神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

常祇稲荷神社

常祇稲荷神社 再拝(群馬県桐生市仲町)5

image

 群馬県桐生市の中心部、本町通りから少し引っ込んだ所に鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。駅から神社まで少々歩きます。

 細い道を行きますので、自動車で行かれる方は気をつけてください。

 神社の専用駐車場はあります。自動車は10台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、以下の通りです(由緒書きより)。
「当社の祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)で、古くから五穀生産衣食住の守護神として知られている。
 そのはじめは、江戸時代の初期に、村松村美和神社の神主小島刑部が、今泉村に小社を建立したのによるものと伝えられている。さらに慶長十八年(1613)今泉村常木(現在地)に遷座し、稲荷明神として村民から崇敬され、後に刑部の弟小島民部が神主となった。
 正保四年(1647)九月十三日火災のため社殿が全焼し、このとき、内陣にあった幣帛が、たちまち空に舞い上がり、神木の枝に止まった。これを見た村民は、不思議に思い群集して礼拝したといわれている。民部の息子権之助がこの幣帛を下ろして仮屋に奉遷した。これ以後、当社の神徳の高いことが評判となって、参詣者が多くなり、翌慶安元年(1648)には、社殿が再建された。また正徳三年(1713)にも社殿を建替え、同五年(1715)正一位に叙せられた。
 こうして当社は、今泉村の氏神であったばかりでなく、桐生新町の町民にも崇敬され、祭礼の日には、全町神灯をかかげて祝ったということである。なお嘉永元年に、当社の神主小島氏が、江戸域内で行われた、将軍の病気平癒の祈祷に、精進したともいわれている。明治初年ふたたび火災にあい、社殿を焼失したが、翌二年再建され、今日に至った。
 さらに同四三年七月諏訪神社・八坂神社などを合祀し、大正八年四月村社となった。」


 一の鳥居です。
image

 参道を進むと二の鳥居があります。
image

 3月8日の旧暦初午の日に参拝しました。
 11時過ぎに訪れましたが、11時から初午祭のため社殿内に「浦安の舞」を奉納していました。神主さんに聞いたところ見学できるとのことで、拝殿内に入り舞を見ることができました。
image

 参列者・見学者で玉串奉奠が行われ、見学者にはお菓子が振る舞われました。
image

 美味しく頂きました。




神社名:常祇稲荷神社(つねぎいなりじんじゃ)
鎮座地:群馬県桐生市仲町三丁目16‐9
祭 神:倉稲魂命
配 神:健御名方神 伊弉冊命 迦具土命 彦狭島命 速須佐々男命 誉田別命 栲機千々姫命
社格等:旧村社

常祇稲荷神社(群馬県桐生市)5

群馬県桐生市に鎮座する「常祇稲荷神社」に参拝してきました。
「つねぎいなりじんじゃ」と読みます。

桐生市の中心部、本町通りから少し引っ込んだ所に鎮座しています。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。
駅から神社まで少々歩きます。

細い道を行きますので、自動車で行かれる方は、気をつけてください。

神社の専用駐車場はありますが、常時チェーンがかかっています。
自動車は、社務所前に数台は停められそうです。


こちらの神社の由緒は、以下の通りです(由緒書きより)。
「当社の祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)で、古くから五穀生産衣食住の守護神として知られている。
そのはじめは、江戸時代の初期に、村松村美和神社の神主小島刑部が、今泉村に小社を建立したのによるものと伝えられている。
さらに慶長十八年(1613)今泉村常木(現在地)に遷座し、稲荷明神として村民から崇敬され、後に刑部の弟小島民部が神主となった。
正保四年(1647)九月十三日火災のため社殿が全焼し、このとき、内陣にあった幣帛が、たちまち空に舞い上がり、神木の枝に止まった。
これを見た村民は、不思議に思い群集して礼拝したといわれている。
民部の息子権之助がこの幣帛を下ろして仮屋に奉遷した。
これ以後、当社の神徳の高いことが評判となって、参詣者が多くなり、翌慶安元年(1648)には、社殿が再建された。
また正徳三年(1713)にも社殿を建替え、同五年(1715)正一位に叙せられた。
こうして当社は、今泉村の氏神であったばかりでなく、桐生新町の町民にも崇敬され、祭礼の日には、全町神灯をかかげて祝ったということである。
なお嘉永元年に、当社の神主小島氏が、江戸域内で行われた、将軍の病気平癒の祈祷に、精進したともいわれている。
明治初年ふたたび火災にあい、社殿を焼失したが、翌二年再建され、今日に至った。
さらに同四三年七月諏訪神社・八坂神社などを合祀し、大正八年四月村社となった。」


久しぶりに参拝してきました。

東参道の鳥居です。
74f7b46c.jpg

鳥居脇には南天と思われる植物がありました。
4d4799fd.jpg

難を転じて欲しいです。

参道です。
295f133f.jpg

入ると左側には「竹次郎稲荷」と彫られた碑がありました。
6c4b52bd.jpg

稲荷社ですが、竹次郎とは誰なんでしょうか?
謂われについては調べましたが不明です。

その先には、阿夫利神社が鎮座していました。
670620ad.jpg

いわゆる大山阿夫利神社だと思われます。
こちらもどのような経緯で勧請されたのか分かりませんでした。

先に進みます。

境内に入ると、手水社がありました。
11e6bc4d.jpg

手と口を漱いで参拝です。

こちらが社殿になります。
66daa9cc.jpg

小ぢんまりした社殿です。
倉稲魂命が祀られています。続きを読む

常祇稲荷神社(群馬県桐生市)4

d71b7552.jpg

群馬県桐生市に鎮座する「常祇稲荷神社」に参拝してきました。
「つねぎいなりじんじゃ」と読みます。

桐生市の中心部、本町通りから少し引っ込んだ所に鎮座する神社です。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。
駅から神社まで少々歩きます。

細い道を行きますので、とてもわかりづらいです。
自動車で行かれる方は、気をつけてください。

神社の専用駐車場はありますが、常時チェーンがかかっていますので、普段は停められません。
社務所の前に数台のスペースがあるので、そちらに停めた方が良いかもしれません。

境内は狭いですが、社殿は意外と立派でした。

大通りに近いですが、境内はとても静かでした。

鳥居です。
c4a31df7.jpg

大通りの裏手に鳥居があります。
ほぼわかりづらいです。続きを読む

常祇稲荷神社2

9945dc6d.jpg

稲荷神社は、日本にたくさんあります。

そのなかで、群馬県桐生市にある『常祇稲荷神社』に参拝してきました。

御朱印を頂いたら『関東第五霊場』なる印が押してありました。

一体どんな意味があるのか・・・

ネットで探しても分からずじまい・・・

このブログを見ている方で、わかる方はいらっしゃいますか?
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
いろいろツイートしてます。
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ