神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

薬師如来

出流山千手院満願寺 坂東札所(栃木県栃木市出流町)5

image

 栃木県栃木市にある寺院になります。

 最寄りのバス停は、栃木駅北口より寺尾線(出流観音行き)に乗車、終点「出流観音」で下車してください。

 駐車場はありました。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(東京堂出版刊『古寺名刹辞典』による)。
「栃木市出流町288。出流山千手院と号す。真言宗智山派。坂東三十三ヶ所観音霊場の第十七番札所。
 天平勝宝二年(750)日光開山勝道上人の開創と伝えられ、本尊十一面千手観音像は弘法大師東国巡錫の折の作といわれる。
 寺域は出流山中腹にあり、景観の良いことで知られる。本堂背後の崖に奥の院霊窟といわれる洞窟があり、東に大師窟、西に奥の院の窟、更に西に大日窟と呼ばれる鍾乳洞があり数十本の鍾乳石がある。中でも4辰魃曚晃事な石柱は古来より大日如来の後姿とされる。
 天平七年(735)下野国司若田氏高藤介の妻明寿は子宝に恵まれなかったが、この十一面観音に祈り、霊験を得て一子を授かった。この子が後の勝道上人であるという。よって日光修験者は生涯に一度は当寺に修行すると定められたこともある。
 明治維新前には智山派総本山智積院移転地七ヶ寺の一つに列せられた名刹である。
 本尊には開運・厄除けの霊験があるとされ、関東一円から参詣者を集める。
 御詠歌は、
  ふるさとをはるばるここに立ち出る
   我が行く末はいずくなるらん」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「真言宗智山派別格本山、出流山、千手院。本尊は十一面千手観音菩薩。
 寺伝によれば、天平神護元年(765)勝道によって開かれた寺であるという。勝道や日光山に連なる霊地として、徳川将軍家から厚く保護された。寛文五年(1665)7月に将軍家綱から出流村(現栃木市出流町)に五十石を安堵されている(『寛文朱印留』)。
 寛政七年(1795)の『寺院本末帳』には、本寺が山城国醍醐無量寿院、末寺四か寺、門徒三か寺と記されている。
 坂東三十三か所観音霊場第十七番札所。」


 こちらの寺院は坂東三十三観音霊場の札所であり、「出流観音(いずるかんのん)」の名で知られています。

 山門になります。
image

 山門を入ると左側には薬師堂がありました。
image

 参道を進みます。
image

 寺務所がありました。
image

 宿坊を兼ねているようですが、まだやっているのでしょうか?

 まだまだ進んでいきます。
image

 境内は山の中にあるといった感じです。

 やっと観音堂にたどり着けます。
image

 観音堂内ではご祈祷の行っておりました。

 御朱印は、参道途中の寺務所の納経所で頂けました。授与所も兼務しています。

 御守り(一体700円)や御札(一体1,000円)等の授与品はありました。





寺院名:出流山 千手院 満願寺
所在地:栃木県栃木市出流町288番地
宗 派:真言宗智山派
寺格等:旧別格本山
本 尊:千手観音
通 称:出流観音(いずるかんのん)
札所等:坂東三十三観音霊場 十七番札所
    下野三十三観音霊場 二十九番札所
    関東八十八ヶ所 特別霊場
御詠歌:古里を はるばるここに 立いいづる 我がゆく末は いづくなるらん

都幾山慈光寺 巡礼地蔵尊御朱印(埼玉県比企郡ときがわ町)5

 慈光寺に参拝した折りに観音様の御朱印以外にもお地蔵様の御朱印もあったので頂きました。
image

 本堂に祀られています。巡礼しているお地蔵様なのかな?
 本堂内は撮影不可かと思いますので、写真は取りませんでした。

 慈光寺の参拝日記→こちら

 まだ、ご本尊の阿弥陀如来、薬師霊場の薬師如来の御朱印は頂いていないので、また参拝しようと思います。





寺院名:都幾山 一乗法華院 慈光寺
所在地:埼玉県比企郡ときがわ町西平386番地
宗 派:天台宗
本 尊:阿弥陀如来
札所等:坂東三十三観音霊場 九番札所
    関東百八地蔵尊霊場 十四番札所
    関東九十一薬師霊場 三十三番札所
御詠歌:聞くからに 大慈大悲の 慈光寺 誓いも共に 深きいわどの

都幾山一乗法華院慈光寺 坂東札所(埼玉県比企郡ときがわ町西平)5

image

 埼玉県比企郡ときがわ町にお寺はありました。

 最寄り駅は、JR八高線「明覚駅」になります。
 駅から徒歩で行くのは無理ですので、バスで行くか自動車で行かれた方が宜しいかもしれません。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「埼玉県比企郡都幾川村にある天台宗寺院。都幾山一乗法華院。本尊は十一面千手千眼観音。
 天武天皇二年(673)慈訓(じくん)が観音霊場を開き、役小角(えんのおづぬ)を根本開山、道忠を開山とする。
 源頼朝、近世には五代将軍綱吉母桂昌院が帰依し朱印寺領百石。」

 また、吉川弘文館刊「日本仏教史辞典」によると次の通りです。
「埼玉県比企郡都幾川村西平にある天台宗寺院。都幾山一乗法華院と号し、草創は天武天皇二年(673)僧慈訓と伝え、鑑真の高弟道忠を開山としている。
 清和天皇の勅願により関東天台別院とされ、貞観十三年(871)上野国権大目安倍小水麿が『大般若経』(重要文化財)を書写奉納した。源頼朝の信仰篤く、文治五年(1189)愛染明王像と長絹百疋を献じている。建久二年(1191)には一山七十五坊を営繕し千二百町歩の寺領を寄進したという。戦国時代松山城主上田朝直に攻略され衰微したが、天正十九年(1591)徳川家康から寺領百石を与えられ東叡山末として勢力を回復した。元禄八年(1695)徳川家光の室桂昌院が金蘭緞子の打敷を寄進。
 寺には後鳥羽上皇らの書写とする法華経・一品経・阿弥陀経・般若心経(慈光寺経、国宝)をはじめ、開山堂(重要文化財)など多数の文化財・寺宝があり。
 観音堂は坂東九番札所である。」


 坂東三十三観音霊場九番札所として知られている寺院になります。

 山の中にあるといった感じのお寺です。森林浴になりそうです。

 山門になります。
image

 山門を入ると正面が本堂になります。
image

 本尊である「阿弥陀如来」が祀られています。
 
 本堂前には多羅葉樹の木がありました。
image

 慈覚大師円仁のお手植えと伝えられており、埼玉県指定天然記念物だそうです。

 鐘楼堂になります。
image

 観音堂は、少し離れた所にありました。
image

 「千手観音」が祀られており、坂東三十三観音霊場の札所本尊になります。

 宝物館がありました。納経所が拝観受付になります。
image

 御朱印は、本堂内で頂けました。「阿弥陀如来(本尊)」・「千手観音(坂東三十三観音霊場)」・「地蔵菩薩(関東百八地蔵尊霊場)」・「薬師如来(関東九十一薬師霊場)」の四種類ありました。

 坂東三十三観音霊場の巡礼用品、汎用の納経帳、御守りや参拝記念品等授与品は多くありました。





寺院名:都幾山 一乗法華院 慈光寺
所在地:埼玉県比企郡ときがわ町西平386番地
宗 派:天台宗
本 尊:阿弥陀如来
札所等:坂東三十三観音霊場 九番札所
    関東百八地蔵尊霊場 十四番札所
    関東九十一薬師霊場 三十三番札所
御詠歌:聞くからに 大慈大悲の 慈光寺 誓いも共に 深きいわどの

瑠璃光山光栄寺 初薬師護摩祈祷&関東八十八ヶ所(群馬県みどり市大間々町)5

 群馬県みどり市大間々町にある、瑠璃光山光栄寺に参拝してきました。

 こちらのお寺では、毎年1月8日に「初薬師」の縁日に「護摩祈祷」が行われ、参詣者で賑わいます。私もご祈祷を受けようと思い、参列をしてきました。他の日は護摩祈祷は行われません。
 願意は、厄除・方位除・交通安全・家内安全・病気平癒等々が出来ます。
 御祈祷料は2,500円になります。授与品は次の通りです。
●祈祷木札(名前が入ります)
●御供物(御神酒)
image

 時間は、6時・8時・10時・12時・14時の計6回、本堂内で護摩を修します。
 当日の申し込みはできますが、事前に御祈祷の予約が出来ましたのでお願いをしました。私の願意は「無病息災」になります。
 境内では仮設の授与所ができ、御守り(500円)が頂けます。
image

image

 1月8日以外は、檀徒会館(寺務所)が授与所になります。

 御朱印はありますが、1月8日の初薬師護摩祈祷の日は無理だそうです。
 
 翌日(1月9日)、四国八十八ヶ所の写し霊場である「関東八十八ヶ所」をこちらのお寺で発願いたしました。
image

image

 専用納経帳は2,000円、納経帳への御朱印代は300円になります。御御影は無料で一体付きます。
image

image

 関東八十八ヶ所は、昨年20周年を迎えたので紺色の梵字の書かれた20周年開創記念御御影が授与されていましたが、在庫がある寺院は今年に入っても授与しているそうです。

 上州三十三観音霊場の一番札所でもあるので「聖観音」の御朱印と納経帳もありました。御朱印を頂くと御御影も一体無料で付きます。





寺院名:瑠璃光山 医王院 光榮寺
所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1056番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:薬師如来
通 称:柿薬師
札所等:関東八十八ヶ所 八番札所
    上州三十三観音霊場 一番札所
    関東九十一薬師霊場 四十九番札所
御詠歌:かきやくし せいなるひかり あびながら いのりのこえを みみにふれつつ(関東八十八ヶ所)
    山の名の るりを土なる かの国の らみちはこがねの さかひとぞきく(上州三十三観音霊場)

愛宕薬師真福寺(東京都港区愛宕)5

image

 東京都港区の愛宕山(愛宕神社)の北にお寺はありました。

 最寄り駅は、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅 (1番出口)」、東京メトロ日比谷線「神谷町駅(3番出口)」、都営三田線「御成門駅(A5出口)」になります。各駅から寺院まで徒歩約10分位はかかりそうです。

 駐車場は見当たりませんでした。自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの寺院の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都港区愛宕にある真言宗智山派の寺院。摩尼珠山宝光院。本尊は薬師如来。
 天正十九年(1591)照海(しょうかい)が江戸鉄砲洲に庵を創建したのに始まる。
 新義真言宗江戸四箇寺の一つで触頭。朱印寺領は百石。」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「真言宗智山派、摩尼珠山、宝光院。本尊は大檀那浅野幸長寄進の等身の薬師如来。江戸時代における新義真言宗の触頭『江戸四箇寺』の一つ。同宗智山方の本山移転寺の一つ。府内八十八か所の六十七番札所。
 開山は照海(元和二年二月没)。下総国匝瑳郡谷辺村の真福寺住僧照海が天正十九年(1591)に青山忠成(関東総奉行・江戸町奉行)の請待(しょうたい)で江戸鉄砲洲に草庵を構えたのが起源。照海は慶長十年(1605)徳川家康に目見をし、愛宕に寺地を拝領して鉄砲洲から引移り下総の寺名をうつし、真福寺と号した。『義演准后日記』慶長十五年4月9日条に、当時諸家を祈祷檀那にもち繁栄した旨が記され、また同月義演から山号・院号を下され三宝院の直末となった。『寺社書上』には慶長十五年に触頭役に任ぜられたとするが疑わしく、同時史料で確認できるのは元和八年までくだる。元禄五年(1692)6月に徳川綱吉から百石を拝領した。
 寛永十年(1633)『関東真言宗新義本末帳』には本寺三宝院、末寺二、門徒十五。寛政七年(1795)『新義真言宗本末帳』には本寺三宝院、朱印百石、江戸・武蔵内の末寺十七、又門徒二のほか、他国にも末寺を獲得している。
 智山方の移転寺であったため、本山智積院能化に昇った者も多い。
 現在は総本山智積院の東京別院で、智山派の宗務出張所が設けられている。」


 私の家は真言宗智山派の寺院の檀家になっており、以前に副住職さんに聞いたところ、「愛宕真福寺の末寺となっている」とのことをおっしゃっていました。
 真福寺の末寺ならばと思い、12月6日に参拝させていただきました。

 お寺の外観は、まるでオフィスビルになります。
image

image

 寺務所に関しては、真言宗智山派宗務出張所を兼ねているので、「平日のみ」僧侶や職員の方々が詰めているようです。
 僧侶がスーツを着て仕事をしているので、何だかどこかの会社の面接に来たようです。

 2階が「本堂」になります。
image

 本尊である薬師如来が祀られています。御府内八十八ヶ所の札所本尊になります。

 御朱印は、1階の寺務所で頂けました。御朱印代は300円になります。
 由緒書きはありました。頂きたい旨を告げると頂けました。

 授与品として御守り(一種類、一体500円)、念珠ストラップ(一体1,000円)、護摩祈木(一体200円)がありました。
image

image

 頂きたい方は1階の寺務所に申し出てください。




寺院名:摩尼珠山 宝光院 真福寺
所在地:東京都港区愛宕一丁目3‐8 
宗 派:真言宗智山派
寺格等:総本山智積院東京別院 新義真言宗触頭・江戸四箇寺
本 尊:薬師瑠璃光如来
別 称:愛宕薬師
札所等:御府内八十八ケ所霊場 六十七番札所
御詠歌:うえおきし こまつおてらを 眺むれば 法のおしえの 風ぞ吹きぬる
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ