まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

西向き

産泰神社 限定御朱印(群馬県前橋市下大屋町)5

KIMG4237
 群馬県前橋市の東、長閑な田園地帯の中に神社は鎮座していました。

 駐車場は、参道沿いの左にありました。自動車は、100台くらいは停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「群馬県前橋市下大屋町の安産守護の神社。祭神は木花佐久夜毘売命。別名大胡(または荒砥)の産泰様。
 前橋藩主酒井氏の尊崇を得たとされ、信仰圏は県下ほか埼玉・東京にも及ぶ。安産後はお礼に底抜け柄杓を奉納する。」

 また、案内板によると次の通りです。
「この神社の創建は、社伝によれば履中元年とされているが定かでない。しかし、社殿背後に壘々としている巨石群から、神社信仰の初現形態の一つである巨石崇拝にその起源があるとみられ、歴史の古さがしのばれる。
 安産を祈る者が、軽くヌケル(生れる)ようにと底を抜いたヒシャクを奉納するようになったのは、江戸時代以降のことで、前橋、伊勢崎などをはじめ県下一円の人々から、安産の神として篤い信仰を受けた。特に、前橋藩主酒井雅楽頭は、社殿の造営をするなどその信仰著しいものがあった。
 酒井氏の造営になった社殿は、多くの彫刻で飾られ、内部格天井には、酒井抱一が描いたとされる極彩色の花鳥図もある。数ある社宝のうち八稜鏡は、平安時代のもので、前橋市の重要文化財に指定されている
 また、四月十八日例祭の際に奉納される太々神楽も前橋市の重要無形文化財に指定されている。」


 前橋市と言ってもかなり長閑な所に神社は鎮座しています。

 鳥居と神門。
KIMG4217
 新築された祈祷殿になります。
KIMG4218
 社殿になります。
KIMG4220
 抜け柄杓。
KIMG4221
 狛犬?
KIMG4222
 狛御守り?
KIMG4225
 境内の左奥には、琴平神社や日枝神社等の境内社が鎮座していました。
KIMG4223
 境内社にも参拝される方もいらっしゃいました。

 令和に改元されたので限定御朱印が授与されていました。印刷の御朱印のみで御朱印代は300円です。いつまでの授与なのかはわかりません。
 
 御神札や各種御守り(各1,000円)等の授与品はありました。
KIMG4227
KIMG4228
 安産子育てのご利益がある神社になります。
KIMG4229
 御札や腹帯等の授与品はありました。祈祷を受けての授与かと思います。





神社名:産泰神社
鎮座地:群馬県前橋市下大屋町597番地
祭 神:木花佐久夜毘売命
社格等:旧村社

前橋八幡宮 再拝 御朱印&御守り(群馬県前橋市本町)5

image

 群馬県前橋市の中心部、国道50号線と国道17号線の交わる交差点から遠くない所に神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「前橋駅」になります。徒歩では少々歩きます。

 神社専用の駐車場は、ありません。周辺には、有料駐車場がありますので、自動車で来られた方はそちらを利用してください。



 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「前橋市本町の旧県社。祭神は品陀和気命・息長足媛命。例祭は9月15日。
 1月9日の初市祭はだるま市として知られる。また、子育て八幡の信仰から七五三祭はにぎわう。
 在原業平の後裔の業重が石清水八幡宮を勧請したという。
 永禄年間(1558〜1570)に兵火に遭ったが、元亀・天正年間(1570〜1592)に北条氏らの武将が神田を寄進した。
 徳川将軍家から十五石の朱印領が寄せられた。藩主の酒井・松平両氏が代々崇敬し、前橋の総鎮守として市井の信仰も厚い。」


 公園内に鎮座しているといった感じです。

 鳥居になります。
image

 手水舎になります。
image

 社殿になります。
image

 境内。
image

 神社周辺は前橋市の中心部なので、買い物や食事ができるお店が多いです。

 久し振りの参拝なので、御朱印と御守りを一体(300円)頂きました。
image

 境内にある授与所は閉まっているので、社務所で頂きました。
image

image


 社務所の所在地は「前橋市本町二丁目7‐2」になります。
image





神社名:前橋八幡宮
鎮座地:群馬県前橋市本町二丁目9‐21
祭 神:誉田別命 比売大神 息長帯比売命
社格等:旧県社

産泰神社 運気向上御守(群馬県前橋市下大屋町)5

image

 前橋市の東、長閑な田園地帯の中に神社は鎮座していました。

 駐車場は、参道沿いの左にありました。自動車は、100台くらいは停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです。
「この神社の創建は、社伝によれば履中元年とされているが定かでない。しかし、社殿背後に壘々としている巨石群から、神社信仰の初現形態の一つである巨石崇拝にその起源があるとみられ、歴史の古さがしのばれる。
 安産を祈る者が、軽くヌケル(生れる)ようにと底を抜いたヒシャクを奉納するようになったのは、江戸時代以降のことで、前橋、伊勢崎などをはじめ県下一円の人々から、安産の神として篤い信仰を受けた。特に、前橋藩主酒井雅楽頭は、社殿の造営をするなどその信仰著しいものがあった。
 酒井氏の造営になった社殿は、多くの彫刻で飾られ、内部格天井には、酒井抱一が描いたとされる極彩色の花鳥図もある。数ある社宝のうち八稜鏡は、平安時代のもので、前橋市の重要文化財に指定されている
 また、四月十八日例祭の際に奉納される太々神楽も前橋市の重要無形文化財に指定されている。」


 神門をくぐって進むと社殿がありました。
image

(´人`)

 社殿の中では祈祷祈願が行われており、太鼓が打ち鳴らされていました。

 境内の左奥には境内社が鎮座していました。
image

 次の通りです。
日枝神社(祭神:大山咋命 産業発展の神様)
絹笠神社(祭神:和久産巣日命 養蚕・穀物の神様)
大山祇神社(祭神:大山祇命 木花佐久夜比売命の祖神様)
秋葉神社(祭神:火産霊命 火防の神様)
愛宕神社(祭神:火産霊命 火防の神様)
稲荷神社(祭神:宇迦之御魂命 衣食住の神様)
二柱神社(祭神:伊邪那岐命 伊邪那美命 国生の神様)
厳島神社(祭神:市杵島姫命 芸能・音学の神様)
菅原神社(祭神:菅原道真命 学問の神様)
大国神社(祭神:大国主命 縁結びの神様)


 授与所において「運気向上御守」を一体頂きました。初穂料は1,000円です。
 御朱印あり。


神社名:産泰神社
鎮座地:群馬県前橋市下大屋町597番地
祭 神:木花咲耶比売命
社格等:旧村社

行田八幡神社(埼玉県行田市)5

3f78b3ca.jpg

埼玉県行田市に鎮座する「行田八幡神社」に参拝してきました。

最寄り駅は、秩父鉄道「行田市駅」になります。
目印は、国道125号線にある「行田郵便局入口」という交差点になり、南下をして、「行田郵便局」を通り過ぎると左側に神社はありました。

駐車場は、参集殿の前の道路沿いにありました。
10台位は停められそうです。

行田八幡神社の由緒です。
映りが良くないですが・・・
ae8bc98e.jpg

狭い道沿いに鳥居がありました。
95380986.jpg

社殿は、珍しく「西向き」に建っています。
8867e51b.jpg

ゆえに「西向き八幡」とも呼ばれています。
西の方角には「忍城」があるためたど思われます。

境内には、愛宕神社や三峰社等々の境内社が鎮座していました。

「封じの宮」とも呼ばれており、虫封じ・諸病・難病・悪癖等々の封じの秘法があり、「秘伝の神符」や「御守り」があるそうです。
いわゆる病気平癒の御神徳があるということでしょう。

参拝したときは、社殿でご祈祷をしてました。
何だか厳かな感じでした。

境内には、愛宕神社や三峰社等々の境内社が鎮座していました。続きを読む

前橋八幡宮(群馬県前橋市)5

77ba76e5.jpg

群馬県内にも応神天皇を祭神とする「八幡宮」が存在します。
今回ブログに書くのは、群馬県前橋市に鎮座する「前橋八幡宮」になります。
「前橋総鎮守」になる神社です。

神社は、前橋市の中心部の国道50号線と国道17号線の交わるとても交通量の多い所に鎮座しています。

最寄り駅は、JR両毛線「前橋駅」になりますが、少々歩きます。

神社専用の駐車場は、ありません。周辺には、有料駐車場がありますので、自動車で来られた方はそちらを利用してください。

有料駐車場に自動車を置いて、神社を参拝。

こちらの神社は、「西向き」に社殿が建てられています。
そこを宮司さんに聞いたところ、「前橋城の方角に建てられ、お城を守るため、西向きに建てられました」ということでした。

やはり、江戸時代の歴代の前橋城主(酒井氏・松平氏)から崇敬されたそうです。

一説には「国府八幡宮」とも考えられています。

高崎市の「八幡八幡宮」が「上野国一社八幡宮」を名乗ってますが、もしかしたら「前橋八幡宮」の方かもしれません。

さて、御朱印を頂こうと境内の左側にある「授与所」に行くと、シャッターが閉まってる・・・

神社から西(社殿が向いている方角)へ1分位は歩いてる所に社務所はありました。
そこで、御朱印は頂けます。御朱印代は、300円でした。
由緒書きは、ありました。

御守りや御札といった授与品もありました。

気さくな宮司さんでした。




神社データ
神社名:前橋八幡宮
鎮座地:群馬県前橋市本町二丁目9‐21
祭 神:誉田別命 比売大神(ひめのおおかみ) 息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)
旧社格:県社
境内社:八阪神社 美保・大国神社 三峰神社
備 考:社務所の住所は「前橋市本町二丁目7‐2」になります。
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ