神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

絵馬

宝登山神社 再拝(埼玉県秩父郡長瀞町)5

KIMG2604

 埼玉県長瀞町に鎮座する神社になります。

 最寄り駅は、秩父鉄道「長瀞駅」になります。神社まで徒歩で行けます。

 駐車場は、社務所前にありました。自動車は、数十台位は停められそうです。
 国道140号線沿いには、大きな鳥居がありました。目印になります。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「埼玉県秩父郡長瀞町長瀞の旧県社。神社本庁別表神社。宝登山とも。祭神は神日本磐余彦尊・大山祗神・火産霊神。例祭は4月3日。神楽・獅子舞・人形浄瑠璃・煙火を奉納する。
 日本武尊が東国平定にあたり当国で大山火事に遭ったが、巨犬が現れて火を鎮め姿を消した。その霊犬が大山祇神のお使いであることを知り、当山鎮護の大山祇神と火防の神である火産霊神を奉斎したという。火止山はこの故事から付された。
 周辺から採集された銅が慶運五年(708)に朝廷に献上されてから火所山となり、のちに宝登山と表記された。」

 また、國學院大学日本文化研究所編「神道辞典」によると次の通りです。
「〈祭神〉神日本磐余彦尊、(配祀)大山祗神・火産霊神、(摂社)日本武尊
 〈旧称〉宝登山大権現
 〈例祭日〉4月3日 〈神事〉奥社大祭、丹玉祭
 〈由緒〉日本武尊が東征の帰路、宝登山山頂で大和の神武天皇陵を遥拝して戦勝報告をした。このとき突如として猛火が尊を襲ったが、多くの巨犬が現れて救った。日本武尊はこの霊犬を大山祇神の眷属とし、神々を鎮祭したといい、火伏せの霊験で知られる。尊が禊(みそぎ)したという泉、玉泉があり、明治以前までは宝登山大権現と称し、鳥羽天皇の時代に建立された真言宗玉泉寺が別当寺であった。
 〈旧社格〉県社(明治三十一年)」


 ロープウェイで宝登山の山頂まで行け、奥の宮も参拝できるようです。

 秩父神社と三峯神社と並ぶ「秩父三社」の一社になります。

 鳥居になります。
KIMG2558
 渋沢栄一書の社号標です。
KIMG2559
 手水舎です。
KIMG2560
 登っていきます。
KIMG2561
 社殿になります。
KIMG2562
 参拝していたらちょうど秩父三社を巡る観光バス3台が到着、御朱印を頂く人の長蛇の列が授与所に並びました。境内もその観光客?だらけでした。

 神楽殿になります。
KIMG2563
 大黒さまです。
KIMG2565
 御朱印は、境内の右側にある授与所にて頂きました。御朱印代は300円です。
KIMG2566
 御守りや御札といった授与品はありました。私は縁起物のうちわ(初穂料300円)と日本武尊の火伏せの図が描かれた絵馬(初穂料700円)を頂きました。




神社名:宝登山神社
鎮座地:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828番地
祭 神:神日本磐余彦尊(神武天皇)
配 祀:大山祗神 火産霊神
社格等:旧県社 別表神社

宝登山神社 縁起うちわ&日本武尊の火伏せの図絵馬(埼玉県秩父郡長瀞町)5

KIMG2571
KIMG2603
 埼玉県秩父郡長瀞町に鎮座する宝登山神社の「縁起うちわ」と「日本武尊の火伏せの図絵馬」になります。
 「縁起うちわ」は、火伏せや金運招来にご利益があるそうです。授与所には並んでいないので、神職や巫女さんに頂きたい旨を告げてください。初穂料300円。
 「日本武尊の火伏せの図絵馬」は、こちらの神社の由緒にあるように宝登山で火事に襲われた日本武尊に犬が火に立ち向かいい、無事に逃れた時の絵になります。初穂料700円。






神社名:宝登山神社
鎮座地:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828番地
祭 神:神日本磐余彦尊(神武天皇)
配 祀:大山祗神 火産霊神
社格等:旧県社 別表神社
URL:http://www.hodosan-jinja.or.jp/

足利織姫神社 大願成就の絵馬(栃木県足利市西宮町)5

KIMG2534

 栃木県足利市の織姫山(機神山)の中腹に鎮座する神社になります。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「足利市駅」、JR両毛線「足利駅」になります。徒歩では30分位はかかりそうです。

 駐車場は、境内の東側にありました。自動車は、数十台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「栃木県足利市西宮町に鎮座。祭神は八千千姫命・天御鉾命。例祭は5月7日で神幸祭がある。
 伊勢国の渡会井手郷の御機殿を遥拝するために勧請された。
 明治十二年(1879)に足利町の八雲神社の相殿となり、さらに現在地に遷された。」

 また、案内板によると次の通りです。
「足利は古くから織物を中心として栄えてきました。奈良時代初期の和銅6年(713)というのが足利織物が文献上に残る最古のものと言えるでしょう。その約1300年の伝統を持つ足利織物の守り神として奉られているのが足利織姫神社で、昔機織を司られた天御鉾命と八千々姫命を祭神としております。
 昔は『機神さま』と呼ばれ、明治12年8月24日に合祀されていた通四丁目の八雲神社から今の織姫山南麓に遷宮しましたが、翌年の明治13年9月10日の火災で焼失以来、仮宮のまま約50年を経過。この間、織姫神社奉賛会により織姫神社中腹に朱塗りの社殿が造営され、昭和12年5月7日仮殿から遷座して現在に至っています。
 緑に映える朱塗りのお宮は、国登録有形文化財にも指定されている足利の名勝の一つで、足利県立自然公園の最南端に位置しています。社殿の東側には関東ふれあいの道『歴史のまちを望むみち』が通っており、北に続く織姫山一帯は明治100年記念事業として造成された総合公園(織姫公園)になっています。」


 駐車場から境内には入ることができます。
KIMG2527
 恋人の聖地だそうです。
KIMG2528
 境内からの眺めです。
KIMG2529
 快晴といって良い天気のため、気持ち良い感じがしました。

 社殿になります。
KIMG2530
KIMG2532
 一年ぶりの参拝になります。
 まだ1月なので初詣の参拝者が多かったような気がします。また少年野球の子供たちも参拝に来てました。

KIMG2531
 社務所兼授与所になります。
KIMG2533
 以前御朱印を頂いたので今回は頂かず、授与所で絵馬を頂きました。一体800円です。
 恋御神籤を引いたら「大吉」でした。良いことあるかな。




神社名:足利織姫神社
鎮座地:栃木県足利市西宮町3889番地
祭 神:天御鉾命(あめのみほこのみこと) 天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)
社格等:旧無格社

前橋東照宮 御手杵の槍絵馬(群馬県前橋市大手町)5

KIMG2495

 群馬県前橋市の中心部、群馬県庁から少し北の「大手町」の交差点の所に神社は鎮座していました。中央大橋のたもとといった感じです。

 最寄り駅は、JR両毛線「前橋駅」or「新前橋駅」になります。両駅から徒歩では少々かかりそうです。

 駐車場は、境内の北側の道路沿いにありました。自動車は、数十台位は停められそうです。

 
 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「前橋市大手町の旧県社。徳川家康・菅原道真・木之花咲耶比売神ほか二柱を祀る。例祭は4月17日。
 寛永元年(1624)に前橋藩祖である松平直基が越前の勝山城主当時に奉斎され、その後の移封ごとに遷された。
 慶応二年(1866)に前橋に帰還し、明治四年(1871)に遷座した。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「群馬県前橋市大手町。旧県社。
 寛永元年(1624)前橋藩の祖、松平直基が越前勝山城主時代に同地に創建、以来二百三十年余り十三回にわたる各地移封の都度遷祀、慶応元年(1865)川越より転領後、明治四年(1871)現在地に遷座した。
 宝物に家康公木像(元和年間作)などがある。
 例祭4月17日。」


 鳥居になります。
KIMG2487
 手水舎になります。
KIMG2486
 交通安全の祈祷所
KIMG2484
 社殿になります。
KIMG2483
 1月7日に参拝してきました。まだ初詣の参拝者がいらっしゃいました。授与所には、御守りや御札をいただく方、祈祷祈願を受ける方も多かったです。

 本殿後方には「営築稲荷神社」が鎮座していました。
KIMG2488
 由緒
「文久三年(1863年)、前橋城再築にあたり工事の安全を祈願するため松平家11代藩主・松平直克が勧請した神社。
 御祭神は宇迦之御魂神で、主な御神徳は商売繁盛、工事安全となっており信仰を集めています。」

 そばにありました。
KIMG2489
 厩橋護国神社になります。
KIMG2492
 
 私は、授与所で御手杵の槍が描かれた絵馬を一体頂きました。初穂料は800円でした。





神社名:前橋東照宮
鎮座地:群馬県前橋市大手町三丁目13‐19
祭 神:徳川家康公 菅原道真公 木之花咲耶姫神 長壁様
社格等:旧県社
札所等:全国東照宮めぐり

緑町八雲神社 御朱印&絵馬&御守り(栃木県足利市緑町)5

KIMG2409
KIMG2408

 八雲神社自体は、足利市内に複数鎮座してます。こちらの神社はその中の一社になり、「足利総鎮守」になります。

 「足利公園」の隣に鎮座してます。

 最寄り駅は、JR両毛線「足利駅」になります。徒歩では、少々かかりそうです。

 神社の専用駐車場は無いようです。隣の足利公園の駐車場を利用した方が良いかもしれません。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです。
「【創建】
 貞観十一年(869)、清和天皇が右大臣藤原基経に命じて、須佐之男命他二神を祀り、東国の第一祈願所として当神社が創建されました。
 八坂神社(京都)・津島神社(愛知)・八雲神社(足利)の三所を天皇祈願所と定め、疾病退散・国家安泰を祈願したといいます。
【足利の氏神様】
 応徳元年(1084)足利の祖、源義国が足利荘への下向に際し、当社に御太刀を寄進し、足利郡・梁田郡六十六郷(足利市全域)の総鎮守(守り神)と定めました。
【主祭神 須佐之男命(厄除・八方除け)】
 天照大神の弟神であり、牛頭天王とも呼ばれら出雲の地で八岐大蛇を退治したことで知られる邪気を払う神様です。」


 年の瀬も押しつまった12月31日に参拝してきました。

 森高千里の歌った歌「渡良瀬橋」に出てくる八雲神社になります。
 足利公園の隣にあるので、とても静かな神社になります。

 鳥居になります。
KIMG2370
 道祖神がいらっしゃいました。
KIMG2372

 新しい社殿になります。
KIMG2373
 社殿横からです。
KIMG2374
 以前あった社殿が焼失されてしまい、伊勢神宮の月読宮の社殿が本殿と御扉が移築されました。
 ちょうど禰宜さんに御朱印を頂いた際に新しい社殿についてお話を御伺いする機会があり、拝殿内に入ることができました。禰宜さんがお時間があるときは話が聞けたり、拝殿内に入ることができるかもしれません。
 また、新しい社殿の工事費が当初の予算の倍かかってしまい、お金のやりくりに困っているともお話がありました。

 御朱印は授与所にて頂けました。御朱印代は300円でした。

 御守り、絵馬、御神籤等の授与品はありました。
 私は渡良瀬橋の絵が描かれた心願成就の絵馬(一体500円)、御守り(一体500円)も頂きました。





神社名:緑町八雲神社
鎮座地:栃木県足利市緑町一丁目3281番地
祭 神:須佐之男命
配 祀:櫛稲田媛命 大己貴命 少彦名命 火迦具土命
社格等:旧村社 足利総鎮守
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 管理部に所属する会社員。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ