まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

恵比寿講

桐生西宮神社 恵比寿講(群馬県桐生市)5

image

 群馬県桐生市の中心部から北西へ少し行ったところにありました。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。

 神社専用駐車場は見当たりませんでした。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「桐生西宮神社は延喜式内上野十二社の一社美和神社の御祭神が大国主命である関係から明治三十四年十月摂津西宮神社の御分霊をいただき商業、工業、農業、交通、海運、漁業等に、霊験あらたかな蛭子大神(恵比寿様)を桐生ヶ岡公園におまつりした神社です。
 此の西宮神社を関東一社と申します理由は蛭子大神を御祭神とする神社は桐生だけで各地の恵比寿様は国土開発等に御神徳のある大国主命又事代主命をお祀りした神社であり御祭神の相違から区別されて関東一社と称せられて居ります。
 11月19日、20日の例大祭近郷近在は申すまでもなく栃木、埼玉等隣接各県から参拝者は数十万を数え桐生全市に恵比寿講の雰囲気が溢れまれに見る賑やかな大祭典となります。」


 こちらの西宮神社は、上野国延喜式内社「美和神社」の境内に勧請されました。
 神職の方は常駐しておらず、桐生市内に鎮座している「桐生天満宮(祭神:菅原道真公・天穂日命、社格等:旧県社)」の宮司さんが兼務しています。

 11月19日に参拝してきました。例大祭(恵比寿講)の日になります。
 山手通りには歩行者天国になり、露店が出てました。雨なのに人手が多いです。
image

image

 兵庫県の西宮神社からの勧請ということになり、直系の神社だそうです。
image

 雨でしたが、社殿前は参拝者では列を作ってます。
image

 御神札(初穂料1,000円)、福御守(初穂料500円)、たね銭(初穂料50円)を頂いてきました。





神社名:桐生西宮神社
鎮座地:群馬県桐生市宮本町二丁目1‐1
祭 神:蛭子大神 天照大御神 大国主大神 須佐之男大神
社格等:延喜式内「美和神社」の境内社

館林長良神社(群馬県館林市)5

群馬県館林市にある「館林長良神社」に参拝してきました。
旧郷社になる神社になります。

館林市の中心部、第一中学校の近くに神社は鎮座していました。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「館林駅」になります。
徒歩では、15分位はかかりそうです。

駐車場は、境内の右側にあります。
自動車は、10台位は停められそうです。


こちらの神社の由緒は以下の通り(由緒書きより)。
「祭神藤原長良公は贈太政大臣藤原冬嗣公の長子で、権中納言兼左衛門督に任ぜられ、東国平治のため下向常に民衆を憐れみ、病を癒し、貧を救い、仁恵を施した。
任満ちて帰京の後、斉衡三年七月三日(856)御年五十五才で薨去す。
後元慶元年(877)左大臣正一位、重ねて同三年(879)太政大臣を贈られた。
死後貞観十一年三月十八日(869)大和国春日大社の末社に列せられた。
時に上野の住人赤井良遠なる者が長良公の余徳を慕い、本国に勧請せんと奏聞し、勅許を得て佐貫荘長柄郷瀬戸井村上ね森に社殿を造営した。
以後佐貫の人民をはじめ郡内の人民の振興深く、分社するものが多く赤井山城守照光館林城主となるや、天福元癸巳年(1233)天福寺境内に社殿を造営して当地に勧請する。
爾来領主代々氏子の崇敬厚く、社殿を修復し、境内の整備につとめ、社地の寄進当があり祭事の興隆に努力せられた。
享保五年(1720)正一位長良大明神の宣旨を賜り、明治六年一月郷社に列し長良神社に改称する。
最近祭神長良公の余徳を慕い氏子をはじめ遠近より参拝するものも多く、館林惣鎮守として社頭殷賑を極めている。」


こちらが一の鳥居です。
c4549565.jpg

社標になります。
eb444b97.jpg

一の鳥居のずいぶん前にありましたが、こちらから先が神社なんでしょうか?
どうなんでしょう・・・

こちらは二の鳥居です。
a63dbef7.jpg

意外とこぶりな鳥居です。
郷社なのでそうなんでしょう。

山道を先に進むと、説明板がありました。
8961b059.jpg

ふむふむ。

こちらが手水舎です。
c9c2b7f3.jpg

手と口を漱いで、参拝です。

こちらが社殿です。
03ca33b6.jpg

春日造りの社殿になります。
藤原長良公が主祭神になります。続きを読む

美和神社&桐生西宮神社(群馬県桐生市)5

02e72be8.jpg
群馬県桐生市に鎮座する「美和神社」と「桐生西宮神社」に参拝してきました。
「美和神社」は、延喜式神名帳に記載される式内社になります。
また、「桐生西宮神社」は美和神社の境内社になります。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」・上毛電鉄「西桐生駅」になります。
駅から神社まで徒歩では、少々かかりそうです。

神社専用の駐車場はありません。

境内の「桐生西宮神社」では、毎年11月19日・20日に恵比寿講が行われ、参拝者でとても賑わいます。

私が参拝したのは、平成22年11月19日と平成23年11月19日でした。
二年連続、えびす講の日に参拝しました。

なお、写真は平成23年11月19日に撮影したものです。

境内の前の通りは、歩行者天国になり、出店もあり、人出がすごかったです。

桐生西宮神社の社殿です。
0ceabb4a.jpg
えびす講なので、社殿までは長蛇の列です。
祭神は、「蛭子大神」になります。
いわゆる「恵比寿様」になります。
やはり、皆さんは御神徳にあやかりたいのでしょう。

(´人`)

こちらの神社は、兵庫県西宮市に鎮座する「西宮神社」からの勧請になります。
直接の勧請なので、「関東一社」を称しています。

毎年えびす講の日は、西宮市の本社の宮司さんが来て、神事を行うそうです。

美和神社の社殿です。
838550a0.jpg
「大物主櫛甕主命」と「素盞鳴命」が祀られています。
崇神天皇の御代に大和國大神神社から勧請した神社になります。
参拝客は、少なかったです。

社殿の前では、忠臣蔵の討ち入りの人形劇がやってました。
6d36e5f4.jpg
こんな人形劇があるんですね。
初めて観ました。

参拝当日は、桐生西宮神社は例大祭のため、社殿の左側にある「授与所」には、氏子総代や巫女さんが詰めていらっしゃいました。
御朱印は、その授与所で頂きました。
御朱印代は、300円でした。

御守りや御札といった授与品は、ありました。




神社データ
神社名:美和神社
鎮座地:群馬県桐生市宮本町二丁目1‐1
祭 神:大物主櫛甕主命
相 殿:素盞鳴命
社格等:延喜式内社 郷社


神社名:桐生西宮神社
祭 神:蛭子大神
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ