まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

少彦名命

伊香保神社(群馬県渋川市伊香保町)5

KIMG4773
 群馬県渋川市の中でも旧伊香保町に神社は鎮座していました。

 最寄り駅は・・・

 駐車場は、周辺に有料or無料駐車場があります。近いのが「河鹿橋駐車場」かもしれません。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【伊香保神社】
 群馬県北群馬郡伊香保町伊香保の旧県社。延喜式内明神大社。祭神は大己貴命・少彦名命。例祭は9月15日。
 垂仁天皇朝の創始と伝える。承和二年(835)に明神にあずかり、元慶四年(880)に従四位上を授かる。康和五年(1103)に神事に懈怠があったとし社司に中祓が科せられた。三の宮となる。国内神名帳には正一位伊香保大明神とある。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「【伊香保神社】
 群馬県北群馬郡伊香保町。旧県社。大己貴命、少彦名命を祀る。
 『続日本後紀』は承和二年(835)に明神大社に列し同六年6月に従五位下、『三代実録』は貞観九年(867)6月に正五位下に以後二回の昇叙を経て元慶四年(880)には従四位上を授けられ、『朝野群載』は康和五年(1103)に神事を穢したことにより中祓を科されたことなどを記載する。『上野国神名帳』には正一位伊香保大明神と見える。また当国の三の宮を称し『神道集』を同様に記す。
 両毛地方には早くから熊野、諏訪、日光の信仰が入り込んでいたが、一方土着の鎮守信仰も盛んであり、唱導者が活躍したことが『神道集』によって推測されている。
 因みに『神道集』は当社を『上野国第三宮伊香保大明神』として説話的事実としては、『上野国勢多郡鎮守赤城大明神事』の後日譚として語られ、児持山とも関係している。伊香保大明神を『赤城ノ大明神ノ御妹』といい、また、『男体女体御在、男体ハ伊香保ノ御湯守護湯前ニテ御在時ハ、本地薬師如来也、女体ハ里へ下給テハ三宮ト申テ澁河保ニ立御在、本地ハ十一面也』と説いており中世の信仰、民俗、唱導、芸能等を考える上できわめて重要である。さらに中世・近世にかけては藩主・領主の崇敬をうけ、名実ともに関東の古名社である。
 例大祭9月19日。」


 伊香保温泉の石段を上がっていくと神社の境内に出ます。
KIMG4761
 石段の途中に社務所がありました。
KIMG4767
 土日祝日は開いているそうです。氏子さん達なのかな?
 御朱印帳(オリジナルではなさそう)が授与されていました。

 まだまだ石段を登ります。
KIMG4752
 境内にやっと着き、社殿になります。
KIMG4751
 「大己貴命・少彦名命」が祀られています。温泉街に鎮座するので「医薬の祖」である二柱が祀られているのでしょう。
 土曜日に参拝したので、やはり参拝者が多いです。

 社殿左側にある「三峯神社御眷属、八坂神社、八幡宮、稲荷神社」と書かれた三社の祠が鎮座していました。
KIMG4753
 この社殿前に授与品が置いてありました。無人での授与になり、社務所には授与品はありません。
KIMG4754
 授与品として「開運招福絵馬、えんむすび絵馬、開運子授絵馬、交通安全御守り(朱・緑)、子授御守り」がありました。初穂料は各500円になります。
 また、「書き置きの御朱印」もありました。初穂料は300円となります。鶴亀は描かれません。
 御神籤は、初穂料100円になります。 

 石燈籠
KIMG4758
 松尾芭蕉の句碑
KIMG4756
 高山彦九郎が座った石
KIMG4757
 御朱印帳への直接を墨書きをして頂きたい方は「土日祝日」には石段の途中の「社務所」が開いていますので揮毫していただけます。書き置きにはない「鶴と亀の絵」が描かれています。御朱印帳への揮毫は初穂料500円となります。





神社名:伊香保神社
鎮座地:群馬県渋川市伊香保町伊香保2番地
祭 神:大己貴命 少彦名命
社格等:延喜式内社 旧県社 上野国三宮

伊香保神社 授与品(群馬県渋川市伊香保町)5

KIMG4754
 群馬県渋川市伊香保町の伊香保温泉街の石段に上に鎮座する「伊香保神社」の授与品です。

 授与品として「開運招福絵馬、えんむすび絵馬、開運子授絵馬、交通安全御守り(朱・緑)、子授御守り」があり、初穂料は各500円になります。
 また、書き置きの御朱印もありました。初穂料は300円となります。
 御神籤は、初穂料100円になります。
 以上の授与品は、社殿左側にある「三峯神社御眷属、八坂神社、八幡宮、稲荷神社」と書かれた三社の祠がはいる社殿前に以上の授与品が置いてありました。社務所には授与品はありません。

 なお、御朱印帳への直接を墨書きをして頂きたい人は、土日祝日には社務所が開いていますので揮毫していただけます。御朱印帳への揮毫は、初穂料500円となります。

 社殿になります。
KIMG4751
 土日祝日には参拝者が多いです。




神社名:伊香保神社
鎮座地:群馬県渋川市伊香保町伊香保2番地
祭 神:大己貴命 少彦名命
社格等:延喜式内社 旧県社&郷社 上野国三宮

小祝神社 上野国七之宮 季節の御朱印(おぼりじんじゃ、群馬県高崎市石原町)5

KIMG4086
 群馬県高崎市に神社は鎮座していました。

 駐車場は社殿の裏にありました。10台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【小祝神社(おぼりじんじゃ)】
 群馬県高崎市石原町の旧郷社。延喜式内社。祭神は少彦名命ほか二十一柱。例祭は4月19日、10月19日。
 元慶四年(880)年に正五位上を授かる。正徳年間(1711〜1716)に間部越前守詮房が社殿を造営した。
 国内神名帳に正一位とあり国内七之宮として崇敬を集める。特に安産守護として有名である。」

 また、由緒書きによると次の通りです。
「群馬県内にある延喜の格式に記載のある十二の神社のうち、七之宮とされている。
 合祀されている祭神は、速玉男命・大日孁命・五十猛神・健御名方神・大國主神・誉田別命・伊弉册命・宇氣母智神・倉稲魂神・大名持神・大山祇命・八衢姫命・菊理姫命・軻遇突智命・八衢彦神・久那止神・市杵嶋姫命・事解男命・素盞鳴命・菅原道真公・藤原家隆卿の二十一柱。旧社格は郷社。ご神紋は『三つ巴』。近くを流れる烏川にかかる橋が聖石橋で、烏川の中に、『聖石』『赤石』『川越石』の三石があるといい、石と関係の深い神社であることがわかる。
 『三代実録』の元慶四年(800)五月二十五日条に、『正五位下、小祝神社』とある。『上野国神明帳』には、『正一位小祝大明神』とあり、群馬県西郡に『息災寺小祝明神』の記載があることから小祝神を奉斎する氏族は国府官人になったと見られ、先の『息災寺小祝明神』は、国府近くに建立された息災寺に氏神として当社から勧請されたものと推測される。
 延長五年(927)成立の『延喜式』神名帳では上野国片岡郡に『小祝神社』と記載され、式内社に列している。尚、同帳では当時の読みとして『オハフリ』と振られている。『ハフリ』は、神に人間の言葉を告げることをいい、転じて神祇官の役職名になった。
 現在の主要社殿は本殿、拝殿から成り、これらが一体となった形式である。ただし、幣殿・拝殿は本殿よりも後の造営になる。現本殿は江戸時代の正徳三年(1713)に高崎城主であった真鍋越前守詮房による造替で、享保二年(1717)に棟上げされた。
 形式は三間社入母屋造で、側面も三間からなり、正面には向拝三間を付す。屋根は、当初は桧皮葺または柿葺であったと見られるが、現在は銅板葺である。本殿内部は外陣(手前二間)と内陣(奥一間)に分かれ、内陣には厨子が安置されている。
 この本殿は、高崎市の神社本殿としては最古であるほか、その背面に嵌め込まれた彫刻パネル(群馬県最古例)が類例の年代判定の指標にもなるとして、棟札・奉納額・寄進銘とともに高崎市指定重要文化財に指定されている。」


 鳥居になります。
KIMG4071
 群馬県知事であった小野寺氏揮毫の社号標です。
KIMG4072
 手水舎になります。
KIMG4074
境内の隣には保育園があります。
 境内自体は広くはありません。桜はかなり散っていました。

 また社号標です。
KIMG4075
 神楽殿になります。
KIMG4079
 社殿です。
KIMG4078
 本殿になります。
KIMG4080
 祭神に藤原家隆卿とあるので、誰かな?と思ったら鎌倉時代に生きた人で、同時期にいた藤原定家と双璧をなすほどの歌人であったとのこと。
 権現造かと思いましたが、拝殿・本殿とも入母屋造かな?

 御朱印は、授与所にて頂きました。
KIMG4076
 季節の御朱印(三種類)の他、主祭神の「少彦名命」と墨書きされた御朱印もありました。御朱印代は各300円です。




神社名:小祝神社
鎮座地:群馬県高崎市石原町1247番地
祭 神:少彦名命
合 祀:速玉男命 大日孁命 五十猛神 健御名方神 大國主神 誉田別命 伊弉册命 宇氣母智神 倉稲魂神 大名持神 大山祇命 八衢姫命 菊理姫命 軻遇突智命 八衢彦神 久那止神 市杵嶋姫命 事解男命 素盞鳴命 菅原道真公 藤原家隆卿
社格等:延喜式内社 旧郷社 上野国七宮
札所等:上野国十二社巡拝

神田神社(東京都千代田区)5

49b17203.jpg

東京都千代田区に鎮座する「神田神社」に参拝してきました。
「神田明神」と呼ばれており、「江戸総鎮守」になる神社になります。

湯島聖堂の裏手に鎮座していました。

最寄り駅は、JR中央線・東京メトロ丸ノ内線「お茶の水駅」、東京メトロ千代田線「新お茶の水駅」になります。

神門です。
e65c4fc2.jpg

朱色の綺麗な門です。
門前には、甘酒を売るお店がありました。

社殿です。
5b115e1f.jpg

残念ながらコンクリート製ですが、権現造になるそうです。
祭神は、「一宮:大己貴命 二宮:少名彦命 三宮:平将門」になります。

明治時代に、明治天皇が参拝したとき、「平将門」は朝廷に反逆した朝敵になるので、祭神からはずしたそうです。
その代わり、茨城県大洗町に鎮座する「大洗磯前神社」から「少彦名命」を勧請したそうです。

境内は、白と赤(朱色)のコントラストといった感じです。
なんだか「土」を感じさせないのも、何だか違和感が・・・

授与所の左側には休憩室がありました。
また、神門を入り、左側にも休憩所もありました。
参拝した日は8月15日で、とても暑かったので授与所の隣の休憩所で休ませて頂きました。

境内には、「銭形平次の碑」がありました。
境内社も多く鎮座していました。

御朱印は、境内の左側にある「授与所」で頂けました。
御朱印代は、300円でした。
御朱印は巫女さんが書いてくれました。
「江戸総鎮守」だとか「御府内総鎮守」って書いていただけたなら、最高でした。

由緒書きは頂けます。

御守りや御札といった授与品は、ありました。

休憩所には、オリジナル御朱印帳や東京十社御朱印帳、参拝記念品が多くありました。

神田明神の裏手には、「明神男坂」がありました。
e553fb75.jpg

なかなか味わいのある坂です。
社寺巡りも良いですが、「坂巡り」もなかなか良いです。




神社データ
神社名:神田神社
鎮座地:東京都千代田区外神田二丁目16‐2
祭 神:大己貴命 少名彦命 平将門
社格等:府社 准勅祭社 別表神社
通 称:神田明神
札所等:東京十社めぐり

五條天神社&花園稲荷神社(東京都台東区)5

f475d6a6.jpg

東京都台東区の上野公園の中にある「五條天神社」に参拝してきました。
「薬祖神」の二柱を祀る神社です。

最寄り駅は、JR山手線、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅)になります。

駐車場は、見当たりませんでした。

上野公園内にある神社なので、とても静かでした。

社伝によると、元々は上野忍岡に鎮座していたそうです。
その後、鎮座地は変遷を重ね、昭和三年に現在地に遷座されたそうです。

薬祖神を祀るだけあって、医薬関係の方々から崇敬されているそうです。
相殿には「菅原道真公」が祀られていますので、「下谷天満宮」とも呼ばれています。

御朱印は、境内の左側にある「授与所」で頂けました。
御朱印代は、300円でした。
御朱印は、墨書きはされず、「大きい印」と「小さい印」の2種類がありました。

由緒書きは頂けました。

御守りや御札といった授与品は、ありました。
お正月には、「宝船」が授与されるそうです。

まだ小さい御朱印を頂いていないので、また参拝してみようと思ってます。




神社データ
神社名:五條天神社
鎮座地:東京都台東区上野公園4‐17
祭 神:大己貴命 少彦名命
相 殿:菅原道真
俗 称:下谷天満宮
境内社:花園稲荷神社続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール

まほろば

まほろばと申します。

「社寺参詣道 代表師範」になります。

社寺巡りや散歩を趣味にしています!
リンクやトラックバックはご自由に。ただしアダルト系は困ります。
コメントもしていただくと嬉しいです。

いろんな情報もコメントしてください。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ