KIMG2541

 栃木県足利市の西部、八幡町に鎮座していました。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「野州山辺駅」になります。

 駐車場は、社務所の前にありました。自動車は、十台位は停められそうです。他にも駐車場はあるかもしれません。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「足利市八幡町の旧県社。祭神は誉田別命ほか五柱。例祭は10月14日。
 天喜五年(1057)に創建された。源義家が当地に滞陣し戦勝祈願のため創建されたと伝える。康平年間(1058〜1065)に源義家が凱旋のおりに参詣した。三男義国は甲冑・田園を寄進した。
 足利・織田・豊臣の各氏が深く信仰し、徳川家は二十石の朱印領を寄せた。」

 また、由緒書きによると以下の通りです。
「社伝によると、天喜四年(1056)八幡太郎の名で有名な源義家が、陸奥の豪族、阿部頼時父子との戦い(前九年の役)にあたり当社付近の大将陣に宿営し、戦勝を祈願して現在地に小祠を創建し、山城の国(現京都府)の男山八幡宮を勧請したという。
 康平年間に凱旋した義家は神の恵みに感謝し、公自ら兵器を奉納した。文明八年(1476)8月、長尾景長は境内社木伐採の禁制を出し保護を加え、その後の元和七年(1621)11月、江戸幕府より二十石の朱印社領を許されているが、この時の設計図や費用明細書などが現存している。
 当社は、八幡太郎義家・義国の父子の手厚い信仰により源姓足利氏の代々の氏神として保護されてきた。明治四年に社格が制定され、同五年郷社、同三十五年には県社に列せられた。
 当社は古くは足利荘八幡宮と呼ばれ、下野国内第一の八幡宮として、下野国一社八幡宮、一国一社八幡宮とも称した。」


 1月14日に参拝いたしました。初詣の時期も過ぎたのか、境内は静かでした。

 鳥居になります。
KIMG2525
 源姓足利氏発祥の地の碑になります。
KIMG2524
KIMG2523
 二の鳥居になります。
KIMG2522
 社殿になります。
KIMG2521
 神楽殿になります。
KIMG2526

 境内には門田稲荷神社が鎮座しています。縁切り稲荷だそうです。

 御朱印は、授与所で頂きました。御朱印代は300円です。
 御守りや御札、絵馬等の授与品はありました。門田稲荷神社の絵馬(初穂料1,000円)がありました。






神社名:下野国一社八幡宮
鎮座地:栃木県足利市八幡町387番地
祭 神:誉田別命 大帯姫命 姫大神
別 称:八幡八幡宮
社格等:旧県社