神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

権現造

湯島天満宮(東京都文京区湯島)5

image

 東京都文京区湯島にある神社になります。

 最寄り駅は、東京メトロ千代田線「湯島駅」になります。徒歩では5分はかからないかと思われます。

 駐車場は見当たりませんでした。
 自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです。
「湯島神社は湯島天満宮、湯島天神として全国津々浦々まで知られている。
 雄略天皇の勅命により、御宇二年(458)一月創建と伝えられ、天之手力雄命を奉納したのがはじまりで降って正平十年(1355)二月郷民が菅公の御偉徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請した。
 文明十年(1478)十月太田道灌これを再建し、天正十八年(1590)徳川家康公が江戸城に入るにおよび特に当社を崇敬すること篤く、翌十九年十一月豊島郡湯島郷の内五石の朱印地を寄進し、もって祭祀の料にあて、泰平永き世が続き文教大いに賑わうようにと菅公の遺風を仰ぎ奉ったのである。
 その後林道春、松永尺五、堀杏庵、僧堯恵、新井白石など学者文人の参拝たえることなく続いた。徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移すにおよびこの地を久しく文教の中心として、当天満宮を崇敬したのである。明治十八年い改築された社殿も老朽化が進み、平成七年十二月後世に残る総檜木造りで造営された。」


 昨年末に参拝いたしました。

 こちらが鳥居になります。
image

 社号標になります。
image

 参道の右側には「宝物館」がありました。
image

参道を進みます。
image

 やはり、参拝者や観光客?が多かったです。
 時期が時期だけに、学業成就祈祷(合格祈願)をされる方々が多かったです。その中で祈祷の初穂料を聞いてびっくりされる方いらっしゃり、執拗に祈願や授与品の内容を聞いていました。

 こちらが社殿になります。
image

image

 総檜の権現造になります。東京都には、木造の社殿がないので、なかなか素晴らしい社殿です。

 境内には梅園がありましたが、残念ながら咲いていませんでした。
image

 やはり、2〜3月の参拝が良いかもしれません。

 授与所では、御神札や御守り等の授与品をいただく方々で列を作っていました。
 私は、開運招福の「鶯御守」を頂いてきました。

 男坂を下ると、神仏分離以前に湯島天神の別当を務めた喜見院の塔頭「柳井堂心城院(通称:湯島聖天、宗派:天台宗、本尊:大聖歓喜天)」があります。
 なお、喜見院は明治初期に残念ながら廃寺になってしまいました。

 本殿の裏側には「戸隠神社」・「笹塚稲荷神社」の境内社の二社が鎮座していました。
image

 御朱印・オリジナル御朱印帳あり。



神社名:湯島天満宮
所在地:東京都文京区湯島三丁目30‐1
祭 神:天之手力雄命 菅原道真
通 称:湯島天神
旧 称:湯島神社
社格等:旧府社 別表神社
URL:http://www.yushimatenjin.or.jp/

上野東照宮(東京都台東区上野公園)5

image

 東京都台東区上野公園に鎮座する神社になります。

 最寄り駅は、JR山手線・東京メトロ銀座線「上野駅」になります。
 徒歩で神社まで向かえます。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです。
「藤堂高虎(1556〜1630)は上野山内の屋敷の中に、徳川家康を追慕し、家康を祭神とする宮祠を造った。これが上野東照宮の創建といわれている。あるいは寛永4年(1627)、宮祠を造営したのが創建ともいう。もとは東照社と称していたが、正保2年(1645)に宮号宣下があり、それ以後家康を祀る神社を東照宮と呼ぶようになった。
 現在の社殿は、慶安4年(1651)、三代将軍家光が大規模に造り替えたもので、数度の修理を経ているが、ほぼ当初の姿を今に伝える。社殿の構造は、手前より拝殿、幣殿、本殿からなり、その様式を権現造りという。社殿は都内でも代表的な江戸時代初期の権現造りで、華麗荘厳を極めている。 唐門、透塀は社殿とともに構造、様式が優れており貴重であることから、参道入口の石造明神鳥居、唐門前に並ぶ銅燈籠四十八基と合わせて国の重要文化財に指定されている。」


 上野恩賜公園内に東照宮がありました。
 近くには、五條天神社・清水観音堂・不忍池弁天堂がありました。

 神門になります。
image

 参道を進みます。
image

 神楽殿になります。
image

 境内には牡丹園がありましたが、12月20日に参拝したため拝観することが出来ませんでした。

 手水舎になります。
image

 社殿は修復が終わっており、鮮やかな金色になっていました。
image

 祭神は、「徳川家康公・徳川吉宗公・徳川慶喜公」の三柱になります。初代、中興の祖、最後の将軍になりますね。

 授与所には、授与品はありました。

 御朱印あり。以前は、アップした御朱印画像のように書き置きの御朱印のみでしたが、今は墨書きをしていただけるようになったようです。



神社名:上野東照宮
鎮座地:東京都台東区上野公園9‐88
祭 神:徳川家康公 徳川吉宗公 徳川慶喜公
社格等:旧府社

浅草神社(東京都台東区)5

acb1057d.jpg

東京都台東区にある「浅草神社」の御朱印です。
旧郷社になる神社になります。

何度か参拝させて頂いています。
以前の参拝日記⇒こちら

元々は、お隣の「金龍山浅草寺の鎮守社」として創建された神社になります。
浅草寺の創建に関わった三人(土師真中知 檜前浜成 檜前武成)が祀られています。
明治時代の神仏分離で浅草寺から独立。
現在は、専任の神職がいらっしゃいます。

こちらの神社は、「三社祭」を主催する神社として有名です。
残念ながら、私はまだ行ったことがありません。
いつかは、行ってみたいです。

毎回参拝すると思うのですが、浅草寺より参拝される方が少ないですね。
有名な古社なのにとても残念です。
浅草寺よりは、ごちゃごちゃ参拝者が多くないので、ゆっくりと参拝できます。

何処かの旅番組で浅草寺の事を「三社様」として紹介していました。
浅草寺は、三社様ではなく「浅草観音」or「浅草の観音様」になりますよ。
浅草神社が「三社様」です。
お間違いなく。

御朱印を頂いた平成22年8月15日は、社務所は新築工事中でした。
平成24年2月4日に参拝した時は、社殿の右側に新しい社務所が出来てました。
和風な感じで、良い社務所です。続きを読む

箭弓稲荷神社(埼玉県東松山市)5

57366c76.jpg

埼玉県東松山市にある「箭弓稲荷神社」に参拝してきました。
旧県社になります。
現在は、神社本庁の別表神社になっています。

こちらの神社は、東松山市の中心部に鎮座していました。

最寄り駅は、東武東上線東松山駅になります。
徒歩では、西口を出て、約3分位になります。

道路沿いに大きな鳥居がありました。

駐車場は、一の鳥居の左側にありました。
自動車は、十数台停められそうです。

境内は、綺麗に整備されており、すがすがしく、とつも雰囲気は良かったです。

社殿です。
8f10fff4.jpg

「権現造」になります。
祭神は、「保食神」になります。
天気が良かったせいもあり、参拝客もいらっしゃいました。

こちらの神社は、和銅五年(712年)の創建になります。
平安時代、平忠常が謀反を起こしたとき、朝廷は源頼信が「野久稲荷神社」に戦勝を祈願したところ「箭(矢)」の形をした雲が敵を射るかのように飛んでいき、後日、戦に勝利したそうです。
その後、「野久稲荷神社」を「箭弓稲荷神社」と改称し、現在に至ります。続きを読む

宝登山神社(埼玉県秩父郡)5

22688f81.jpg

埼玉県長瀞町に鎮座する「宝登山神社」に参拝してきました。
旧県社になります。

秩父神社と三峯神社と並ぶ「秩父三社」の一社になります。
また、「宝登山(ほどさん)」を御神体とする「山岳信仰」の神社になります。
おそらくは、修験道の聖地となったのかもしれません。

駐車場は、社務所前にありました。
自動車は、数十台位は停められそうです。

最寄り駅は、秩父鉄道「長瀞駅」になります。
神社まで徒歩で行けます。

国道140号線沿いには、大きな鳥居がありました。
目印になります。

ロープウェイで宝登山の山頂まで行け、奥の宮も参拝できるようです。

鳥居です。
68d9c035.jpg

おそらくは、二の鳥居かもしれません。
やはり、鳥居から階段を昇ります。
少々疲れました。

境内は、木々に囲まれており、山の中にいるような感じでした。

社殿です。
6e7fb8b5.jpg

権現造になります。
綺麗な彫刻が施されており、とても立派でした。
社殿では、祈祷が行われていました。
何だか厳かな感じでした。

御朱印は、境内の右側にある「授与所」で頂けました。
秩父神社の御朱印帳に頂きました。
御朱印代は、300円でした。
授与所には、複数の神職の方々が詰めており、常時授与して頂けると思われます。

由緒書きは、ありました。

御守りや御札といった授与品は、多くありました。。
その中には、オリジナル御朱印帳が1,300円で置いてありました。
御朱印代込みかどうかは分かりません。

なかなか雰囲気の良い神社でしたので、また参拝してみようと思ってます。




神社データ
神社名:宝登山神社(ほどさんじんじゃ)
鎮座地:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828番地
祭 神:神日本磐余彦尊 大山祇神 火産霊神
社格等:県社 別表神社
社 殿:権現造
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
いろいろツイートしてます。
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ