まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

紫陽花

鷺宮咲前神社 境内社「鷹巣神社」の御朱印(群馬県安中市鷺宮)5

KIMG4410
 群馬県安中市の旧安中市の市街地から西へ行った所に神社は鎮座していました。

 最寄り駅は、JR信越本線「安中駅」or「磯部駅」になります。徒歩で神社まではかなりかかりそうです。できれば自動車で行かれた方が宜しいかと思われます。

 駐車場は、境内の右側にありました。自動車は、十数台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は以下の通りです(由緒書きより)。
「当鎮座地は神代、経津主大神が健御名方神を追って上野国と信濃国の国境の荒船山に御出陣の時の行在地であると伝わる。
 安閑天皇元年(534)六月、初の申の日に神石『雷斧石(らいふいし)』三柱の御出現を仰ぎ、時の朝廷に上奏したところ、奉幣使、磯部朝臣小倉季氏と共に高椅貞長、峯越旧敬を伴い上毛野国に御下向があり、抜鉾(ぬきほこ)大神『健経津主命』をお祀りし、社を建てられた。その後、白鳳元年(650)第十一代小崎邦平、神託により蓬丘菖蒲谷に御遷座し、貫前神の鎮座となり、磯部郷前宮跡を先の宮として崇め、改めて咲前神社が創建された。」


 一之宮貫前神社の前宮としての神社になります。
KIMG4394
 時期が時期だけに紫陽花が咲いてました。とても綺麗です。
KIMG4395
 手水舎です。
KIMG4401
 神楽殿
KIMG4400
 境内には「鷹巣神社」が鎮座していました。
KIMG4397
 詳しい由緒は、次の通りです(由緒書きによる)。
「【主祭神】大物主命 火産霊命 伊勢三郎義盛公
 御本社は、碓氷川を見下ろす鷹巣山に鎮守する板鼻の鎮守で、従来金比羅宮であった。江戸期には、中仙道板鼻宿の発展と共に当社も栄え、多くの崇敬者と旅人の憩いの神域となりました。明治六年、村社となり、同四十二年、本町八坂神社、神明宮、愛宕、管沢稲荷、関口取勝明神社等を合祀して鷹巣神社と改称された。」

 絹笠神社です。
KIMG4398
 授与所になります。
KIMG4399
 今回は境内社の鷹巣神社の御朱印を頂きました。御朱印代は300円です。




神社名:鷺宮咲前神社
鎮座地:群馬県安中市鷺宮3308番地
祭 神:健経津主命 大己貴命 保食命 建御名方神 火産霊神 菅原道真 猿田彦命 倉稲魂命
社格等:旧村社 神饌幣帛料供進神社

大平山 連祥院(栃木県栃木市)5

cfff2c6f.jpg

栃木県栃木市にある「大平山連祥院」に参拝してきました。
天台宗に属するお寺になります。

栃木市の中心部から西へ行った大平山の麓にお寺はありました。
太平山神社の参道である「あじさい坂」の入り口のそばにあります。

駐車場は、お寺の入り口の前にありました。
また、栃木市営無料駐車場もありました。
自動車は、合わせて50台以上は停められそうです。


こちらのお寺の由緒は以下の通りです。
「当山は、天長四年(827)慈覚大師円仁により創建されました。
もとは太平大権現社の別当寺院として山上にあり、第五十三代淳和天皇の勅願寺として栄え、多くの人々により信仰されてきました。
しかし、明治期の神仏分離令により、山上からおろされ、明治三十八年に現在の本堂、六角堂が建立されました。
堂内中央には、本尊虚空蔵菩薩、右側に愛染明王、左側に不動明王が安置されています。」


駐車場からお寺に向かいます。
b10214f8.jpg

境内の隣には、太平山神社のあじさい坂のそばなので、梅雨の時期は紫陽花が咲いて、とても綺麗だと思われます。
97d0ada6.jpg

関東ふれあいの道に選定されています。
ada20d7b.jpg

こちらが入り口です。
6160ed38.jpg

2fd80b68.jpg

境内には、赤い旗が多く奉納されていました。
003a4254.jpg

信仰されている方々多いのでしょう。

元は、太平山神社と一体となっていた神仏習合色の強い寺院ですが、明治時代の神仏分離で独立。
現在に至ります。続きを読む

祥寿山 曹源寺(群馬県太田市)5

eca9d27d.jpg

群馬県太田市にある「祥寿山 曹源寺」に参拝してきました。
曹洞宗に属するお寺になります。

太田市の北部、桐生市や足利市にも近い所にお寺はありました。

これといった最寄り駅は無いので、自動車で行かれた方が良いかもしれません。

駐車場は、境内の左側にある「参拝者駐車場」を利用できます。
自動車は、十数台位は停められそうです。


こちらのお寺の由緒は以下の通りです。
「文治三年(1187年)に新田家の祖新田義重が京都から迎えた養姫である祥寿姫の菩提をを弔うために建立された六角堂が起源である。
過去に二度の火事により本堂は焼失し(1852)、仏殿であった『さざえ堂』のみ現存し、これを本堂としてます。
寛政五年四月(1793)に関東の大工の祖といわれた町田兵部栄により十三年の歳月をかけて建てられたお堂は、間口・奥行きとも16.3m、高さ16.8m。
外見からは二階建てに見えるが内は三階建て。
堂内は回廊式といって同じところを二度通らずに元の所に戻れる構造になっている。
一階正面には本尊の魚籃観世音菩薩が祀られている。
その左側の通路より右回りに進んで二階三階と上がっていき、また回りながら同じ道を通らずに一階に戻ってくるといった造りになっている。
その回廊の内壁の一階には秩父三十四観音 二階には坂東三十三観音 三階には西国三十三観音の計百札所の観世音菩薩を模した観音様が安置されて、さざえ堂を一巡りすれば百箇所の札所を巡った功徳を得られると言われています。
境内には数多くのあじさいが植えられていて六月下旬頃の景色はすばらしく、このことから『群馬のあじさい寺』とも呼ばれています。
昭和五十二年九月(1977)に群馬県重要文化財に指定されました。」


こちらが山門になります。
b39d91f3.jpg

仁王像が配されているので、仁王門と呼んだ方が良いかもしれません。

山門の両側にはこのような石標がありました。
674556e8.jpg

ac8928bd.jpg

何なんでしょうか?

山門の右には、紫陽花が咲いていました。
7118dcc7.jpg

山門を入ります。
3f0585c6.jpg

山門から本堂までは、西国・坂東・秩父観音霊場の御砂踏み場がありました。

山門を入ると、左側には鐘楼がありました。
b3c27274.jpg

また、手水舎がありました。
55f5dfab.jpg

境内には紫陽花が植えてありますので、ちょうど見頃でした。

やはり、この時期の紫陽花はとても綺麗です。
c9a58b0f.jpg

831f6e95.jpg

9a14f4bd.jpg

a39bccb0.jpg

36183d46.jpg

こちらが本堂になります。
7ff61d72.jpg

栄螺堂と呼ばれており、
西国・坂東・秩父観音霊場の百体の観音様がいらっしました。
360e63ae.jpg

拝観受付・御朱印受付から望む。
以前に拝観させていただきました。
立派な観音様ばかりでした。続きを読む

義任山 観音院 吉祥寺(栃木県足利市)5

650be739.jpg

義任山 觀音院 吉祥寺に参拝してきました。
天台宗に属するお寺になります。

栃木県足利市の中心部にある足利市役所から北へ直線距離で約2km行った所にお寺はありました。

最寄り駅は、JR両毛線「足利駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。

駐車場は、境内の左側にありました。
自動車は、数十台位は停められそうです。


こちらのお寺の由緒は、以下の通りになります。
「弘長年間(1261〜1263)源姓足利氏五代の頼氏が、覚恵和尚を開山として創建したと伝えられ、頼氏の供養塔が残されています。
頼氏は、四代目泰氏の三男で、初めは利氏と称しましたが、母が北條時頼の娘だったことから、時頼が出家(最明寺入道)した康元元年(1156)八月、外祖父の諱により頼氏と改名しました。
治部大輔(従五位三河守)として鎌倉幕府に出仕していた頼氏は弘安三年(1280)入道して義任と号しました。」


お寺までの道は、通りから少し入っているのでわかりづらいかもしれません。

こちらが看板になります。
629444d9.jpg

目印になります。

進んでいきます。
fd443389.jpg

進んでいくと、このような石標がありました。
70fcb851.jpg

足利坂東観音霊場の札所である旨が刻まれています。

先へ進みます。
3e42ab8b.jpg

そうすると、右側に蓮池がありました。
7d982162.jpg

まだ咲いていません。

こちらが入口になります。
49cafda6.jpg

進むと、右側に十二支堂がありました。
b50eea31.jpg

十一面観世音菩薩を中心に、十二支の守り本尊が祀られていました。

寺号標になります。
4eb1b15f.jpg

こちらが石段になります。
1a9ef2a0.jpg

石段脇には、紫陽花が咲いていました。
b975fd6d.jpg

こちらのお寺は、「紫陽花寺」として有名になります。
境内の左側(南側)にある斜面には、15種類1,500株を超える紫陽花が植わってありました。
fb4d88a6.jpg

6月9日に参拝しましたが、まだ2〜3分咲きといった感じでした。
毎年6月第4週の土日(今年は6月22日・23日)には、「あじさい弁天まつり」が開かれるそうです。

こちらが本堂になります。
3416b3d7.jpg

本尊である「十一面観世音菩薩」が祀られています。
また、本堂の左側の軒先には「半鐘」が懸けられてありました。
江戸時代のもので、足利市指定重要文化財になっています。

こちらが伝教大師像です。
33a72fda.jpg

天台宗の祖ですね。続きを読む

雨は好き?嫌い?1

0f296dcc.jpg


半年が終わりましたね。
梅雨も後半になってきました。

雨は、何だか好きではありません。
何だか憂鬱な気分になります。
外に出掛けられないのもありますね。

雨があがって、雲が流れて、晴れ間が出てきて、心地よい風が出てくるのが好きですね。

梅雨の時期の紫陽花は、雨が似合います。
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ