神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

安中市

龍本山松井田院不動寺 北関東三十六不動尊霊場(群馬県安中市松井田町)5

KIMG3118

 群馬県安中市の西部、国道18号線の崖下にお寺はありました。

 最寄り駅は、JR信越本線「松井田駅」になります。

 お寺専用の駐車場はありました。自動車は十台位は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は次の通りです(雄山閣出版刊『日本名刹大事典』による)。
「真言宗豊山派。竜本山、松井田院。本尊は千手観音。
 開創は寛元元年(1243)。開山は慈猛。開基は不明。鎌倉仏教の成立に刺激され、真言宗では関東への進出が見られた。その中心寺院が醍醐三宝院の頼賢の開いた鎌倉の常楽院である。頼賢の主な弟子の中に、下野の徳星寺を開いた慈猛がいる。この慈猛が当寺を開いたことななっている。開山以降の寺伝には不明な点が多いが、元亀・天正期(1570〜1591)には武田信玄から寺領が寄せられ、十五世秀算は徳川家康の帰依を受け、その指示で本山に進み、第四世能化となったと伝えられる。安永二年(1773)松井田の大火で類焼し、文政八年(1825)三十二世通音が本堂を再建している。
 『江戸幕府寺院本末帳集成』によると、本寺は山城国醍醐報恩院、朱印地は八十九石六斗余、末寺三か寺、門徒五か寺、脇坊九か寺があげられている。朱印地の広さからも当寺の寺勢、寺格の高さが想像できる。
 寺宝には、木彫不動明王像(県文)があり鎌倉時代の作と推定されている。仁王門(県文)が単層切妻造で蟇股・欄間彫刻には桃山期の遺構が残るとされている。また安山岩製の石塔婆三基(県文)は中世の形式を有し、その中の一つは観応三年(1352)の銘を有する。中世文書では武田家定書二通・垪知康忠状・北条家朱印状・大道寺政繁判物の五通を所蔵する。」


 妙義山や碓氷峠の近くに寺院はありました。
  
 山門になります。
KIMG3085
 山門手前の左側には「石塔婆」がありました。
KIMG3084
 南北朝時代の造立と伝えられ、群馬県指定重要文化財になっています。

 六地蔵がいらっしゃいました。
KIMG3083
 参道は躑躅や牡丹が咲いてます。とても綺麗でした。
KIMG3082
KIMG3081
 参道を進むと不動堂がありました。
KIMG3078
 鎌倉時代の作と言われる木彫不動明王造が祀られています。群馬県指定重要文化財になっています。
 こちらの不動明王は、北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になっています。

 本堂になります。
KIMG3079
 千手観音が祀られており、上州三十三観音霊場と関東八十八ヶ所の札所本尊になっています。

 鐘楼堂になります。
KIMG3080
 御朱印は、不動堂右側にある庫裡にて頂きました
KIMG3076
 千手観音(上州三十三観音霊場・関東八十八ヶ所)、不動明王(北関東三十六不動尊霊場)があります。御朱印代は各300円です。
 なお、北関東三十六不動尊霊場三番札所「室田滝不動尊」のご住職が不在の場合、四番札所のこちらの寺院で納経受付をしています。

 数珠や御札等の授与品はありました。オリジナルではない御朱印帳があります。





寺院名:龍本山 松井田院 不動寺
所在地:群馬県安中市松井田町松井田甲987番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:千手観音
札所等:北関東三十六不動尊霊場 四番札所
    上州三十三観音霊場 二十一番札所
    関東八十八ヶ所 二番札所
御詠歌:その上は 幾夜経ぬらん たよりにも 千歳はここに 松井田の里

JR安中駅と東邦亜鉛安中製錬所(群馬県安中市)4

JR信越本線にある「安中駅」に行ってきました。
住所としたら「群馬県安中市中宿950番地」になります。

JR東日本管轄の駅になります。

こちらの駅は、国道18号線沿いといった感じで、交通量の多いところにありました。

お隣の駅は、群馬八幡駅と磯部駅になります。

駅の全景としたら、普通の駅といった感じです。
933bb6fc.jpg

以前に紹介した深谷駅のように「関東の駅百選」には選ばれているわけではありません。

長野新幹線の安中榛名駅も遠いので、乗り継ぎは不可能かと思われます。

駅の裏側には、東邦亜鉛株式会社安中製錬所があります。
改札口から工場が見えます。
e6f4c514.jpg

工場萌えには、なかなか良いです。
萌えてしまいました。
お近くに来た方は、ぜひとも見てください。

こちらから磯部駅方面に行くと、鷺宮咲前神社が鎮座していました。
よかったらそちらの神社にも参拝してみてください。

鷺宮咲前神社(群馬県安中市)5

575d06b1.jpg

群馬県安中市に鎮座する「鷺宮咲前神社(さぎのみやさきさきじんじゃ)」に参拝してきました。

安中市の東部、旧安中市の市街地から西へ行った所に神社は鎮座していました。

最寄り駅は、JR信越本線「安中駅」or「磯部駅」になります。
徒歩で神社まではかなりかかりそうです。

駐車場は、境内の右側にありました。
自動車は、十数台位は停められそうです。


こちらの神社の由緒は以下の通りです(由緒書きより)。
「当鎮座地は神代、経津主大神が健御名方神を追って上野国と信濃国の国境の荒船山に御出陣の時の行在地であると伝わる。
安閑天皇元年(534)六月、初の申の日に神石『雷斧石』三柱の御出現を仰ぎ、時の朝廷に上奏したところ、奉幣使、磯部朝臣小倉季氏と共に高椅貞長、峯越旧敬を伴い上毛野国に御下向があり、抜鉾(ぬきほこ)大神『健経津主命』をお祀りし、社を建てられた。
それ以後、磯部朝臣が祭司を司った。
その後、白鳳元年(650)第十一代小崎邦平、神託により蓬丘菖蒲谷に御遷座し、貫前神の鎮座となり、磯部郷前宮跡を先の宮として崇め、改めて咲前神社が創建された。」


こちらが境内にあった由緒を記した案内板です。
30e4ca2c.jpg

富岡市に鎮座する「一之宮貫前神社」の前宮としての位置づけの神社です。

国道18号線や安中の市街地からかなり外れていますので、周辺はかなり長閑になります。
駅からはかなり遠いので、できれば自動車で行かれた方が良いかもしれません。

こちらが鳥居になります。
23df8c51.jpg

道路沿いにありました。

躑躅(つつじ)でしょうか。
67edd40e.jpg

とても綺麗です。

少々急な石段を登り、境内に入ります。
3262c478.jpg

足元を気をつけて下さい。

境内は、さほど広くはありません。

4月28日に参拝しましたら、神社の法被を着た方々が多くいらっしゃいました。
「何故だろう?例大祭にしては、参拝者はさほど多くはないし・・・」と思っていました。
後で由緒書きを頂いたら、毎月1日・15日・28日が月次祭でした。
参拝者もちらほらいらっしゃり、地域の方々に愛されている神社かなぁと思いました。

こちらが神楽殿です。
6b9911df.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?

こちらが社殿になります。
6be5b49c.jpg

小ぢんまりしていますが、なかなか立派な社殿です。

こちらが社殿に掲げられた扁額です。
ba7da303.jpg

社殿の左右には「根子石(ねこいし)」という石がありました。
b8f56dc9.jpg

cc5ebfc2.jpg

根子石の上に白い石を置いて落ちなければ願いが叶うそうです。

境内には、境内社が鎮座していました。
ab84588b.jpg

絹笠神社・金刀比羅神社になります。
絹笠神社は、養蚕の神様になります。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ