まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

菅原道真公

湯島天満宮(東京都文京区湯島)5

image

 東京都文京区湯島にある神社になります。

 最寄り駅は、東京メトロ千代田線「湯島駅」になります。徒歩では5分はかからないかと思われます。

 駐車場は見当たりませんでした。
 自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです。
「湯島神社は湯島天満宮、湯島天神として全国津々浦々まで知られている。
 雄略天皇の勅命により、御宇二年(458)一月創建と伝えられ、天之手力雄命を奉納したのがはじまりで降って正平十年(1355)二月郷民が菅公の御偉徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請した。
 文明十年(1478)十月太田道灌これを再建し、天正十八年(1590)徳川家康公が江戸城に入るにおよび特に当社を崇敬すること篤く、翌十九年十一月豊島郡湯島郷の内五石の朱印地を寄進し、もって祭祀の料にあて、泰平永き世が続き文教大いに賑わうようにと菅公の遺風を仰ぎ奉ったのである。
 その後林道春、松永尺五、堀杏庵、僧堯恵、新井白石など学者文人の参拝たえることなく続いた。徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移すにおよびこの地を久しく文教の中心として、当天満宮を崇敬したのである。明治十八年い改築された社殿も老朽化が進み、平成七年十二月後世に残る総檜木造りで造営された。」


 昨年末に参拝いたしました。

 こちらが鳥居になります。
image

 社号標になります。
image

 参道の右側には「宝物館」がありました。
image

参道を進みます。
image

 やはり、参拝者や観光客?が多かったです。
 時期が時期だけに、学業成就祈祷(合格祈願)をされる方々が多かったです。その中で祈祷の初穂料を聞いてびっくりされる方いらっしゃり、執拗に祈願や授与品の内容を聞いていました。

 こちらが社殿になります。
image

image

 総檜の権現造になります。東京都には、木造の社殿がないので、なかなか素晴らしい社殿です。

 境内には梅園がありましたが、残念ながら咲いていませんでした。
image

 やはり、2〜3月の参拝が良いかもしれません。

 授与所では、御神札や御守り等の授与品をいただく方々で列を作っていました。
 私は、開運招福の「鶯御守」を頂いてきました。

 男坂を下ると、神仏分離以前に湯島天神の別当を務めた喜見院の塔頭「柳井堂心城院(通称:湯島聖天、宗派:天台宗、本尊:大聖歓喜天)」があります。
 なお、喜見院は明治初期に残念ながら廃寺になってしまいました。

 本殿の裏側には「戸隠神社」・「笹塚稲荷神社」の境内社の二社が鎮座していました。
image

 御朱印・オリジナル御朱印帳あり。



神社名:湯島天満宮
所在地:東京都文京区湯島三丁目30‐1
祭 神:天之手力雄命 菅原道真
通 称:湯島天神
旧 称:湯島神社
社格等:旧府社 別表神社
URL:http://www.yushimatenjin.or.jp/

平河天満宮(東京都千代田区平河町)5

image

平河天満宮に参拝してきました。

東京都千代田区に神社は鎮座していました。

最寄り駅は、東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」になります。
一番出口を出て、徒歩で数分の所にありました。

駐車場は見当たりませんでした。
自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場を利用した方が良いかもしれません。


こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』より)。
「東京都千代田区平河町に鎮座。平河天神とも。祭神は菅原道真公・誉田別命・徳川家康。例祭日は4月25日。
 文明十年(1478)に江戸平河城主の太田道灌が霊夢により、城内の梅林坂上に当社を創建した。
 天正十八年(1590)に徳川家康が江戸入城後に本丸を築造するため当社を上平河村に奉遷した。慶長十一年(1606)に二代将軍が江戸城増築にあたり現在地に遷して高台の神域を奉献した。
 江戸庶民の崇敬を集める。」

 また、平凡社刊「神道大辞典(昭和15年発行)」によると次の通りです。
「平河神社(ひらかわじんじゃ)
 東京市麹町区元平河町に鎮座。村社。菅原道真を主神とし、応神天皇、徳川家康を配祀し。平河天神、平河天満宮、貝塚の天神とも称す。
 社伝によれば、文明年間太田道灌川越三芳野の天神を江戸城内に勧請したるに創まり、徳川家康入部の後、平河町なる現地に遷祀せられたという。
 江戸に於ける名社で、上下の信仰が極めて篤い。
 例祭日、4月25日。」


 青山通りや新宿通り等の大通りから引っ込んだ所にありました。

 鳥居になります。
image

 なかなか立派な鳥居です。

 境内はとても静かです。周辺は高層ビルです。

 江戸時代より庶民より崇敬されている神社のようで、神威が強いような感じを受けました。

 三殿宮が鎮座していました。
image

 大鷲神社、塩神社、浅間神社が合祀されています。

 常夜塔になります。
image

image

 千代田区指定民俗文化財になっています。立派な塔です。

 撫で牛がいらっしゃいました。
image

 撫で撫で…

 こちらは石牛だそうです。
image

 やはり牛が多いです。

 境内には城西大学奉納の石造布袋像がいらっしゃいました。
image

 福々しい笑顔です。

 境内には「平河稲荷神社」が鎮座しておりました。
image

 社殿になります。
image

 商売繁盛の御利益があるそうです。朱色の鳥居が多く奉納されていますので、崇敬されている方々が多いと思います。

 平河稲荷神社の社殿前には「筆塚」がありました。
image

 こちらが「力石」だそうです。
image

image

 重そうです。

 こちらが社殿になります。
image

(´人`)

 御朱印は、授与所にて頂けます。御朱印代は300円です。
お煎餅まで頂きました。美味しく食べさせて頂きました。

 御守りや御神札(初穂料:800円)がありました。





神社名:平河天満宮
鎮座地:東京都千代田区平河町一丁目7‐5
祭 神:菅原朝臣道真公
配祀神:誉田別命 徳川家康公
通 称:平河天神
旧 称:平河神社
社格等:旧村社

加茂別雷神社(栃木県佐野市)5

578f530b.jpg
 栃木県佐野市に鎮座する「加茂別雷神社」に参拝してきました。旧村社になります。佐野市の中でも旧田沼町に神社はありました。

 最寄り駅は、東武佐野線「多田駅」になります。徒歩では、十数分位でしょう。田沼駅からも歩いて行けそうです。

 駐車場は見当たりませんでしたので、自動車は境内に置いてしまいました。他にも駐車場があるかどうかわかりません。


 こちらの神社の由緒は以下の通りです(社殿掲示の由緒板より)。
「当神社は人皇五十一代平城天皇の御宇大同二年五月五日山城国加茂皇大神の分霊を菊水山に勧請し、爾来雷大権と称せり。
降而朱雀天皇天慶三年唐沢山城主田原藤太秀郷公平将門追討するに際し、本社に戦勝祈誓せしに速に将門誅に伏したり。
因に公の子息藤原千常公に至り、秀郷公崇敬篤かりし菅公像神体を当社の相殿に斎き奉り、社領を奉納し近郷十八箇村の総鎮守としたり。
 境内に八重の紅色菊花群生し美観を呈する中に霊泉湧出し集りて霊池を成す。
 これ菊水川の源にして大旱と雖も涸れし事なく、流路は山腹を迂曲して水田に灌漑し五穀豊穣の守護神と称し、嘉永四年(1851)五月社号を菊水神社雷大権現と称せしが明治維新の際現今の如く改称せり。
 明治中葉神霊に報賽し永世太々講を起し講員分布二県二郡に亘るを知る後霊験灼なるを感得し分霊を斎り長く報賽の請願に合い、それに分霊して今日尚年々報賽し来るあり。
 祭典は五月五日六日の両日にして、当夜には菊水川の下流に当り無数の灯火波紋に映し更闌くるに漸く社頭に接するの趣あり。
古諺之を竜灯と称し世人の尊敬厚く実に稀有の祭典なり」


 こちらの神社から少し北に行き、多田駅を通り過ぎると左側に「賀茂別雷神社」という読み方は同じ神社が鎮座しています。両社とも京都の上賀茂神社からの勧請になります。多田町に鎮座する賀茂別雷神社は「天智八年(669年)」、こちらの神社は「大同二年(807年)」の勧請になり、138年遅く勧請されています。

 こちらは、鳥居になります。
8492ca99.jpg
 道路沿いにありました。

 境内に入ると右側には手水舎がありました。
57a5ef4b.jpg
 境内はさほど広くはありません。

 こちらが社務所になります。
3aeec0d0.jpg
 参拝したのは5月3日でして、その翌々日の5月5日が例大祭になりますので、氏子さん達が御札等の準備をしていました。

 こちらが神楽殿になります。
d340d32f.jpg
 どのような神楽が舞われるのでしょうか?

 こちらが社殿になります。65aa34df.jpg
 小ぢんまりしていますがなかなか立派です。
続きを読む

瑳珂比神社(群馬県伊勢崎市)5

68928db7.jpg

群馬県伊勢崎市の南、合併以前は『境町』に古くからある神社があります。
瑳珂比神社」と書いて「さかいじんじゃ」と呼びます。

旧境町にあるので「境神社」と書きそうです

最寄り駅は、東武伊勢崎線『境町駅』になり、徒歩で約10分位、国道354号線の『境町駅入口』という交差点を南下した所にありました。

隣は、「境小学校」・「前橋高等養護学校」になりました。

近くには、『瑠璃光山 無量寺 愛染院(上州新四国八十八ヶ所十一番札所・伊勢崎佐波三十四観音霊場三十一番札所)』があります。

駐車場は無さそうでしたので、境内の社務所前に停めさせて頂きました。他に駐車場は、無いのかなぁ・・・

鳥居から入ると、社殿は左側に向いています。
鬼門封じなんですかね。
大抵、正面に社殿は見えます。

由緒書きによると、
「能登より来た小此木左衛門尉長光は城を築いたが、大永年間(1521〜1527)に能登の『石動(いずるぎ)明神』の分霊を遷して守護神とした。」

という事でした。
ふむふむφ(..)

周辺は、学校の建物に囲まれていますので、少々暗いような感じもします
光がもう少し差し込めばな

雰囲気は、「村の鎮守様」といった感じの小さな神社です。

御朱印は、鳥居を入り、右側にある『社務所』で頂けます。御朱印代は、300円でした。

由緒書きは、ありました。

御守りや御札といった授与品もありました。

以前は他の神社が兼務をしていて、社務所は無住の神社だったようですが、新しく神職の方が赴任されたのか、社務所には若い神職の方がいらっしゃいました。

いろいろ神社を巡っていると、無住の神社は境内が清掃をされていないので、雰囲気は悪く、神威を感じることが出来ません。

瑳珂比神社は、神職の方がきちんと管理しているので、境内は掃き清められていました。
良かったです。




神社データ
神社名:瑳珂比神社(さかいじんじゃ)
鎮座地:群馬県伊勢崎市境493番地
祭 神:倉稲魂命
配 祀:天照大御神 火雷霊命 菅原道真公 応神天皇 建御名方神 素盞鳴神 大物主命 鎮西八郎為朝命
旧社格:村社 神饌弊帛料供進神社
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ