神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

妙見菩薩

少林山鳳台院達磨寺(群馬県高崎市鼻高町)5

KIMG2959

 群馬県高崎市にあるお寺の中で「高崎白衣観音」に次いで有名なお寺かもしれません。

 最寄り駅は、JR信越本線「群馬八幡駅」になります。
徒歩で十数分位になります。

 国道18号線の「少林山入口」という交差点の南にある橋を渡り、東に行くと、お寺はありました。

 駐車場は、山門前にあり、自動車は十数台は停められそうです。
 また、本堂の後方にも駐車場があり、かなりの台数が停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「群馬県高崎市鼻高町にある黄檗宗の寺院。本尊は十一面観音。山号は少林山。
 開山は東皐心越(とうこうしんえつ、1640〜1696)、開基は徳川光圀と伝えられる。開創年は不明。
 正月6・7日の達磨市は有名。
 戦前、当寺にはナチスに追われたブルーノ・タウトが寄寓した。資料の展示館がある。」

 また、吉川弘文館刊「日本仏教史辞典」によると次の通りです。
「群馬県高崎市鼻高町にある寺。黄檗宗。山号は少林山で知られる。もと曹洞宗(寿昌派)。幕末の一時期無住を経て明治維新後に黄檗宗となる。
 寺伝によると、元禄十年(1697)前橋藩主酒井忠挙(ただたか)が明の渡来僧東皐心越(とうこうしんえつ、水戸藩主徳川光圀帰依)を招いて開山したとある。事実は心越の法嗣天湫法澧(くんしゅんほうれい)を水戸祇園寺から招いて開創したもの(『寿昌正統録』)であり、心越は勧請開山である。法澧は達磨寺(当初は少林山達磨精舎)を開創して三十年間、曹洞禅の強化に努めた。
 達磨寺の本尊は北辰鎮宅霊符尊。心越が中国から将来し、もとは水戸侯が護持し、享保七年(1722)本寺に勧請し、鎮護国家の祈願所として伝える。本堂は霊符尊と達磨大師、心越禅師を祀る。
 星祭祈祷の寺として知られ、1月6日、7日の七草大祭、達磨市(招福の達磨の張子を売る)は有名。霊符尊に対する信仰として開運講が組織されている。
 境内東端にドイツの建築家ブルーノ=タウトが昭和八年(1933)8月から十年10月まで居住して、日本文化を紹介した洗心亭がある。」


 境内の桜は満開でした。3〜6月頃の境内は木々の緑が映え、しばらくは散策できます。

KIMG2902
KIMG2910

 境内には霊符堂、達磨堂、観音堂があります。
 本堂になります。
KIMG2903
 達磨が奉納されていました。
KIMG2906
 達磨堂と授与所になります
KIMG2904
 桜がとても綺麗です。
KIMG2905
 本堂裏側の駐車場の脇には売店があり、お茶やコーヒー、ドリンクがあります。「緑茶とどら焼きセット」で300円です。

 観音堂になります。
KIMG2907
 観音堂は、十一面観音(厄除観音)が祀られていました。茅葺きの屋根でとても趣がよいです。

 御朱印は、瑞雲閣(授与所が併設)にある「祈祷・納経・集印受付」で頂けます。御朱印を頂くには、「納経」が必要になりますので気を付けてください。御朱印受付の右側にある達磨大師の分身の前で、お経を唱えてくれます。御朱印代は、志納です。

 授与所では、各種御守りや各種御札(500円or1,000円)や達磨といった授与品はありました。
 私は、ご本尊の御影が描かれた御姿札を頂きました。一体300円です。
 オリジナル御朱印帳もありました。





寺院名:少林山 鳳台院 達磨寺
所在地:群馬県高崎市鼻高町294番地
宗 派:黄檗宗
本 尊:北辰鎮宅霊符尊 十一面観音

高崎達磨寺 北辰鎮宅霊符尊の御姿札(群馬県高崎市鼻高町)5

KIMG2918

 群馬県高崎市にある黄檗宗の名刹「少林山達磨寺」の御札です。
 ご本尊の北辰鎮宅霊符尊(妙見菩薩)の御影が描かれた御姿札だそうです。一体300円です。本堂左側にある授与所にて頂きました。
 各種御守り、各種御札、絵馬、参拝記念品はありました。

 3月30日に参拝してきましたが、境内は桜で綺麗でした。
KIMG2910
 しばらく散策はできそうです。




寺院名:少林山 鳳台院 達磨寺
所在地:群馬県高崎市鼻高町294番地
宗 派:黄檗宗
本 尊:北辰鎮宅霊符尊 十一面観音

鷲ヶ峰 福応山 成蓮院 円満寺(群馬県桐生市)5

552f04ff.jpg

群馬県桐生市にある「鷲ヶ峰 福応山 成蓮院 円満寺」に参拝してきました。
高野山真言宗に属するお寺になります。


桐生市にある桐生が岡公園の東側にお寺はありました。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」もしくは上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。
徒歩では少々かかりそうです。

お隣は、延喜式内社「美和神社」になります。

駐車場は、入り口前にありました。
自動車は、十数台は停められそうです。


こちらのお寺の伝承として、弘法大師空海が東国巡錫のおりに、この地に鷲が多く、農作物をあらしたので、空海の法力を以って山に封じこめたそうです。
そのことにより、「鷲ヶ峰」と称し、山号の上の冠するようになったそうです。
江戸時代以前は「成蓮院」という修験道のお寺だったようです。
桐生市の中心部に近かったせいもあり、キリシタン対策のため江戸幕府は檀家制度を強化したため、真言宗系寺院として大きくなっていたようです。
そのなかで、慶長三年(1598)から寛文十二年(1672)の間に「円満寺」と称するようになったそうです。


こちらのお寺は、桐生市の山の手通り沿いの丘陵地の中腹にあるといった感じで、桐生市を一望できます。

こちらが入口になります。
1fe43bd6.jpg

山門はありませんでした。
石段を登っていきますので、足下にはお気をつけ下さい。

こちらが寺号標になります。
cddddb34.jpg

上がると、鐘楼門がありました。
32c604ce.jpg

こちらの梵鍾は、文化十年(1813)の鋳造になり、書上氏による発願によるもので、この地域の豪商で学者の佐羽淡斎の書だそうです。

石段を上がると、左右に地蔵菩薩が三体づつありました。
b8bd6f07.jpg

a6dfa2af.jpg

いわゆる「六地蔵」だと思われます。

こちらが本堂を再建した折の記念碑です。
27313aa0.jpg

進むと、境内の右側に木々が植えられていました。
bb19379b.jpg

庭園的な感じなんでしょうか。

その中には、庚申塔がありました。
da1c5b44.jpg

その先には、北辰殿という扁額が掲げられたお堂がありました。
aafafd06.jpg

935c63d7.jpg

推測するに妙見菩薩か祀られた「妙見堂」かもしれません。
古そうなお堂ですが、庫裡が併設されています。

こちらが遍路大師です。
af07be55.jpg

今もなお修行をしています。

境内の左側には、池がありました。
debaab5a.jpg

中には弁天堂があり、こちらの池は弁天池と言った方が良いかと思われます。

このような看板がありました。
66ea9cb7.jpg

気を付けてください。

池の隣には、「千部供養塔」がありました。
2b7b41d0.jpg

古そうな感じの供養塔です。
どのような謂れがあるのでしょうか?続きを読む

達磨寺(群馬県高崎市)5

14f80268.jpg

4月15日に群馬県高崎市にある黄檗宗の名刹「少林山 達磨寺」に参拝してきました。
黄檗宗に属するお寺になります。

群馬県高崎市にあるお寺の中で「高崎白衣観音」に次いで有名なお寺かもしれません。

最寄り駅は、信越本線「群馬八幡駅」になります。
徒歩で十数分位になります。

国道18号線の「少林山入口」という交差点の南にある橋を渡り、東に行くと、お寺はありました。

駐車場は、山門前にあり、自動車は十数台は停められそうです。
また、本堂の後方にも駐車場があり、かなりの台数が停められそうです。

本堂です。
f67f0e8d.jpg

ご本尊の「北辰鎮宅霊符尊」とは、妙見菩薩とも言われ、北斗七星を神格化した仏様です。
72760f55.jpg

やはり達磨さんが多く収められています。

今日は、天気が良く、参拝日和でした。
境内の桜は昨日の雨で散りはじめていました。
今週末には、葉桜になってしまうでしょう。
c674df02.jpg

小さな池です。
77f585df.jpg

なかなか風情があります。続きを読む

妙見寺(群馬県高崎市)5

177b632f.jpg

平成23年12月31日に高崎市にある天台宗の「三鈷山妙見寺」というお寺に参拝しました。

やはり、赤城おろしがすごく、寒かったです。

こちらのお寺は、群馬県高崎市の北部にあり、前橋市の「上野総社神社」からも近いところにありました。

最寄り駅は、JR両毛線「新前橋駅」になりますが、徒歩ではかなり歩くと思われます。

駐車場は、道路沿いにあり、舗装はされていませんが、自動車は数十台位は停められそうです。

創建は不明ですが、700年代初頭にお寺はあったそうです。
和銅七年(714年)に藤原忠明が妙見堂に一泊したことがあるので、そのころからあったようです。

本堂には「釈迦如来」、本堂の左側には妙見堂があり、「妙見菩薩」が祀られています。

「妙見菩薩」とは、北斗七星を神格化した仏様です。

83426851.jpg

妙見堂は、高崎市指定の重要文化財になり、彫刻は立派です。

御朱印は、本堂の右側にある「庫裡」で頂けました。
「妙見菩薩」の御朱印を頂きましたが、ご本尊の「釈迦如来」や群馬郡三十三観音霊場の札所本尊の「聖観世音菩薩」もあるかもしれません。
御朱印代は、「志納」でした。

御朱印をいただく際に、般若心経を写経したものを納経させていただきました。

由緒書きは、ありました。

参道には、「妙見茶屋」という和菓子屋さんがありました。
何か買ってくればよかったです。

近くには、「上野国分寺跡」がありました。

こちらのお寺は、高崎の市街地よりも前橋の市街地の方が近いです。





寺院データ
寺院名:三鈷山 吉祥院 妙見寺
住 所:群馬県高崎市引間町213番地
宗 派:天台宗
本 尊:釈迦如来 妙見菩薩 聖観世音菩薩
札所等:群馬郡三十三観音霊場 二十三番札所
旧 称:七星山 息災寺
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ