神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

素盞嗚命

世良田八坂神社 見開きの御朱印(群馬県太田市世良田町)5

KIMG3193

 群馬県太田市世良田町にある旧郷社になる神社です。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「世良田駅」になります。徒歩では15分位はかかりそうです。

 神社専用の駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「新田郡尾島町世良田の旧郷社。祭神は素盞嗚命。例祭は7月25日。
 後醍醐天皇の皇孫にあたる良王は世良田氏の娘を生母として上野国の寺尾城に生まれた。のちに尾張国の津島社の神主になった。津島の神は新田・世良田の両氏が勧請したと伝える。新田の天王と称し、一族が深く尊崇した。
 織田信長が社殿を造営した。」

 また、境内の案内板によると次の通りです。
「八坂神社の創建は明らかでないが、縁起によれば新田氏代々の崇敬社であり、織田信長も同社を崇拝し社殿を修造したという。また尾張国(愛知県)津島天王社の分霊を移したとも伝える。これは世良田政義の娘と南朝の王子尹良親王との間に出生した良王が、津島天王社の神主となったという故事によるものであろう。
 『永禄日記』(長楽寺蔵)の永禄八年(1565)六月七日の条に、『天王祭ヲイタス』とあり、古くは『牛頭天王』を祀る天王社であった。江戸時代は神宮寺(大正二年普門寺へ合併)が奉仕し、世良田・女塚・境・三ツ木・粕川村など五ヶ村の鎮守であったが、明治初年さらに平塚・村田村・木崎宿などが加わり、二十四ヶ村の郷社とされ、八坂神社と称した。
 当社は、農業・疫病除けの神として広く信仰されている。特に夏祭は『世良田祇園』として知られ、かって十一台の屋台が繰り出して競う祇園ばやしは、夜空にこだまして絢爛幻想の世界を現出し、関東の三大祭の一つに数えられた。近年は交通事情により祭りの規模は縮小されているものの、村人により祭り屋台・囃子が良く保存されており、神輿の渡御などに『世良田祇園』の伝統が受け継がれている。」


 世良田東照宮から少し北に神社は鎮座しています。

  鳥居になります。
KIMG3191
 手水舎になります。
KIMG3192
 社殿になります。
KIMG3187
 織田信長の造営と伝えられます。

 境内社になります。
KIMG3189
 境内の左側にある授与所で御朱印を頂きました。見開きのもので御朱印代は600円でした。
 兼務社の書き置きの御朱印もありました。

 その他御守りや御神札といった授与品はありました。






神社名:世良田八坂神社
鎮座地:群馬県太田市世良田町1497番地
祭 神:素戔鳴尊
社格等:旧郷社

緑町八雲神社 渡良瀬橋に出てくる神社 再拝(栃木県足利市緑町)4

image

 八雲神社自体は、足利市内に複数鎮座してます。こちらの神社はその中の一社になり、足利総鎮守になります。

 「足利公園」の隣に鎮座してます。

 最寄り駅は、JR両毛線「足利駅」になります。徒歩では、少々かかりそうです。

 神社の専用駐車場は無いようです。隣の足利公園の駐車場を利用した方が良いかもしれません。自動車は、十台以上は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです。
「佐野唐沢山城主、下野守藤原村雄(秀郷の父)が夢のお告げにより、貞観年間(859〜876)に創建したと伝えられています。
 また『栃木県神社誌』によれば、清和天皇の貞観11年(869)、右大臣藤原基経が、当緑町に上社、5丁目に下社を勅願所として創建したといわれています。
 平将門の乱に平定祈願成就により、足利、梁田両郡の総鎮守となり、牛頭天王と呼ばれ広く崇敬を集め、朝廷や国府からの参拝も行われたと伝えられます。
 境内に宝憧寺や本町薬師もあったようです。」


 森高千里の歌った歌「渡良瀬橋」に出てくる八雲神社になります。

 鳥居になります。
image

 入ると、左側にある手水舎がありました。
image

 手と口をすすいで、参拝です。

 数年前に社殿が焼失してしまい、伊勢神宮の「月読尊荒御魂社」の社殿を譲り受けました。
image

image

 1月29日現在は、本殿は完成してますが、拝殿は建設途中になります。

 しばらく御朱印は頂いていなかったので、久しぶりに頂きました。境内の北側にある宮司さん宅にて頂けます。御朱印代は、300円でした。

 御守り、絵馬、御神籤等の授与品はありました。




神社名:緑町八雲神社
鎮座地:栃木県足利市緑町一丁目3281番地
祭 神:素戔嗚男命
配 祀:櫛稲田媛命 大己貴命 少彦名命 火迦具土命
社格等:旧村社 足利総鎮守

世良田八坂神社 初詣(群馬県太田市世良田町)5

image

 群馬県太田市世良田町にある旧郷社になる神社です。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「世良田駅」になります。徒歩では15分位はかかりそうです。

 神社専用の駐車場はありました。
10台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「新田郡尾島町世良田の旧郷社。祭神は素盞嗚命。例祭は7月25日。
 後醍醐天皇の皇孫にあたる良王は世良田氏の娘を生母として上野国の寺尾城に生まれた。のちに尾張国の津島社の神主になった。津島の神は新田・世良田の両氏が勧請したと伝える。新田の天王と称し、一族が深く尊崇した。
 織田信長が社殿を造営した。」

 また、境内の案内板によると次の通りです。
「八坂神社の創建は明らかでないが、縁起によれば新田氏代々の崇敬社であり、織田信長も同社を崇拝し社殿を修造したという。また尾張国(愛知県)津島天王社の分霊を移したとも伝える。これは世良田政義の娘と南朝の王子尹良親王との間に出生した良王が、津島天王社の神主となったという故事によるものであろう。
 『永禄日記』(長楽寺蔵)の永禄八年(1565)六月七日の条に、『天王祭ヲイタス』とあり、古くは『牛頭天王』を祀る天王社であった。江戸時代は神宮寺(大正二年普門寺へ合併)が奉仕し、世良田・女塚・境・三ツ木・粕川村など五ヶ村の鎮守であったが、明治初年さらに平塚・村田村・木崎宿などが加わり、二十四ヶ村の郷社とされ、八坂神社と称した。
 当社は、農業・疫病除けの神として広く信仰されている。特に夏祭は『世良田祇園』として知られ、かって十一台の屋台が繰り出して競う祇園ばやしは、夜空にこだまして絢爛幻想の世界を現出し、関東の三大祭の一つに数えられた。近年は交通事情により祭りの規模は縮小されているものの、村人により祭り屋台・囃子が良く保存されており、神輿の渡御などに『世良田祇園』の伝統が受け継がれている。」


 1月3日に世良田東照宮でご祈祷を受けた帰りに参拝してきました。世良田東照宮より少し北に鎮座していました。

 鳥居になります。
image

 茅の輪がありましたので、作法通りくぐらせて頂きました。

 社殿になります。
image

 織田信長が造営を命じたと言う社殿では祈祷祈願を行っており、祝詞の声が聴こえました。

 社殿の左後方には境内社が鎮座していました。
image

 新年の参拝なので、御朱印を頂きました。御朱印代は300円でした。

 授与品の中に「ゲゲゲの鬼太郎御守り」がありました。二種類あり、それぞれ初穂料800円になります。
 また、ドラゴンボール御守り(一体800円)もありました。
 その他御守りや御神札といった授与品はありました。




神社名:世良田八坂神社
鎮座地:群馬県太田市世良田町1497番地
祭 神:素戔鳴尊
社格等:旧郷社

緑町八雲神社(栃木県足利市緑町)3

 栃木県足利市に八雲神社が鎮座しています。
と言っても複数鎮座しているので、このブログに書くのは足利公園の隣に鎮座する緑町八雲神社について書きます。

 以前の参拝日記は⇒緑町八雲神社(栃木県足利市)

 以前、社殿を焼失してしまっているので、仮社殿になります。
image

 以前は立派な社殿だったので、残念です。再建は先になりそうです。

 伊勢神宮の式年遷宮の際の月読尊荒御魂社の撤去材を賜ったので、それで社殿を造営するようです。
image

 森高千里さんの歌にも出てくる神社なので、早期の再建を望むばかりです。

 近くには草雲羊羹本舗という栗蒸し羊羮の美味しいお店があります。
 良かったら立ち寄ってください。



神社データ
神社名:緑町八雲神社
鎮座地:栃木県足利市緑町1‐3281
祭 神:須佐之男命 奇稲田媛命 大己貴命 少名彦名命 火之迦具土命
社格等:旧村社

金鑚神社(埼玉県神川町)3

281b8b58.jpg

日本には、「山岳信仰」というのがあります。文字通り、山を信仰の対象にすることだ。
有名なのは富士山を御神体とする「富士講」になり、「浅間神社」があります。
やはり、「天」に近い所に憧れるのかな。

さて、今回ブログに書く神社は、「金鑚神社」になります。「かなさなじんじゃ」と読みます。

埼玉県の北部、本庄市の近くの「神川町」に鎮座する神社です。
群馬県藤岡市にも近いです。
国道463号線沿いに大きな鳥居がありますので、わかりやすいかもしれません。

道路の向かい側には、金鑚神社の別当寺であった「金鑚山 大光普照寺」がありました。

最寄り駅は、JR高崎線「本庄駅」になりますが、徒歩で神社まで行くのは無理かもしれませんので、バスかタクシーを利用した方がいいかもしれません。

駐車場は、鳥居から入り、社務所手前の左側にあるトイレの所にありました。自動車は十数台位は停められそうです。

この神社は、拝殿の後方にそびえ立つ「御室ヶ嶽」を御神体とする「山岳信仰」の神社になります。
山岳信仰だけあって、神社周辺は木々に囲まれていますので、周辺を散策できます。
夏場には森林浴になりそうです。
境内も山の中にあるって感じがします。

参拝したときは8月だったので、社殿に参拝しようと行ったら、蜂が飛ぶ音が尋常な位大きく聞こえたので、少々怖くなりました。
何処に居たのかなぁ・・・

社殿で参拝。

(´人`)

御朱印は、「祈祷申込所」で頂けました。御朱印代は、300円でした。
随分かすれた墨書きなので、かなりショボンとなりました。
ネットを見ていると、かなり達筆な墨書きがありました。

由緒書きは、ありました。

埼玉県北部には、この神社から分霊したと思われる神社が多く存在します。
この地域の住民に、慕われていた神社なのかもしれません。




神社データ
神社名:金鑚神社(かなさなじんじゃ)
鎮座地:埼玉県児玉郡神川町二ノ宮750番地
祭 神:天照大御神 素戔鳴尊 日本武尊
旧社格:延喜式内社 官幣中社 武蔵国二ノ宮
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ