まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

瑳珂比神社

瑳珂比神社(群馬県伊勢崎市境)5

KIMG2542

 群馬県伊勢崎市の南部、旧佐波郡境町に神社は鎮座していました。
 神社の周辺は日光例幣使街道の境宿になります。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「境町駅」になります。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(群馬県神社庁伊勢崎佐波支部著『伊勢崎佐波の神社誌』より)。
「当社の創建は、戦国期に領主の小此木左衛門長光が、守護神として生国能登国石動(いするぎ)明神の分霊を境城内に奉斎した、大永年間(1521〜1527)とされている。長光の子左衛門次郎は、正親町天皇の御代の元亀三年(1572)、武運長久を祈って稲荷の神像と石製の剣を奉納し、石剣権現(いするぎごんげん)と称した。
 後陽成天皇の天正十八年(1590)、小此木氏が当地を退去すると、郷民は当社を鎮守社と定め、石剣(いするぎ)稲荷大明神と改めた。
 昔この地は仮宿と呼ばれたが、後に那波・新田両郡の境にあるため境村となり、後光明天皇の正保四年(1647)に例幣使街道が開設され宿場町となると次第に町並みも形成され、慶安年間(1648〜1651)には、境町となった。
 桃園天皇の宝暦十一年(1761)拝殿が造営され、後桜町天皇の明和三年(1766)には大室村の石工により石鳥居が建立された。後桃園天皇の安永二年(1773)社前に挿花絵馬(境町最古の絵馬)が奉納され、光格天皇の享和元年(1801)には氏子の発起により現在の社殿が建立されている。その後も酒造家日野屋大助による寄進などがあって神域も整備され、明治七年には村社に列せられた。
 同四十年九月、芸大通末社菅原神社・八幡宮・疱瘡神社ほか町内の諏訪神社・境内末社八幡宮・八坂神社・境内末社稲荷神社・神明宮・菅原神社・琴平宮・秋葉神社を合祀し、現在の瑳珂比神社と改称して今に至る。」


1月1日に参拝してきました。
 群馬県内はニューイヤー駅伝のため時間帯により通行止めの所があり困りました。


入り口になります。
KIMG2393
 二の鳥居になります。
KIMG2390
 社殿になります。
KIMG2391
 東向に建てられています。

 社殿全景になります。
KIMG2392

 鳥居を入り、右側には社務所兼授与所がありました。御朱印を頂きました。御朱印代は300円です。
 また、御札や御守りといった授与品が頂けます。御守りや御神札は一体500円になります。




神社名:瑳珂比神社(さかいじんじゃ)
鎮座地:群馬県伊勢崎市境493番地
祭 神:倉稲魂命
配 祀:大日孁神 火雷霊命 菅原道真公 誉田別命 建御名方神 素盞鳴神 大物主命 鎮西八郎為朝命
社格等:旧村社 神饌幣帛料供進神社

瑳珂比神社(群馬県伊勢崎市)3

群馬県伊勢崎市に鎮座する「瑳珂比神社」に参拝してきました。
「さかいじんじゃ」と読みます。

以前の参拝日記⇒瑳珂比神社


由緒は、次の通りです。
「当社の創建は戦国期に能登半島より小此木左衛門尉長光来り境他六ヶ村を領有した守護神として生国能登国の石動明神の分霊を境城内に奉斎した大永年間(1521〜1527)とされている。
長光の子左衛門次郎は正親町天皇の御代の元亀三年(1572)武運長久を祈って稲荷の神像と石製の剣を奉納し石剣権現と称した。
後陽成天皇の天正八年(1590)小此木氏が当地を退去すると郷民は当社を鎮守社と定め石剣稲荷大明神と改めた。
後に那波、新田両郡の境に当るため境村となり後光明天皇の正保四年に例幣使街道が開設され宿場町になると次第に町並みも形成され慶安年間(1648〜1651)には境町となった。
桃園天皇の宝暦十一年(1761)拝殿が造営され後桜町天皇の明和三年(1766)には石鳥居が建立された。
後桃園天皇の安永二年(1773)社前に押花絵馬(境町最古の絵馬)が奉納され光格天皇の享和元年(1801)には氏子の発起により現在の社殿が建設されている。
その後も神域は整備され明治七年(1874)には村社に列された。
明治四十年(1907)九月に町内諏訪神社境内末社菅原神社、八幡宮疱瘡神社、八坂神社、稲荷神社、神明宮、琴平宮、秋葉神社を合祀し現在の瑳珂比神社と改称し今に至る。」


日光例幣使街道から少し南側に鎮座していました。

一の鳥居になります。
25a5363c.jpg

北側に向いて鳥居があります。
どうしてなんでしょうか?

社号標になります。
c9e3cece.jpg

「當所総鎮守 瑳珂比神社」とありますが、旧境町の総鎮守という意味なんでしょうか?

二の鳥居になります。
31cbdf91.jpg

手水舎になります。
601e14f5.jpg

手と口を漱いで参拝です。

4月5日に参拝してきましたが、桜が満開です。
5f88a413.jpg

とても綺麗です。

社殿になります。
78f7d597.jpg

東向に社殿が建てられています。
横からでないと全景が撮れません。

(´人`)

社殿の左側には、稲荷神社が鎮座していました。
ee6032d2.jpg

1e3d564d.jpg

境内社になります。

稲荷神社の右側にもお社がありました。
d792f25d.jpg

お狐様が奉納されているので、こちらも稲荷神社なんでしょうか?

社殿の裏側には、境内社が鎮座していました。
a89ef34b.jpg

それぞれの社名はわかりません。続きを読む

萩原諏訪神社(群馬県伊勢崎市)3

群馬県伊勢崎市に鎮座する「萩原諏訪神社」に参拝してきました。

同市内に鎮座する「瑳珂比神社」の兼務社にあたります。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「境町駅」になります。
徒歩では、十数分位はかもしれません。

駐車場は、見当たりませんでした。
近くにはベイシアが有りますので、長時間でなければ停められそうです。


こちらの神社の由緒は、次の通りです(境内の案内板より)。
「祭神建御名方命は古事記に依るに大国主命の第二子にして出雲国を天照大神に立奉りたる後信濃国に降り、民を慈しみ良き政を為せるに依り近隣の諸民その徳を偲び五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、開運招福の神とし諏訪大社にその霊を祀る。
当社は天正年間(1573〜1591)諏訪大社の分霊を奉遷し剛志村下武士に鎮祭せしを天保九年(1838)萩原の有志相計り住民五十余戸の賛助を得てこれを譲り受け現在地に鎮座せられる。
明治の代になり神厳維持の為の一村一社主義に則り住民の協賛を得て金銭及び土地を拠出し定められた資格を具備し先に掲げたる御利益と共に永久の平和と文化の発展を祈念し今日まで年々独自の祭祀を怠ることなし。
近年社屋の老朽著しきため区民並に近隣の崇敬者の奉賛に依り現在の社殿の建て替え並に豊川稲荷神社及び水舎の屋根の葺き替え等完成す。」


こちらが鳥居になります。
da176882.jpg

鳥居に掲げられていた扁額です。
cf3305bb.jpg

社号標になります。
679ebacc.jpg

何だか「萩原」だけが後で付け加えたような・・・

境内の左側には、手水舎がありました。
9508c5ca.jpg

こちらが境内社になります。
65417ae4.jpg

稲荷神社・秋葉神社・八坂神社・大国神社・春日神社・八幡宮になります。

(´人`)

右側には、庚申塔がありました。
48f5e5a5.jpg

こちらが社殿になります。
5747ec11.jpg

(´人`)

社殿に掲げられていた扁額です。
3a1bd449.jpg

何だか新しい感じがします。

社殿の左側には稲荷社鎮座していました。
cb868da4.jpg

鳥居の扁額をみると「豊川社」と書かれています。

つまり豊川稲荷社です。
豊川稲荷って曹洞宗のお寺なのに・・・

こちらが豊川社の社殿です。
312a2730.jpg

(´人`)

お狐様もいらっしゃいました。続きを読む

瑳珂比神社(群馬県伊勢崎市)4

群馬県伊勢崎市にある「瑳珂比神社」に参拝してきました。

二度目の参拝になります。
以前の参拝日記⇒こちら

伊勢崎市の南、旧境町に鎮座しています。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「境町駅」になります。

国道354号線の「境町駅入口」という交差点を南下した所にありました。

駐車場は無さそうでしたので、隣にある「長光寺」の駐車場に停めさせて頂きました。

鳥居です。
5438eecc.jpg

かなり古そうな感じがします。
いわゆる「台輪鳥居」になります。

境内は、さほど広くはありません。

社殿です。
89533eee.jpg

社殿は、東向きに建っています。
鳥居は、境内の北側にあるので、社殿は左に向いているように見えます。続きを読む

瑳珂比神社(群馬県伊勢崎市)5

68928db7.jpg

群馬県伊勢崎市の南、合併以前は『境町』に古くからある神社があります。
瑳珂比神社」と書いて「さかいじんじゃ」と呼びます。

旧境町にあるので「境神社」と書きそうです

最寄り駅は、東武伊勢崎線『境町駅』になり、徒歩で約10分位、国道354号線の『境町駅入口』という交差点を南下した所にありました。

隣は、「境小学校」・「前橋高等養護学校」になりました。

近くには、『瑠璃光山 無量寺 愛染院(上州新四国八十八ヶ所十一番札所・伊勢崎佐波三十四観音霊場三十一番札所)』があります。

駐車場は無さそうでしたので、境内の社務所前に停めさせて頂きました。他に駐車場は、無いのかなぁ・・・

鳥居から入ると、社殿は左側に向いています。
鬼門封じなんですかね。
大抵、正面に社殿は見えます。

由緒書きによると、
「能登より来た小此木左衛門尉長光は城を築いたが、大永年間(1521〜1527)に能登の『石動(いずるぎ)明神』の分霊を遷して守護神とした。」

という事でした。
ふむふむφ(..)

周辺は、学校の建物に囲まれていますので、少々暗いような感じもします
光がもう少し差し込めばな

雰囲気は、「村の鎮守様」といった感じの小さな神社です。

御朱印は、鳥居を入り、右側にある『社務所』で頂けます。御朱印代は、300円でした。

由緒書きは、ありました。

御守りや御札といった授与品もありました。

以前は他の神社が兼務をしていて、社務所は無住の神社だったようですが、新しく神職の方が赴任されたのか、社務所には若い神職の方がいらっしゃいました。

いろいろ神社を巡っていると、無住の神社は境内が清掃をされていないので、雰囲気は悪く、神威を感じることが出来ません。

瑳珂比神社は、神職の方がきちんと管理しているので、境内は掃き清められていました。
良かったです。




神社データ
神社名:瑳珂比神社(さかいじんじゃ)
鎮座地:群馬県伊勢崎市境493番地
祭 神:倉稲魂命
配 祀:天照大御神 火雷霊命 菅原道真公 応神天皇 建御名方神 素盞鳴神 大物主命 鎮西八郎為朝命
旧社格:村社 神饌弊帛料供進神社
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ