まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

桐生が岡公園

桐生西宮神社 御朱印&御守り(群馬県桐生市宮本町)5

[画像:40b5a6e8-s.jpg][画像:2fa9318d-s.jpg]
 群馬県桐生市の中心部から北西へ少し行ったところにありました。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。

 神社専用駐車場は見当たりませんでした。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「桐生西宮神社は延喜式内上野十二社の一社美和神社の御祭神が大国主命である関係から明治三十四年十月摂津西宮神社の御分霊をいただき商業、工業、農業、交通、海運、漁業等に、霊験あらたかな蛭子大神(恵比寿様)を桐生ヶ岡公園におまつりした神社です。
 此の西宮神社を関東一社と申します理由は蛭子大神を御祭神とする神社は桐生だけで各地の恵比寿様は国土開発等に御神徳のある大国主命又事代主命をお祀りした神社であり御祭神の相違から区別されて関東一社と称せられて居ります。
 11月19日、20日の例大祭近郷近在は申すまでもなく栃木、埼玉等隣接各県から参拝者は数十万を数え桐生全市に恵比寿講の雰囲気が溢れまれに見る賑やかな大祭典となります。」


 こちらの西宮神社は、上野国延喜式内社「美和神社」の境内に勧請されました。

 11月19日に参拝してきました。例大祭(えびす講)の日になります。
 参道には出店が出ていました。
[画像:04e81aaa-s.jpg]
社殿へ向かいます。
[画像:82460e1b-s.jpg]
 社号標です。関東一社の西宮神社になります。
[画像:72f2ccf8-s.jpg]
 社殿に着きました。
[画像:722cb0d2-s.jpg]
 参拝者が多いです。

 参道途中に恵比寿様の絵がありました。
[画像:c8b50169-s.jpg]
 福々しい笑顔です。

 授与品一覧になります。
[画像:1357556d-s.jpg]
 今年より新しい授与品が加わります。御朱印御守り800円、商売繁盛・交通安全・願掛鯛御守り各500円になります。

 御朱印はありました。御朱印代は300円になります。





神社名:桐生西宮神社
鎮座地:群馬県桐生市宮本町二丁目1‐1
祭 神:蛭子大神 天照大御神 大国主大神 須佐之男大神
社格等:延喜式内「美和神社」の境内社

鷲ヶ峰 福応山 成蓮院 円満寺(群馬県桐生市)5

552f04ff.jpg

群馬県桐生市にある「鷲ヶ峰 福応山 成蓮院 円満寺」に参拝してきました。
高野山真言宗に属するお寺になります。


桐生市にある桐生が岡公園の東側にお寺はありました。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」もしくは上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。
徒歩では少々かかりそうです。

お隣は、延喜式内社「美和神社」になります。

駐車場は、入り口前にありました。
自動車は、十数台は停められそうです。


こちらのお寺の伝承として、弘法大師空海が東国巡錫のおりに、この地に鷲が多く、農作物をあらしたので、空海の法力を以って山に封じこめたそうです。
そのことにより、「鷲ヶ峰」と称し、山号の上の冠するようになったそうです。
江戸時代以前は「成蓮院」という修験道のお寺だったようです。
桐生市の中心部に近かったせいもあり、キリシタン対策のため江戸幕府は檀家制度を強化したため、真言宗系寺院として大きくなっていたようです。
そのなかで、慶長三年(1598)から寛文十二年(1672)の間に「円満寺」と称するようになったそうです。


こちらのお寺は、桐生市の山の手通り沿いの丘陵地の中腹にあるといった感じで、桐生市を一望できます。

こちらが入口になります。
1fe43bd6.jpg

山門はありませんでした。
石段を登っていきますので、足下にはお気をつけ下さい。

こちらが寺号標になります。
cddddb34.jpg

上がると、鐘楼門がありました。
32c604ce.jpg

こちらの梵鍾は、文化十年(1813)の鋳造になり、書上氏による発願によるもので、この地域の豪商で学者の佐羽淡斎の書だそうです。

石段を上がると、左右に地蔵菩薩が三体づつありました。
b8bd6f07.jpg

a6dfa2af.jpg

いわゆる「六地蔵」だと思われます。

こちらが本堂を再建した折の記念碑です。
27313aa0.jpg

進むと、境内の右側に木々が植えられていました。
bb19379b.jpg

庭園的な感じなんでしょうか。

その中には、庚申塔がありました。
da1c5b44.jpg

その先には、北辰殿という扁額が掲げられたお堂がありました。
aafafd06.jpg

935c63d7.jpg

推測するに妙見菩薩か祀られた「妙見堂」かもしれません。
古そうなお堂ですが、庫裡が併設されています。

こちらが遍路大師です。
af07be55.jpg

今もなお修行をしています。

境内の左側には、池がありました。
debaab5a.jpg

中には弁天堂があり、こちらの池は弁天池と言った方が良いかと思われます。

このような看板がありました。
66ea9cb7.jpg

気を付けてください。

池の隣には、「千部供養塔」がありました。
2b7b41d0.jpg

古そうな感じの供養塔です。
どのような謂れがあるのでしょうか?続きを読む

美和神社&桐生西宮神社(群馬県桐生市)5

群馬県桐生市に鎮座する「美和神社」に参拝してきました。
延喜式神名帳に記載された式内社になり、旧郷社になります。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」もしくは上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。
徒歩では少々かかりそうです。

駐車場はありませんでした。
自動車で行かれる方は気を付けてください。


美和神社の由緒は以下の通りです。
「当社は大和国御諸山神鎮まり坐す『元』官幣大社『現』大神大社と御同神にして創建は人皇十代崇神天皇の御代今を去る弐千有余年前我毛野国に東国鎮護の神として奉斎時恰も天下疾疫大に流行し時天皇之れを憂慮し玉ふ一夜大物主命天皇の御夢に告げて曰く之れ我御心なり宣く我御前を祭祀せば立ち所に息み年亦豊穣國家安穏なるべしと於是御社を御諸山に建立し御神霊を奉斎す此の事大和の御本社由緒記にも見ゆ。
(下野国十二社式内大神神社も同時鎮祭せしものならん)
当社は桓武天皇延暦十五年八月甲戌上野国山田郡美和大神を官社と為すと日本後記に見え後清和天皇貞観四年五月二十五日を以て従五位下勲十二等を授けられ又三代実録に陽成天皇元慶四年五月戌寅従五位の上より正五位以下勲十二等を授けられ其后朱雀天皇白河天皇崇徳天皇高倉天皇後鳥羽天皇土御門天皇亀山天皇後宇多天皇の各朝より位階を賜進せられたり延喜制式内の小社に列せられ国帳従一位美和大明神と記しあり
延享元年八月二十七日神祇道管領卜部朝臣兼確より上野國山田郡園田庄桐生鎮座三輪神社の御神号を贈進せられ。
旧旗本布施孫兵衛斯る古社の釆邑にあることを喜ひ毎年当社へ御供米参斗八舛御燈明料として米八石を慶応四年辰三月迄寄進せらる。
明治五年十一月郷社に列せられ。第二十三大区十二小区の鎮守とす。
明治四十一年七月省令に依り桐生町村社八坂神社を合併。」


入口になります。
b64673ad.jpg

右側には社号標がありました。
d067c8af.jpg

こちらは三輪大明神と刻まれています。
1b84b68d.jpg

鳥居になります。
415669cc.jpg

境内の右側に手水舎がありました。
8658d8e1.jpg

神楽殿になります。
2cd2bc4a.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?

八意思兼神社になります。
8a538115.jpg

社名から推察するに思兼神を祭神とすると思われます。
聖徳太子も祀られています。

その右側には機神社(はたがみしゃ)になります。
e6cf28fe.jpg

やはり絹織物の街です。

市神母衣輪神社になります。
b10cdafe.jpg

元治元年(1865)に建立された筆塚になります。
ce889189.jpg

仙台石になり、当時の神官小島行楚の書だそうです。

八坂神社の神輿倉になります。
00ce3d34.jpg

05fa973f.jpg

八坂神社の祠をさがしたのですが、美和神社に合祀されているそうです。
八坂神社は、桐生祇園祭の神社になります。

こちらが美和神社の社殿になります。
fe8ede1c.jpg

早速参拝です。

こちらが狛犬です。
1e93bcf0.jpg

e14823af.jpg

結構いかつい顔をしています。続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ