神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

弘法大師

前橋厄除大師蓮花院 御朱印&御守り(群馬県前橋市下増田町)5

image

 群馬県前橋市の東部、伊勢崎市に近いところに寺院がありました。少し北には北関東自動車道、南にはJR両毛線が走っています。

 最寄り駅は、JR両毛線「駒形駅」になります。駅から徒歩で寺院まで30分位はかかりそうです。

 駐車場は、門前と寺院裏にありました。自動車は、合わせて100台以上は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(上毛新聞社刊『ぐんまのお寺 真言宗機戮茲螳貮抜粋)。
「(前略)
 『寺院明細帳』によれば、栃木県の出流山千手院満願寺の末とある。真言宗であり、新義真言宗智山派と追記されている。
 由緒沿革記によれば、天分二年(1533)勢多郡荒砥村大室の住人玉泉坊の開基という。その後、十世の間は各宗の僧侶が相続し、宮城村鼻毛石の赤城寺を本寺としたという。享保四年(1719)下野出身の第十一世宥尊上人が、下野出流山千手院住職宥盛に従って求法を継ぎ、今宮山蓮花院増田寺と称した。
(中略)
 元禄三年(1690)十二世舜賀上人の代に堂を改築したが、宝暦年間(1751〜1764)に類焼にあい、本堂を残して、土蔵、鐘楼、山門などを焼失した。ほんどうは今に伝わる。舜賀上人を中興開山としている。この舜賀上人は大黒天を自ら刻んでいる。
 明治二十五年(1892)5月、本堂改築の際に知事の許可を得て、武州大師河原平間密寺、川崎大師の第一分身、甲子大黒天を安置した。これについて『明細帳』には明治二十一年三月九日に厄除弘法大師 武蔵国江原村平間寺分体安置で出願、五月十四日許可とある。表門前の石碑には明治二十年(1887)十二月二十五日仮安置とも刻まれている。今本堂に本尊として安置されているのは厄除弘法大師像である。表門をくぐった楼上にも弘法大師の像が立つ。
(中略)
 本尊の聖観音菩薩は天文二年(1533)京都の仏師鈴木民部の作という。この仏像は開山の玉泉上人が依頼して作らせたものという。また、浩玄が造った観音菩薩もある。これは明応七年(1498)の作という。
 正月の厄除け祈願には大変な参詣者がある。
(後略)」


 以前の参拝日記は→こちら

 前橋市の中でも市街地からかなり外れていますので、周辺は田園地帯になりますので、かなり長閑です。

 こちらの寺院は「今宮山蓮花院」という寺院名ですが、「前橋厄除大師」の通称の方がよく知られています。
 周辺の道路にはお寺の看板が出ています。自動車で行かれる方は、その看板を目印にしてください。

 山門になります。
image

image

 こちらが本堂になります。
image

 お正月は、祈祷祈願を行う方々で混みあうようです。私は1月22日日曜日に参拝しましたが、ご祈祷を受ける方が多かったです。

 境内にはいろんな仏様が祀られています。
image

image

image

 駐車場には七福神の石像がいらっしゃいました。
image

 こちらの寺院の副住職さんは、テレビ朝日「ぶっちゃけ寺」に出演されている尼さんです。授与所に入るといらっしゃりました。
 その方のブログは→こちら
 「ぶっちゃけ寺を見てますよ。」と話しかけ、少し話が出来ました。意外と小柄で、可愛い方です。

 関東八十八ヶ所を巡拝しているので、御朱印を頂きました。御朱印代は300円でした。通常の御御影を一体頂きました。開創20年記念御御影の在庫はないそうです。
 また、「前橋厄除大師」と書かれた御朱印もあります。
image

 書き置きのみですが、御朱印代は500円でした。

 授与所で招き猫の開運・金運向上の御守りを頂きました。
image

 一体800円になります。
 他にも各種御守り(800円)や祈祷済みの各種御札(1,000円)がありました。
 
 オリジナル納経帳(1,500円、11cm×16cm)、ぼけ封じ関東三十三観音霊場専用納経帳(1,300円)、関東八十八ヶ所専用納経帳(2,000円)がありました。





寺院名:今宮山 増田寺 蓮花院
所在地:群馬県前橋市下増田町1626番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:聖観音 弘法大師
通 称:前橋厄除大師
札所等:関東八十八ヶ所 五番札所
    上州三十三観音霊場 十三番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 十八番札所
御詠歌:赤城山 大師の御手に 導かれ 長寿福寿を 願うこの寺

前橋厄除大師蓮花院 御札(群馬県前橋市下増田町)5

image

 前橋厄除大師蓮花院に参拝してきました。真言宗智山派に属するお寺になります。

 以前の参拝日記→こちら

 群馬県前橋市の東部、伊勢崎市に近いところに寺院がありました。
 少し北には北関東自動車道、南にはJR両毛線が走っています。

 最寄り駅は、JR両毛線「駒形駅」になります。
 駅から徒歩で寺院まで30分位はかかりそうです。

 駐車場は、門前と寺院裏にありました。
 自動車は、合わせて100台以上は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(上毛新聞社刊『ぐんまのお寺 真言宗機戮茲螳貮抜粋)。
「(前略)
 『寺院明細帳』によれば、栃木県の出流山千手院満願寺の末とある。真言宗であり、新義真言宗智山派と追記されている。
 由緒沿革記によれば、天分二年(1533)勢多郡荒砥村大室の住人玉泉坊の開基という。その後、十世の間は各宗の僧侶が相続し、宮城村鼻毛石の赤城寺を本寺としたという。享保四年(1719)下野出身の第十一世宥尊上人が、下野出流山千手院住職宥盛に従って求法を継ぎ、今宮山蓮花院増田寺と称した。
(中略)
 元禄三年(1690)十二世舜賀上人の代に堂を改築したが、宝暦年間(1751〜1764)に類焼にあい、本堂を残して、土蔵、鐘楼、山門などを焼失した。ほんどうは今に伝わる。舜賀上人を中興開山としている。この舜賀上人は大黒天を自ら刻んでいる。
 明治二十五年(1892)5月、本堂改築の際に知事の許可を得て、武州大師河原平間密寺、川崎大師の第一分身、甲子大黒天を安置した。これについて『明細帳』には明治二十一年三月九日に厄除弘法大師 武蔵国江原村平間寺分体安置で出願、五月十四日許可とある。表門前の石碑には明治二十年(1887)十二月二十五日仮安置とも刻まれている。今本堂に本尊として安置されているのは厄除弘法大師像である。表門をくぐった楼上にも弘法大師の像が立つ。
(中略)
 本尊の聖観音菩薩は天文二年(1533)京都の仏師鈴木民部の作という。この仏像は開山の玉泉上人が依頼して作らせたものという。また、浩玄が造った観音菩薩もある。これは明応七年(1498)の作という。
 正月の厄除け祈願には大変な参詣者がある。
(後略)」


 前橋市といっても市街地からかなり外れていますので、周辺は田園地帯となり長閑です。

 こちらの寺院は「蓮花院」という寺院名ですが、「前橋厄除大師」の通称で知られています。
 周辺の道路には、お寺の看板が出ています。自動車で行かれる方は、目印にしてください。

 こちらが山門になります。
image

 直接は入ることはできません。参拝者用入り口より入ります。

 境内はとても狭い位です。
 その中にところ狭しと仏像が祀られています。

地蔵菩薩立像
image

平和観音
image

ぴんころ地蔵
image

薬師如来
image

仏堂
image

 境内の印象はなんとも独特な雰囲気で、まるで仏像博覧会のなんとも不思議な感じを醸し出しています(・ω・)
 1月23日に参拝しましたが、雪が完全に解けていないので、滑るのが怖かったです。

 本堂になります。
image

 本尊である「聖観音菩薩」が祀られています。この観音様は、関東八十八ヶ所・新上州三十三観音霊場・ぼけ封じ関東三十三観音霊場の札所本尊になります。
 他にも川崎大師平間寺よりの勧請である「厄除弘法大師」も祀られています。

 境内中央には鐘楼堂がありました。

image

 お正月は、祈祷祈願を行う方々で混みあうようです。今の時期以降は、毎週日曜日午前10時より護摩祈祷が行われておりますので、ご希望の方はお寺までお申し込みください。
 私が参拝したときも祈祷祈願の申し込みをされている方々がいらっしゃいました。

 こちらの寺院の副住職さんは、テレビ朝日「ぶっちゃけ寺」に出演されている尼さんです。
 その方のブログは→こちら
 授与所に入るといらっしゃるかなぁと思い、入ってみると女性職員の方一人だけでした(._.) 残念です。

 授与所で祈祷済みの諸願成就の御札を一体頂きました。1,000円でした。
 他にも各種御守り(800円)や各種御札(1,000円)がありました。

 御朱印はあります。
 
 汎用納経帳(1,500円、11cm×16cm)、ぼけ封じ関東三十三観音霊場専用納経帳(1,000円)、関東八十八ヶ所専用納経帳がありました。

 ちなみに裏手にある駐車場には、石像七福神像がありました。 
image

 ずいぶんでかい七福神です。(´人`)

 裏門(裏参道)になります。
image

ε=ε=┏(・_・)┛





寺院名:今宮山 増田寺 蓮花院
所在地:群馬県前橋市下増田町1626番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:聖観世音菩薩 弘法大師
通 称:前橋厄除大師
札所等:関東八十八ヶ所 五番札所
    上州三十三観音霊場 十三番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 十八番札所
御詠歌:誓願も めぐみもあらたか 観世音 上州の里に 四方も照らさん
    赤城山 大師の御手に 導かれ 長寿福寿を 願うこの寺

下谷田中成就院(東京都台東区)5

f3dec910.jpg

東京都台東区にある「摩尼山 宝光寺 成就院」に参拝してきました。
真言宗智山派に属するお寺になります。

近くには、御府内八十八ヶ所の札所である「百観音成就院」があるため、こちらのお寺は「下谷田中成就院」と呼ばれています。

最寄り駅は、東京メトロ銀座線「稲荷町駅」になります。

浅草通りの「稲荷町交差点」から少し南下をした所にありました。
駅から徒歩で数分位です。

近くには、下谷神社が鎮座していました。
ここの周辺は、社寺がとても多いです。


慶長十六年(1611)に神田北寺町に創建されたお寺になります。
当時は、田んぼの中にあったので「田中成就院」と呼ばれていたそうです。


大きな山門はありませんので、わかりづらいかもしれません。
3fbff23b.jpg

門前には、「弘法大師」と刻まれた石碑?がありました。
7476fe81.jpg

御府内八十八ヶ所を示していると思われます。

境内は、さほど広くはありません。
都会のお寺の場合は、仕方ありません。

木々が配されており、綺麗でした。
092857d0.jpg

東国花の寺百ケ寺に入ってもいいんじゃないですかね?
良い雰囲気です。

境内には、やはり遍路大師様がいらっしゃいました。
bbf4eeab.jpg

今もなお修行をしています。

こちらが本堂です。
76c854ff.jpg

(´人`)

全景が写しづらかったです・・・
真言宗なので「大日如来」が祀られています。

お寺の周辺は、大きな建物が少なく、空も広く見えて、良かったです。

御朱印は、お寺の入口を入って、左側にある「庫裡」で頂きました。
御朱印代は、「志納」です。

庫裡で、「御府内八十八ヶ所を巡拝している」と伝えると、近隣にある御府内八十八ヶ所の札所の地図を頂けます。
最短コースで巡拝出来ます。
巡拝記念品も頂けました。
気さくなご住職夫婦でした。

また、近くには「下谷神社」も鎮座していました。

銀座線に乗ると、浅草・上野・銀座に行けます。




寺院データ
寺院名:摩尼山 宝光寺 成就院
所在地:東京都台東区東上野三丁目32‐15
宗 派:真言宗智山派
本 尊:大日如来 弘法大師
通 称:下谷田中成就院
札所等:御府内八十八ヶ所 七十八番札所

鷲ヶ峰 福応山 成蓮院 円満寺(群馬県桐生市)5

552f04ff.jpg

群馬県桐生市にある「鷲ヶ峰 福応山 成蓮院 円満寺」に参拝してきました。
高野山真言宗に属するお寺になります。


桐生市にある桐生が岡公園の東側にお寺はありました。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」もしくは上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。
徒歩では少々かかりそうです。

お隣は、延喜式内社「美和神社」になります。

駐車場は、入り口前にありました。
自動車は、十数台は停められそうです。


こちらのお寺の伝承として、弘法大師空海が東国巡錫のおりに、この地に鷲が多く、農作物をあらしたので、空海の法力を以って山に封じこめたそうです。
そのことにより、「鷲ヶ峰」と称し、山号の上の冠するようになったそうです。
江戸時代以前は「成蓮院」という修験道のお寺だったようです。
桐生市の中心部に近かったせいもあり、キリシタン対策のため江戸幕府は檀家制度を強化したため、真言宗系寺院として大きくなっていたようです。
そのなかで、慶長三年(1598)から寛文十二年(1672)の間に「円満寺」と称するようになったそうです。


こちらのお寺は、桐生市の山の手通り沿いの丘陵地の中腹にあるといった感じで、桐生市を一望できます。

こちらが入口になります。
1fe43bd6.jpg

山門はありませんでした。
石段を登っていきますので、足下にはお気をつけ下さい。

こちらが寺号標になります。
cddddb34.jpg

上がると、鐘楼門がありました。
32c604ce.jpg

こちらの梵鍾は、文化十年(1813)の鋳造になり、書上氏による発願によるもので、この地域の豪商で学者の佐羽淡斎の書だそうです。

石段を上がると、左右に地蔵菩薩が三体づつありました。
b8bd6f07.jpg

a6dfa2af.jpg

いわゆる「六地蔵」だと思われます。

こちらが本堂を再建した折の記念碑です。
27313aa0.jpg

進むと、境内の右側に木々が植えられていました。
bb19379b.jpg

庭園的な感じなんでしょうか。

その中には、庚申塔がありました。
da1c5b44.jpg

その先には、北辰殿という扁額が掲げられたお堂がありました。
aafafd06.jpg

935c63d7.jpg

推測するに妙見菩薩か祀られた「妙見堂」かもしれません。
古そうなお堂ですが、庫裡が併設されています。

こちらが遍路大師です。
af07be55.jpg

今もなお修行をしています。

境内の左側には、池がありました。
debaab5a.jpg

中には弁天堂があり、こちらの池は弁天池と言った方が良いかと思われます。

このような看板がありました。
66ea9cb7.jpg

気を付けてください。

池の隣には、「千部供養塔」がありました。
2b7b41d0.jpg

古そうな感じの供養塔です。
どのような謂れがあるのでしょうか?続きを読む

延命山 福寿院 十輪寺(群馬県太田市)5

f6c9aef9.jpg

群馬県太田市にある「延命山 福寿院 十輪寺」に参拝してきました。
高野山真言宗に属するお寺になります。

中心部から少し南西へ行った所にお寺はありました。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「太田駅」になります。
徒歩では、数十分位はかかりそうです。

駐車場は、山門の左側にありました。
あまり幅が広くなく、自動車を停めるのが大変かもしれません。

「上毛新聞社刊 ぐんまのお寺 天台宗機廚砲茲襪箸海舛蕕里寺の由緒は次の通りになります(記載内容をまとめてみました)。
「建久年間(1190〜1199)に新田氏(一説には新田義重の孫義房の二男覚義)の開基といい、寺紋は新田氏の紋である『丸に大中黒』である。
現在は高野山真言宗に属しているが、江戸時代には新義真言宗に属していた時期があった。
文久二年(1862)三月付の「上野国新田郡太田町宗門御改帳控」には、世良田村惣持寺末とある。
その後慶應・明治時代から高林村長勝寺、黒保根村医光寺、細谷村教王寺末による兼務住職時代が続いた。」


山門はになります。
89a8af84.jpg

平成十年8月に飛騨高山のヒバ材によって改築されたそうです。
質素な山門でした。

寺号標になります。
bb58ee47.jpg

入ると左側には、六地蔵がいらっしゃいます。
62e1ce20.jpg

昭和六十年(1985)3月24日に小林家先祖代々精霊菩提のために建立したそうです。

その後方には、青面金剛や庚申塔、光明真言五百万遍供養塔(元文五年=1740年)、日露戦争陸海殉難戦病死亡者供養塔、日露戦争役出兵馬匹得果馬頭観世音、馬頭観音(昭和五年=1930年)、聖観音・親子地蔵尊(共に昭和四十三年=1968年)がありました。
また、首の無い地蔵菩薩がいらっしゃいました。
3f7f1782.jpg

2b48fe70.jpg

a7cd599b.jpg

山門を入り右側には、宝篋印塔がありました。
7026f20f.jpg

延享二年(1745)11月の建立になります。

境内の左側には、地蔵堂がありました。
f76115a0.jpg

延命地蔵菩薩が祀られています。
こちらが元々の本尊になります。

こちらが扁額です。
87c18a61.jpg

小窓から中を覗きました。
a88d2336.jpg

(´人`)

開帳はされていません。

その隣には歓喜天を祀る聖天堂がありました。
c463e2a5.jpg

(´人`)
小窓から中を覗きましたが、立派な厨子がありますが、開帳はされていません。

境内の右側には大師堂がありました。
e6fd50fc.jpg

こちらが扁額になります。
6e9e4001.jpg

小窓から中を覗きました。
e930b4c2.jpg

立派な弘法大師像がいらっしゃいました。
関東八十八ヶ所が開創になったので建立したそうです。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ