神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

曹洞宗

青龍山 茂林寺(群馬県館林市堀工町)5

image
 
 群馬県館林市にある曹洞宗の名刹「青龍山茂林寺」に参拝してきました。
 館林市の南部、「野鳥の森ガーデン」の南に寺院はありました。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「茂林寺前駅」になります。駅から寺院まで徒歩で10分位はかかりそうです。

 駐車場は通り沿いにありました。自動車は、かなりの台数は停められるかもしれません。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(東京堂出版刊『神社辞典』による)。
「群馬県館林市堀工町1570。青竜山と号す。分福茶釜の寺として知られる。曹洞宗。
 応仁二年(1468)青柳城主赤井正光の創建で、相模国(神奈川県)最乗寺大林正通を請して開山とする。
 山門、総門、本堂、庫裡、開山堂があり、寺宝に分福茶釜、花鳥墨画(一花千金の牡丹と称し、明舜挙筆)等を蔵している。
 この分福茶釜は古来から有名で、種々の伝説を生じているが、『甲子夜話』第三五によると、開創のとき、守鶴という老僧が正通に従って来て、十世岑月に至るまで給じしたけれども、七世月舟の時には衆僧は千人に達したので、守鶴はどこからともなく大木な釜を出して来た。その茶釜は昼夜汲んでも尽きず、かつ八功徳を有し、福を分けるというので分福茶釜といわれた。ところが岑月がその正体を狢(一説には狐)を見破ってしまった。開山の徳を慕って僧に化身していたのである。岑月は鎮守として祭祀したという。
 またお伽噺には文福和尚の時、狸の変化である茶釜があり、古物商がこれを得て、見世物とし、のち当寺に納めたものともいう。
 境内には、この伝説童話とした厳谷小波の碑がある。」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「曹洞宗。青竜山。本尊は釈迦如来。
 開創は応仁二年(1468)。開山は大林正通。開基は赤井照光。
 赤井氏は当時、東上州における新興勢力であった。当主照光はかねてから禅に心を寄せていたが、たまたま大林の声望を聞き、大林が小田原最乗寺の輪番住職を終えるのを待って館林に招いた。
 館林の地が下野・常陸・武蔵に近接した所であるため、当寺は上野のほか下野・武蔵・信濃など各地へ勢力を伸ばした。その結果、第三世密天正茂が住持する大永に朝廷の勅願寺となった。
 当寺には分福茶釜の伝説があるが、門前両脇には陶製の大きな狸がたくさん並んでいる。この伝説の原型は、開山大林正通に近侍し布教を助けた守鶴が持参した茶釜にあり、この茶釜は汲めど尽きず人に福を分け与えたというが、ある時守鶴は狸であることがわかってしまい、いずこへかさってしまったという。
 曹洞宗は在来の信仰を取り込みながら勢力を伸長したが、この伝説の背後にはそれがあるように思われる。
 寛永の寺院本末帳によると、門前屋敷二十石・山林二十町が榊原氏から与えられたことと、および末寺六十八ヶ寺が書き上げられている。
 朱印は二十三石六斗で本寺は美濃竜泰寺である。」


 以前、ゴールデンウィーク中に参拝しました。
 その時は、やはりかなりのは人手ででした。観光バスも来ており、駐車場は満車状態でした。それ以外は、さほど観光客はいないと思われますが、なにぶんにも分福茶釜で有名なので、多少の観光客は仕方ないでしょう。

 通り沿いに寺号標がありました。
image

 参道沿いには狸の置物やお菓子を売るお土産屋さんがありました。

 こちらが総門になります。
image

 総門を入り、本堂へ向かう参道の脇には大き狸立像があります。
image

image

 いわゆる「信楽焼」なんでしょうか?

 参道を進むと山門がありました。
image

 山門をくぐり、進むと左側には「守鶴堂」になります。
image

 分福茶釜のモデルとなった守鶴和尚が祀られています。

 こちらが本堂になります。
image

 こちらの寺院では、基本的に御朱印は「印刷」になります。まれに御朱印帳への揮毫があるようですが、常時墨書きをしていただければ良いのですが。

 宝物館には、守鶴和尚が使ったという茶釜がありました。いわゆり「分福茶釜」になります。
 拝観料は300円でした。




寺院名:青龍山 茂林寺
所在地:群馬県館林市堀工町1570番地
宗 派:曹洞宗
本 尊:釈迦牟尼仏
通 称:分福茶釜の寺
札所等:つつじの館林七福神 大黒天

月音山 明言寺(群馬県邑楽郡邑楽町石打)5

93500612.jpg

群馬県邑楽町にある「月音山明言寺」に参拝してきました。
曹洞宗に属しているお寺になります。

群馬県邑楽郡邑楽町にありました。
国道122号線の「石打」という交差点が目印になります。
周辺には看板が出ています。
5586bb3f.jpg

最寄り駅は、東武伊勢崎線「篠塚駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。

駐車場は、境内の右側と入口前にありました。
自動車は、かなりの台数が停められそうです。


こちらのお寺の由緒は、次の通りです(由緒書きより)。
「曹洞宗月音山明言寺の本尊は千手観世音菩薩です。
千手観世音菩薩は、また、子年生まれの方の守り本尊でもあります。
明言寺は元久元年(1204)天台宗の寺院として創建されましたが、その後天正二年(1574)曹洞宗寺院として再興されました。
当山の別称である『こぶ観音』は、観音のあらたかな霊験を説く『子生観音』と『瘤観音』の二つの説話に由来するものであります。」


入口になります。
2cfa7c21.jpg

入口の右側には、案内板がありました。
a51e9b08.jpg

入り口を入ると、左側には地蔵菩薩等の諸佛が祀られています。
478885fa.jpg

参道を進みます。
69fe5f5f.jpg

参道の右側には公民館がありました。
c455299a.jpg

また、参道の左側にはお土産屋さんがありました。
145d5365.jpg

「ぐんまちゃんもなか」がありましたが、どんな感じなんでしょうか?
d6417722.jpg

次回参拝したときには、食べてみたいです。

山門になります。
662510ca.jpg

それほど大きくはありません。

山門に掲げられていた扁額になります。
1dd1be97.jpg

手水舎になります。
0cd476e0.jpg

茅葺きの屋根になり、趣きがありました。

こちらが本堂になります。
8231911f.jpg

7819c230.jpg

本堂に掲げられていた扁額になります。
51545eff.jpg

「大悲殿」とは「観世音菩薩がいらっしゃる場所」という意味になります。

境内には、参拝者もいらっしゃり、地域の方々に愛されている寺院だと思われます。

こちらが内部です。
68d62b08.jpg

荘厳な感じです。

本堂の後方には「奥の院」がありました。
ご本尊の千手観音が祀られているのは、本堂ではなく「奥の院」だそうです。

本堂の左側には「仏殿」でありました。
6773a4df.jpg

曹洞宗としての本尊「釈迦如来」、曹洞宗開祖であり吉祥山永平寺開山住職「道元禅師」、諸嶽山総持寺開山住職「瑩山禅師」が祀られています。

仏殿に掲げられていた扁額です。
e4b16025.jpg

「慈眼堂」になります。
302a7904.jpg

馬頭観音・如意輪観音・聖観音・二十二夜塔・十世祥山泰瑞和尚の供養塔があり、目の病気にご利益があり、参詣人が絶えないといいます。続きを読む

栄昌山 善宗寺(群馬県太田市)5

1c09e8f1.jpg

群馬県太田市にある「栄昌山 善宗寺」に参拝してきました。
曹洞宗のお寺になります。

太田市の北部、栃木県足利市に近い所にありました。

国道50号線の「原宿」という交差点を北へ行き、一つ目の信号を西へ行くと「赤い旗」が目印になります。

近くには、渡良瀬川が流れており、太田市と栃木県足利市の県境に架かる「葉鹿橋」がありました。
また、道路を挟んで反対側には、雷電神社が鎮座していました。

最寄り駅は、JR両毛線「小俣駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。

駐車場は、入り口の横にありました。
自動車は、10台位は停められそうです。

お寺は、太田市の中心部からかなり外れており、桐生市や栃木県足利市にも近くいので、周囲は長閑な感じもします。

こちらのお寺は、元禄十二年(1699年)に同市内にある「祥寿山 曹源寺」の住職の隠居寺として創建されました。
詳細は不明です。
創建の経緯からして住職の無住の時代もあったそうで、その時は地域住民の集会所となっていたそうです。

かつては「原宿の寺」とも呼ばれていたこともあるようです。

駐車場に車を停めて、参拝です。

こちらが入り口になります。
97a9b600.jpg

山門はなく、門柱がありだけでした。
上州七福神の赤い旗が目立ちます。

入口を入りると左側には、江戸時代造立の庚申塔、観世音菩薩、二十二夜塔、地蔵菩薩等が祀られていました。
862d97b5.jpg

右側には、六地蔵がいらっしゃいました。
dfbc6227.jpg

ひっそりといらっしゃいました。

また、正面には本堂がありました。
4bf0d97b.jpg

本尊である「阿弥陀如来」、「大黒天」が祀られています。
阿弥陀如来は、東上州新田秩父三十四観音霊場の札所本尊になります。

また、大黒天は上州七福神の一尊になります。
38cd5ab4.jpg

一期一会と刻まれており、福々しい大黒様が彫られていました。
ないなか良いです。

本堂の左側には「弁天堂」がありました。
6e0db806.jpg

「弁財天」が祀られています。
また、薬師如来と地蔵菩薩が祀られている祠もありました。続きを読む

赤坂豊川稲荷(東京都港区元赤坂)5

image

東京都港区の青山通り沿いにお寺はあります。
赤坂御用地や鹿島建設本社等が近くにありました。

最寄り駅は、東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」、東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」になります。

駐車場は見当たりませんでした。
周辺の有料駐車場をご利用ください。


こちらの寺院の由緒は、次の通りです(東京堂出版刊『神社辞典』による。)
「東京都港区元赤坂。
 当別院は江戸時代、大岡越前守忠相公が信仰された由緒の尊像を祀り、もと赤坂一ツ木の大岡邸にあったものを、明治二十年(1887)現在地に奉遷、愛知県豊川閣の直轄別院となった。
 大祭は1月、5月、9月の22日に行われるが、2月の初午の日の初午祭は賑わう。」


山門になります。
image

入ると左側には授与所がありました。
image

御守りや御札がありました。

こちらが手水舎になります。
image

こちらが本堂になります。
image

こちらは神社ではありません。曹洞宗の寺院になります。
本尊は荼枳尼天(ダキニテン)になり、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)ではありません。
神仏習合の時代では、同一視されていました。
本堂では絶え間なく祈祷祈願が行われていました。
信仰されている方が多いのでしょう。

青山通り沿いにあるので、若干騒音が…

本堂前の大黒堂がありました。
image

福々しい大黒天がいらっしゃいました。

奥院になります。
image

本堂の左側にありました。

こちらは三神堂になります。
image

奥院の左側にありました。

御朱印は、祈祷受付で頂きます。
image

授与所とは別になります。
御朱印代は300円です。





寺院名:円福山 妙厳寺 東京別院
所在地:東京都港区元赤坂一丁目4‐7
宗 派:曹洞宗
本 尊:豊川荼枳尼真天
通 称:赤坂豊川稲荷

大用山 骨波田龍洞院 長泉寺(埼玉県本庄市児玉町)5

image

埼玉県本庄市にある「大用山長泉寺」に参拝してきました。

本庄市の南部、本庄サーキット場のすぐ近くにお寺はありました。

駐車場は、山門の左側にありました。


こちらのお寺の由緒は、次の通りです(雄山閣出版刊『日本名刹大事典』より)。
「曹洞宗。大角山。本寺は伊豆最勝院。
 文正元年(1466)最勝院大洞存罅福1519)留錫、文明三年(1471)上杉顕定が開基となり創立。天正十九年(1591)寺領二十石を賜わり、江戸期も朱印として下付。
 境内には骨波田の藤(県の天然記念物)、寺宝には武田氏、鉢形北条氏の制札(県文化財)等がある。
 末寺十二ヶ寺。所蔵史料270点。」


こちらが入口になります。
image

山門になります。
image

この時期は、入山料500円が必要です。

5月2日に参拝しましたが、境内の藤棚はほぼ満開でした。
image

image

image

image

できれば今月中旬までの参拝をお勧めします。

弁天池に弁天様がいらっしゃいました。
image

弁天様の後ろにアヒルが😱
image

のんびりしてます。

蛙と藤です。
image

なかなかおつです。

仁王門がありました。
image

立派な仁王門です。

仁王像になります。
image

image

厳つい顔をしています。

仁王門は、上に昇れました。

image

急な階段ですので気を付けてください。

二階部分は「延命殿」と呼ばれており、地蔵菩薩・観世音菩薩・文殊菩薩が祀られています。
image

image

(´人`)

仁王門から山門方面を望む。
image

仁王門から本堂を望む。
image

とにかく藤だらけで、藤の香りがすごいです。

仁王門と藤です。
image

御朱印は、本堂の右側にある総受付で頂けました。
御朱印代は、300円でした。




寺院名:大用山 骨波田龍洞院 長泉寺
所在地:埼玉県本庄市児玉町高柳901番地
宗 派:曹洞宗
開 基:上杉顕定
本 尊:釈迦如来
札所等:児玉三十三霊場 三十一番札所
    東国花の寺百ヶ寺
御詠歌:峯の松 永遠の願いや 深くして 法の泉に 藤の花寺
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ