数鎮座していました。

こちらが大国主神社と恵比寿神社になります。
image

image

忍城下七福神の札所になっています。

今回は、こちらの境内社の御朱印を頂きました。
御朱印代は300円です。

授与品は、多くありました。
image

image

image

癌封じや目の病気にご利益がある御守りがありました。
また、御神札が800円でありました。




神社名:行田八幡神社
鎮座地:埼玉県行田市行田16‐23
祭 神:誉田別尊 気長足姫尊 比売大神 大物主神 神素盞鳴尊
通 称:西向き八幡  封じの宮
札所等:忍城下七福神 大黒天

浅海八幡宮(群馬県みどり市)5

image

群馬県みどり市に鎮座する「浅海八幡宮」に参拝してきました。

最寄り駅は、JR両毛線「岩宿駅」になります。
徒歩ではかなりかかりそうです。

駐車場は、見当たりませんでした。
自動車は、境内に数台停められそうです。


こちらの神社の由緒は、次の通りです(由緒書きより)。
「勧請年月不詳
新田郡神社概誌によれば当神社境内は、もと上野國神名帳に記載の従五位上阿波明神の鎮座地と伝えられ、すこぶる景勝の地であるので仁安(1169〜1171年)年中に新田義重卿が八幡宮を勧請し奥の宮と称し神田を寄進した。
以来、新田家の崇敬篤く、元弘三年(1333年)新田義貞公挙兵を起こし笠懸野に陣するや一族の金谷経氏を使わし戦捷を祈願した。
慶應(1865〜1868年)年中前橋城主松平大和守幣帛を献上した。
大正七年十月付近の神社七社を合祀した。」


こちらが入口になります。
dfa7c860.jpg

隣には、大きな案内板がありました。
fc89930b.jpg

古社のようです。

参道を進んでいくと鳥居がありました。
c03ed19d.jpg

1716年に建てられたようです。

進んでいきます。
81e589c4.jpg

長い参道です。

ようやく境内に着きました。
阿左美沼の畔にあり、競艇場があるため、開催日は競艇が走る音が気になります。
私は、全く競艇はしません。

境内の右側には「猿田彦大神」と刻まれた碑がありました。
4a68c61c.jpg

左側には神楽殿がありました。
eb4725b6.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?

こちらが社殿になります。
1af5a5be.jpg

(´人`)

本殿になります。
276269b6.jpg

こちらの神社ではご祈祷を受け付けているようで、貼り紙かしてありました。

こちらが授与品になります。
29d40c4e.jpg

無人ですが、大丈夫なんでしょうか?

御朱印は、社殿にある授与品の箱の中にありました。
書き置きになります。
御朱印代は、300円でした。



神社データ
神社名:浅海八幡宮
鎮座地:群馬県みどり市笠懸町阿左美1175番地
祭 神:誉田別尊 比売大神 息長帯比売命

三ヶ尻八幡神社(埼玉県熊谷市)5

cf08b587.jpg

埼玉県熊谷市に鎮座する「三ヶ尻八幡神社」に参拝してきました。

熊谷市の南西部、深谷市に近いところに神社は鎮座していました。

お隣は、太平洋セメントの熊谷工場になり、工場萌えには楽しめそうな場所でした。

最寄り駅は、JR高崎線「籠原駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。

駐車場は、二の鳥居の右側にある三ヶ尻靖国社の前にあるスペースに停められそうです。
自動車は、10台以上は停められそうです。


こちらの神社の由緒は以下の通りです(由緒書きより)。
「天喜四年(1056)鎮守府将軍源頼義・義家父子、奥州の騒乱を鎮定に出陣の砌、当地に旌旗をとどめ、戦勝を祈願したことに始まります。
寿永二年(1183)後の征夷大将軍源頼朝、当時の三ヶ尻郷を相模国鶴岡八幡御領として寄進されてより、当社は同宮の分祠として、近郷近在の尊崇を集めた。
尚、当社は神社には珍しく、御祭神が東北地方に面して鎮座しています。
奥州に再び争いが起きないよう祈られたのでしょう。」

参拝したのは4月14日で、翌15日は例大祭になり、氏子さん達が境内を掃除しているのに出くわしました。
ちょっと写真が・・・

道路沿いに鳥居がありました。
a03d686d.jpg

社標です。
4ef08db5.jpg

参道を進みます。
fc1d0e15.jpg

こちらが二の鳥居です。
2990b952.jpg

木造の鳥居でしょか?
なかなか趣があります。

先に進むと三の鳥居があります。
aa8bf4b2.jpg

境内に入ると、左側に手水舎がありました。
c237df88.jpg

先に進みます。続きを読む

八幡八幡宮(群馬県高崎市)5

23c8f060.jpg

群馬県高崎市に鎮座する「八幡八幡宮」に参拝してきました。
旧郷社になります。
「上野國一社八幡宮」としても知られる神社になります。

群馬県高崎市の西部、安中市に近いところに鎮座していました。
国道18号線を通っていると、大きな鳥居がありますので、わかりやすいかもしれません。

最寄り駅は、JR信越本線「群馬八幡駅」になります。
徒歩では、少々かかりそうです。

駐車場は、境内の左側にありました。
自動車は、10台くらいは停められそうです。

こちらの神社の由緒は以下の通りです(高崎市のホームページより)。
「村上天皇の天徳元年(957)、京都の石清水八幡宮を勘請したものです。
古くから、一国一社の八幡宮として広く尊崇されてきました。特に代々源氏の崇敬が深く、源頼義・義家(八幡太郎)は奥州征伐のおり、八幡八幡宮に必勝祈願し、戦勝の結果社殿を改築されたといいます。
また、源頼朝は鎌倉に幕府を開くと神田百町を寄進し、全社殿の改築、参道杉並木の開さく、遠鳥居の建立などを行いました。
建物は神仏混淆式で、仏殿様式の建物も残存します。例えば、もと本地堂の天満宮、もと仁王門の神門、鐘楼、拝殿内の護摩堂などです。
本殿は権現造で宝暦七年(1757)に新築されたものです。境内北西隅にある地主稲荷社は、元宮として知られています。」


こちらは、神門になります。
f1ad6a33.jpg

社標です。
01f20221.jpg

石段を上がります。
77f3f0e2.jpg

二の鳥居です。
867eaeb3.jpg

こちらは、隋神門です。
c9846bbf.jpg

境内に入ると、左側に手水舎がありました。
1e69d835.jpg

清めて参拝です。

こちらが社殿になります。
9ffd418d.jpg

横からです。
e149a759.jpg

天地権現造という建て方らしいです。
普通の権現造とどう違うのでしょうか?

内部です。
9e14d9e7.jpg

社殿前には、唐銅燈籠が一対ありました。
e2b4c57d.jpg

4108991c.jpg

高崎市指定重要文化財だそうです。

境内には鐘楼がありました。
d6800e88.jpg

神仏習合の名残なんでしょうか?

こちらが神楽殿です。
2ed02843.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?続きを読む

西小保方八幡宮(群馬県伊勢崎市西小保方町)3

群馬県伊勢崎市西小保方町に鎮座する「八幡宮」に参拝してきました。
西小保方町に鎮座しているので、便宜上「西小保方八幡宮」とさせて頂きます。

近くには「スマーク伊勢崎」がありました。
このショッピングモールを目印にしてください。

最寄り駅は、JR両毛線「国定駅」になります。

駐車場は、見当たりませんでした。


こちらの神社の由緒は、次の通りです。(群馬県神社庁伊勢崎佐波支部著 伊勢崎佐波の神社誌より)
「当社は、後陽成天皇の御代、慶長五年(1600)、久永源兵衛が小保方村の領主となり武運長久・領土安穏の祈願の為、戌亥八幡と称えて神田を寄進し、社殿を創建したのに始まる。
その後、久永氏の領地が分けられ、土岐下野守に与えられた。
西小保方、上田二村の産土神となり、領地の崇敬厚く、社殿の修理がなされ幣帛が献上された。
明治六年郷社の社格が与えられ、現在の伊勢崎市波志江の一部及び安堀等の各村を氏子としたが、如何ならずに、村社に列せられた。
明治四十二年十二月、西小保方の雷電神社、上田の琴平神社を合併して今日に至る。」


こちらが鳥居になります。
dbe7b023.jpg

社号標になります。
d387ed04.jpg

村社と刻まれていたようですが、郷社からの降格のようです。
どうしてなんでしょうか?

こちらが社殿になります。
d19fc8df.jpg

由緒に書かれている久永源兵衛は、江戸時代にこの地を領していた旗本になります。
大東神社の境内に久永氏の陣屋跡がありました。
こちらがその時の日記⇒上野國久永氏陣屋跡

祭日は、4月10日・10月17日になります。

境内社になります。
cc005efc.jpg

「菅原神社(祭神:菅原道真命)」・「赤城神社(祭神:大己貴命)」・「稲荷神社(祭神:宇気母智命)」になるそうですが、どれなのかわかりません。

御朱印対応は、不明です。





神社データ
神社名:西小保方八幡宮
鎮座地:群馬県伊勢崎市西小保方町2
祭 神:誉田別命
配祀神:大雷命 大物主命
社格等:旧村社
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ