神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

忠臣蔵

萬松山泉岳寺 赤穂浪士の墓所(東京都港区高輪)5

image

 東京都港区高輪にある寺院です。

 最寄り駅は、都営浅草線「泉岳寺駅」になります。A2出口を出て、徒歩で1分位かと思われます。


 こちらの寺院の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京高輪にある曹洞宗の寺院。万松山。本尊は釈迦牟尼仏。
 江戸初期に徳川氏により創建され、同宗江戸三か寺の一つとして宗政を担った。
 浅野家の菩提寺であったため、赤穂浪士の墓所となり今でも参詣者が絶えない。」

 また、東京堂出版刊「古寺名刹辞典」によると次の通りです。
「東京都港区高輪2‐11‐1。万松山と号す。
 もと関府六ヶ寺、曹洞宗江戸三ヶ寺の一つに数えられ、赤穂浪士の墓があるので東京の名所の一つになっている。
 慶長十七年(1612)に徳川家康が、今川義元の菩提のため門庵宗関を開山として、そと桜田に建てた寺がその後火災にあい、寛永十九年(1642)現在値に移った。かつて福島二本松の城主丹羽家からの布施で、泉岳寺学寮がもうけられ、200人もの学僧の研修の場であった。
 年中行事として、義士法要(2月4日)、義士祭典と宝物展観(4月1日空15日)、および義士祭(12月14日)がある。」


 中門になります。
image

 参道にはお土産屋さんがありました。
image

 こちらが有名な門です。
image

 大石内蔵助の銅像がありました。
image

 中に入ると本堂がありました。
image

 手前が香炉になります。お線香の良い香りがします。

 忠臣蔵で有名な浅野内匠頭と赤穂浪士の墓所で知られています。
image

image

 墓参ができ、墓参りへ向かう途中に小屋があり、そこでお線香を頂き、赤穂浪士のお墓にお線香をお供えします。
 

 御朱印は、御朱印受付で頂けました。御朱印代はお気持ちになります。

 御守りやお札といった授与品はありました。「勝守」がありましたが、頂いてくれば良かったなぁと思いました。






寺院名:萬松山 泉岳寺
所在地:東京都港区高輪二丁目11‐1
宗 派:曹洞宗
寺格等:江戸三ヶ寺
本 尊:釈迦如来

赤坂氷川神社(東京都港区)5

018be05d.jpg

3月18日に東京都港区に鎮座する「赤坂氷川神社」に参拝しました。
江戸七氷川の一社になります。

最寄り駅は、東京メトロ千代田線「赤坂駅」or「乃木坂駅」、東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木駅」、東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」になります。

一の鳥居
07cdd8c3.jpg

二の鳥居になります。
ec30da12.jpg

なんだか森の中に来ているような感じです。

天気が良くなかったので、参拝者は少なかったでした。

社殿では、神前結婚式に出くわしました。
36ee62f6.jpg

厳かな感じでした。
境内は、木々に囲まれており、森の中にいるような感じが余計に厳かな感じをさせたのかもしれません。

江戸時代の芸州浅野家の支藩の三次浅野家の屋敷があった場所になり、忠臣蔵で有名な「南部坂雪の別れ」の舞台になった所でもあります。


言うに言えない悲しい別れです。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ