神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

天海

東叡山 円頓止観院 寛永寺(東京都台東区)5

f9233224.jpg

東京都台東区にある「東叡山 円頓止観院 寛永寺に参拝してきました。
天台宗のお寺になります。

ウィキペディアには、「東叡山 円頓院 寛永寺」とありましたが、天台宗のホームページには「東叡山 円頓止観院 寛永寺」となっており、正式な院号は「円頓止観院 」とします。

こちらのお寺は、言わずと知れた「徳川家」所縁のお寺になります。

最寄り駅は、JR山手線「鶯谷駅」になります。
徒歩では、5分位かもしれません。

参拝者用の駐車場は、ありました。


寛永寺の由緒は以下の通りです(ホームページより)。
「寛永寺は、寛永二年(1625)慈眼大師 天海大僧正(じげんだいし てんかいだいそうじょう)によって創建されました。
徳川家康、秀忠、家光公の三代にわたる将軍の帰依を受けた天海大僧正は、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に寛永寺を建立しました。
これは平安の昔(九世紀)、桓武天皇の帰依を受けた天台宗の宗祖伝教大師最澄上人(でんぎょうだいしさいちょうしょうにん)が開いた比叡山延暦寺が、京都御所の鬼門に位置し、朝廷の安穏を祈る鎮護国家の道場であったことにならったものです。
そこで山号は東の比叡山という意味で東叡山とされました。
さらに寺号も延暦寺同様、創建時の元号を使用することを勅許され、寛永寺と命名されました。やがて第三代の寛永寺の山主には、後水尾天皇の第三皇子守澄(しゅちょう)法親王を戴き、以来歴代山主を皇室から迎えることになりました。
そして朝廷より山主に対して輪王寺宮(りんのうじのみや)の称号が下賜(かし)され、輪王寺宮は東叡山寛永寺のみならず、比叡山延暦寺、日光山万願寺(現 輪王寺)の山主を兼任、三山管領宮(さんざんかんりょうのみや)といわれ東叡山に在住し、文字通り仏教界に君臨して江戸市民の誇りともなりました。」


根本中堂(本堂)は、上野恩賜公園の北側にありました。
根本中堂の開堂は不定期で行われており、4月7日に参拝した時はちょうど拝観ができ、本堂にあがり、参拝できました。
開堂している日は、寛永寺事務所まで問い合わせてください。
根本中堂になります。
6dd78da2.jpg

「薬師如来」が祀られています。
内部は、写真撮影不可だと思いますので、撮ってきませんでした。

こちらが説明板です。
1dd42cbe.jpg

「寛永寺本堂
台東区上野桜木一丁目十四番十一号
旧本堂(根本中堂)は現在の東京国立博物館前の噴水池あたりにあったが、慶応四年(一八六八)彰義隊の兵火で焼失した。
そのため明治九年(一八七六)から十二年にかけて、埼玉県川越市の喜多院の本地堂(ほんじどう)が移築され、寛永寺の本堂となったのである。寛永十五年(一六三八)の建造といわれる。
間口・奥行ともに七間(十七・四メートル)。前面に三間の向拝(こうはい)と五段の木階、背面には一間の向拝がある。
周囲には勾欄付廻縁(こうらんつきまわりえん)をめぐらしており、背面の廻縁には木階を設けて、基壇面に降りるようになっている。
桟唐戸(さんからど)(正面中央など)、蔀戸(しとみど)(正面左右など)、板壁など、すべて素木のままである。屋根は入母屋造(いりもやづくり)、本瓦葺、二重(たるき)とし、細部の様式は和様を主とする。
内部は、内陣が土間で、外陣(げじん)と同じ高さの須弥壇(しゅみだん)が設けられている。
須弥壇の上に本尊その他の仏像を安置する。
内陣を土間とする構造は中堂造(ちゅうどうづくり)と呼ばれ、天台宗独特のものである。現在は仮の床が張られ、内外陣ともにすべて畳敷になっている。
平成十六年三月
台東区教育委員会 」


参拝した日には、境内の桜はほぼ満開でした。
c6ceb479.jpg

やはり、桜は良いです。
桜は、年の数しか見ることはできないとも言います。

ひっきりなしに参拝者がいらっしゃいました。

やはりカメラを片手に桜の写真を撮っている方もいらっしゃいました。
僕もですが

やはり鐘楼がありました。
d4cb0a01.jpg

「時の鐘」は、もう少し南にあります。続きを読む

喜多院(埼玉県川越市)5

fca9a2ef.jpg

埼玉県川越市の中心部にある「星野山 無量寿寺 喜多院」に参拝してきました。
天台宗のお寺になります。

最寄り駅は、JR埼京線・東武線「川越駅」、西武新宿線「本川越駅」になります。
徒歩では、約20分位かもしれません。

駐車場は、山門の右側には有料駐車場(500円)がありました。
かなりの自動車が停められそうです。

近くには、成田山新勝寺の川越別院にあたる「成田山本行院」がありました。

川越大師は、江戸時代に徳川家康のブレーンであった「天海」が住職を務めたお寺になります。
門前には、天海の像がありました。
efe63184.jpg

百歳も生きたとか・・・
明智光秀だとも言われていますが、真相はどうだか・・・

山門です。
832b648e.jpg

有名なお寺の割りには、大きくもない山門です。

境内の右側には、土産物を売るお店がありました。
また、露店もあり、「厄除け団子」なるものを売っているお店もありました。

また境内の右側にある「五百羅漢像」がありました。
拝観料が必要です。
今回は、拝観しませんでした。

また、「多宝塔」がありました。
a62072f2.jpg

埼玉県指定の有形文化財になります。
オリジナル御朱印帳の表紙にも描かれています。
なかなか立派でした。続きを読む

世良田山長楽寺(群馬県太田市)3

群馬県太田市にある「世良田山長楽寺」に参拝してきました。
天台宗のお寺になります。

何度も参拝させて頂いています。
以前の参拝日記は⇒こちら

太田市の南部、旧尾島町世良田にありました。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「世良田駅」になります。

一時期は、江戸幕府初代将軍徳川家康のブレーンだった「南光坊天海」が住職を勤めていました。

山門とは別に「勅使門」がありました。
27fa1cd7.jpg
名前の通り、勅使を迎えたときでしか開かない門です。
銅板葺総丹漆塗の門になり、県指定重要文化財になります。

三仏堂がありました。
095db8fb.jpg
「釈迦如来・阿弥陀如来・弥勒菩薩」の三仏が安置されています。
長楽寺の中心的なお堂になります。

三仏堂の前には「蓮池」と「渡月橋」がありますが、綺麗に清掃されていないので、ちょっと雰囲気が良くないです。

比較的広いので、なかなか行き届かないかもしれません。

三仏堂後方、道路を挟んだ反対側には、開山堂や新田氏の累代の墓があります。
うっそうとした木々の中にあるため、夏に行くと蚊が多く、刺されるので、気をつけて下さい。

こちらは、両大師堂になります。
6c7f8a5e.jpg

本尊である「釈迦三尊(釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩)」が祀られています。
江戸幕府三代将軍「徳川家光」が寄進した仏像だそうです。
また、「慈恵大師・慈眼大師」も祀っています。
本堂の役割を果たしているお堂です。

建物自体は、新しそうでした。
由緒書きを頂いたら、古い両大師堂が出てました。
旧両大師堂は、入母屋造りの建物になりますが、今は何だろうか?

御朱印は、両大師堂(本堂)の右側にある「庫裡」で頂けます。
御朱印代は、300円でした。

由緒書きは、ありました。

普段の三仏堂の前には、授与品が無人で置いてありました。

隣は、世良田東照宮になり、参拝できました。




寺院データ
寺院名:世良田山 真言院 長楽寺
所在地:群馬県太田市世良田3119‐7
宗 派:天台宗
寺格等:準別格大寺
開 基:徳川義季
本 尊:釈迦三尊

上州七福神の巡拝5

上州七福神のホームページが無いし、記載するブログも少ないので、詳しく書いてみたいと思っております。

さて、由来は『上州七福神』のパンフレットがあったので一部抜粋します。

由来「昔から宗教を超えて庶民の間に広く浸透してきた七福神の信仰は、その起源が徳川家康の相談相手として活躍した『天海大僧正』と伝えられています。「七難即滅 七福即生」といって、人々にとって避けることができない様々な難儀を七福神の慧力によってそのまま福に転じうるという、転禍為福の願望が多くの人々の心をとらえてきました。ここに、天海大僧正にゆかりの深い徳川家出生の地この上州に、古くから祀られてきた七福神を選んで巡拝のコースを設定しました。(一部抜粋)」

上州七福神の場合、群馬県全域にわたるために、1日では七ヶ所を巡拝するのは、大変だと思われます。

巡拝の開始は、太田市原宿にある『善宗寺』か下仁田町にある『霊山寺』のどちらかが始めやすいです。

先ずは、最初のお寺で『上州七福神専用の御宝印帳』を『350円』で購入します。

御朱印は、各札所に専用の用紙にすでに書かれて、御朱印を押されたものがあるので、200円で頂いていきます。

最初のお寺では、550円になります。
次のお寺からは、専用御宝印帳は購入しなくてすみます。

七ヶ所を巡拝すると、1,750円かかります。

団体の参拝者も受け入れており、パンフレットによると、『希望者には法話を20分 2,000円』で行っているようです。『希望者は事務局か各札所まで』だそうです。
事前に連絡をした方がよさそうです。

『通年対応』をしておりますので、1月以外にも巡拝出来ます。

この上州七福神は、『本堂に上がり、七福神に参拝』するのを原則としているため、なかなか良い霊場です。

ただ、一ヶ寺だけ上州七福神以外の霊場には参加していないようで、巡拝者の対応は不慣れなようで、とても残念です。

他の五ヶ所は、上州七福神以外の霊場の札所をしていますので、ご住職が在宅ならば、その御朱印も頂ける可能性も有ります。

上州七福神以外の御朱印を頂きたい場合は、各札所で聞いてみてください。

自動車は、各札所に専用の駐車場がありますので停められますが、大型車はわかりません。
大型車で行かれる方は、事前に札所に問い合わせてください。続きを読む

仙波東照宮(埼玉県川越市)3

8e91d7f6.jpg

埼玉県川越市に鎮座する「仙波東照宮に参拝してきました。
日本三大東照宮の一つにも数えられる東照宮です。

天台宗の名刹「星野山喜多院」の隣に仙波東照宮は鎮座していました。
fea0d6e0.jpg

最寄り駅は、JR埼京線「川越駅」・西武新宿線「本川越駅」になります。
神社まで少々歩きます。

神社専用の駐車場は、見当たりませんでした。
喜多院の門前に有料駐車場がありました。

神社は、森の中にあるといった感じでした。
5b5c4cae.jpg

境内には、軽食が取れるお店がありました。
c1640b31.jpg

お年寄りの方がお店を切り盛りされていました。
大丈夫かな?

社殿前にある門が閉じられており、社殿まで近づくことが出来ず、門前での参拝になります。
b16a4f2b.jpg

とても残念です。

本務社の川越八幡宮のホームページを見ると、仙波東照宮の正式参拝を受け付けているとの案内がありました。

社殿は、国指定重要文化財になります。

境内は、木々に囲まれており、川越市の中心部にありながら、森の中にいるような感じがしました。

御朱印は、川越市内に鎮座をしている「川越八幡宮の授与所」で頂けました。
一律「書き置きの御朱印に」なります。
御朱印代は、300円でした。

川越八幡宮のホームページには、授与品が紹介されていました。
川越八幡宮の「授与所」にあるかもしれません。




神社データ
神社名:仙波東照宮
鎮座地:埼玉県川越市小仙波町一丁目21‐1
祭 神:徳川家康公
旧社格:無格社
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ