神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

群馬県

北関東三十六不動尊霊場(群馬県・栃木県・茨城県)5

 この不動尊霊場は、1988年(昭和63年)に開創され、北関東三県にまたがり、各県から不動明王を祀る寺院から選ばれています。
 その三県は

群馬県(身密修行の道場)
栃木県(口密修行の道場)
茨城県(意密修行の道場)

となっています。
 各県から12ヶ所の寺院が選定、真言宗と天台宗のみで構成されています。


 関東三十六不動尊霊場に比べたらマイナーお寺、檀家寺ばかりですが、荘厳な感じのするお寺ばかりかと思います。

 事務局は、十八番札所「多氣山持宝院」になります。

 この霊場のホームページがあったのですが、閉鎖されています。
 いつ復活するか、永遠に閉鎖なのかは分かりません。


〈巡拝用品〉
専用納経帳(1,500円)
image

差し替え可能です。
柄が他にあるかわかりません。

専用納経軸(13,000円)
image

中央には不動明王が描かれています。
image

霊場会公式の納経軸になります。
ネットで購入できる汎用の納経軸でも可能でしょう。

専用御朱印色紙(1,500円)
image

縦約48cm×横38cmになります。
この霊場特有の巡拝用品です。

ガイドブック(1,000円)
image

この他に「満願証」があります。
これは、結願した場合頂くもので、各寺院のあるそうなので、結願した寺院で頂いた方が良いかもしれません。

御御影帳は無いそうです。


〈御朱印代〉
納経帳・色紙 300円
納経軸 500円


 基本的には「御御影」が一体付くみたいですが、有料の札所もあるようです。


 三番札所「大福寺」に関しては、昼間は不在になるようです。
 不在の場合の納経所は二番札所か四番札所になります。そちらで御朱印を頂いてください。

 各札所には、巡拝用品(納経帳、納経軸、納経色紙、ガイドブック)はあるそうです。
 私は、七番札所「真光山長安寺」で一式頂きました。続きを読む

板倉雷電神社 オリジナル御朱印帳(群馬県邑楽郡板倉町)5

image

群馬県邑楽郡板倉町に鎮座する「板倉雷電神社」のオリジナル御朱印帳です。

大きさは横11cm×縦16cmになります。

境内には蝋梅が咲いており、季節になると綺麗な花と甘酸っぱい香りを漂わせます。
image

image

オリジナル御朱印帳には、その蝋梅をあしらったと思われます。

紙質は、普通かと思われます。

値段は1,000円、別途御朱印代が300円かかります。




神社名:板倉雷電神社
鎮座地:群馬県邑楽郡板倉町板倉2334
祭 神:火雷大神 大雷大神 別雷大神
社格等:旧郷社
札所等:つつじの館林七福神 福禄寿

馬見塚飯玉神社(群馬県伊勢崎市馬見塚町)3

群馬県伊勢崎市馬見塚町に鎮座する「馬見塚飯玉神社」に参拝してきました。

伊勢崎市の南部、国道354号線の「馬見塚」という交差点の近くに鎮座していました。

これといった最寄り駅はありませんので、自動車で行かれた方が良いかもしれません。

自動車は、お隣の馬見塚延命寺の駐車場に停められそうです。


こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「当社の創建は明らかではないが、後小松天皇の御代の応永年間(1394〜1412)大江広元の庶子、那波掃部輔によって再興されたと伝えられている。
当社はもと上社と下社の二社からなり、明治四十二年(1909)三月勅令により両社と延命寺境内にあった八雲神社を合祀し、同年八月この地に社殿を移築し奉遷した。
昭和五十五年合祀七十周年記念事業として社務所、水舎を新築した。
平成八年四月社殿改築奉賛会を結成し、社殿の改築、境内地の拡張と整備を行い平成九年六月一日に竣工し今日至る。」


国道354号線沿いにも鳥居がありますが、こちらは延命寺の駐車場側にある鳥居になります。
46604d33.jpg

こちらの鳥居の方が大きいです。

手水舎になります。
94551ca4.jpg

案内板です。
91dd33b3.jpg

祭神や由緒が書かれています。

こちらが狛犬になります。
086c97f0.jpg

d3c20f1a.jpg

神社には、狛犬がいなければいけませんね。

こちらが社殿になります。
f0e36b6c.jpg

(´人`)

保食命(うけもちのみこと)を中心に祀られています。

社殿に掲げられていた神額になります。
cce842b7.jpg

立派な字です。

境内の右側には「飯玉稲荷神社」が鎮座していました。
2e2d72da.jpg

境内社という位置付けなんでしょう。

また、境内の左側にも境内社が鎮座していました。
27e49655.jpg

1f042e14.jpg

何故だか鳥居に掲げられていた神額は「神武天皇」と刻まれていました。

神武天皇を祀る境内社があるのでしょうか?

神職の方は常駐していない神社のようなので、御朱印対応は不明です。





神社データ
神社名:馬見塚飯玉神社
鎮座地:群馬県伊勢崎市馬見塚町903番地
祭 神:保食命
配祀神:素盞鳴命 倉稲魂命 建御名方命 天児屋根命 迦具土命 別雷命 菅原道真命 大己貴命 豊受比売命 日本武命 大山祇命 大日靈命

瑳珂比神社(群馬県伊勢崎市)3

群馬県伊勢崎市に鎮座する「瑳珂比神社」に参拝してきました。
「さかいじんじゃ」と読みます。

以前の参拝日記⇒瑳珂比神社


由緒は、次の通りです。
「当社の創建は戦国期に能登半島より小此木左衛門尉長光来り境他六ヶ村を領有した守護神として生国能登国の石動明神の分霊を境城内に奉斎した大永年間(1521〜1527)とされている。
長光の子左衛門次郎は正親町天皇の御代の元亀三年(1572)武運長久を祈って稲荷の神像と石製の剣を奉納し石剣権現と称した。
後陽成天皇の天正八年(1590)小此木氏が当地を退去すると郷民は当社を鎮守社と定め石剣稲荷大明神と改めた。
後に那波、新田両郡の境に当るため境村となり後光明天皇の正保四年に例幣使街道が開設され宿場町になると次第に町並みも形成され慶安年間(1648〜1651)には境町となった。
桃園天皇の宝暦十一年(1761)拝殿が造営され後桜町天皇の明和三年(1766)には石鳥居が建立された。
後桃園天皇の安永二年(1773)社前に押花絵馬(境町最古の絵馬)が奉納され光格天皇の享和元年(1801)には氏子の発起により現在の社殿が建設されている。
その後も神域は整備され明治七年(1874)には村社に列された。
明治四十年(1907)九月に町内諏訪神社境内末社菅原神社、八幡宮疱瘡神社、八坂神社、稲荷神社、神明宮、琴平宮、秋葉神社を合祀し現在の瑳珂比神社と改称し今に至る。」


日光例幣使街道から少し南側に鎮座していました。

一の鳥居になります。
25a5363c.jpg

北側に向いて鳥居があります。
どうしてなんでしょうか?

社号標になります。
c9e3cece.jpg

「當所総鎮守 瑳珂比神社」とありますが、旧境町の総鎮守という意味なんでしょうか?

二の鳥居になります。
31cbdf91.jpg

手水舎になります。
601e14f5.jpg

手と口を漱いで参拝です。

4月5日に参拝してきましたが、桜が満開です。
5f88a413.jpg

とても綺麗です。

社殿になります。
78f7d597.jpg

東向に社殿が建てられています。
横からでないと全景が撮れません。

(´人`)

社殿の左側には、稲荷神社が鎮座していました。
ee6032d2.jpg

1e3d564d.jpg

境内社になります。

稲荷神社の右側にもお社がありました。
d792f25d.jpg

お狐様が奉納されているので、こちらも稲荷神社なんでしょうか?

社殿の裏側には、境内社が鎮座していました。
a89ef34b.jpg

それぞれの社名はわかりません。続きを読む

萩原諏訪神社(群馬県伊勢崎市)3

群馬県伊勢崎市に鎮座する「萩原諏訪神社」に参拝してきました。

同市内に鎮座する「瑳珂比神社」の兼務社にあたります。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「境町駅」になります。
徒歩では、十数分位はかもしれません。

駐車場は、見当たりませんでした。
近くにはベイシアが有りますので、長時間でなければ停められそうです。


こちらの神社の由緒は、次の通りです(境内の案内板より)。
「祭神建御名方命は古事記に依るに大国主命の第二子にして出雲国を天照大神に立奉りたる後信濃国に降り、民を慈しみ良き政を為せるに依り近隣の諸民その徳を偲び五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、開運招福の神とし諏訪大社にその霊を祀る。
当社は天正年間(1573〜1591)諏訪大社の分霊を奉遷し剛志村下武士に鎮祭せしを天保九年(1838)萩原の有志相計り住民五十余戸の賛助を得てこれを譲り受け現在地に鎮座せられる。
明治の代になり神厳維持の為の一村一社主義に則り住民の協賛を得て金銭及び土地を拠出し定められた資格を具備し先に掲げたる御利益と共に永久の平和と文化の発展を祈念し今日まで年々独自の祭祀を怠ることなし。
近年社屋の老朽著しきため区民並に近隣の崇敬者の奉賛に依り現在の社殿の建て替え並に豊川稲荷神社及び水舎の屋根の葺き替え等完成す。」


こちらが鳥居になります。
da176882.jpg

鳥居に掲げられていた扁額です。
cf3305bb.jpg

社号標になります。
679ebacc.jpg

何だか「萩原」だけが後で付け加えたような・・・

境内の左側には、手水舎がありました。
9508c5ca.jpg

こちらが境内社になります。
65417ae4.jpg

稲荷神社・秋葉神社・八坂神社・大国神社・春日神社・八幡宮になります。

(´人`)

右側には、庚申塔がありました。
48f5e5a5.jpg

こちらが社殿になります。
5747ec11.jpg

(´人`)

社殿に掲げられていた扁額です。
3a1bd449.jpg

何だか新しい感じがします。

社殿の左側には稲荷社鎮座していました。
cb868da4.jpg

鳥居の扁額をみると「豊川社」と書かれています。

つまり豊川稲荷社です。
豊川稲荷って曹洞宗のお寺なのに・・・

こちらが豊川社の社殿です。
312a2730.jpg

(´人`)

お狐様もいらっしゃいました。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ