神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

御朱印

海王山 善福寺 金剛院(群馬県沼田市坊新田町)5

[画像:7e8c3d5a-s.jpg]

 群馬県沼田市の沼田市役所からさほど遠くない所に寺院はありました。

 最寄り駅は、JR上越線「沼田駅」になります。

 お寺専用の駐車場は、山門前にありました。自動車は数十台位は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(雄山閣出版刊『日本名刹大事典』による)。
「天台宗、海王山、善福寺。本尊は阿弥陀如来。
 開創は、明徳・応永の頃(1390〜1427)。開山は天海と伝える。開基は沼田五郎景次。当寺はもと利根郡久呂保村にあり、赤城山の別当職(赤城山金剛院と呼んだ)であったが、のち兵火で焼失した。明徳の頃、沼田上野介景繁の三男景次は上洛し、愛宕山威徳院の別当に立身し、帰国後当寺を中興した。寛正年中(1460〜1465)沼田氏の帰依を受け、元和元年(1615)真田氏より当寺を与えられ移転した。元和六年・明和八年に焼失している。
 『江戸幕府寺院本末帳集成』によると東叡山の末寺で、寺中一か寺(廃寺)、末寺一か寺、門徒二か寺とあり、朱印地はない。」


 北関東三十六不動尊霊場二番札所になります。
 以前参拝したとき、名誉住職と住職が二人とも今京都に修行へ行ってしまい、残念ながら御朱印は頂けませんでした。

 山門になります。
[画像:7478976d-s.jpg]

 鐘楼堂になります。
[画像:1410d9bb-s.jpg]

 木久翁師匠の奉納の地蔵菩薩なのかな?
[画像:3c4c3b62-s.jpg]

 本堂になります。
[画像:79f36944-s.jpg]

 御朱印を頂こうと寺務所へ行くと同じく北関東三十六不動尊霊場を巡拝するオジサン達一行にありました。御朱印代は300円でした。御御影が一体頂けました。






寺院名:海王山 善福寺 金剛院
所在地:群馬県沼田市坊新田町1108番地
宗 派:天台宗
本 尊:阿弥陀如来
札所等:北関東三十六不動尊霊場 二番札所
御詠歌:金剛の 玉と栄ゆる 大御代に なほさかえます 松の寿
URL:http://www.kongoin.com/

大峰山長慶院嶽林寺 白子屋お駒騒動のお駒の菩提寺(群馬県みなかみ町月夜野)5

[画像:6307b90b-s.jpg]

 水上温泉がある群馬県みなかみ町の南部に寺院はありました。

 最寄り駅は、上越新幹線「上毛高原駅」になります。徒歩でお寺まで5〜6分位かと思われます。
 JR上越線「後閑駅」もありますが徒歩ではかなりかかりそうです。調べたら両駅の間に関越交通のバスが出ていますので、電車で行かれる方はご利用下さい。

 お寺専用の駐車場はありました。自動車は10台以上は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(東京堂出版『古寺名刹大辞典』による)。
「【岳林寺(がくりんじ)】
 群馬県利根郡月夜野町大字月夜野1697。曹洞宗。
 境内にあるお駒堂によって知られている。浄瑠璃`恋娘昔八丈´で人口に膾灸しているいわゆる白子屋お熊の物語とかかわり合いがある。江戸の材木商白子屋の娘お熊が番頭と密通し、夫の又七をしばしば毒害せんとはかったため、町奉行大岡忠相によって召しとられ、引きまわしのうえ獄門に処された。お熊の死後、父親の彦兵衛は、娘の成仏をねがって、月夜野の岳林寺にお熊のために堂をたてて、とむらった。
 お熊はお駒となり、現在も『お駒堂』『お駒地蔵』等残されている。」


 江戸時代の大岡政談で有名な「白子屋お駒騒動」で知られている「お駒(お熊)」の菩提寺であります。
 山門前にお駒堂がありました。
[画像:2da7a710-s.jpg]

「十一面観音」が祀られており、上州三十三観音霊場の札所本尊になっています。

 また、お駒堂の前にはお寺の鎮守社がありました。
[画像:e19551ea-s.jpg]

 「雷電宮、天神宮、土地神」を祀っているそうです。

 山門になります。
[画像:b39f0e6c-s.jpg]

 境内はとても綺麗で清々しい感じがしました。
[画像:bbb8737a-s.jpg]

 本堂では法事中でした。
[画像:0baf5f7d-s.jpg]

 鐘楼堂になります。
[画像:9fadd530-s.jpg]

 飛び地境内にあたる「千日堂」は、茂左衛門の菩提を弔うために建立されたお堂になります。
 茂左衛門とは江戸時代に藩主の悪政に耐えか直訴をした方で、上毛カルタでは「天下の義人茂左衛門」と詠まれています。

 御朱印は、境内の右側にある「庫裡」にて頂けました。新上州三十三観音霊場の御朱印になります。御朱印代は300円でした。
 御御影も一体頂けました。



寺院名:大峰山 長慶院 嶽林寺
所在地:群馬県利根郡みなかみ町月夜野1697番地
宗 派:曹洞宗
本 尊:釈迦如来
札所等:上州三十三観音霊場 二十七番札所
御詠歌:大峰の 松の翠の 色映えて 常世を照らす 法の燈

板倉雷電神社 再拝


 [画像:ccbacc2a-s.jpg]

 群馬県の南東部、邑楽郡板倉町に神社は鎮座していました。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「館林駅」or 東武日光線「板倉東洋大前駅」になります。
 両駅から遠いので、館林駅東口から板倉東洋大前駅西口を結ぶコミュニティバスに乗り、「雷電神社前」というバス停で降りてください。神社裏側に着きます。

 神社専用の駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【雷電神社】
 群馬県邑楽郡板倉町板倉に鎮座。板倉様とも。祭神は火雷大神・大雷大神・別雷大神。
 農耕神・電気産業の神として信仰
され、講社がある。例祭は、5月1日から5日。7月30日・31日の夏越大祓は真菰(まこも)の輪くぐりがある。
 推古天皇の御代、聖徳太子が東国巡行の時に神が降臨したので太子は伊奈良沼畔に祠を建立したと伝える。延暦二十年(801)に坂上田村麿が当社の霊験により奥州の乱を鎮め、勅を奉じて社殿を造営した。徳川綱吉は葵の御紋を奉献して現社殿を造営した。
 この雷電神社は、雨乞いや安産にも霊験あらたかであるといい、関東地方を中心に代参講が組織されている。
 境内の杉の葉を持ち帰り、雷のときに庭で燃やすと雷除けになる。」


 9月9日に参拝してきました。

 鳥居です。
[画像:a3094829-s.jpg]
 境内は参拝者が多かったです。

 社殿になります。
[画像:d9f56cc1-s.jpg]

 境内には蝋梅の木がありましたが、当然ですが咲いていません。(・ω・)

 御朱印は、境内の右側にある授与所で頂けました。御朱印代は300円です。

 御守りや雷除けの御札等の授与品はありました。



神社名:板倉雷電神社
鎮座地:群馬県邑楽郡板倉町板倉2334番地
祭 神:火雷大神 大雷大神 別雷大神 菅原道真公
社格等:旧郷社
札所等:つつじの館林七福神めぐり 福禄寿
URL:http://www.raiden.or.jp

萬松山泉岳寺 赤穂浪士の墓所(東京都港区高輪)5

image

 東京都港区高輪にある寺院です。

 最寄り駅は、都営浅草線「泉岳寺駅」になります。A2出口を出て、徒歩で1分位かと思われます。


 こちらの寺院の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京高輪にある曹洞宗の寺院。万松山。本尊は釈迦牟尼仏。
 江戸初期に徳川氏により創建され、同宗江戸三か寺の一つとして宗政を担った。
 浅野家の菩提寺であったため、赤穂浪士の墓所となり今でも参詣者が絶えない。」

 また、東京堂出版刊「古寺名刹辞典」によると次の通りです。
「東京都港区高輪2‐11‐1。万松山と号す。
 もと関府六ヶ寺、曹洞宗江戸三ヶ寺の一つに数えられ、赤穂浪士の墓があるので東京の名所の一つになっている。
 慶長十七年(1612)に徳川家康が、今川義元の菩提のため門庵宗関を開山として、そと桜田に建てた寺がその後火災にあい、寛永十九年(1642)現在値に移った。かつて福島二本松の城主丹羽家からの布施で、泉岳寺学寮がもうけられ、200人もの学僧の研修の場であった。
 年中行事として、義士法要(2月4日)、義士祭典と宝物展観(4月1日空15日)、および義士祭(12月14日)がある。」


 中門になります。
image

 参道にはお土産屋さんがありました。
image

 こちらが有名な門です。
image

 大石内蔵助の銅像がありました。
image

 中に入ると本堂がありました。
image

 手前が香炉になります。お線香の良い香りがします。

 忠臣蔵で有名な浅野内匠頭と赤穂浪士の墓所で知られています。
image

image

 墓参ができ、墓参りへ向かう途中に小屋があり、そこでお線香を頂き、赤穂浪士のお墓にお線香をお供えします。
 

 御朱印は、御朱印受付で頂けました。御朱印代はお気持ちになります。

 御守りやお札といった授与品はありました。「勝守」がありましたが、頂いてくれば良かったなぁと思いました。






寺院名:萬松山 泉岳寺
所在地:東京都港区高輪二丁目11‐1
宗 派:曹洞宗
寺格等:江戸三ヶ寺
本 尊:釈迦如来

荏原神社(東京都品川区北品川)5

image

 東京都品川区の山手通りと目黒川に挟まれる形で神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、京急「新馬場駅」になります。徒歩では駅から数分位かと思われます。
 また、品川神社から荏原神社までは徒歩で5〜6分位かと思われます。

 駐車場は見当たりませんでした。自動車で行かれるかたは、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都品川区北品川の旧郷社。祭神は高龗神(たかおかみのかみ)・天照大御神・豊受姫神(とようけひめのかみ)・素盞嗚命(すさのうのみこと)・手力雄命(たじからおのみこと)。例祭は6月上旬に行われる神輿の海中渡御がある。
 和銅二年(702)に藤原伊勢人が高龗神を勧請して当地の鎮守としたという。川つ木地に鎮座していたが現在地に遷された。天照大御神・豊受姫神は長元二年(1029)に勧請・合祀された。天正十九年(1591)に徳川家康から朱印領を受ける。
 当社は東京遷都にあたり内侍所奉安所に充てられた。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「東京都品川区北品川。旧郷社。高龗神・天照皇大神他三柱の神を祀る。
 和銅二年(709)大和国丹生川上神社より南品川三ツ木(旧地名)に勧請、後現社地に遷座。旧社地にも貴布禰神社が鎮座す。
 別称を北天王社(品川神社)に対して南天王社と称す。
 康平五年(1062)源頼義・義家は安部貞任・宗任征伐のため武蔵国国府総社大国魂神社と当社に、参籠、品川の海中にて身を浄めた事により現在も大国魂神社の神職等来社し禊を行い、くらやみ祭を奉祀する。
 例祭6月初旬、6月8日海中より拾得した面を神輿海渡御し五穀豊穣、豊漁を祈るかっぱ祭が行われる。」


 目黒川沿いに神社は鎮座していました。
image

 春先は桜で綺麗かと思われます。3月下旬から4月上旬の参拝が良いかもしれません。

 目黒川に架かる「鎮守橋」になります。
image

 鳥居になります。
image

 鳥居の左側には、ふくぶくしい恵比寿さまがいらっしゃいました。
image

 東海七福神の一尊になります。

 鳥居をくぐると手水舎がありました。
image

 社殿になります。
image

 祭神は京都の貴船神社と同じ「高龗神(たかおかみのかみ)」になります。

 御朱印は、授与所で頂けました。御朱印代は300円でした。
 授与所は閉まっていますが、インターホンを押すと神社関係者が出てきます。

 御守りや御神札といった授与品はありました。





神社名:荏原神社
鎮座地:東京都品川区北品川二丁目30‐28
祭 神:高龗神(たかおかみのかみ) 豊受姫之神 天照皇大神 須佐男之神 手力雄之神 大鳥大神 恵比須神
社格等:旧郷社 品川総鎮守 准勅祭社
札所等:東海七福神 恵比須神
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ