神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

日限地蔵尊

日限地蔵尊 諏訪山観音院(群馬県桐生市東)5

KIMG2662

 群馬県桐生市の東部、桐生タイムス社という新聞社の少し北側にありました。お寺の西側には「諏訪機神社」が鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。徒歩ではかなりかかりそうです。近くまでバスが来ているかもしれません。

 駐車場は、道路を挟んで反対側と境内の東側にありました。自動車は、数十台位は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は次の通りです(上毛新聞社刊『ぐんまのお寺 真言宗機如戮砲茲襦一部抜粋)。
「当寺の開創は文書・記録が失われていて確実なことはわからない。しかし、江戸時代中ごろの郷土史家高橋五右衛門守行によって著された『今泉古事談』によると、正保元年(1644)養甚という道心が岩崎彦右衛門の庵に移り住んだのを始まりとする。承応元年(1652)小俣村(足利市)威徳院の弟子、秀賀という僧が来住、庵を今の観音堂の廟所に移し観音院と呼んだ。その後、寛文二年(1662)に現在地諏訪の森に移した。」


 山門になります。
KIMG2653
 四国八十八ヶ所お砂踏み場です。
KIMG2654
 マスコットキャラクターのひぎりんです。
KIMG2652

KIMG2651
地蔵堂になります。
KIMG2648
 「日限地蔵尊」として知られているお寺です。お地蔵様は地蔵堂に祀られています。

 本堂には「聖観音」が祀られています。

 休憩所です。
KIMG2650

 御朱印は、地蔵堂に併設されている授与所で頂けます。御朱印代は300円。





寺院名:諏訪山 能満寺 観音院
所在地:群馬県桐生市東二丁目13‐18
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:聖観世音菩薩
札所等:関東八十八ヶ所 十番札所
    上州三十三観音霊場 五番札所
    上州新四国八十八ヶ所 四十八番札所
御詠歌:諸人の 願いをしかと 能満の 深き誓いに 絶えぬ香煙

諏訪山観音院 関東八十八ヶ所(群馬県桐生市)5

image

 群馬県桐生市にある「諏訪山 観音院」に参拝してきました。真言宗豊山派に属するお寺になります。

 桐生市の東部、桐生タイムスという新聞社の少し北側にありました。
 お寺の西側には「諏訪機神社」が鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。徒歩ではかなりかかりそうです。近くまでバスが来ているかもしれません。

 駐車場は、道路を挟んで反対側と境内の東側にありました。自動車は、数十台位は停められそうです。


 上毛新聞社刊‘ぐんまのお寺 真言宗機任砲茲襪藩浬錣蓮以下の通りです(一部を抜粋)。
「当寺の開創は文書・記録が失われていて確実なことはわからない。しかし、江戸時代中ごろの郷土史家高橋五右衛門守行によって著された『今泉古事談』によると、正保元年(1644)養甚という道心が岩崎彦右衛門の庵に移り住んだのを始まりとする。承応元年(1652)小俣村(足利市)威徳院の弟子、秀賀という僧が来住、庵を今の観音堂の廟所に移し観音院と呼んだ。その後、寛文二年(1662)に現在地諏訪の森に移した。」


 日限地蔵尊として知られているお寺です。お地蔵さまは地蔵堂に祀られています。
image

 本堂には聖観音が祀られています。
image

 関東八十八ヶ所・上州三十三観音霊場・上州新四国八十八ヶ所の各札所本尊になります。

 大通りから外れているので境内はとても静かです。

 本堂左後方には、寺樹という欅(けやき)の木がありました。
image

 木の下には石造不動明王立像がありました。神社で言うところの御神木に相当する木だと思われます。

 御朱印は、地蔵堂に併設されている御朱印受付にて頂きました。御朱印代は300円でした。

 各種御守りはありました。





寺院名:諏訪山 能満寺 観音院
所在地:群馬県桐生市東二丁目13‐18
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:聖観世音菩薩
札所等:関東八十八ヶ所 十番札所
    上州三十三観音霊場 五番札所
    上州新四国八十八ヶ所 四十八番札所
御詠歌:諸人の 願いをしかと 能満の 深き誓いに 絶えぬ香煙

諏訪山 観音院(群馬県桐生市)5

0422749e.jpg

群馬県桐生市にある「諏訪山観音院」に参拝してきました。
真言宗豊山派に所属するお寺になります。

桐生市東部、東町にお寺はありました。
道路を挟んで西側には諏訪神社が鎮座していました。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」・上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。
徒歩では、20分位はかかりそうです。

駐車場は、境内の右側と道路を挟んで反対側にありました。
自動車は、合わせて3〜40台位は停められそうです。

こちらのお寺は、正保元年(1644年)に養甚という道心が岩崎彦左衛門の庵に移り住んだのが始まりとされています。

山号から推察すると、隣の諏訪神社の別当寺だったと思われます。

以前は、入り口に石柱がありましたが、最近山門が出来たようです。
2ea437aa.jpg

両脇に仁王像があるので、仁王門と呼んだのが良いかもしれません。

仁王門を入ると、すぐ左側には「鐘楼」がありました。
dd274459.jpg

なかなか立派でました。

鐘楼裏には、塔が建ってます。
893f5038.jpg

宝塔ですかね?
宝篋印塔なのかな?
調べても分かりません。
庚申塔もありました。

また、諏訪弁天堂がありました。
54dc1eb1.jpg

いわゆる「弁財天」が祀られています。
蛇が描かれた絵馬が奉納されていました。
44e3fab4.jpg

参道を進んでいくと、左側には「地蔵堂」がありました。
e2afdcdc.jpg

日限地蔵尊が祀られており、日を限って願掛けすると願い事が叶うと言われています。
祈祷殿も併設されているので、厄除け・祈願がこちらで行うようです。
また、御朱印受付も併設されており、御朱印の他、祈祷・祈願受付、授与品も受け付けているようです。

毎月24日には、日限地蔵の縁日になり、参拝者で賑わいます。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 管理部に所属する会社員。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ