まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

太平山神社

大平山 連祥院(栃木県栃木市)5

cfff2c6f.jpg

栃木県栃木市にある「大平山連祥院」に参拝してきました。
天台宗に属するお寺になります。

栃木市の中心部から西へ行った大平山の麓にお寺はありました。
太平山神社の参道である「あじさい坂」の入り口のそばにあります。

駐車場は、お寺の入り口の前にありました。
また、栃木市営無料駐車場もありました。
自動車は、合わせて50台以上は停められそうです。


こちらのお寺の由緒は以下の通りです。
「当山は、天長四年(827)慈覚大師円仁により創建されました。
もとは太平大権現社の別当寺院として山上にあり、第五十三代淳和天皇の勅願寺として栄え、多くの人々により信仰されてきました。
しかし、明治期の神仏分離令により、山上からおろされ、明治三十八年に現在の本堂、六角堂が建立されました。
堂内中央には、本尊虚空蔵菩薩、右側に愛染明王、左側に不動明王が安置されています。」


駐車場からお寺に向かいます。
b10214f8.jpg

境内の隣には、太平山神社のあじさい坂のそばなので、梅雨の時期は紫陽花が咲いて、とても綺麗だと思われます。
97d0ada6.jpg

関東ふれあいの道に選定されています。
ada20d7b.jpg

こちらが入り口です。
6160ed38.jpg

2fd80b68.jpg

境内には、赤い旗が多く奉納されていました。
003a4254.jpg

信仰されている方々多いのでしょう。

元は、太平山神社と一体となっていた神仏習合色の強い寺院ですが、明治時代の神仏分離で独立。
現在に至ります。続きを読む

太平山神社(栃木県栃木市)5

00c79eb5.jpg

栃木県栃木市の「大平山」に鎮座する「太平山神社」に参拝してきました。

残念ながら、写真を撮り忘れました。

駐車場は、境内の右側にある鳥居前に10台位、随神門前に数台停められそうです。
他にも駐車場はありました。

境内には、
交通安全神社(祭神:猿田彦命)
福神社(祭神:天之受売命・恵比寿神・大国主命)
星宮神社(祭神:磐裂根裂神 他)
等が鎮座していました。
境内社は、多かったです。

神社までの道には「随神門」がありました。
とても立派でした。

御朱印は、社殿の左側にある「授与所」で頂けました。
御朱印代は、300円でした。

御守りや御札といった授与品は、多くありました。

オリジナル御朱印帳があるようです。

由緒書きは、有料(100円)でした。
広げるとA2サイズになり、カラー刷りで写真や説明文もあり、とても見やすい由緒書きでした。

境内・謙信平からの眺望は、とても素晴らしいです。

境内の右側にある神社の駐車場、また謙信平には売店があり、休憩がとれ、食事やお土産も買えます。

参拝したのは大晦日だったので、境内はお正月の準備をしてました。
神職の方もお忙しそうでした。
そんな中、御朱印をいただいてしまい、恐縮するばかりです。

とても雰囲気の良い神社でした。
お勧めの神社です。

こちらの神社は、「大神神社」を兼務しています。




神社データ
神社名:太平山神社(おおひらさんじんじゃ)
鎮座地:栃木県栃木市平井町659番地
祭 神:瓊瓊杵命 天照皇大御神 豊受姫大神
社格等:県社
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ