神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

観音院

日限地蔵尊 諏訪山観音院(群馬県桐生市東)5

KIMG2662

 群馬県桐生市の東部、桐生タイムス社という新聞社の少し北側にありました。お寺の西側には「諏訪機神社」が鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。徒歩ではかなりかかりそうです。近くまでバスが来ているかもしれません。

 駐車場は、道路を挟んで反対側と境内の東側にありました。自動車は、数十台位は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は次の通りです(上毛新聞社刊『ぐんまのお寺 真言宗機如戮砲茲襦一部抜粋)。
「当寺の開創は文書・記録が失われていて確実なことはわからない。しかし、江戸時代中ごろの郷土史家高橋五右衛門守行によって著された『今泉古事談』によると、正保元年(1644)養甚という道心が岩崎彦右衛門の庵に移り住んだのを始まりとする。承応元年(1652)小俣村(足利市)威徳院の弟子、秀賀という僧が来住、庵を今の観音堂の廟所に移し観音院と呼んだ。その後、寛文二年(1662)に現在地諏訪の森に移した。」


 山門になります。
KIMG2653
 四国八十八ヶ所お砂踏み場です。
KIMG2654
 マスコットキャラクターのひぎりんです。
KIMG2652

KIMG2651
地蔵堂になります。
KIMG2648
 「日限地蔵尊」として知られているお寺です。お地蔵様は地蔵堂に祀られています。

 本堂には「聖観音」が祀られています。

 休憩所です。
KIMG2650

 御朱印は、地蔵堂に併設されている授与所で頂けます。御朱印代は300円。





寺院名:諏訪山 能満寺 観音院
所在地:群馬県桐生市東二丁目13‐18
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:聖観世音菩薩
札所等:関東八十八ヶ所 十番札所
    上州三十三観音霊場 五番札所
    上州新四国八十八ヶ所 四十八番札所
御詠歌:諸人の 願いをしかと 能満の 深き誓いに 絶えぬ香煙

諏訪山観音院 関東八十八ヶ所(群馬県桐生市)5

image

 群馬県桐生市にある「諏訪山 観音院」に参拝してきました。真言宗豊山派に属するお寺になります。

 桐生市の東部、桐生タイムスという新聞社の少し北側にありました。
 お寺の西側には「諏訪機神社」が鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。徒歩ではかなりかかりそうです。近くまでバスが来ているかもしれません。

 駐車場は、道路を挟んで反対側と境内の東側にありました。自動車は、数十台位は停められそうです。


 上毛新聞社刊‘ぐんまのお寺 真言宗機任砲茲襪藩浬錣蓮以下の通りです(一部を抜粋)。
「当寺の開創は文書・記録が失われていて確実なことはわからない。しかし、江戸時代中ごろの郷土史家高橋五右衛門守行によって著された『今泉古事談』によると、正保元年(1644)養甚という道心が岩崎彦右衛門の庵に移り住んだのを始まりとする。承応元年(1652)小俣村(足利市)威徳院の弟子、秀賀という僧が来住、庵を今の観音堂の廟所に移し観音院と呼んだ。その後、寛文二年(1662)に現在地諏訪の森に移した。」


 日限地蔵尊として知られているお寺です。お地蔵さまは地蔵堂に祀られています。
image

 本堂には聖観音が祀られています。
image

 関東八十八ヶ所・上州三十三観音霊場・上州新四国八十八ヶ所の各札所本尊になります。

 大通りから外れているので境内はとても静かです。

 本堂左後方には、寺樹という欅(けやき)の木がありました。
image

 木の下には石造不動明王立像がありました。神社で言うところの御神木に相当する木だと思われます。

 御朱印は、地蔵堂に併設されている御朱印受付にて頂きました。御朱印代は300円でした。

 各種御守りはありました。





寺院名:諏訪山 能満寺 観音院
所在地:群馬県桐生市東二丁目13‐18
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:聖観世音菩薩
札所等:関東八十八ヶ所 十番札所
    上州三十三観音霊場 五番札所
    上州新四国八十八ヶ所 四十八番札所
御詠歌:諸人の 願いをしかと 能満の 深き誓いに 絶えぬ香煙

日限り地蔵 観音院(群馬県桐生市)5

49aded92.jpg

群馬県桐生市にある「諏訪山 観音院」に参拝してきました。
真言宗豊山派に属するお寺になります。

桐生市の東部、桐生タイムスという新聞社の少し北側にありました。
お寺の西側には「諏訪機神社」が鎮座しています。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。
徒歩ではかなりかかりそうです。
近くまでバスが来ているかもしれません。

駐車場は、道路を挟んで反対側と境内の東側にありました。
自動車は、数十台位は停められそうです。


上毛新聞社刊‘ぐんまのお寺 真言宗機任砲茲襪藩浬錣蓮以下の通りです(一部を抜粋)。
「当寺の開創は文書・記録が失われていて確実なことはわからない。しかし、江戸時代中ごろの郷土史家高橋五右衛門守行によって著された『今泉古事談』によると、正保元年(1644)養甚という道心が岩崎彦右衛門の庵に移り住んだのを始まりとする。承応元年(1652)小俣村(足利市)威徳院の弟子、秀賀という僧が来住、庵を今の観音堂の廟所に移し観音院と呼んだ。その後、寛文二年(1662)に現在地諏訪の森に移した。」


近くまで来ましたので、久しぶりに参拝してきました。

こちらが山門になります。
7ab613ac.jpg

建てられてそれほど時が建っていないので、木の香りがします。

仁王像が両サイドに配されています。
7967822d.jpg

79a6f477.jpg

「仁王門」といった方が良いかもしれません。

日限地蔵と記された大提灯です。
6177b36e.jpg

なんだか小さな雷門みたいです。

仁王門を入り、参道を進みます。
e2d695c1.jpg

11月下旬に参拝しましたので、木々が紅葉していました。
晩秋といった感じです。

参道左側には鐘楼がありました。
54cbb15b.jpg

どんな音色なんでしょうか?

また、右側には遍路大師がいらっしゃいました。
6fa4a97d.jpg

真言宗に属しているお寺なので、やっぱりいらっしゃいました。
今もなお修行をしている訳ですね。

こちらは、諏訪弁天堂がありました。
4dca9cfe.jpg

c6195cf9.jpg

いわゆる弁才天が祀られています。
蛇が描かれた絵馬が奉納されていました。

進むと、右側には御足参道があります。
9720735c.jpg

下には石が敷き詰められており、その上を歩くと足つぼが刺激されます。
先にはお釈迦様と思われる銅像がいらっしゃいました。

こちらは休憩所です。
59277a62.jpg

参拝者は、こちらで休憩がとれます。

こちらは、六地蔵です。
0c9f0525.jpg

(´・人・`)

先に進むと、右側には地蔵堂がありました。
764fb371.jpg

地蔵菩薩が祀られています。
このお地蔵様は、「日限り地蔵」と呼ばれて、日を限ってお願い事をすると叶うと言われています。
祈祷殿と御朱印受付・授与所も併設されており、祈願・祈祷をしていただけたり、授与品や御朱印を頂けます。

こちらがマスコットキャラクターの「ひぎりん」です。
3f6e2510.jpg

なんとも可愛らしいです。

地蔵堂の向かい側には、水かけ不動尊がいらっしゃいました。
9d96f86f.jpg

水をかけてお願い事をすると叶うとか。

蛙水屋になります。
a9ff95e0.jpg

手と口を漱いで参拝です。

こちらは本堂になります。
adea1823.jpg

本尊である聖観世音菩薩が祀られています。
「上州新四国八十八ヶ所」・「関東八十八ヶ所」・「新上州三十三観音霊場」の各札所本尊になります。
秘仏のようで、前立本尊だと思われる仏様がいらっしゃいます。続きを読む

渡辺華山の妹 茂登の墓(群馬県桐生市)3

渡辺華山という人がいた。この人は、江戸時代後期に生きた三河国田原藩の武士であり画家であった。
生没年月日は、寛政5年9月16日(1793年10月20日)〜 天保12年10月11日(1841年11月23日)になる。
鳥居耀蔵が主導して蘭学者を処罰した「蛮社の獄」で自身は蟄居、後に自害をした。

この渡辺華山には「茂登」という妹がいた。
その茂登は、群馬県桐生市にある名士 岩本家 へ嫁いだ。
その妹のお墓がある。
岩本家の菩提寺「諏訪山観音院(所在地:群馬県桐生市東町二丁目13‐18 宗派:真言宗豊山派 本尊:聖観音 札所等:関東八十八ヶ所 十番札所)」のそばだ。
観音院の駐車場の一角にあるといった感じだ。

駐車場の所には、石標がありました。
0b0f3238.jpg

平成16年にできたばかりの石標のようだ。
見逃しそうな感じです。

この日限り地蔵観音院の駐車場は、日限り地蔵の縁日(毎月24日)以外は閉鎖されているようだ。

自動車で来られる方は、観音院の向かいにある駐車場を利用してください。

こちらが入り口になる。
df4127b4.jpg

門があるので、入ってはいけなさそうなので、入りませんでした。

外から覗き込むとこんな感じです。
2cbeed67.jpg

中央辺りに茂登のお墓がありました。
ひっそりとしています。
茂登の嫁ぎ先にも渡辺華山は訪れていたそうです。

この後、諏訪山観音院や諏訪機神社にも参拝いたしました。

諏訪機神社(群馬県桐生市)3

群馬県桐生市に鎮座する「諏訪機神社」に参拝してきました。
「すわはたじんじゃ」と読みます。

桐生市の東部、真言宗豊山派「諏訪山 観音院」の西隣に鎮座していました。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。

駐車場は、見当たりませんでした。
観音院の駐車場を利用させていただきました。


周東隆一著「桐生市史神社編」によると、こちらの神社の由緒は以下の通りです(要約します。)。
「こちらの神社の創建は不詳です。
機神が主祭神で、諏訪社が後年配祀されたようである。
機神社は、明治五年3月3日に無格社に列格。
明治十年宮本町の無格社薬神社を合祀。
明治24年9月に建御名方神を合祀、10月には諏訪機神社と社名を変更したそうです。
諏訪神社は、古く信州の諏訪明神から勧請したそうです。
元禄年間には竹本土佐守より『諏訪山』という額を奉納、石鳥居・石灯籠も建立されたそうです。
諏訪山の額は、お隣の観音院に現存するそうです。
元は、諏訪神社が主体であり、現在のように機神社が主体となったのは、明治40年に旧諏訪神社が常祇稲荷神社に合祀されていたそうで、昭和24年に再度祀り直し、現在は諏訪神社が主体となり古い姿に戻っています。」


こちらの神社は、由緒を考えれば「桐生諏訪神社」と呼んだ方が良いかもしれません。

こちらが鳥居になります。
e79a87bd.jpg

鳥居に掲げられていた扁額には、諏訪神社とありました。

境内の左側には、「薬神社」が鎮座していました。
2446569f.jpg

祭神は、大己貴命になります。
医薬の神様として信仰されていて、参拝者は多かったようです。
「昭和15年に合祀した」と案内板にはありましたが、周東隆一著「桐生市史神社編」には「明治十年に合祀」とあります。
どうなんでしょうか?

境内の左側には、神楽殿と思われる建物がありました。
071f1a4c.jpg

そのお隣には、「能書稲荷神社」が鎮座していました。
1df26054.jpg

元は、お隣の「観音院」の別当だったそうです。
祭神は、宇迦御魂命になります。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 管理部に所属する会社員。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ