神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

授与品

忍東照宮 御朱印&勝守(埼玉県行田市忍本丸)5

image

 埼玉県行田市の中心部にある「忍城址」の道路を挟んで反対側に鎮座しています。

 駐車場の場所がわからなかったので、「忍城趾」の駐車場に止めさせて頂きました。無料で停められました。


 こちらの神社の由緒は次の通りです(案内板より)。
「当社は、家康公の娘、亀姫が父の肖像を頂き、後に子の松平忠明公に伝え、忠明公が寛永二年(1625)、大和国郡山城内に社殿を造営して、肖像を安置したことに始まる。以来、藩主・藩士崇敬の社となった。その後、移封の都度遷座され、慶応四年(1868)鳥羽・伏見の戦の折、大坂蔵屋敷内の東照宮を、当社に合祀した。
 社領は、郡山当時より百石を受け継ぎ、明治維新まで続く。その地は、埼玉古墳群の辺りであったと・伝えられている。
 明治四年(1871)、藩主東京移住のために祭祀断絶の危機を迎えるが、旧藩士ら相計り、同七年に下荒井の地より、本丸の一部である諏訪郭内の忍東照宮境内一隅に本殿を移し、同三十三年に藩祖、松平忠明公を配祀した。
 現在の拝殿は昭和五年の造営である。」


 こちらが鳥居になります。
image

 二の鳥居になります。
image

 元々は忍諏訪神社の境内に東照宮が鎮座しました。

 社殿になります。
image

 社殿は日光東照宮みたいに派手さはないです。

 こちらの神社は兼務社のようです。基本的に土日のみ誰かしら常駐するようです。なので祈祷祈願は休日のみかもしれません。

 御朱印は、境内の右側にある授与所で頂きました。御朱印代は300円でした。

 御朱印を頂いた際に「福豆」を頂きました。
image

 美味しく頂きました。

 御守りや御神札(一体800円)、絵馬(一体400円)、干支のストラップや縁起物としてその年の干支の置物がありました。
image

image

image

image

 私は徳川家康公着用の歯朶具足の兜が描かれた「勝守」を一体頂きました。
image

 500円です。
 なお、授与品は「土日のみ」の授与となります。





神社名:忍東照宮
鎮座地:埼玉県行田市忍本丸12‐5
祭 神:徳川家康公 松平忠明公 八幡大神
社格等:旧村社

日枝社 御朱印(世良田東照宮の境内社 群馬県太田市世良田町)5

image

 世良田東照宮には、開運稲荷社と日枝社の境内社が鎮座しています。

 その中で日枝社に参拝いたしました。


「日枝社」の由緒は、次の通りです。
「祭神 大山咋命
 寛永二十一年(1644)世良田東照宮建立の時、日光山より奉遷。間口二尺五寸、屋根は挧(とち)葺き。
 江戸時代は幕府により十数回の修理が行われた。昭和二年、修理。平成二十五年、東照宮三ツ葉葵会により修理。
 江戸期の祭典日は、毎年4月申の日。」


 世良田東照宮の授与所の裏側に鎮座しています。
 こちらが社殿になります。
image

 小ぢんまりした社殿です。

 世良田東照宮の授与所で御朱印を頂きました。一律書き置きになります。御朱印代は300円でした。
 こちらの日枝社には御札と御守りがありました。
image

 鬼門除けの御札や魔除神猿(まよけまさる)御守があります。





神社名:日枝社
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
主祭神:大山咋命
備 考:世良田東照宮の境内社にあたる
URL:http://www.net-you.com/toshogu/ (世良田東照宮のHP)

前橋東照宮 再拝&全国東照宮連合会御朱印帳(群馬県前橋市大手町)5

image

 前橋市の中心部、群馬県庁から少し北の「大手町」の交差点の所、前橋公園内に神社は鎮座していました。中央大橋のたもとといった感じです。

 最寄り駅は、JR両毛線「前橋駅」or「新前橋駅」になります。両駅から徒歩では少々かかりそうです。

 駐車場は、境内の北側の道路沿いにありました。自動車は、数十台位は停められそうです。


 菊地清(世良田東照宮々司)著「群馬県内の東照宮」によるとこちらの東照宮の由緒は次の通りです。
「当社の創立は寛永元年6月1日で、御祭神徳川家康公の孫、松平直基(家康公の第二子、結城秀康の五男で大和守と称し、前橋藩主の祖)が越前勝山城内に祭祀したのに創まる。以来、松平氏は十三回に及ぶ移封に遇ったが、その都度奉遷して、藩主をはじめ士民の篤き崇敬を集めて今日に至る。
 即ち、享保二十年には社領二百石が寄進され、また、慶安元年播州姫路、寛文七年播州姫路、元禄五年奥州白河、同十年奥州白河、宝暦四年上州前橋、安永六年武州川越、嘉永八年武州川越においてそれぞれ社殿の造営が行われており、慶安二年武州川越より再び上州前橋に奉遷され明治を迎えた。
 現在の社殿は本殿以下五棟、総て川越より移築したもので、一本の欅の巨木で造られたと伝えられ、用材の美しさは実に見事で、本殿の彫刻は江戸の有名な彫工島村源蔵の作として、知られている。
 明治以降は、旧前橋藩士居住区域八箇町、三千戸の鎮守として崇敬を集めてきたが、昭和四年県社に列せられた。
〈社宝〉能面・能装束・陣羽織・軍扇等蔵し、市重要文化財に指定されている。」

 また、大修館書店刊「日本の神仏の辞典」によると次の通りです。
「前橋市大手町の旧県社。徳川家康・菅原道真・木之花咲耶比売神ほか二柱を祀る。例祭は4月17日。
 寛永元年(1624)に前橋藩祖である松平直基が越前の勝山城主当時に奉斎され、その後の移封ごとに遷された。
 慶応二年(1866)に前橋に帰還し、明治四年(1871)に遷座した。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「群馬県前橋市大手町。旧県社。
 寛永元年(1624)前橋藩の祖、松平直基が越前勝山城主時代に同地に創建、以来二百三十年余り十三回にわたる各地移封の都度遷祀、慶応元年(1865)川越より転領後、明治四年(1871)現在地に遷座した。
 宝物に家康公木像(元和年間作)などがある。
 例祭4月17日。」


 1月22日に参拝してきました。
 寒い日でしたが、参拝者がいらっしゃいました。遅い初詣なのかな?

 鳥居になります。
image

 社号標になります。
image

 交通安全祈祷殿になります。
image

 こちらで自動車は祈祷を行います。

 手水舎になります。
image

 手と口を漱いで参拝です。

 社殿になります。
image

 (´人`)

 社務所になります。
image

 こちらが、授与所であり祈祷受付でもあります。御朱印はこちらで頂きました。御朱印代は300円でした。

 こちらの神社では、全国東照宮連合会の作製した御朱印帳がありました。




神社名:前橋東照宮
鎮座地:群馬県前橋市大手町三丁目13‐19
祭 神:徳川家康公 菅原道真公 木之花咲耶姫神 長壁様
社格等:旧県社

世良田東照宮 八方除ご祈祷(群馬県太田市世良田町)5

image

 群馬県太田市の南西部、世良田山長楽寺の隣にある神社になります。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「世良田駅」になります。徒歩では15〜20分位かと思われます。

 駐車場は神門の左右にありました。自動車は10台位は停められそうです。
 また、新田荘歴史資料館の駐車場も利用できそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「新田郡尾島町世良田町の旧郷社。徳川家康ほか十九柱を祀る。例祭は4月17日。
 寛永二十一年(1644)に天海僧正が徳川家光の命により、日光東照宮の古殿を始祖である義季の墳墓がある長楽寺境内に移築し創建した。
 拝殿は日本最古の東照宮建造物である。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「群馬県新田郡尾島町世良田。旧郷社。
 当地は江戸幕府の祖先・世良田徳川氏の発祥の地という。
 寛永二十一年(1644)三代将軍家光の命を受けた天海僧正が、徳川氏遠祖・義季の墳墓が存する当地長楽寺境内に日光東照宮の古殿を移し創建した。したがって歴代将軍の修復・寄進など重んずべきものがあった。
 本殿・拝殿・中門の建造物、社宝の太刀(銘了戒)、大鉄灯籠は重要文化財。
 例祭4月17日」


 私は、今年は八方塞の年にあたるので「方位除」の祈祷祈願を1月3日の大安の日にお願いしてきました。
 1月1日から1月5日までは、3,000円・5,000円・10,000円・20,000円の四種類のご祈祷料になります。
 私がお願いした5,000円のご祈祷の授与品は、次の通りです。
●祈祷木札(名前が入ります)
●東照宮金幣御守り
●撤饌(葵の御紋入りお菓子)
●健康箸(葵御紋入り)一膳
 祈祷木札に関しては、1月6日以降に行われるご祈祷よりは大きいもののようです。ちょっとだけ嬉しい感じです。

 通常のご祈祷料の場合の「5,000円」の授与品は次の通りです。
●祈祷木札(小、名前が入ります)
●願意に応じた御守り
●撤饌(葵の御紋入りお菓子)
●健康箸(葵御紋入り)一膳

 以前に参拝したときの日記に紹介してあります→こちら

 また、通常時の「10,000円のご祈祷」の授与品につきましては次の通りです。
●祈祷木札(大、名前が入ります)
●願意に応じた御守り
●撤饌(葵の御紋入りお菓子)
●健康箸(葵御紋入り)二膳
●御神酒

 神門になります。
image

 社殿は、江戸時代前期日光東照宮の奥社殿を移築したもので、東照宮としては最古の社殿になるそうです。
image

 国指定重要文化財になっています。
image

 その社殿内でご祈祷が厳(おごそ)かに執り行われました。

 三が日は、本殿に参拝できます。
image

image

(´人`)

 とても立派な本殿です。紅白の鏡餅がありました。

 宝物館は、お休みでした。
image

 残念ですが、仕方ありません。

 授与所には「伊勢神宮の御神札(初穂料:800円)」、「世良田東照宮や開運稲荷社の御神札(初穂料:700円)」、「日枝社の御神札(初穂料:1,000円)」、世良田東照宮の御守りのほか境内社の開運稲荷社や日枝社の御守りがありました。また御神籤(100円と200円)もありました。

 授与所で授与品を見ていたら「葵が御紋が入った御守り」があったので、一体頂きました。
image

 初穂料700円になります。何だかかっこよかったので頂きました。恐らくは諸願成就の御守りなのかなと思います。





神社名:世良田東照宮
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
主祭神:徳川家康公
配祀神:菅原道真公 倉稲魂命 須佐之男命 伊弉冉命 火産霊命 大穴牟遅命 誉田別命 建御名方神 豊城入彦神 外十柱
社格等:旧郷社

桐生天満宮 御神札(群馬県桐生市天神町)5

image

 桐生市の中心部から少し北に行ったところに神社は鎮座していました。桐生市の中心部を南北に走る「本町通り」を来たに行くと鳥居が見えてきます。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、もしくは上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。徒歩では数十分位はかかりそうです。
 東武桐生線「新桐生駅」からだと徒歩ではかなりかかります。

 駐車場は鳥居の左を入り、参道右側に停められます。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「桐生市天神町の旧県社。祭神は天穂日命・菅原道真。例祭は4月25日、10月25日。式年大祭には各町から出す動力で操る人形踊りがある。
 景行天皇の御代、上毛野君御諸別(かみつけぬのきみみもろわけの)王が当地の国造となり土師部に命じて磯部の岡に天穂日命を祀らせたという。国内神名帳に従四位磯部明神とある。
 桐生氏の藤原国綱が現在地に遷し、桐生家に縁ある北野天満宮を勧請・合祀し桐生天満宮と称した。
 桐生領内五四か村の鎮守となる。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りで。
「群馬県桐生市天神町。旧県社。天穂日命・菅原道真を祀る。
 観応年間に桐生家の崇敬によって、北野から同社に道真を配祀した。
 歴代徳川家の祈願所となる。」


 年が明けましたので、「初詣」に来ました。やはり、参拝者は多いです。

 こちらが鳥居になります。

image

 参道途中の二の鳥居になります。
image

 茅の輪がありましたので、作法通りくぐらせて頂きました。

 神門になります。
image

 神門前には、「撫で牛」がいらっしゃいました。
image

 なでなで😄

 社殿になります。
image

 通常は御守り・御神札・御朱印は参道途中の「宮司宅」にて頂けますが、参拝した日は、社殿手前の左側にある「授与所」は開いていました。
 今回は。桐生天満宮の御神札を頂きました。一体800円になります。
 その他に開運招福・厄除・交通安全・安産等の各種御守り(初穂料:750円)や各種御札(初穂料:1,500円〜)がありました。

 厄除、方位除、合格祈願、商売繁昌、開運招福、家内安全等の祈祷祈願は、受け付けているようです。ご希望の方は神社までお問い合わせください。




神社名:桐生天満宮
鎮座地:群馬県桐生市天神町一丁目2‐1
祭 神:天穂日命 菅原道真 祓戸四柱
社格等:旧県社
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ