神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

東京別院

高野山東京別院 江戸札所(東京都港区高輪)5

image

 高野山東京別院は、昭和新撰江戸三十三観音霊場の札所でもあります。
 静かな境内には、鯉のぼり🎏が涼しそうに泳いでいました。
image

 江戸札所の御朱印代は300円でした。





寺院名:高野山 東京別院
所在地:東京都港区高輪三丁目15‐18
宗 派:高野山真言宗
寺格等:総本山金剛峯寺東京別院
本 尊:弘法大師
通 称:高輪結び大師
札所等:御府内八十八ヶ所 一番札所
    昭和新撰江戸三十三観音霊場 二十九番札所
    関東八十八ヶ所 特別霊場
御詠歌: ありがたや 高野の寺の 観世音 大慈大悲に すがるうれしさ
URL:http://www.musubidaishi.jp/

高野山東京別院 関東八十八ヶ所(東京都港区高輪)5

image

 東京都港区高輪にある寺院です。

 最寄り駅は、JR品川駅になります。徒歩ではさほどかかりません。

 境内に駐車場はありました。自動車は、10台くらいは停められそうです。

 こちらのお寺は、江戸時代に高野山金剛峯寺の江戸在番所として創建されました。

 高輪警察署のとなりにお寺はありました。

 こちらが山門になります。
image

 四国八十八ヶ所のお砂踏み場になります。
image

 参道を進みます。
image

 途中に「明神社」が鎮座してました。
image

image

 前に進むと不動堂がありました。
image

 護摩を修しているようです。

 前に進むと本堂がありました。
image

 宗祖「弘法大師空海」が祀られており「遍照殿」とも呼ばれています。

 鐘楼堂がありました。
image

 御朱印は、境内の左側にある授与所で頂けました。御朱印代は300円でした。

 御朱印帳や御守りといった授与品がありました。



寺院名:高野山 東京別院
所在地:東京都港区高輪三丁目15‐18
宗 派:高野山真言宗
寺格等:総本山金剛峯寺東京別院
本 尊:弘法大師
通 称:高輪結び大師
札所等:御府内八十八ヶ所 一番札所
    昭和新撰江戸三十三観音霊場 二十九番札所
    関東八十八ヶ所 特別霊場
御詠歌: ありがたや 高野の寺の 観世音 大慈大悲に すがるうれしさ

愛宕薬師真福寺(東京都港区愛宕)5

image

 東京都港区の愛宕山(愛宕神社)の北にお寺はありました。

 最寄り駅は、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅 (1番出口)」、東京メトロ日比谷線「神谷町駅(3番出口)」、都営三田線「御成門駅(A5出口)」になります。各駅から寺院まで徒歩約10分位はかかりそうです。

 駐車場は見当たりませんでした。自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの寺院の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都港区愛宕にある真言宗智山派の寺院。摩尼珠山宝光院。本尊は薬師如来。
 天正十九年(1591)照海(しょうかい)が江戸鉄砲洲に庵を創建したのに始まる。
 新義真言宗江戸四箇寺の一つで触頭。朱印寺領は百石。」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「真言宗智山派、摩尼珠山、宝光院。本尊は大檀那浅野幸長寄進の等身の薬師如来。江戸時代における新義真言宗の触頭『江戸四箇寺』の一つ。同宗智山方の本山移転寺の一つ。府内八十八か所の六十七番札所。
 開山は照海(元和二年二月没)。下総国匝瑳郡谷辺村の真福寺住僧照海が天正十九年(1591)に青山忠成(関東総奉行・江戸町奉行)の請待(しょうたい)で江戸鉄砲洲に草庵を構えたのが起源。照海は慶長十年(1605)徳川家康に目見をし、愛宕に寺地を拝領して鉄砲洲から引移り下総の寺名をうつし、真福寺と号した。『義演准后日記』慶長十五年4月9日条に、当時諸家を祈祷檀那にもち繁栄した旨が記され、また同月義演から山号・院号を下され三宝院の直末となった。『寺社書上』には慶長十五年に触頭役に任ぜられたとするが疑わしく、同時史料で確認できるのは元和八年までくだる。元禄五年(1692)6月に徳川綱吉から百石を拝領した。
 寛永十年(1633)『関東真言宗新義本末帳』には本寺三宝院、末寺二、門徒十五。寛政七年(1795)『新義真言宗本末帳』には本寺三宝院、朱印百石、江戸・武蔵内の末寺十七、又門徒二のほか、他国にも末寺を獲得している。
 智山方の移転寺であったため、本山智積院能化に昇った者も多い。
 現在は総本山智積院の東京別院で、智山派の宗務出張所が設けられている。」


 私の家は真言宗智山派の寺院の檀家になっており、以前に副住職さんに聞いたところ、「愛宕真福寺の末寺となっている」とのことをおっしゃっていました。
 真福寺の末寺ならばと思い、12月6日に参拝させていただきました。

 お寺の外観は、まるでオフィスビルになります。
image

image

 寺務所に関しては、真言宗智山派宗務出張所を兼ねているので、「平日のみ」僧侶や職員の方々が詰めているようです。
 僧侶がスーツを着て仕事をしているので、何だかどこかの会社の面接に来たようです。

 2階が「本堂」になります。
image

 本尊である薬師如来が祀られています。御府内八十八ヶ所の札所本尊になります。

 御朱印は、1階の寺務所で頂けました。御朱印代は300円になります。
 由緒書きはありました。頂きたい旨を告げると頂けました。

 授与品として御守り(一種類、一体500円)、念珠ストラップ(一体1,000円)、護摩祈木(一体200円)がありました。
image

image

 頂きたい方は1階の寺務所に申し出てください。




寺院名:摩尼珠山 宝光院 真福寺
所在地:東京都港区愛宕一丁目3‐8 
宗 派:真言宗智山派
寺格等:総本山智積院東京別院 新義真言宗触頭・江戸四箇寺
本 尊:薬師瑠璃光如来
別 称:愛宕薬師
札所等:御府内八十八ケ所霊場 六十七番札所
御詠歌:うえおきし こまつおてらを 眺むれば 法のおしえの 風ぞ吹きぬる

赤坂豊川稲荷(東京都港区元赤坂)5

image

東京都港区の青山通り沿いにお寺はあります。
赤坂御用地や鹿島建設本社等が近くにありました。

最寄り駅は、東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」、東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」になります。

駐車場は見当たりませんでした。
周辺の有料駐車場をご利用ください。


こちらの寺院の由緒は、次の通りです(東京堂出版刊『神社辞典』による。)
「東京都港区元赤坂。
 当別院は江戸時代、大岡越前守忠相公が信仰された由緒の尊像を祀り、もと赤坂一ツ木の大岡邸にあったものを、明治二十年(1887)現在地に奉遷、愛知県豊川閣の直轄別院となった。
 大祭は1月、5月、9月の22日に行われるが、2月の初午の日の初午祭は賑わう。」


山門になります。
image

入ると左側には授与所がありました。
image

御守りや御札がありました。

こちらが手水舎になります。
image

こちらが本堂になります。
image

こちらは神社ではありません。曹洞宗の寺院になります。
本尊は荼枳尼天(ダキニテン)になり、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)ではありません。
神仏習合の時代では、同一視されていました。
本堂では絶え間なく祈祷祈願が行われていました。
信仰されている方が多いのでしょう。

青山通り沿いにあるので、若干騒音が…

本堂前の大黒堂がありました。
image

福々しい大黒天がいらっしゃいました。

奥院になります。
image

本堂の左側にありました。

こちらは三神堂になります。
image

奥院の左側にありました。

御朱印は、祈祷受付で頂きます。
image

授与所とは別になります。
御朱印代は300円です。





寺院名:円福山 妙厳寺 東京別院
所在地:東京都港区元赤坂一丁目4‐7
宗 派:曹洞宗
本 尊:豊川荼枳尼真天
通 称:赤坂豊川稲荷
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
いろいろツイートしてます。
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ