神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

御朱印

萬松山泉岳寺 赤穂浪士の墓所(東京都港区高輪)5

image

 東京都港区高輪にある寺院です。

 最寄り駅は、都営浅草線「泉岳寺駅」になります。A2出口を出て、徒歩で1分位かと思われます。


 こちらの寺院の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京高輪にある曹洞宗の寺院。万松山。本尊は釈迦牟尼仏。
 江戸初期に徳川氏により創建され、同宗江戸三か寺の一つとして宗政を担った。
 浅野家の菩提寺であったため、赤穂浪士の墓所となり今でも参詣者が絶えない。」

 また、東京堂出版刊「古寺名刹辞典」によると次の通りです。
「東京都港区高輪2‐11‐1。万松山と号す。
 もと関府六ヶ寺、曹洞宗江戸三ヶ寺の一つに数えられ、赤穂浪士の墓があるので東京の名所の一つになっている。
 慶長十七年(1612)に徳川家康が、今川義元の菩提のため門庵宗関を開山として、そと桜田に建てた寺がその後火災にあい、寛永十九年(1642)現在値に移った。かつて福島二本松の城主丹羽家からの布施で、泉岳寺学寮がもうけられ、200人もの学僧の研修の場であった。
 年中行事として、義士法要(2月4日)、義士祭典と宝物展観(4月1日空15日)、および義士祭(12月14日)がある。」


 中門になります。
image

 参道にはお土産屋さんがありました。
image

 こちらが有名な門です。
image

 大石内蔵助の銅像がありました。
image

 中に入ると本堂がありました。
image

 手前が香炉になります。お線香の良い香りがします。

 忠臣蔵で有名な浅野内匠頭と赤穂浪士の墓所で知られています。
image

image

 墓参ができ、墓参りへ向かう途中に小屋があり、そこでお線香を頂き、赤穂浪士のお墓にお線香をお供えします。
 

 御朱印は、御朱印受付で頂けました。御朱印代はお気持ちになります。

 御守りやお札といった授与品はありました。「勝守」がありましたが、頂いてくれば良かったなぁと思いました。






寺院名:萬松山 泉岳寺
所在地:東京都港区高輪二丁目11‐1
宗 派:曹洞宗
寺格等:江戸三ヶ寺
本 尊:釈迦如来

荏原神社(東京都品川区北品川)5

image

 東京都品川区の山手通りと目黒川に挟まれる形で神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、京急「新馬場駅」になります。徒歩では駅から数分位かと思われます。
 また、品川神社から荏原神社までは徒歩で5〜6分位かと思われます。

 駐車場は見当たりませんでした。自動車で行かれるかたは、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都品川区北品川の旧郷社。祭神は高龗神(たかおかみのかみ)・天照大御神・豊受姫神(とようけひめのかみ)・素盞嗚命(すさのうのみこと)・手力雄命(たじからおのみこと)。例祭は6月上旬に行われる神輿の海中渡御がある。
 和銅二年(702)に藤原伊勢人が高龗神を勧請して当地の鎮守としたという。川つ木地に鎮座していたが現在地に遷された。天照大御神・豊受姫神は長元二年(1029)に勧請・合祀された。天正十九年(1591)に徳川家康から朱印領を受ける。
 当社は東京遷都にあたり内侍所奉安所に充てられた。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「東京都品川区北品川。旧郷社。高龗神・天照皇大神他三柱の神を祀る。
 和銅二年(709)大和国丹生川上神社より南品川三ツ木(旧地名)に勧請、後現社地に遷座。旧社地にも貴布禰神社が鎮座す。
 別称を北天王社(品川神社)に対して南天王社と称す。
 康平五年(1062)源頼義・義家は安部貞任・宗任征伐のため武蔵国国府総社大国魂神社と当社に、参籠、品川の海中にて身を浄めた事により現在も大国魂神社の神職等来社し禊を行い、くらやみ祭を奉祀する。
 例祭6月初旬、6月8日海中より拾得した面を神輿海渡御し五穀豊穣、豊漁を祈るかっぱ祭が行われる。」


 目黒川沿いに神社は鎮座していました。
image

 春先は桜で綺麗かと思われます。3月下旬から4月上旬の参拝が良いかもしれません。

 目黒川に架かる「鎮守橋」になります。
image

 鳥居になります。
image

 鳥居の左側には、ふくぶくしい恵比寿さまがいらっしゃいました。
image

 東海七福神の一尊になります。

 鳥居をくぐると手水舎がありました。
image

 社殿になります。
image

 祭神は京都の貴船神社と同じ「高龗神(たかおかみのかみ)」になります。

 御朱印は、授与所で頂けました。御朱印代は300円でした。
 授与所は閉まっていますが、インターホンを押すと神社関係者が出てきます。

 御守りや御神札といった授与品はありました。





神社名:荏原神社
鎮座地:東京都品川区北品川二丁目30‐28
祭 神:高龗神(たかおかみのかみ) 豊受姫之神 天照皇大神 須佐男之神 手力雄之神 大鳥大神 恵比須神
社格等:旧郷社 品川総鎮守 准勅祭社
札所等:東海七福神 恵比須神

少間山観音院龍泉寺 関東八十八ヶ所(埼玉県熊谷市三ヶ尻)5

image

 埼玉県熊谷市の西部、深谷市に近いところにお寺はありました。
 国道140号線(彩甲斐街道)沿いで、「観音山」の麓にあります。

 最寄り駅は、JR高崎線「熊谷駅」or 「籠原駅」、秩父鉄道「大麻生駅」or 「明戸駅」になります。どの駅からも徒歩で行くのは大変かと思われますので、出来れば自動車で行かれた方が宜しいかと思われます

 駐車場は、門前にありました。自動車は、10台以上は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(雄山閣出版刊『日本名刹大事典』による)。
「真言宗豊山派、少間(さやま)山、観音院。本尊は不動明王。
 江戸時代初期、心海は開山、小此木紀伊守を開基として創建。これ以前、当地には少間ガ池(現川本町瀬山)から出現したと伝える千手観音を安置する観音堂があり、この別当寺として創建されたのかもしれない。
 天保三年(1832)渡辺崋山は田原藩主家譜編纂のため、藩祖がかつて領した三ヵ尻村調査にあ当り当寺を訪れ『訪瓺録(ほうへいろく)』を残した。同書のほか、寺には華山筆『双雁図』山門格天井図のうち『松図』が残り県文化財に指定。
 寛政七年(1795)『新義真言宗本末帳』によれば本寺は針ヶ谷弘光寺(現岡部町)。
 年中行事には正月15日の千手観音縁日がある。」


 山号である「少間山」は、「さやまさん」と読むそうです。私は読めませんでした(・ω・)

 国道沿いにありますが、熊谷市や深谷市の中心部からかなり外れていますので、周辺は長閑な田園地帯になります。
image

 しかし、太平洋セメントの工場もありますので、ギャップがあります。
 けれども、境内は静かですのでゆっくり参拝できます。

 山門になります。
image

 山門を入ると、正面が本堂になります。
image

 「不動明王」が祀られており、関東八十八ヶ所の札所本尊になります。

 山門の他には仁王門がありました。
image

 仁王門をまっすぐ行き、小高い丘には観音堂があります。
image

 「千手観音」が祀られており、「熊谷観音」や「三ケ尻の観音様」とも呼ばれています。忍観音霊場と十二支霊場の札所本尊になります。

 振り替えるとこんな感じです。
image

 観音堂の隣には、鐘楼堂がありました。
image

 仁王門脇には大きな観音様がいらっしゃいました。
image

 御朱印は、本堂の右側にある「庫裡」で頂けました。「不動明王(関東八十八ヶ所)」・「千手観音(忍観音霊場、武州十二支霊場)」・「観世音(ぼけ封じ関東霊場)」の3種類ありました。御朱印代は、各300円でした。




寺院名:少間山 観音院 龍泉寺
所在地:埼玉県熊谷市三ヶ尻3712番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:不動明王
通 称:三ヶ尻の観音様、熊谷観音
札所等:関東八十八ヶ所 八十三番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 二十九番札所
    彩の国武州十二支霊場 子年本尊
    忍三十三観音霊場 二十九番札所
    幡羅郡新四国八十八ヶ所 三十八番札所
御詠歌:少間(さやま)なる 龍の泉を 訪ぬれば 降魔不動の お慈悲あふるる

室田之瀧不動尊 大福寺(群馬県高崎市中室田)5

image

 高崎市を北部、中室田地区にお寺はありました。

 国道406号線沿いにお寺はありました。しかし、国道からは直接は入れません。
image

 ↑看板を目印にしてください。この看板から舗装されていない道を進むとお寺はあります。

 駐車場はありました。

 こちらは薬師堂になります。
image

 薬師如来が本尊になります。

 こちらが不動堂になります。
image

 室田之瀧不動尊が祀られています。北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。

 こちらが授与所になります。
image

 おみくじや御守りがありますが、閉まっています。寺務所に声をかけて下さい。

 御朱印は、寺務所で頂けました。御朱印代は300円でした。






寺院名:秀厳山 龍水院 大福寺
所在地:群馬県高崎市中室田町5558
宗 派:天台宗
本 尊:大聖不動明王
通 称:室田之滝不動尊
札所等:北関東三十六不動尊霊場 三番札所
御詠歌:人びとを 救いて守る 明王の 榛名の山も 近くなりけり

赤岩山地蔵院光恩寺 再拝(群馬県邑楽郡千代田町)5

image

 千代田町の南部、利根川に近いところにお寺はありました。

 お寺専用の駐車場はありました。自動車は、数十台は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(上毛新聞社刊「ぐんまのお寺 真言宗機廚茲螳貮抜粋)。
「寺伝によると、『人皇二十一代雄略帝、穴穂宮のために勅して、全国に九箇の伽藍を建立した、その内の一つにはじまるという。推古天皇十一年(603)秦河勝を使として佛舎利三粒を納め、同三十三年(625)高麗の僧恵灌が来住、嵯峨天皇御宇、弘仁五年(814)弘法大師に賜り、永く真言の道場としたことにより、弘法大師を開基とした。
 醍醐天皇の御宇、昌泰年中(898〜901)大臣菅丞参詣金泥紺紙に佛説海龍王教一巻を書写し納める。一條天皇御宇、長保暦中(999〜1004)金岡相模法眼当院に参詣し釈迦千佛を納める。高倉天皇(1168〜1180)御宇運慶巧匠当院に参詣し地蔵を彫刻し納める。後鳥羽天皇(1185〜1198)御宇陸奥国鎮守府将軍藤原入道秀衡、阿弥陀三尊を彫刻し当院に安置、これが境内の阿弥陀堂の本尊である。
 天正十八年(1590)榊原康政の為に寺領を没収される。
 文政十三年(1830)閏三月、庫裏・仁王等悉く雷火に罹り、天保年間(1830〜1844)伽藍・僧舎を再営する。また、慶応二年(1866)11月、境内堂宇・境外堂山建物いっさいがっさい灰塵(かいじん)となる。明治元年、御朱印奉還する。……縁起の意を案ずるに、弘仁巳(813)ー元亨(1321〜1324)の間は、寺家内外僧別院十六末寺三千余とした。爾来(じらい)、漸々哀禿天下騒乱の為門末巨多分離した。宝永の頃は、僅かに七十六ヶ寺となる。明治維新の際は四十六ヶ寺を余すと言えども、同六年に至り無縁無檀の寺院を廃止し現在の末寺二十六寺となる。(中略)』
 寺は、慶応二年十一月に廃墟となり、これまでの壮麗さは失ってしまったが、有縁の浄財により、明治二十六年(1893)、現況のように見事に復活した。
(後略)」


 山門になります。
image

 日本で最初の医師免許を持った女性医師「荻野吟子」の家の門を移築してありました。
image

 また、荻野女史の石像がありました。
image

 本堂内では護摩を修していますので、祈祷祈願が受けられるようです。
image

 御朱印を頂く際に堂内に入り、参拝でました。
 堂内の天井には、吉田左源二画伯の竜王の絵が描かれています。とても立派でした。

 御朱印は、「不動明王」・「地蔵菩薩」・「薬師如来」の三種類ありました。御朱印代は、各300円(納経帳)・500円(北関東不動尊霊場納経軸)になります。御御影を一体頂きました。





寺院名:赤岩山 地蔵院 光恩寺
所在地:群馬県邑楽郡千代田町赤岩1041番地
宗 派:高野山真言宗
本 尊:不動明王
通 称:赤岩不動尊
札所等:北関東三十六不動尊霊場 十一番札所
    関東百八地蔵尊霊場 二十一番札所
    関東九十一薬師霊場 四十番札所
御詠歌:はちす葉の 露の垂る木を 白妙の 玉かと磨く 寺づくりかな
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ