まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

村社

菖蒲神社 オリジナル御朱印帳(埼玉県久喜市菖蒲町)5

KIMG4581
 先日、埼玉県久喜市に鎮座する「菖蒲神社」に参拝した折りにオリジナル御朱印帳をみつけた。藤の柄の御朱印帳は1,500円、木の板に織姫様と思われる十二単を着た女性が描かれた御朱印帳が2,000円。私は頂いていないので紙質はわからず。

 社殿
KIMG4574
 左端にあるのが通常の御朱印。あとの四種類は印刷の御朱印。
KIMG4578
 事前にTwitterなどで菖蒲神社の御朱印を検索したら、神道無念流の印刷の御朱印があったので頂こうかなと思いきや、下の即位礼の印刷の限定御朱印があったので頂きました。
KIMG4580
 10月22日までの授与だと思います。頂きたい方は早めの参拝をしてみてください。





神社名:菖蒲神社
鎮座地:埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲552番地
祭 神:稲田姫命 武夷鳥命 大己貴命
相殿神:誉田別命 素戔嗚命 倉稲魂命 金山彦命 速玉男命 菊理姫命 軻遇突智命 伊弉諾命 伊弉冉命 天津児屋根命 水波女之命 菅原道真公
社格等:旧村社

植下赤城神社 鈴の御朱印(栃木県佐野市植下町)5

KIMG4623
 栃木県佐野市の南部に神社は鎮座していました。
 国道50号線の「植下町」を少し北上した所に神社は鎮座していました。国道50号線沿いにはオービスがありますので、自動車で行かれるかたは気をつけてください。

 駐車場は鳥居の近くにあるスペースに停めることができます。2台は停められそうですが他にあるかどうかはわかりません。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「佐野市植下町に鎮座。祭神は彦狭島王命・日本武命。例祭は10月17日。春祭りが4月17日である。
 景行天皇五十五年に彦狭島王命の遺骸をひそかに奉葬したと伝える。藤原秀郷がその祠を再建し、天慶七年(944)に社領を寄進。翌年の遷座祭にあたり延喜式内社の赤城神社から日本武命を勧請して合祀し、赤城明神と称した。」

 また、由緒書きによると次の通りです。
「景行天皇五十五年、豊城入彦命の孫彦狭島王命が、勅を奉じ沙本毘古の乱を平らげ賞を賜り、任国毛野国に帰途の途中、春日穴作邑に至り病にて薨った。その時、任国の民が悲しんで王の屍を密かに掘り出し、毛野国伊保野の郷に奉葬し塚を造り祠を立て、狭島大明神と称して崇敬した。
その後、田原藤太秀郷公が、平将門公の討伐を祈願して見事成就した。これをもって家臣大門・小野寺式部両人に祠再建普請奉行を命じた。
 天慶七(944)年12月25日に免田畑十五町歩を寄進し、翌天慶八年(945)年3月15日に竣工した。同25日に上毛野の延喜式内社である赤城神社より日本武命を勧請合祀し、狭島を改め赤城大明神と号し、上毛野の宮を上の宮、当社を下の宮と称した。(現在も周辺の地名を下の宮と称す)以降、武門武将の尊信が厚く、田畑金穀朱印を賜る事が多かった。宝永三(1706)年2月の宗源宣旨に正一位を賜った。
 江戸中期、稲荷信仰で庶民の崇敬を集めた時期があり、社前鳥居の柱下部に稲荷の文様がある。明治六年に郷社となり、明治九年に村社となった。
 現在の御社殿は江戸時代末期の文化文政時代に十二年かけて建てられたものである。
 御祭神彦狭島王命は、家内安全、地域鎮護、日本武命は、火防、盗難除け、宇賀之御魂神は、商売繁盛、家内安全の御神徳を有す。
 明神造の青銅鳥居、神鈴は天明鋳物で出来ており佐野市指定文化財である。」


 境内は、鬱蒼とした森の中にあるといった感じでした。

 鳥居は青銅製になり、佐野市指定文化財です。
KIMG4608
 案内板による由緒は、次の通りです。
「明和六年(1769)天明の鋳工丸山善太郎毎昭(つねあき)と同甚太郎易親(やすちか)によって造られた稲荷鳥居である。市内では、一瓶塚稲荷神社の鳥居(国認定重要美術品)が同じ丸山一族の手による同形態のものである。
 右柱には講中神主及び願主、左柱には鋳物大工の名前がそれぞれ刻銘されている。」

 手水舎になります。
KIMG4610
 社殿になります。
KIMG4611
 彦狭島王命が祀られています。一緒に上野国の赤城神社より勧請した日本武命も祀られています。

 社殿内部です。
KIMG4612
 社殿横には「神鈴」がありました。
KIMG4618
 案内板による由緒は次の通りです。
「この神鈴は、鈴のなかに小さい鈴が入った二重構造で、鈴の揺動により小さい鈴が動き、その音がこもって特有の音を発する仕組みになっているものである。明和八年(一七七一年)に製作されたもので、現存する天明鋳物師製作の神鈴としては、最も古い。天明鋳物師崎山五左右衛門藤原峯高円熟期の作品である。」


 授与所には、御守りや絵馬といった授与品はありました。
KIMG4616
 御朱印は鳥居の向かいにある社務所で頂けました。御朱印は7種類(うち書き置き2種類)ありました。御朱印代は300円でした。
KIMG4614
 マーブリング御朱印というのがありました。宮司手染めの和紙に墨書き+御朱印押印のもので1日五体限定の書き置きの御朱印だそうです。初穂料500円です。




神社名:植下赤城神社
鎮座地:栃木県佐野市植下町430番地
祭 神:彦狭島王命 日本武命
配 祀:宇賀之御魂命
社格等:旧村社
札所等:佐野市神社御朱印めぐり(令和二年3月31日迄)

菖蒲神社 即位礼限定御朱印(埼玉県久喜市菖蒲町)5

KIMG4592
 埼玉県久喜市の北西部、加須市に近いところに神社は鎮座していました。

 最寄り駅は・・・

 神社専用の駐車場は東側にありました。自動車は4〜5台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(由緒書きによる)。
「当社は、袋田明神社と号していた。
 『風土記稿』菖蒲町の項には『袋田明神社 祭神は稲田姫命と云う。神体銅鏡にて本地薬師の像を彫れり、裏に寛文九年(1699)と見ゆ、合殿に鷲宮・久伊豆の両社を置り、吉祥院持、末社稲荷天神合社 雷電大黒天金比羅秋葉聖徳太子合社』と記されている。
 当社の鎮座地は、菖蒲城主佐々木氏の陣屋跡と伝えられる地のすぐ南西に位置しており、佐々木氏により中世末期に再建されたものと推測される。
 当社の大元となった袋田明神社の社名は、近在の鷲宮神社(武夷鳥命)、玉敷神社(大己貴命)のお袋(母親)が稲田姫であることに由来すると伝えられている。また、見沼代用水の開削以前に旧河川のこの辺りを袋状に流れ、一面に田が広がっている所に坐す神に由来するとも考えられている。」


 「菖蒲宮本」という交差点のすくそばに鎮座しています。境内の東には公園がありました。

 鳥居です。
KIMG4573
 社殿になります。
KIMG4574
 境内には藤棚がありました。見頃は4月下旬からゴールデンウィークかと思われます。

KIMG4582
 埼玉県指定天然記念物だそうです。

 御朱印は、鳥居を入り左側にある授与所にて頂きました。即位礼限定御朱印(印刷の御朱印)を頂きました。御朱印代は500円です
KIMG4578
 オリジナル御朱印帳がありました。
KIMG4581




神社名:菖蒲神社
鎮座地:埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲552番地
祭 神:稲田姫命 武夷鳥命 大己貴命
相殿神:誉田別命 素戔嗚命 倉稲魂命 金山彦命 速玉男命 菊理姫命 軻遇突智命 伊弉諾命 伊弉冉命 天津児屋根命 水波女之命 菅原道真公
社格等:旧村社

於菊稲荷神社 夏風の御朱印(群馬県高崎市新町)5

KIMG4489
 群馬県高崎市新町に鎮座する於菊稲荷神社の「夏風の御朱印」になります。初穂料500円になります。

 鳥居
KIMG4484
 社殿
KIMG4485
 狐塚
KIMG4486
 聖徳太子社
KIMG4487





神社名:於菊稲荷神社
鎮座地:群馬県高崎市新町247番地
祭 神:倉稲魂命 於菊
社格等:旧村社

鷺宮咲前神社 境内社「鷹巣神社」の御朱印(群馬県安中市鷺宮)5

KIMG4410
 群馬県安中市の旧安中市の市街地から西へ行った所に神社は鎮座していました。

 最寄り駅は、JR信越本線「安中駅」or「磯部駅」になります。徒歩で神社まではかなりかかりそうです。できれば自動車で行かれた方が宜しいかと思われます。

 駐車場は、境内の右側にありました。自動車は、十数台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は以下の通りです(由緒書きより)。
「当鎮座地は神代、経津主大神が健御名方神を追って上野国と信濃国の国境の荒船山に御出陣の時の行在地であると伝わる。
 安閑天皇元年(534)六月、初の申の日に神石『雷斧石(らいふいし)』三柱の御出現を仰ぎ、時の朝廷に上奏したところ、奉幣使、磯部朝臣小倉季氏と共に高椅貞長、峯越旧敬を伴い上毛野国に御下向があり、抜鉾(ぬきほこ)大神『健経津主命』をお祀りし、社を建てられた。その後、白鳳元年(650)第十一代小崎邦平、神託により蓬丘菖蒲谷に御遷座し、貫前神の鎮座となり、磯部郷前宮跡を先の宮として崇め、改めて咲前神社が創建された。」


 一之宮貫前神社の前宮としての神社になります。
KIMG4394
 時期が時期だけに紫陽花が咲いてました。とても綺麗です。
KIMG4395
 手水舎です。
KIMG4401
 神楽殿
KIMG4400
 境内には「鷹巣神社」が鎮座していました。
KIMG4397
 詳しい由緒は、次の通りです(由緒書きによる)。
「【主祭神】大物主命 火産霊命 伊勢三郎義盛公
 御本社は、碓氷川を見下ろす鷹巣山に鎮守する板鼻の鎮守で、従来金比羅宮であった。江戸期には、中仙道板鼻宿の発展と共に当社も栄え、多くの崇敬者と旅人の憩いの神域となりました。明治六年、村社となり、同四十二年、本町八坂神社、神明宮、愛宕、管沢稲荷、関口取勝明神社等を合祀して鷹巣神社と改称された。」

 絹笠神社です。
KIMG4398
 授与所になります。
KIMG4399
 今回は境内社の鷹巣神社の御朱印を頂きました。御朱印代は300円です。




神社名:鷺宮咲前神社
鎮座地:群馬県安中市鷺宮3308番地
祭 神:健経津主命 大己貴命 保食命 建御名方神 火産霊神 菅原道真 猿田彦命 倉稲魂命
社格等:旧村社 神饌幣帛料供進神社
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ