神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

武蔵国十三仏霊場

熊谷厄除大師常光院 虚空蔵菩薩の御朱印(埼玉県熊谷市上中条)5

KIMG3174

 埼玉県熊谷市の北部の「上中条」という地区にお寺はありました。

 最寄り駅は、JR高崎線・秩父鉄道「熊谷駅」になります。徒歩ではお寺まで行くのは大変かと思われます。バスの場合、熊谷駅正面口3番のりば「葛和田」行きに乗り、「竹之内」で下車、徒歩で数分でお寺に着きます。

 お寺専用の駐車場はありました。自動車は、10台以上は停められそうです。


 こちらのお寺の由緒は次の通りです(雄山閣出版刊『日本名刹大事典』より)。
「通称は熊谷厄除大師。天台宗特別寺、龍智山。本尊は釈迦如来。
 寺伝では建久三年(1192)に武蔵国司藤原常光の菩提のため、孫の中条家永が金海を迎えて武蔵国司館を寺としたのが始まりという。はじめ梶井宮の綸旨を受けていたが、のちに寛永寺末となり、学頭寺として格式を与えられ、地方本寺として住職には学頭が拝命されてきた。
 『寺院本末帳』には朱印三十石、末寺八ヶ寺、門徒十八ヶ寺とある。
 寺宝には悉曇字母表(市文化財)、絹本著色阿弥陀変相図(県文化財)、中世文書(県文化財)など多数がある。」


 本日(5月20日)参拝してきました。久しぶりです。とても天気が良かったです。

 山門になります。
KIMG3164
 参道を進みます。
KIMG3165
 境内は木々が生い茂り、森の中にいるような感じがします。

 本堂になります。
KIMG3166
 本尊である釈迦如来が祀られています。

 山王鳥居がありました。
KIMG3171
 左側が山王社、右側が鐘楼堂になります。
KIMG3170

 御朱印は、本堂の左側にある祈祷受付で頂けます。武蔵国十三仏霊場の御朱印を頂きました。御朱印代は300円です。

 御守りや御札といった授与品ありました。
KIMG3167



寺院名:龍智山 毘廬遮那寺 常光院
所在地:埼玉県熊谷市上中条1160番地
宗 派:天台宗
寺格等:別格本山
本 尊:釈迦三尊
通 称:熊谷厄除大師
札所等:関東百八地蔵尊霊場 六番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 二十八番札所
    武蔵国十三仏霊場 虚空蔵菩薩
    関東九十一薬師霊場 三十八番札所
御詠歌:むさし野に 縁しを結び ありがたき 国司の館 ふだらくの里

薬王山 廣福寺(埼玉県狭山市)5

b7cf0a44.jpg

埼玉県狭山市にある天台宗の名刹「薬王山広福寺」に参拝してきました。

最寄り駅は、西武新宿線「新狭山駅」になります。
徒歩では、お寺まで約十分位かと思われます。

お寺までの道は、少々狭い道を行きますので、自動車で行かれる方は気をつけてください。

自動車は、山門の横に数台、境内に数台は停められそうです。
他に駐車場があるかどうかは、わかりません。

山門です。
caa794da.jpg

竜宮城の門みたいです。

門標です。
8c739640.jpg

山門を入ると、左側にはお堂があり、毘沙門天が祀られていました。
小窓からライトアップされた毘沙門天のお顔が拝めます。

境内は、綺麗に整備されており、雰囲気は良かったです。
75e64df4.jpg

庫裡の前の池には、鯉が泳いでいました。
aabf0a33.jpg

なかなか雰囲気が良いです。

十三仏がいらっしゃいました。
7ea5c01e.jpg

何だか並んでいるとすごい。

本堂の前には香炉がありましたので、お線香をあげさせて頂きました。
28ada4a1.jpg

本尊である「薬師如来」が祀られています。

御朱印は、本堂の右側にある庫裡で頂けました。
今回は、関東百八地蔵尊霊場の御朱印を頂きました。
関東九十一薬師霊場や武蔵国十三仏霊場の御朱印もあるかもしれません。
御朱印代は、300円でした。

由緒書きは、無いそうです。




寺院データ
寺院名:薬王山 地蔵院 廣福寺
所在地:埼玉県狭山市下奥富844番地
宗 派:天台宗
本 尊:薬師如来 地蔵菩薩 文殊菩薩 毘沙門天
札所等:関東百八地蔵尊霊場 九番札所
    関東九十一薬師霊場 三十二番札所
    武蔵国十三仏霊場 文殊菩薩

石青山 威徳院 大聖寺(埼玉県比企郡小川町)5

4dbb81e6.jpg

埼玉県比企郡小川町にある「石青山 威徳院 大聖寺」に参拝してきました。
天台宗に属するお寺になります。

比企郡小川町の国道254号線から南へ行った所にお寺はありました。
道路沿いにはお寺の入り口の看板が出ています。
お寺までは細い道を行きますので、自動車で行かれる方は、気をつけてください。

駐車場は、第一駐車場と第二駐車場がありました。


大聖寺の縁起が書かれた案内板がありました。
b6cda441.jpg

「大聖寺は、天台宗に属し暦応三年(1340)に、この地域の土豪と思われる貞義が希融法印を招請して創建したと伝えられ、本尊は如意輪観音である。
境内にある法華院には、国指定重要文化財の石造法華供養塔(六角石塔婆)が保存されている。六枚の緑泥片岩を組み合わせたもので、塔の高さは1.36mあり、康永三年(1344)の造立ときざまれている。
大聖寺は、『下里観音』あるいは、『子育て観音』という名で、一般に親しまれており、四月二十日。十月二十日の縁日には、たくさんの参詣者が訪れる。
また、江戸時代末期頃から戦前までは、数百組の観音講(女人講)があり、にぎわいをみせたそうです。
本堂奥の高台にある観音堂は、江戸末期の建物で天井の絵は、小川町中爪の細井竹翁のものと伝えられ、当時のこの付近の文化をしのばせるものである。」


名刹になります。

お寺は、山の中腹にあるといった感じでした。

本堂まで行く途中に、「地蔵堂」がありました。
c6267bbe.jpg

(´人`)

お地蔵様が祀られています。

こちらが「本堂」です。
10c7c366.jpg

(´人`)

本堂の右後方に「観音堂」がありました。

観音堂までには急な階段を上ります。
2cea7128.jpg

こちらは「男坂」と呼ばれています。。
男性はこちらを上がっていきます。

両側には幟が立っており、信仰が偲ばれます。
「厄除け祈願」とあるので、御祈祷をしていただけるのかもしれません。
詳細は、お電話でご確認下さい。続きを読む

自然山 大日院 天然寺(埼玉県川越市)5

956339fa.jpg

埼玉県川越市にある「自然山天然寺」に参拝してきました。
天台宗のお寺になります。

国道16号線沿いにお寺はありました。ずいぶん交通量の多いところにお寺はあります。
片道二車線の大きな通りですので、左側の車線を走っているとお寺に入りやすいかもしれません。
お寺の近くに来ると、お寺の看板がありました。

駐車場は、山門の隣にありました。
自動車は、数台停められそうです。境内にも数台は停められそうです。

お寺は、広くはありません。

7月8日の日曜日に参拝しましたので、ちょうど法事のご家族に出くわしてしまいました。
日曜日の参拝では仕方ありません。

小江戸川越七福神の「寿老人」は、本堂の右側にある小さなお堂に祀られていました。
197557cc.jpg

本堂です。
f3dc91fe.jpg

天台宗のお寺ですが、「大日如来」が祀られています。
どうしてだろう・・・
天台宗だと「阿弥陀如来」か「釈迦如来」を本尊としているところが多いです。

境内には、願掛観音や六地蔵も祀られていました。
f4636217.jpg

御朱印は、境内の右側にある「授与所」で頂けました。
ご本尊の「大日如来」の御朱印を頂きました。
御朱印代は、300円でした。
女性の方(おそらくは70歳代くらい女性、住職夫人か住職のお母さん)に対応していただきましたが、御朱印帳をお預けしたら、「まぁいろんなお寺を参拝されていますね。」と感心されました。

由緒書きは、無いそうです。
小江戸川越七福神のパンフレットがありました。

小江戸川越七福神の縁日は毎月1日になり、専用の色紙・絵馬で巡拝出来ます。



寺院データ
寺院名:自然山 大日院 天然寺
所在地:埼玉県川越市小仙波四丁目10‐10
宗 派:天台宗
本 尊:金剛界大日如来 寿老人 不動明王
札所等:小江戸川越七福神 寿老人
    武蔵十三仏霊場 不動明王
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ