神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

天台宗

浅草観音 板東札所(東京都台東区浅草)2

image

 東京都台東区浅草にある寺院になります。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線・東京メトロ銀座線・都営浅草線「浅草駅」になります。東武と銀座線の浅草駅からは、徒歩で数分位かと思われます。
 
 駐車場は、見当たりませんでした。自動車で行かれる方は周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの寺院の由緒は皆さんご存じでしょうが、あえて調べてみました。雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「聖観音宗総本山。金龍山。通称浅草の観音様。本尊は聖観世音菩薩(秘仏)。
 『武蔵国浅草寺縁起』によれば、推古天皇三十六年(628)に宮古川(現隅田川)で漁をしていた檜前浜成・竹成兄弟の網に観音像がかかり示現した。それを土師真中知(一説に土師真人中知・土師直中知)が自宅を寺堂として安置し、また自らも剃髪して祀ったのが始まりとされる。一方これに対して10人の童子が藜(あかざ)の堂を建てて祀ったという草刈童子の伝承がある。後世、漁師ら三人は権現思想のもと三社権現(現浅草神社)として、また草刈童子とともに十社権現社に祀られた。
 浅草寺という寺院名は『吾妻鏡』建久三年(1192)5月8日条が初見だか、第二次世界大戦後の発掘で、少なくとも平安時代に遡ることが確認されている。
 645年に本堂を再建した勝海を開山とし(この時、本尊を秘仏とするという)、857年に堂宇を再建した円仁を中興開山とし、円仁が謹刻したと伝える観音像が現在のお前立本尊となる。さらに天慶五年(942)当寺への祈願が成就した平公雅が諸堂を修繕し、荘園を寄進して寺域も拡大し、その後も源頼朝や北条氏・足利氏らの外護を得た。江戸時代には徳川幕府の祈願所とされ、家康から寺領500石を賜り興隆した。
 江戸時代は衆徒十二坊、寺僧二十二坊(現在は全二十四支院)で構成され、最高職は独自で選出した別当であったが、貞享二年(1685)の某事件を機に輪王寺の支配を受け、1740年以降は上野輪王寺門跡の兼帯となり、明治になって延暦寺の直轄となった。
 『寺院本末帳』には、朱印500石、僧正寺、衆徒十二か寺、寺僧二十二か寺、末寺十八か寺、門徒七か寺、承仕三人とある。
 昭和二十五年に天台宗より独立。
 戦災で本坊(伝法院)や二天門などを除く本堂・五重塔なとを焼失。昭和三十三年に本堂が、のちに雷門・宝蔵門(旧仁王門)・五重塔なども再建して伽藍を復興しつつある。
 支院の本龍院は待乳山聖天として別に信仰をもつ。
 行事には大晦日より一週間の修正会、正月12日より一週間の温座陀羅尼会、2月8日針供養、3月18日本尊示現会、4月8日仏生会、6月18日百味供養会・楊枝浄水加持会、7月9・10日四万六千日(ほうずき市)、12月17・18日歳の市(ほうずき市)などがある。
 寺宝に国宝『法華経』開結共十巻(伝小野道風筆)、重文『元版一切経』ほか多数。
 坂東第十三番札所、江戸三十三観音第一番札所。」


 言わずと知れた浅草の観音様に参拝してきました。
 こちらの寺院は、江戸時代の川柳に「江戸自慢 十三番が これくらい」と歌われ、江戸っ子の信仰を集めたようです。
image

 参拝者が多く、混みあっていました。
 今回は、坂東三十三観音霊場の巡拝で訪れました。
 授与所で「坂東の御朱印」と「御御影」を頂いてきました。
image

 しかし、帰りに御朱印を確認すると、右上に押される札所の印(坂東十三番)が押されず、「江戸三十三観音札所第一番」の印が押されてました(・ω・)




寺院名:金龍山 伝法院 浅草寺
所在地:東京都台東区浅草二丁目3‐1
宗 派:聖観音宗
寺格等:総本山
本 尊:聖観音
通 称:浅草観音(あさくさかんのん)
札所等:坂東三十三観音霊場 十三番札所
    昭和新撰江戸三十三観音霊場 一番札所
    浅草名所七福神 大黒天
御詠歌:深きとが 今よりのちは よもあらじ つみ浅草へ まいる身ならば

「真光山長安寺 御開帳&護摩祈祷」/「瑠璃光山光栄寺 初薬師&祈祷祈願」5

寺院名:真光山 永照院 長安寺
所在地:群馬県伊勢崎市西小保方町304‐1
宗 派:天台宗
本 尊:釈迦如来
札所等:北関東三十六不動尊霊場 七番札所
札所本尊:みかえり不動尊
御詠歌:かえりみて つみとがはらう 威音王 佐波路にたかき みすくいの寺


 こちらのお寺では、大晦日(12月31日)の午後11時40分から1月1日の午前1時30分頃まで「除夜祭」が開かれます。
 その際に威音王堂(護摩堂、不動堂)内に安置されており、秘仏になる「みかえり不動尊」の御開帳があります。室町時代より長安寺に伝わる不動明王だそうです。
 昨年の除夜祭の時に拝見をしましたが、鮮やかな色彩の不動明王でした。通常は前立本尊を拝めますが、秘仏の不動明王の方が強いパワーを感じました。こちらのお不動様は、北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。
 なお節分会(2月3日)の12時から13時までも御開帳があります。

 また、除夜祭の御開帳の際には威音王堂で護摩を修していましすので、檀家以外でも希望する方は祈祷祈願が受けられます。
 願意は、厄除・方位除・商売繁昌・家内安全・交通安全等々をできると思われます。御祈祷料は、3,000円と5,000円になります。祈祷札の大きさが違います。
 御開帳の時以外にも常時祈祷祈願は行われており、また檀家以外でも受け付けているそうです。もし受けられる方は、事前にお寺にお問い合わせください。

 御朱印あり(不動明王と阿弥陀如来)。
image
続きを読む

真光山長安寺 みかえり不動尊御開帳(群馬県伊勢崎市西小保方町)5

 群馬県伊勢崎市にある「真光山長安寺」の12月31日の大晦日に開かれる「除夜祭」と「みかえり不動尊の御開帳」、「護摩祈祷」に参加をしてきました。
 時間は、大晦日の午後11時40分から1月1日の午前1時30分頃までになります。

以前の参拝日記は→こちら

 除夜祭には「威音王堂(不動堂)」で秘仏になる「みかえり不動尊」が御開帳され、拝むことができました。
image

室町時代より長安寺に伝わる不動明王だそうです。鮮やかな色彩の不動明王でした。
 通常は前立本尊を拝めますが、秘仏の不動明王の方が強いパワーを感じました。
 こちらのお不動様は、北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。

 除夜祭の御開帳の際、威音王堂では護摩を修していましすので、檀家以外でも希望する方は祈祷祈願が受けられます。
 願意は、厄除・方位除・八方塞・商売繁昌・社運隆昌・家内安全・交通安全・病気平癒・無病息災・開運招福・除災招福・心願成就等々をできると思われます。時期が時期だけに、合格祈願もできます。
 御祈祷料は、3,000円と5,000円になります。祈祷札の大きさが違います。
 御開帳の時以外にも常時祈祷祈願は行われており、また檀家以外でも受け付けているそうです。もし受けられる方は、事前にお寺にお問い合わせください。

 除夜祭では108名まで粗品が頂け、またけんちん汁が200食位振る舞われました。私も美味しく頂きました。

 除夜の鐘については、108名以上でも参拝した方は皆さん撞くことができるそうで、私も撞かせて頂きました。
image

 御開帳は、大晦日から元旦の除夜祭以外にも「節分会(御開帳時間:12時〜13時)」に行われるそうです。
 つまり、年に2回御開帳がされます。秘仏の「みかえり不動尊」を拝みたい方は、その2回の御開帳に訪れてください。今年の2月3日は平日の水曜日になってしまいますが、ご都合がつく方は参加してみてください。

 本堂には本尊である「釈迦如来」、みかえり堂には「阿弥陀如来」、稲荷堂には「荼枳尼天」が祀られています。
image

 本堂後方(境内の北側)の庭園は、残念ながら紅葉が終わっておりました。
 蓮池は、時期が来ると蓮の花が咲きます。

 御朱印あり。



寺院名:真光山 永照院 長安寺
所在地:群馬県伊勢崎市西小保方町304‐1
宗 派:天台宗
本 尊:釈迦如来
札所等:北関東三十六不動尊霊場 七番札所
札所本尊:みかえり不動尊
御詠歌:かえりみて つみとがはらう 威音王 佐波路にたかき みすくいの寺

東叡山寛永寺 上野大仏パゴダ(東京都台東区上野公園)5

image

 東京都台東区の上野恩賜公園内にありました。

 最寄り駅、JR山手線・東京メトロ銀座線「上野駅」になります。

 駐車場はありませんので、公共交通機関で行かれた方が良いです。


 こちらの寺院の由緒は次の通りです。
「寛永八年(1631)に初建された上野の大仏様は度々罹災しましたが、その都度復興されています。
 しかし関東大震災によりお首が落ち、第二次大戦時には軍の供出令により胴体を徴用されて、お顔のみが残されました。
大仏殿の跡地にはパゴダ(仏塔)が建立され、本尊として旧薬師堂本尊の薬師三尊像が祀られています。
”大仏を 埋めて白し 花の雲”   
子規」

 東叡山寛永寺管轄のお堂になります。

 上野公園の少し高いところにありました。
image

 この案内板が目印になります。石段を上がっていきます。

 「パゴダ」は、仏塔を意味します。
image

 薬師三尊(薬師如来・日光菩薩・月光菩薩)を本尊としています。
image

 「パゴダ薬師堂」と言うのですね。

 そのそばには、上野大仏がおわしました。
image

(´人`)

 境内に授与所があり、御守りや御札等が頂けます。

 御朱印は、清水観音堂で頂けます。御朱印代は、300円です。



寺院名:東叡山寛永寺 上野大仏パゴダ
所在地:東京都台東区上野公園
本 尊:薬師如来 釈迦如来

乙女不動尊 泉龍寺(栃木県小山市乙女)5

image
 
 栃木県小山市にあり真言宗豊山派に属するお寺になります。

 最寄り駅は、JR宇都宮線「間々田駅」になります。西口を出て、徒歩では十数分位かと思われます。

 駐車場は、入り口前にありました。自動車は、5台位は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです。
「乙女不動尊再建記念碑
 正徳四年(1714)泉龍寺中興の祖、淳元大和尚により不動堂は建立され近郷近在に多くの信仰を集めておりました。
 大聖不動明王(伝説によれば、日光中善寺湖中より発見されたと伝えられ、又は正慶二年(1333)の作か、南北朝時代北朝の年号)をおまつりしておりました由緒ある不動堂は平成七年(1995)八月十日落雷による火災にあいました。
 幸いにも住職により御本尊不動明王は無事搬出され、建物の貴重な文化的遺産である彫刻及び柱等は消失を免れることができました。
 再建に当たっては建設委員会を結成し、泉龍寺総代、世話人が当たり、町内会の協力を得ました。
 建築費の財源については、火災保険金及び壇信徒の浄財を勧募して充当致しました。
 建築は檀家の山中建築が請負、宮大工の生井建設と共同で施工され近郷にない立派な不動堂を再建することが出来ました」


 お寺まで狭い道をいきますので、自動車で行かれる方は気を付けてください。

 入り口になります。
image

鐘楼門になります。
image

参道を進むと「不動池」がありました。
image

image

水行場になります。

 そばには「水掛け乙女不動尊」がいらっしゃいました。
image

「北関東三十六不動尊霊場第十三番札所
 通称水掛け乙女不動尊
 御水行場不動池に本尊秘宝大聖不動明王の御分身像を遷座し、旧跡文化の発祥地不動塚の岩清水の霊泉にて、水掛け不動尊のご身体を清めれば、家内安全・厄除災難・無病息災・ボケ防止一切の病苦を除去して招福を授かる功徳の霊験さり。
 只だ一心に念誦じ来れ必らず無明暗黒の中より大光明を発揮して心願成就す」

 先に進むと、不動堂がありました。
image

 「乙女不動尊」が祀られています。こちらの不動明王は、北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。

 不動堂を左に行くと本堂がありました。
image

 本尊は、大日如来になります。

 御朱印は庫裡にて頂けました。私は北関東三十六不動尊霊場の納経軸に頂いたため御朱印代は500円でした。納経帳(汎用納経帳)は300円です。




寺院名:御瀧山 明王院 泉龍寺
所在地:栃木県小山市乙女一丁目25‐8
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:大日如来
札所等:北関東三十六不動尊霊場 十三番札所
御詠歌:水掛けて 祈りの水を ふらしつつ 病苦の民を 救う不動尊
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ