神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

寛永寺

東叡山寛永寺 上野大仏パゴダ(東京都台東区上野公園)5

image

 東京都台東区の上野恩賜公園内にありました。

 最寄り駅、JR山手線・東京メトロ銀座線「上野駅」になります。

 駐車場はありませんので、公共交通機関で行かれた方が良いです。


 こちらの寺院の由緒は次の通りです。
「寛永八年(1631)に初建された上野の大仏様は度々罹災しましたが、その都度復興されています。
 しかし関東大震災によりお首が落ち、第二次大戦時には軍の供出令により胴体を徴用されて、お顔のみが残されました。
大仏殿の跡地にはパゴダ(仏塔)が建立され、本尊として旧薬師堂本尊の薬師三尊像が祀られています。
”大仏を 埋めて白し 花の雲”   
子規」

 東叡山寛永寺管轄のお堂になります。

 上野公園の少し高いところにありました。
image

 この案内板が目印になります。石段を上がっていきます。

 「パゴダ」は、仏塔を意味します。
image

 薬師三尊(薬師如来・日光菩薩・月光菩薩)を本尊としています。
image

 「パゴダ薬師堂」と言うのですね。

 そのそばには、上野大仏がおわしました。
image

(´人`)

 境内に授与所があり、御守りや御札等が頂けます。

 御朱印は、清水観音堂で頂けます。御朱印代は、300円です。



寺院名:東叡山寛永寺 上野大仏パゴダ
所在地:東京都台東区上野公園
本 尊:薬師如来 釈迦如来

不忍池弁天堂(東京都台東区)5

8d69ebde.jpg

東京都台東区にある「不忍池弁天堂」の御朱印になります。
上野恩賜公園内にあり、東叡山寛永寺の管轄のお堂です。

最寄り駅は、JR山手線・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」になります。

駐車場は、見当たりませんでした。
自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場を利用した方が良いかもしれません。

近くには、同じ東叡山寛永寺の管轄の「清水観音堂」もありました。

参拝したのは2月1日だったため、不忍池には午後でも日陰になるところでは、氷が張ってました。

弁天堂は、目立つ所にあるので、参拝者は多かったです。

御朱印は、お堂の内部の左側にある「授与所」で頂けました。
御朱印代は、300円でした。

女性の方に対応して頂きました。
かなり立派な御朱印だったので、そのギャップにびっくりしました。

由緒書きはありました。

御守りや御札といった授与品はありました。

また参拝してみようと思ってます。

谷中七福神が通年対応ならばなぁ・・・




寺院データ
寺院名:東叡山寛永寺 不忍池辯天堂
所在地:東京都台東区上野公園2‐1
宗 派:天台宗
本 尊:辯才天 大黒天
札所等:谷中七福神 辯才天

東叡山 円頓止観院 寛永寺(東京都台東区)5

f9233224.jpg

東京都台東区にある「東叡山 円頓止観院 寛永寺に参拝してきました。
天台宗のお寺になります。

ウィキペディアには、「東叡山 円頓院 寛永寺」とありましたが、天台宗のホームページには「東叡山 円頓止観院 寛永寺」となっており、正式な院号は「円頓止観院 」とします。

こちらのお寺は、言わずと知れた「徳川家」所縁のお寺になります。

最寄り駅は、JR山手線「鶯谷駅」になります。
徒歩では、5分位かもしれません。

参拝者用の駐車場は、ありました。


寛永寺の由緒は以下の通りです(ホームページより)。
「寛永寺は、寛永二年(1625)慈眼大師 天海大僧正(じげんだいし てんかいだいそうじょう)によって創建されました。
徳川家康、秀忠、家光公の三代にわたる将軍の帰依を受けた天海大僧正は、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に寛永寺を建立しました。
これは平安の昔(九世紀)、桓武天皇の帰依を受けた天台宗の宗祖伝教大師最澄上人(でんぎょうだいしさいちょうしょうにん)が開いた比叡山延暦寺が、京都御所の鬼門に位置し、朝廷の安穏を祈る鎮護国家の道場であったことにならったものです。
そこで山号は東の比叡山という意味で東叡山とされました。
さらに寺号も延暦寺同様、創建時の元号を使用することを勅許され、寛永寺と命名されました。やがて第三代の寛永寺の山主には、後水尾天皇の第三皇子守澄(しゅちょう)法親王を戴き、以来歴代山主を皇室から迎えることになりました。
そして朝廷より山主に対して輪王寺宮(りんのうじのみや)の称号が下賜(かし)され、輪王寺宮は東叡山寛永寺のみならず、比叡山延暦寺、日光山万願寺(現 輪王寺)の山主を兼任、三山管領宮(さんざんかんりょうのみや)といわれ東叡山に在住し、文字通り仏教界に君臨して江戸市民の誇りともなりました。」


根本中堂(本堂)は、上野恩賜公園の北側にありました。
根本中堂の開堂は不定期で行われており、4月7日に参拝した時はちょうど拝観ができ、本堂にあがり、参拝できました。
開堂している日は、寛永寺事務所まで問い合わせてください。
根本中堂になります。
6dd78da2.jpg

「薬師如来」が祀られています。
内部は、写真撮影不可だと思いますので、撮ってきませんでした。

こちらが説明板です。
1dd42cbe.jpg

「寛永寺本堂
台東区上野桜木一丁目十四番十一号
旧本堂(根本中堂)は現在の東京国立博物館前の噴水池あたりにあったが、慶応四年(一八六八)彰義隊の兵火で焼失した。
そのため明治九年(一八七六)から十二年にかけて、埼玉県川越市の喜多院の本地堂(ほんじどう)が移築され、寛永寺の本堂となったのである。寛永十五年(一六三八)の建造といわれる。
間口・奥行ともに七間(十七・四メートル)。前面に三間の向拝(こうはい)と五段の木階、背面には一間の向拝がある。
周囲には勾欄付廻縁(こうらんつきまわりえん)をめぐらしており、背面の廻縁には木階を設けて、基壇面に降りるようになっている。
桟唐戸(さんからど)(正面中央など)、蔀戸(しとみど)(正面左右など)、板壁など、すべて素木のままである。屋根は入母屋造(いりもやづくり)、本瓦葺、二重(たるき)とし、細部の様式は和様を主とする。
内部は、内陣が土間で、外陣(げじん)と同じ高さの須弥壇(しゅみだん)が設けられている。
須弥壇の上に本尊その他の仏像を安置する。
内陣を土間とする構造は中堂造(ちゅうどうづくり)と呼ばれ、天台宗独特のものである。現在は仮の床が張られ、内外陣ともにすべて畳敷になっている。
平成十六年三月
台東区教育委員会 」


参拝した日には、境内の桜はほぼ満開でした。
c6ceb479.jpg

やはり、桜は良いです。
桜は、年の数しか見ることはできないとも言います。

ひっきりなしに参拝者がいらっしゃいました。

やはりカメラを片手に桜の写真を撮っている方もいらっしゃいました。
僕もですが

やはり鐘楼がありました。
d4cb0a01.jpg

「時の鐘」は、もう少し南にあります。続きを読む

清水観音堂(東京都台東区)5

f60553e3.jpg

東京都台東区にある「清水観音堂」に参拝してきました。

不忍池の畔にある「辯天堂」の近くにあるお堂です。

東叡山寛永寺」管轄のお堂になります。

最寄り駅は、JR山手線、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」になります。
徒歩では、10分位かかりそうです。

駐車場は、見当たりませんでした。

こちらのお堂は、江戸時代初期に京都の清水寺を模して作られたそうです。
関わったのは、やはり南光坊天海になります。

上野公園内にお堂はあるので、春先は桜が咲いて、とても綺麗だと思われます。
良い森林浴になります。

御朱印は、堂内の左側にある「授与所」で頂けました。
御朱印代は、300円でした。

御守りや御札といった授与品はありました。

由緒書きは、有料(100円)でした。

オリジナル御朱印帳がありました。




寺院データ
寺院名:東叡山 寛永寺 清水観音堂
所在地:東京都台東区上野公園1‐29
宗 派:天台宗
本 尊:千手観世音菩薩 聖観世音菩薩 子育て観音
札所等:昭和新撰江戸三十三観音霊場 三番札所

元三島神社(東京都台東区)5

f3b8dbf9.jpg

東京都台東区根岸に鎮座する「元三島神社」に参拝してきました。

元三島神社は、元寇の弘安の役の際に河野通有が伊予国一ノ宮の「大山祇神社」に必勝を祈願して、この地に勧請したそうです。

最寄り駅は、JR山手線・京浜東北線「鶯谷駅」になります。
ホームから社殿が見えます。
d7c28054.jpg

徒歩では、1分位かもしれません。

こちらの神社は、大通りには面しておらず、周辺には居酒屋やチョメチョメをする特殊なホテルがあります。
昼間に参拝したので、さすがに出入りされている方々は見ませんでした。

鳥居です。
faffeb88.jpg

境内は、さほど広くはありません。

階段を上がり、社殿があります。
84020040.jpg

やはり東京の神社は、コンクリート製が多い

4月7日に参拝したときは、境内の桜は、満開でした
とても綺麗でした。
神社と桜は、合います。
ddae143d.jpg

木造の社殿なら良かったです。

御朱印は、社殿の左側にある「社務所」で頂けました。
「神社名」と「寿老人」の二種類がありました。
御朱印代は、各300円でした。

由緒書きは、ありました。

御守りや御札といった授与品は、ありました。

鶯谷駅を挟んで、反対側には天台宗の名刹「東叡山寛永寺」の根本中堂がありました。




神社データ
神社名:元三島神社
鎮座地:東京都台東区根岸一丁目7‐11
祭 神:大山祇命 伊佐那岐命
配 祀:和足彦命 身島姫命 上津姫命 下津姫命
旧社格:村社
札所等:下谷七福神 寿老人
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
いろいろツイートしてます。
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ