まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

平将門

仏手山鶏足寺(栃木県足利市小俣町)5

KIMG2938

 栃木県足利市の外れ、群馬県桐生市に近いところにお寺はありました。

 最寄り駅は、JR両毛線「小俣駅」になります。徒歩ではかかりそうです。

 お寺専用の駐車場はありました。自動車は数十台は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(東京堂出版『古寺名刹大辞典』による)。
「栃木県足利市小俣町2748。仏手山金剛王院と号す。真言宗豊山派に属していたが、戦後に一派独立して真言教団(真言宗鶏足寺派)の本山となった。真言教団は弘法大師、興教大師の垂訓にのっとり、慈猛上人の法脈を継承する。
 その創建は平城天皇の勅を奉じた東寺の定恵により、さらに仁寿元年(851)に慈覚大師円仁が在住して現山院号を定めたとう。また天慶の乱(940ころ)に際して田原藤太秀郷が将門調伏の秘法を修せしめたところ、鶏足の吉瑞のあったことから現寺号を定めたともいう。元来は天台真言の顕密二教を兼修したが、文永年間(1264〜1275)に高野山金剛三昧院の意教上人頼賢の法弟慈猛が中興してからは、真言宗慈猛派の根本道場となった。室町時代には鑁阿寺とともに鎌倉鶴岡八幡宮の別当職を兼ねる大寺であった。戦国時代に上杉謙信の兵火に罹ったが、天正十九年(1591)に徳川家康の庇護を得て復興した。現在の堂宇は正徳三年(1713)の建立になる。
 本尊は五大明王。
 寺宝の梵鐘に『朱雀天皇の御願所、羽林中郎将帰依の地』とあり、羽林中郎将は平将門の父良将、または下野左近衛中将藤原公孝といわれる。」

 また、蠑学館刊「佛教大事典」によると次の通りです。
「【鶏足寺】
 真言教団の本山。栃木県足利市小俣。本尊は五大明王。
 809年(大同四)東大寺定恵の創建で世尊寺と称したが、円仁が仏平山金剛王院と改めた。さらに平将門の乱に際し、藤原秀郷が常祐に調伏を行わせたとき、祈祷壇上に鶏の足跡がつき成就したので鶏足寺と改称したと伝えるが、五大堂跡の出土瓦などから平安初期の開創とされている。
 はじめは天台宗。鎌倉時代に、学頭頼尊が下野薬師寺の慈猛から慈猛意教流を受法してから真言宗に転じ、中世には当流の本寺として隆盛をみた。第二次世界大戦後、真言宗豊山派を離れ真言教団を設立した。
 太刀と銅印『鶏足寺印』(重文)がある。」


 3月24日に参拝をしてきましたが、門前の梅林は時季を過ぎていました。

 駐車場から境内に入れますが、山門から伸びる参道の杉並木は、風情があてとてめ良いです。

 山門になります。
KIMG2870
 杉並木の参道を抜けると勅使門があります。
KIMG2868
 勅使門をくぐると、本堂になります。
KIMG2865
 鐘楼堂になります。
KIMG2864
 不動堂になります。
KIMG2860
 こちらで護摩を修しているようです。

 境内には本道のほか不動堂、閻魔堂がありました。
KIMG2861
 中を覗いてみました。
KIMG2862
 閻魔大王は、怖い顔をしてました👹

 御朱印は、本堂の右側にある「庫裡」にて頂けました。御朱印代は300円です。

 由緒書きはないそうです。






寺院名:佛手山 金剛王院 鶏足寺
所在地:栃木県足利市小俣町2748番地
宗 派:真言教団(真言宗豊山派系)
寺格等:本山
本 尊:釈迦如来 五大明王
札所等:足利坂東三十三観音霊場 七番札所

神田神社(東京都千代田区外神田)5

image

東京都千代田区にある神社になります。

最寄り駅は、中央線・総武線「御茶ノ水駅」、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」になります。

駐車場は、見当たりませんでした。
自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場をご利用してください。


こちらの神社の由緒は次の通りです(國學院大学日本文化研究所編 弘文社刊『神道事典』より)。
「〈通称〉神田明神 〈旧称〉神田大明神、芝崎明神
〈祭神〉大己貴命(一宮)、少彦名命(二宮)、平将門霊神(三宮)
〈指定文化財〉将門塚(都史跡)
〈例祭日〉五月中旬(15日頃、神田祭)
〈由緒〉天平二年(730)武蔵国豊島郡芝崎村に開拓民として入植した出雲系氏族が大己貴命を祀るため創始したという。
 承平五年(935)の乱で敗死した平将門の首が、京都から持ち去られて社の傍らに葬られ、東国の平氏から崇敬された。嘉元年間(1303〜1306)疾病が流行すると将門の祟りと見なされて供養が行われ、延慶二年(1309)には荒廃した社を修復し、将門を相殿神に迎えた。
 その後徳川家康の江戸入府と江戸城増築に伴い、元和二年(1616)現在地に遷座。同四年には桃山風の社殿が竣工し、武州総社、城下総鎮守、江戸城鬼門の守護神として山王社に並ぶ待遇を受け、その祭礼も天下祭と呼ばれて将軍の上覧を得た。
 また、将門の末裔芝崎氏が神主と府内神社触頭(ふれがしら)に任命され、寛文三年(1626)天皇より将門勅免がくだった。
 明治元年勅祭社となるが、七年、将門が祭神より外されて別殿に移り、大洗磯前神社より少彦名命の分霊が迎えられた。しかし、昭和五十九年氏子の要望により、将門は三宮の祭神として復活した。
〈旧社格〉府社(明治五年)」

また、大修館書店刊「日本の神仏の辞典」よると次の通りです。
「東京都千代田区外神田に鎮座する旧府社。神社本庁別表神社。神田明神の称も名高い。主祭神として大己貴命・少彦名命・平将門命を奉斎する。
 社伝によれば天平年間、出雲系氏族による大己貴命勧請を創祀とする。中世には江戸郷芝崎村の鎮守として平将門の霊を奉斎したともいわれ、大手町の将門塚(都旧跡)の存在からも御霊信仰の深い影響がうかがえる。
 近世初期の江戸城大拡張により、慶長八年(1603)駿河台に移され、次いで元和二年(1616)江戸城東北鎮護として現在地に遷座した。
 『慶長見聞録』によると江戸城お茶の水の堀を境に北東を当社、南西を山王権現の氏子として江戸総鎮守とされた。幕府の尊崇は極めて厚く、幕命による社殿造営がみられ、また寛文十一年(1671)霊元天皇から神田大明神の宸筆勅額の下賜をみた。
 5月15日の例祭は天下祭り・御用祭りとも称し、城内神輿繰り込みが免許され、将軍上覧があった。豪荘華麗な山車が江戸市中を巡幸し江戸・東京を代表する大祭と称された。」


「なんだ神田の大明神」と詠まれた神田明神です。
正式な神社名は「神田神社」となります。

参道には「甘酒」を売るお店がありました。

随神門になります。
image

鮮やかな門になります。

手水舎になります。
image

手と口を漱いで参拝です。

神楽殿でしょうか。
image

こちらは大黒天です。
image

(´人`)

社殿になります。
image

(´人`)

平将門も祀られています。

境内には、「銭形平次の碑」がありました。
image

といっても銭形平次自体は架空の人物になりますが、物語では神田明神の近くに住んでいたということで、こちらの神社に碑があります。

境内の左側には江戸神社が鎮座していました。
image

御朱印は、境内の左側にある授与所で頂けました。
御朱印代は、300円でした。

御守りや御札といった授与品はありました。




神社名:神田神社
鎮座地:東京都千代田区外神田二丁目16‐2
祭 神:大己貴命 少彦名命 平将門命
通 称:神田明神
社格等:旧府社 勅祭社 江戸総鎮守
札所等:東京十社めぐり
URL:http://www.kandamyoujin.or.jp/

築土神社(東京都千代田区)4

537f253b.jpg

東京都千代田区に鎮座する「築土神社」に参拝してきました。

最寄り駅は、東京メトロ東西線・半蔵門線、営団新宿線「九段下駅」になります。
「1番出口」が一番近いです。

駐車場は、見当たりませんでした。
自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場を利用した方が良いかもしれません。

「靖国神社」・「皇居の田安門」・「東京理科大学」の近くに鎮座しています。
以前は、新宿区に鎮座する「筑土八幡神社」の近くに鎮座していたそうです。

江戸城田安門と江戸時代の御三卿である田安徳川家の「田安」の由来は、築土神社の旧称の「田安明神」からきているそうです。

ビルの谷間に鎮座していますが、いざ境内に入ると、とても雰囲気の良い神社でした。

社殿です。
dc388967.jpg

なかなか立派でした。
何造りなんでしょうか?

社殿の右側には「世継稲荷」が鎮座していました。
安産・子育てにご利益があるそうです。

近くにある「靖国神社」には、多くの方が参拝しますが、こちらの神社にはちらほらといった感じです。
なので、隠れたパワースポットかもしれません。

御朱印は、境内の右側にある「社務所(授与所)」で頂けます。
御朱印代は、300円でした。

判子の御朱印でしたが、いろんなサイトを見ると、直接御朱印帳に墨書きをしているサイトを見ました。
以前は、墨書きをしていたのでしょうか?

由緒書きは、有りました。

御守りや御札といった授与品は有りました。
お正月限定で「勝守り」を授与しているそうです。





神社データ
神社名:築土神社(つくどじんじゃ)
鎮座地:東京都千代田区九段北1丁目14‐21
祭 神:天津彦火邇々杵尊
相 殿:平将門公 菅原道真公
旧社格:村社
別 名:築土明神
旧 称:津久戸大明神 江戸明神 田安明神

大原神社(栃木県足利市大前町)5

栃木県足利市にある「大原神社」に参拝してきました。
旧郷社になります。

足利市の西部、群馬県太田市との境近くに神社は鎮座していました。
足利市の中心部からはかなり外れています。

最寄り駅は、JR両毛線「小俣駅」になります。

駐車場は、道路を挟んで鳥居前と神社の右側にありました。
自動車は、合わせて6〜7台位は停められそうです。

以前の参拝日記⇒大原神社(栃木県足利市)


こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「本社は、人皇第十二代景行天皇の御代、日本武尊が東征帰路台山(本社の後方の台地)に登り前方の豊に稔る田野を見渡され、国家鎮護の為に山城国大原野神社を勧請して建てられたという。
中世以降は坂西各村の総鎮守として栄えた。」


こちらの神社は、平将門の伝説があります。
平将門が討たれたときに、腹部がこの地に飛んできたそうです。
また、同市内には将門の手が落ちたという伝説がある「大手神社」や将門の弟の御厨太郎に関係していると言う「御厨神社」が鎮座していました。

こちらが一の鳥居になります。
d9512339.jpg

鳥居に掲げられていた神額です。
ee5cf0d9.jpg

社号標になります。
bbb72868.jpg

「郷社 大原神社」と刻まれています。

境内に入ると、右側には藤棚がありました。
a1372ab8.jpg

5月11日に参拝しましたが、見頃は過ぎてしまいました。
とても残念です。

手水舎になります。
184fe2d8.jpg

境内の左側には、碑がありました。
a1fe46e5.jpg

所縁のある方のでしょうか?

境内の右側にもありました。
3f930637.jpg

こちらが神楽殿になります。
04f2da05.jpg

cf9e5c27.jpg

「大和渋井流」だそうです。
どんな神楽なんでしょうか?

狛犬になります。
26d63fc8.jpg

b75c8194.jpg

神社には、狛犬がいらっしゃらないと!

二の鳥居と社殿になります。
a94bab95.jpg

内部になります。
aa11deb5.jpg

(´人`)

「天兒屋根命 經津主命 武甕槌命 比女神」が祀られています。
平将門も祀られているのでしょうか?

社殿に掲げられていた神額になります。
79d7bbe1.jpg

どなたが書かれたのでしょうか?

内部には、騎馬武者と思われる男性が描かれた絵馬?が掲げられていました。
1844b805.jpg

まさか平将門公でしょうか?
誰が奉納したのでしょうか?続きを読む

生品神社(群馬県太田市)5

b702a53b.jpg

群馬県太田市にある「生品神社」に参拝してきました。
旧県社になります。

太田市の中でも、旧新田町に神社はありました。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「木崎駅」になります。
徒歩で行くのは大変かと思われます。

駐車場は、鳥居の前と神社の北側にありました。
自動車は、合わせて数十台位は停められそうです。

こちらの神社は、太田市の中心部からかなり外れていますので、少々長閑な感じでした。

一の鳥居です。
6d61f633.jpg

なかなか大きな鳥居です。

門標です。
5c4638ec.jpg

社号の標の隣には「新田義貞挙兵伝説の地」と刻まれた標が小さいながら誇らしげにありました。

こちらの神社は、勧請年代は不明になります。
上野國神名帳には、「従三位生階明神」とあるので、平安時代にはこちらの神社はあったことになります。

「上野国志」には、「一説には生品社は、平親王将門の弟、御厨三郎将頼を祭る。将門伏誅の後、其の霊祟をなす。依て将門を武州に祀りて神田明神と称し、将頼を上州に祭りて生品明神と称す。共に九月十九日を祭日として之を祭ると生品旧縁起に見えたり」とあります。

やはり、源氏ゆかりの地に平将門伝説があるんですね。

言い伝えによると
『豊城入彦命が上野の太守となり、新田地方の開発に先立ち、大己貴命を祀り、「生階明神」と号した。
いつしか「生品」と書くようになった。
天喜年間(1053年〜1058年)に源義家は、奥州の賊徒を退治するため、生品神社に参詣し、戦勝を祈願。
元弘三年(1333年)五月八日、新田義貞が北条高時を追討するため、神社前に義旗をたて、鎌倉へと進軍した。』
ということでした。

こちらが鳥居の隣にある説明板です。
c1b5b776.jpg

一の鳥居を入り、左側には社務所がありました。
社務所の横にあった「新田義貞像」は盗難にあい、ありませんでした。
まだ見つからないのでしょうか?

さらに進んでいくと、神橋がありました。
e1653ada.jpg

その先に二の鳥居がありました。

境内は、何だか森の中に来たといった感じです。続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ