神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

熊谷市

少間山観音院龍泉寺 関東八十八ヶ所(埼玉県熊谷市三ヶ尻)5

image

 埼玉県熊谷市の西部、深谷市に近いところにお寺はありました。
 国道140号線(彩甲斐街道)沿いで、「観音山」の麓にあります。

 最寄り駅は、JR高崎線「熊谷駅」or 「籠原駅」、秩父鉄道「大麻生駅」or 「明戸駅」になります。どの駅からも徒歩で行くのは大変かと思われますので、出来れば自動車で行かれた方が宜しいかと思われます

 駐車場は、門前にありました。自動車は、10台以上は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(雄山閣出版刊『日本名刹大事典』による)。
「真言宗豊山派、少間(さやま)山、観音院。本尊は不動明王。
 江戸時代初期、心海は開山、小此木紀伊守を開基として創建。これ以前、当地には少間ガ池(現川本町瀬山)から出現したと伝える千手観音を安置する観音堂があり、この別当寺として創建されたのかもしれない。
 天保三年(1832)渡辺崋山は田原藩主家譜編纂のため、藩祖がかつて領した三ヵ尻村調査にあ当り当寺を訪れ『訪瓺録(ほうへいろく)』を残した。同書のほか、寺には華山筆『双雁図』山門格天井図のうち『松図』が残り県文化財に指定。
 寛政七年(1795)『新義真言宗本末帳』によれば本寺は針ヶ谷弘光寺(現岡部町)。
 年中行事には正月15日の千手観音縁日がある。」


 山号である「少間山」は、「さやまさん」と読むそうです。私は読めませんでした(・ω・)

 国道沿いにありますが、熊谷市や深谷市の中心部からかなり外れていますので、周辺は長閑な田園地帯になります。
image

 しかし、太平洋セメントの工場もありますので、ギャップがあります。
 けれども、境内は静かですのでゆっくり参拝できます。

 山門になります。
image

 山門を入ると、正面が本堂になります。
image

 「不動明王」が祀られており、関東八十八ヶ所の札所本尊になります。

 山門の他には仁王門がありました。
image

 仁王門をまっすぐ行き、小高い丘には観音堂があります。
image

 「千手観音」が祀られており、「熊谷観音」や「三ケ尻の観音様」とも呼ばれています。忍観音霊場と十二支霊場の札所本尊になります。

 振り替えるとこんな感じです。
image

 観音堂の隣には、鐘楼堂がありました。
image

 仁王門脇には大きな観音様がいらっしゃいました。
image

 御朱印は、本堂の右側にある「庫裡」で頂けました。「不動明王(関東八十八ヶ所)」・「千手観音(忍観音霊場、武州十二支霊場)」・「観世音(ぼけ封じ関東霊場)」の3種類ありました。御朱印代は、各300円でした。




寺院名:少間山 観音院 龍泉寺
所在地:埼玉県熊谷市三ヶ尻3712番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:不動明王
通 称:三ヶ尻の観音様、熊谷観音
札所等:関東八十八ヶ所 八十三番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 二十九番札所
    彩の国武州十二支霊場 子年本尊
    忍三十三観音霊場 二十九番札所
    幡羅郡新四国八十八ヶ所 三十八番札所
御詠歌:少間(さやま)なる 龍の泉を 訪ぬれば 降魔不動の お慈悲あふるる

高城神社(埼玉県熊谷市宮町)5

image

埼玉県熊谷市の中心部、熊谷市役所からも近いところに神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、JR高崎線「熊谷駅」になります。

 自動車は、境内に数台停められそうです。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「埼玉県熊谷市宮町の旧県社。延喜式内社。祭神は高皇産霊尊。
 縁結びや安産の信仰がある。
 春季例祭が4月10日、秋季大祭が10月1日から3日。
 崇神天皇朝の創祀と伝える。天正十八年(1590)の秀吉の小田原攻めにより社殿は焼失したが古祠への崇敬が続き、寛永十六年(1639)に忍城主の阿部筑後守忠秋が再興をはかり、子の播磨守正能が御蔵屋敷舗から現社地に遷した。」


 熊谷市の中心部にありますが、小ぢんまりした感じはしませんでした。
 鳥居です。
image

 手水舎になります。
image

 御神木でしょうか?
image

 狛亀でしょうか?
image

 社殿になります。
image

(´人`)

 戦国時代にあった豊臣秀吉の忍城攻めの際にこちらの神社は、焼失したようです。
 その後再建されました。

 以前、仏滅の日に参拝したら社務所は閉まってました(・ω・)

 御朱印あり。




神社名:高城神社(たかぎじんじゃ)
鎮座地:埼玉県熊谷市宮町2‐93
祭 神:高皇産霊尊
社格等:延喜式内社 旧県社

龍智山 毘廬遮那寺 常光院(埼玉県熊谷市上中条)5

image

熊谷厄除大師に参拝しました。
天台宗別格本山になるお寺です。

熊谷市の北部の「上中条」という地区にお寺はありました。

最寄り駅は、JR高崎線・秩父鉄道「熊谷駅」になります。
徒歩ではお寺まで行くのは大変かと思われます。
バスの場合、熊谷駅正面口3番のりば「葛和田」行きに乗り、「竹之内」で下車、徒歩で数分でお寺に着きます。

駐車場はありました。
自動車は、十数台位は停められそうです。


こちらのお寺の由緒は次の通りです(雄山閣出版刊『日本名刹大事典』より)。
「通称は熊谷厄除大師。天台宗特別寺、龍智山。本尊は釈迦如来。
 寺伝では建久三年(1192)に武蔵国司藤原常光の菩提のため、孫の中条家永が金海を迎えて武蔵国司館を寺としたのが始まりという。
 はじめ梶井宮の綸旨を受けていたが、のちに寛永寺末となり、学頭寺として格式を与えられ、地方本寺として住職には学頭が拝命されてきた。
 『寺院本末帳』には朱印30石、末寺8ヶ寺、門徒18ヶ寺とある。
 寺宝には悉曇字母表(市文化財)、絹本著色阿弥陀変相図(県文化財)、中世文書(県文化財)など多数がある。」


熊谷市の中心部からかなり外れていますので、周辺は長閑な感じがします。

山門になります。
image

中条氏の館跡に建つ寺院です。
image

参道を進みます。
image

木々が多く、蚊が多いです。

本堂は茅葺きなのでとても趣があります。
image

なかなかこのような本堂がある寺院はないのではないでしょうか。

観光地になっていないので、境内はとても静かです。
image

蚊が多い…

中条常光のお墓になります。
image

image

御朱印は、本堂の左側の授与所で頂けました。
ご本尊の御朱印の他にも各霊場の御朱印が頂けます。
御朱印代は、各300円です。

御守りや絵馬といった授与品はありました。
image

image

必要な方はどうぞ。




寺院名:龍智山 毘廬遮那寺 常光院
所在地:埼玉県熊谷市上中条1160番地
宗 派:天台宗
寺格等:別格本山
本 尊:釈迦三尊
通 称:熊谷厄除大師
札所等:関東百八地蔵尊霊場 六番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 二十八番札所
    武蔵国十三仏霊場 虚空蔵菩薩
    関東九十一薬師霊場 三十八番札所
御詠歌:むさし野に 縁しを結び ありがたき 国司の館 ふだらくの里

三ヶ尻八幡神社(埼玉県熊谷市)5

cf08b587.jpg

埼玉県熊谷市に鎮座する「三ヶ尻八幡神社」に参拝してきました。

熊谷市の南西部、深谷市に近いところに神社は鎮座していました。

お隣は、太平洋セメントの熊谷工場になり、工場萌えには楽しめそうな場所でした。

最寄り駅は、JR高崎線「籠原駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。

駐車場は、二の鳥居の右側にある三ヶ尻靖国社の前にあるスペースに停められそうです。
自動車は、10台以上は停められそうです。


こちらの神社の由緒は以下の通りです(由緒書きより)。
「天喜四年(1056)鎮守府将軍源頼義・義家父子、奥州の騒乱を鎮定に出陣の砌、当地に旌旗をとどめ、戦勝を祈願したことに始まります。
寿永二年(1183)後の征夷大将軍源頼朝、当時の三ヶ尻郷を相模国鶴岡八幡御領として寄進されてより、当社は同宮の分祠として、近郷近在の尊崇を集めた。
尚、当社は神社には珍しく、御祭神が東北地方に面して鎮座しています。
奥州に再び争いが起きないよう祈られたのでしょう。」

参拝したのは4月14日で、翌15日は例大祭になり、氏子さん達が境内を掃除しているのに出くわしました。
ちょっと写真が・・・

道路沿いに鳥居がありました。
a03d686d.jpg

社標です。
4ef08db5.jpg

参道を進みます。
fc1d0e15.jpg

こちらが二の鳥居です。
2990b952.jpg

木造の鳥居でしょか?
なかなか趣があります。

先に進むと三の鳥居があります。
aa8bf4b2.jpg

境内に入ると、左側に手水舎がありました。
c237df88.jpg

先に進みます。続きを読む

聖天山歓喜院(埼玉県熊谷市)5

0e4b6c81.jpg

埼玉県熊谷市の北部、旧妻沼町にある「聖天山 長楽寺 歓喜院」に参拝してきました。
高野山真言宗の属するお寺になります。

熊谷市の中心部からはかなり外れています。
利根川からも近く、群馬県太田市のすぐそばです。

最寄り駅は、JR高崎線「熊谷駅」になります。
バスだと、JR熊谷駅の北口から朝日バス6番乗り場から「妻沼聖天前行き」に乗り、終点下車になります。

駐車場は、お寺の周辺にありました。
自動車は、かなりの台数が停められそうです。


こちらのお寺の由緒は以下の通りです。
「寺伝によると、治承三年(1179年)、長井庄(埼玉県熊谷市妻沼)を本拠とした武将「斎藤実盛」が、自身の守り本尊である「大聖歓喜天」を祀る「聖天宮」を建立し、長井庄の総鎮守としたのが始まりとされています。
その後、建久八年(1197年)、斎藤実盛の次男である実長(宗光とも)が出家をして「良応僧都」となり、聖天宮の別当寺院として「歓喜院 長楽寺」を建立をして、十一面観世音菩薩を本尊としたそうです。」


こちらが本坊の山門になります。
7a36e019.jpg

こちらが本坊の本堂になります。
71834382.jpg

本坊には、歓喜天と十一面観音が祀られています。
境内は、綺麗に整備されており、雰囲気は良かったです。
fbded441.jpg

63452165.jpg

参拝者はいらっしゃいませんでした。

こちらが門前にあった案内板です。
e4812915.jpg

山門前のご案内によると、本坊の内拝は「3月第2土日曜日の午前9時から午後5時まで」と「12月22日午後7時から午後8時まで」になります。

本坊から聖天堂に向かう左側には「板石塔婆」がありました。
d2b676d5.jpg

「一光三尊阿弥陀如来(いわゆる善光寺如来)」が彫られており、埼玉県指定重要文化財になっています。

こちらが説明板です。
df126a03.jpg

ずいぶん古そうな板碑です。

聖天堂へ向かいます。

こちらが「貴惣門」になります。
0b168a7d.jpg

国指定重要文化財だそうです。
両脇には仁王像がありますが、仁王門とは呼んでいないようです。

参道を進みます。
2fc67e42.jpg

開基に当たる「斎藤実盛」象がありました。
b9831325.jpg

左側にあるボタンを押すと「唱歌」が流れます。
ちょっと恥ずかしい・・・

地蔵堂がありました。
fe628a60.jpg

子育て地蔵のようです。

観世音菩薩がいらっしゃいました。
1a064f86.jpg

ぼけ封じ関東三十三観音霊場の札所本尊だそうです。
年をとっても頭はスッキリはっきりしていたいものです。

こちらが護摩堂だそうです。
0364d2b7.jpg

通常は、自動車の安全祈祷に使われているようです。

こちらが仁王門です。
90b7725f.jpg

こちらの門も貴惣門に負けず劣らず立派です。

左右には仁王像が配されています。
a92daa78.jpg

eacbdf0f.jpg

怖そうな仁王像です。

こちらが扁額です。
ebc76513.jpg

実質上、こちらの門が山門なのでしょうか。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ