まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

由良成繁

桐生山鳳仙寺 桐生七福神毘沙門天(群馬県桐生市梅田町)5

KIMG3595
 群馬県桐生市の北部、梅田地区に寺院はありました。

 寺院専用の駐車場はありました。


 こちらの寺院の由緒は次の通りです(桐生仏教会刊『積善 桐生のお寺』による)。
「●鳳仙寺の概略
 戦国末期から現在まで法灯が維持されております。
 寺域は、周囲を豊かな自然に抱かれて四季おりおりのたたずまいの中、静寂閑雅な緑陰の別天地が形成され、唐人白山の『鳳凰飛舞仙人遊楽之霊地也』から、寺号を『鳳仙寺』とし、瑞兆の帰結から山号を『桐生山』とされました。
 天正二年(1574)桐生城主由良成繁公は、名田百石余と共に、勅使門の備わった伽藍を創建し、自らの菩堤所として『桐生山鳳仙寺』が開山されました。
 開山さまは、朝廷より賜わった勅賜号・禅師号を冠する高僧であり、二世黙之宗禅師は、後年『室中の法宝』と驚嘆される『夢中問答』や能筆な墨蹟で知られる学徳兼備の傑僧であり、三世大円門鶴大和尚は、学僧として高名で大本山永平寺二十世の住持に晋山されました。この頃の鳳仙寺では、常に四十人余の雲水が参禅修学し教導を受ける一大道場でありました。十六世乙堂喚丑禅師は、鳳仙寺版正法眼蔵を始め、宗門史上貴重な教義を数多く残し宗学の師として仰がれ大本山總持寺住持に晋住されました。25世穆山瑾英禅師は、大本山總持寺独住第3世に晋住されるなど、多くの名僧を輩出しております。
 
●鳳仙寺指定文化財
■由良成繁の墓(市指定史跡)桐生城城主の墓。
■鳳仙寺本堂(市指定重要文化財)享保十一年(1726)以前 市内唯一の八室構成からなる大規模な方丈形式本堂であり、かつ曹洞宗本堂の伝統的な形式をよく伝える貴重な建造物である。 
■鳳仙寺山門(市指定重要文化財)延宝元年(1704)建立された三間一戸の楼門。
■鳳仙寺輪蔵(市指定重要文化財)天明三年(1783)の制作全体が容易に回転する稀少な様式が最大な特徴であります。
■鳳仙寺梵鐘(市指定重要文化財)寛永十八年(1641)に鋳造された市内最古、県内でも有数な古さを誇り、天命の代表的名工・藤原朝臣江田讃岐守安重による鋳造で、江田性に関わる梵鐘で現在まで完全に保存されている唯一の梵鐘であります。
■桐生七福神『毘沙門天』古くからインドの神として崇められ、多聞天とも称されていますが、手に持つ宝塔が限りない財宝を授与し、多聞(多くを聞き学び、知識を習得)し、武人として守護の力を発揮する、七福神の一つとされ金運、開運、厄除け、学業成就の神通力があると言われております。」

 
 入口になります。
KIMG3570
 山門になります。
KIMG3573
 本堂になります。
KIMG3572
 石造毘沙門天立像になります。
KIMG3571
 (´人`)

 御朱印は、本堂内で頂けました。御朱印代は300円です。

 御守りや御仏籤等の授与品はありました。

 祈祷祈願は行っているようですが、通年で対応しているかどうかはわかりません。お寺に問い合わせてください。




寺院名:桐生山 鳳仙寺
所在地:群馬県桐生市梅田町一丁目58番地
宗 派:曹洞宗
開 基:由良信濃守成繁
寺格等:常法幢別格地
本 尊:釈迦三尊
札所等:桐生七福神 毘沙門天

桐生山 鳳仙寺(群馬県桐生市)5

104d40b7.jpg

群馬県桐生市にある「桐生山 鳳仙寺」に参拝してきました。
曹洞宗に属するお寺になります。

桐生市の北部、県立桐生女子高校の近くにお寺はありました。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。
徒歩ではかなりかかります。
近くまでバスが来ているかもしれません。

駐車場は、入口の右側を入っていくと本堂の右側に駐車場がありました。
自動車は、かなりの台数が停められます。


こちらのお寺の由緒は以下の通りです。
「戦国末期から現在まで420年余りの法灯が維持されております。
寺域は、周囲を豊かな自然に抱かれて四季おりおりのたたずまいの中、静寂閑雅な緑陰の別天地が形成され、唐人白山の『鳳凰飛舞仙人遊楽霊地也』から、寺号を『鳳仙寺』とし、瑞兆の帰結から『桐生山』とされました。
天正二年(1574年)桐生城主由良成繁公は、名田百石余と共に、勅使門の備わった伽藍を創建し、自らの菩提所として『桐生山鳳仙寺』が開山されました。
開山さまは、朝廷より賜った勅賜号・禅師を冠する高僧であり、二世黙之宗禅師は、後年『室中の法宝』と驚嘆される『夢中問答』や能筆な墨蹟で知られる学徳兼備の傑僧であり、三世大円門鶴大和尚は、学僧として高名で永平寺二十世の住持に晋山されました。
この頃の鳳仙寺では、常に四十人余の雲水が参禅修学し教導を受ける一大道場でありました。
十六世乙堂喚丑禅師は、鳳仙寺版正法眼蔵を始め、宗門史上貴重な教義を数多く残し宗学の師として仰がれ総持寺住持に晋住されました。(後略)」


御朱印を頂いたのは平成22年12月29日、写真を撮影したのは平成25年8月14日になります。

入口になります。
960fd98f.jpg

右側は自動車が出入りできます。

門標になります。
ab8c3028.jpg

進んでいきます。

入ると左側には庚申塔や諸仏がありました。
d84008a2.jpg

参道を進んでいきます。
4dfc22ef.jpg

杉並木です。

進んでいくと沢に架かる鳳仙寺橋がありました。
e29c44d6.jpg

その先には「威徳の滝」がありました。
0fe1efc4.jpg

こんな所にラブホテルがありました。
16cbc89f.jpg

何でここに・・・

その近くには地蔵堂がありました。
5f0a989b.jpg

雨降り地蔵だそうです。
このお地蔵様の謂れは、大阪夏の陣で豊臣方が破れたとの報せを耳にした某が両軍の兵達の霊を慰めるため建立したと伝わっています。
雨降り地蔵と名付けられた経緯は、晴天の日なのにこのお地蔵様が雨に濡れた様になっていたからだそうです。
てっきりラブホテルの近くにあったので「水子地蔵」だと思っちゃいました・・・

その先には石灯籠がありました。
0f86aeb2.jpg

立派です。

先へ進みます。

鳳仙寺沢に鳳仙寺橋が架かっています。
99229f13.jpg

f7c349ae.jpg

なんだか雰囲気が違ってきました。

曹洞宗らいし標です。
33f9353c.jpg

こちらには勅使門があったそうです。
affda053.jpg

4dc08058.jpg

先に進んでいきます。続きを読む

東雲寺(群馬県太田市)1

群馬県太田市の西部、旧新田町にお寺はありました。
曹洞宗のお寺になります。

自動車は、お寺の東側にある公民館に数台は停められそうです。
境内にも数台は停められそうです。

山門です。
a9d2c710.jpg

質素な門になります。

山門脇には、地蔵菩薩像がありました。
ed84174f.jpg

山門をくぐり、参道には、両脇に五十体の観音様がいらっしゃいました。
297be643.jpg

98e5e5db.jpg

f7f52c65.jpg

「新田百観音」と呼ばれているそうです。
f7a9b9ac.jpg

参道を進んだ先には、楼門もありました。
三重の塔風に作られた、鉄造のものです。
これは、何とも不思議な塔といった感じです。

境内の周辺には、塀もなく、何だか広く感じます。

こちらのお寺の開基は、下総古河城主足利成氏。
開山は、東昌寺三世覚翁能正。
中興開基は、太田金山城主の由良成繁の家臣である小金井四郎左衛門尉治繁になります。

こちらのお寺は、東上州新田秩父三十四観音霊場の七番札所になります。
元の札所は浄蓮院というお寺でしたが、明治の初期に廃寺となり、こちらのお寺に合併されました。
しかし、どの観音様を祀ってあったのかは分からなくなってしまったそうです。続きを読む

青蓮寺(群馬県桐生市)5

7b2d7a4f.jpg

群馬県桐生市にある「仏守山青蓮寺」に参拝してきました。

中心部から1km程北に行った所にお寺はありました。
近くには、群馬大学工学部桐生キャンパスがありました。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。
徒歩では、数十分位はかかりそうです。

駐車場は、門標前の道路沿いにありました。
自動車は、十数台位は停められそうです。

こちらのお寺は、「由良成繁」が新田郡岩松郷(現在の太田市岩松町)にあった「岩松青蓮寺」を1525年に現在地に移築し、開創したそうです。
岩松青蓮寺は、正式には「岩松山 義国院 青蓮寺」といい、新田氏の祖「新田義重」の父「源義国」が開基とされています。
しかし、源義国の玄孫「岩松義兼」が岩松郷の地頭職に任じられ、その孫になる「岩松政経」が岩松青蓮寺実際に創建したと言われています。

境内は、木々が多くあり、春先から初夏にかけては緑が綺麗だと思われます。

本堂です。
12c10ea1.jpg

一光三尊阿弥陀如来が祀られています。
平成19年に国指定重要文化財になっています。
源頼義が融通念仏を信仰して阿弥陀如来を守り本尊としており、それが八幡太郎源義家の三男「源義国」へ、新田氏の祖「新田義重」へと伝えられ、代々新田氏の守り本尊となっていたそうです。
その後、青蓮寺に伝わり、本尊として祀られたそうです。

こfれは一体なんでしょうか?
3fb0c68e.jpg

何だかなぁ・・・

一遍上人像です。
445d815b.jpg

やはり時宗のお寺です。

境内の左側には「地蔵堂」がありました。
4eac72d9.jpg

日限地蔵尊とも呼ばれている頚継地蔵尊(くびつぎじぞうそんが祀られています。
076bdc7f.jpg

他にも桐生七福神の福禄寿、閻魔大王、脱衣婆、青不動明王が祀られていました。続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

まほろばと申します。

「社寺参詣道 代表師範」になります。

社寺巡りや散歩を趣味にしています!
リンクやトラックバックはご自由に。ただしアダルト系は困ります。
コメントもしていただくと嬉しいです。

いろんな情報もコメントしてください。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ