まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

応神天皇

玉村八幡宮 見開きの御朱印(群馬県佐波郡玉村町)5

KIMG4210
 群馬県佐波郡玉村町の中心部、玉村高校・玉村小学校・玉村町役場の近くに神社は鎮座しています。

 神社の南には「日光例幣使街道」が東西にあり、「玉村宿」の中心部になります。

KIMG4205
 最寄り駅は、JR新町駅、高崎駅、前橋駅、伊勢崎駅になります。
 玉村八幡宮のホームページによると、JR新町駅より北方へ徒歩60分から90分で着くそうです。また、新町駅や高崎駅からはバスの便があるそうです。

 神社専用駐車場はありました。自動車は、数十台は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(群馬県神社庁伊勢崎佐波支部著『伊勢崎佐波の神社誌』より)。
「当社は、霊元天皇の貞享四年(1686)、前橋藩の儒官古市剛によって記された『玉村八幡宮本紀(当社所蔵)』によれば、後鳥羽天皇の建久六年(1195)に、源頼朝が上野奉行安達藤九郎盛長をして鎌倉・鶴岡八幡宮より御分霊を勧請して創建した。当町内に鎮座する角渕八幡神社を元宮とする。
 時は下って後陽成天皇の慶長十年(1605)、徳川家の臣で関東郡代伊奈備前守忠次が、当地の新田開発に任あたって『今我荒原を以て熟田と成さんと欲す。附して請い願わくは神霊我を祐(たす)けよ。若しその功成る時は則ち感謝するに神社の造立を以てせん。』とその成就を祈願し、前橋の総社から天狗岩用水を延長する代官堀(滝川用水)を開削して開田するという一大事業が無事竣工した、同十五年(1610)に角渕八幡神社の本殿を移築して現在地に奉斎した。境内地は、伊奈備前守の陣屋(現在の小字名御殿、旧玉村中学校裏手)と開発に協力した和田与六郎の屋敷(現在の玉村高校)に挟まれた中世の環濠屋敷跡とされ、上新田と下新田の境に位置する。
 明正天皇の寛永十五年(1638)、前橋藩主酒井雅楽頭忠清によって修理が加えられ、後光明天皇の慶安二年(1649)八月三代将軍家光より朱印地三十石の神田を賜わる。また、前年の正保三年(1646)、朝廷において日光東照宮の神前に金幣を奉呈するために例幣使が派遣された。以来、当地玉村宿は中山道倉賀野宿を分岐とする例幣使街道の第一宿となり、三国街道別路と交差する地の利もあって例幣使街道十三宿中最も規模が大きくて繁盛する宿場となった。霊元天皇の寛文七年(1667)、再度前橋藩主酒井忠清によって社殿の修理が成された。貞享元年(1684)には、前橋藩主酒井雅楽頭忠明が新院良仁法王(後西天皇)の御宸筆、『八幡大菩薩』の神號を奉納し、東山天皇の元禄十六年(1703)に修理が加えられた。次いで、中御門天皇の享保十一年、さらに延享四年(1747)の両度、前橋藩主酒井雅楽頭親愛によって修理が加えられた。しかし、桃園天皇の寛延二年(1749)に崇敬篤志家である酒井氏が播磨国姫路に移封されて以降は領主による修理は行われず、以降は七郷十二ヶ村が協議の上『修造講』を興し、その講金に朱印地の収穫を合わせて祭儀の執行と社殿修理に充てるようになり、今日に至っている。
 明治七年村社に列せられ、同四十一年一月三十一日、下新田の無格社諏訪神社・無格社御殿稲荷神社・無格社神明宮、上福島の村社稲荷神社、与六分その稲荷神社を合祀する。また、明治四十一年八月一日には、本殿が内務省より特別保護建造物に指定され、大正十四年九月、県社に列せられた。
 昭和十一年に国の指導のもとに本殿の解体修理が為され、建築の時代考証において室町様式が確認されると共に、貴重な発見がされた。さらに、昭和二十五年八月、文化財保護委員会によって重要文化財に改めて指定されている。」


 日光例幣使街道沿いに鳥居はありました。
KIMG4204
 楼門です。
KIMG4191
 参道を進みます。
KIMG4192
 安産の守護です。
KIMG4193
 三猿🙈🙉🙊
KIMG4194
 手水舎
KIMG4195
 ニノ鳥居
KIMG4196
 社殿になります。
KIMG4197
 境内社
KIMG4201
 二宮尊徳m(__)m
KIMG4202
 授与所にて御朱印を頂きました。飴付きになります。御朱印代は500円です。





神社名:玉村八幡宮
鎮座地:群馬県佐波郡玉村町下新田1番地
祭 神:誉田別命 気長足比売姫 比弯
配 祀:素盞嗚命 健御名方命 大鷦鷯命 熊野久須毘命 大己貴命 倉稲魂命 火産霊命 大日孁命 豊受姫命 菅原道真命 伊弉諾命 伊弉冉命 櫛御気命 瓊々杵命
社格等:旧県社

神楽坂若宮八幡神社(東京都新宿区若宮町)4

 東京都の神楽坂にある神楽坂若宮八幡神社に参拝してきました。

 最寄り駅は、最寄り駅 JR総武線・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線「飯田橋駅」になります。徒歩では5分位かと思われます。

 神社専用の駐車場は、見当たりませんでした。自動車で行かれる方は近くの有料駐車場をご利用下さい。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板による)。
「神楽坂若宮八幡神社縁起録
 若宮八幡神社は鎌倉時代に源頼朝公により建立された由緒ある御社で
御祭神 仁徳天皇 応神天皇
 当社の由来は
 若宮八幡宮は若宮坂の上若宮町にあり(或は若宮小路ともいへり)別当は天台宗普門院と号す、傳ふに文治五年の秋右大将源頼朝公奥州の藤原泰衡を征伐せんが為に発向す其の時当所にて下馬宿願あり後奥州平治の後当社を営鎌倉鶴岡の若宮八幡宮を移し奉ると云へり(若宮は仁徳天皇なり後に応神天皇に改め祭ると云ふ)文明年間太田道灌江戸城鎮護の為当社を再興し社殿を江戸城に相対せしむるなり、当社は文明の頃は大社にして神領等あり美れいなりしという。
 神域は黒板塀の神垣南に黒門あり門内十歩狛犬一対(明和八年卯年八月奉納とあり)右に天水釜あり拝殿は南に面する瓦葺破風造梁間桁行三間向拝あり松に鷹象頭に虎を彫る『若宮八幡神社』の横額源正哥謹書とあり揚蔀にて殿内格天井を組み毎格花弁を描く神鏡晶然として銅鋼深く鎮せり以て弊殿本社に通ず本社は土蔵造りなり
 本殿東南に神楽殿あり瓦葺梁間二間桁行二間半勾欄付『神楽殿』の三字を扁し樵石敬書と読まる背景墨画の龍あり落款梧堂とあり境内に銀杏の老樹あり
 明治二年神佛混淆の禁令あるや別当光明山普門院(山州男山に同じ)服飾して神職となる
 例大祭は9月15日 中祭5月15日 小祭1月15日に行われ社務所は本社の東に在り
 現在氏子は若宮町神楽坂一丁目二丁目三丁目の四ヶ町なり」


 周辺は住宅地になり、境内も狭く、小ぢんまりした神社です。

 鳥居になります。
KIMG2689
 鳥居をくぐると左側に手水舎がありました。
KIMG2693
 社殿になります。
KIMG2692
 それほど大きくはありません。

 稲荷神社が鎮座していました。
KIMG2694
 いわゆる境内社でしょう。

 境内右側に社務所がありました。
 御朱印はありますが、書き手が不在のためいただきませんでした。書き置きの御朱印ならあるそうです。





神社名:神楽坂若宮八幡神社
鎮座地:東京都新宿区若宮町18番地
祭 神:仁徳天皇 応神天皇
社格等:旧村社

筑土八幡神社(東京都新宿区)5

bf987706.jpg

東京都新宿区に鎮座する「筑土八幡神社」に参拝してきました。

最寄り駅は都営大江戸線「牛込神楽坂駅」、もしくはJR中央線・総武線・東京メトロ東西線「飯田橋駅」になります。

「筑土八幡町」という交差点が目印になります。

神社の創建の経緯は、八幡神を信仰する翁が夢にお告げがあったので、その地に注連縄を張った松の木を祀った。
その後、伝教大師がこの事を聞いて筑紫の宇佐八幡宮の宮土を基礎として祠を祀ったそうです。
神社名からもその由来を想像できます。

境内に入るには、階段を登っていきます。
意外と急でした。

社殿と境内です。
b1c5c141.jpg

8月28日に参拝したので、境内には木々か生い茂り、蝉時雨が聞こえました。
地方の神社に来たような、雰囲気の良い神社でした。

明治時代に「金太郎」・「一寸法師」・「花咲爺」等を作曲した「田村虎蔵」の碑がありました。
こちらの神社とどんな関係があったのだろうか?

また、境内には宮比神を祀る「宮比神社」、「庚申塔」が鎮座していました。

御朱印は、境内の右側にある「社務所」にある窓口で頂けました。
御朱印代は、「頂いておりません。」との事でしたので、お賽銭箱に納めさせて頂きました。

由緒書きは、頂きました。
手作り感のある良い由緒書きです。

例大祭は、毎年9月15日だそうです。

また、参拝したい神社です。

近くには、「神楽坂毘沙門天」、「神楽坂赤城神社」の社寺がありました。
また、「熊谷組」、「津久戸小学校」、「厚生年金病院」がありました。

こちらの神社の隣にあった「築土神社」は、現在は靖国神社の近くに鎮座しています。




神社データ
神社名:筑土八幡神社(つくどはちまんじんじゃ)
鎮座地:東京都新宿区筑土八幡町2‐1
祭 神:応神天皇 神功皇后 仲哀天皇
旧 称:筑土八幡宮(つくどはちまんぐう)

金王八幡宮(東京都渋谷区)5

2021950d.jpg

東京都渋谷区に鎮座する「金王八幡宮」に参拝してきました。

最寄り駅は、JR・東京メトロ銀座線・半蔵門線・東急東横線「渋谷駅」になります。

渋谷駅の東口、宮益坂の方へ出て、「渋谷警察署」の近くに鎮座する神社です。

駐車場は、見当たりませんでした。
周辺の有料駐車場を利用したほうが、良いかもしれません。

神門です。
8da71270.jpg

扁額です。
44709280.jpg

昨年の4月2日に参拝したときは社務所(授与所)は、新築工事中のため、プレハブの建物でした。
今年の6月3日に参拝したときは、新しい社務所でした。
34820ae3.jpg

社殿です。
d7220498.jpg

なかなか立派です。続きを読む

川越八幡宮(埼玉県川越市)5

bbcb2d61.jpg

埼玉県川越市に鎮座する「川越八幡宮に参拝してきました。
「川越総鎮守」になる神社です。

江戸時代は、歴代の川越城主から崇敬されていたそうです。

神社は、川越市の中心部に鎮座していました。
デパートの「まるひろ」が近くにありました。

最寄り駅は、JR埼京線「川越駅」・西武新宿線「本川越駅」になります。
神社まで徒歩で約10分かもしれません。

神社までの道は狭いので、気をつけてください。
神社周辺は、住宅地になります。

神社専用の駐車場はありました。
十数台位は停められそうです。
周辺には、有料駐車場もありました。

鳥居です。
d28c1921.jpg

境内は、さほど広くはありません。
やはり川越市の中心部にあるからでしょうか・・・

社殿です。
小ぢんまりしています。
49eada20.jpg

左右には、阿吽の狛犬がいました。
90139065.jpg

b67768d2.jpg

なかなか立派です。

社殿の左側には「民部稲荷神社(祭神:倉稲魂神)」がありました。
2fb6de97.jpg

e1fdc52d.jpg

「相撲稲荷」とも呼ばれ、足腰の神様として、崇められているそうです。

御朱印は、境内の左側にある「授与所」で頂けました。
御朱印代は、300円でした。
兼務の「仙波東照宮」の御朱印も頂けます。

由緒書きは、ありました。

御守りや御札といった授与品は、ありました。

神社周辺には、社寺が点在していますので、散策出来ます。




神社データ
神社名:川越八幡宮
鎮座地:埼玉県川越市南通町19‐1
祭 神:誉田別尊
社 殿:鉄筋コンクリート造り
兼務社:仙波東照宮
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

まほろばと申します。

「社寺参詣道 代表師範」になります。

社寺巡りや散歩を趣味にしています!
リンクやトラックバックはご自由に。ただしアダルト系は困ります。
コメントもしていただくと嬉しいです。

いろんな情報もコメントしてください。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ