神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

天台宗

室田之瀧不動尊 大福寺(群馬県高崎市中室田)5

image

 高崎市を北部、中室田地区にお寺はありました。

 国道406号線沿いにお寺はありました。しかし、国道からは直接は入れません。
image

 ↑看板を目印にしてください。この看板から舗装されていない道を進むとお寺はあります。

 駐車場はありました。

 こちらは薬師堂になります。
image

 薬師如来が本尊になります。

 こちらが不動堂になります。
image

 室田之瀧不動尊が祀られています。北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。

 こちらが授与所になります。
image

 おみくじや御守りがありますが、閉まっています。寺務所に声をかけて下さい。

 御朱印は、寺務所で頂けました。御朱印代は300円でした。






寺院名:秀厳山 龍水院 大福寺
所在地:群馬県高崎市中室田町5558
宗 派:天台宗
本 尊:大聖不動明王
通 称:室田之滝不動尊
札所等:北関東三十六不動尊霊場 三番札所
御詠歌:人びとを 救いて守る 明王の 榛名の山も 近くなりけり

天開山浄土院大谷寺 坂東札所(栃木県宇都宮市大谷町)5

image

 栃木県宇都宮市の西部にお寺はありました。

 最寄り駅は、JR宇都宮線・日光線「宇都宮駅」、もしくは東武宇都宮線「東武宇都宮駅」になります。
 徒歩でお寺まで行くのは無理ですので、バスをご利用ください。両駅から「立岩」バス停行きに乗り、「大谷観音」バス停下車します。ちなみに大谷観音バス停の一つ前が「切通し」、二つ手前が「大谷橋」バス停になります。

 お寺専用駐車場は門前にありました。参拝者のみ駐車できます。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「栃木県宇都宮市大谷町にある天台宗の寺院。天開山。浄土院。坂東三十三か所十九番。通称大谷観音。
 一般に大谷石といわれる凝灰岩の自然洞窟に、本尊千手観音をはじめ釈迦・薬師・阿弥陀のそれぞれ三尊仏がレリーフされ、開創は空海と伝える。
 実際は平安初期から石窟寺院として整備されたと考えられ、いずれの尊像も重文かつ国指定特別史跡となっている。」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「通称大谷観音。天台宗、天開山、浄土院。本尊は凝灰岩製の大谷石の自然窟の壁面に彫られた千手観音立像。
 寺伝によれば、寺の開創については空海が統治の岩窟の大きな蜂を退治し、千手観音などの仏を彫ったことにはじまるという。実際にはそうではなく、洞穴の壁面に千手観音立像や薬師三尊像などが高浮彫りされる平安初期以降に、洞穴寺院としての性格を整え、徐々に寺院化していったことと思われる。ともかく、坂東三十三か所観音霊場の一つとして、人々の信仰を集めたと思われる。戦国期から近世初頭の戦乱および宇都宮氏の改易で一時衰退したこともあったが、天海の弟子伝海が住持になるに及んで再び発展していく。なお、近世段階の大谷寺は寺領五石で、宇都宮市の粉河寺の末寺であった。
 大谷寺の磨崖仏である千手観音立像・釈迦三尊像・薬師三尊像・阿弥陀三尊像は、国指定の特別史跡と重要文化財に二重指定されている。
 現在、当寺は坂東巡礼の第十九番霊場、ないし石の里の仏として信仰を集めている。」


 山門になります。
image

 入山料は大人400円、中学生200円、小人100円になります。

 本堂になります。
image

 本堂内に入ると、ガンダーラみたいな感じの崖に掘られた千手観音や釈迦如来がいらっしゃいました。

 徳川家康と築山殿の間に生まれた長女で奥平信昌の正室「亀姫」が再興したことにより、寺紋は「三ツ葉葵」になります。

 境内になります。
image

 宝物館があり、入山料400円で入館できます。
image

 弁天堂になります。
image

image

 御朱印は拝観受付にて頂けました。御朱印代は300円でした。
 坂東三十三観音霊場の御御影も一体(100円)頂きました。

 御守りやお線香といった授与品はありました。

 大谷観音から「多気不動尊(北関東三十六不動尊霊場十八番札所)」まで2匱紊覆里納動車ではさほどかからないかと思われます。合わせて参拝するのも良いかもしれません。





寺院名:天開山 浄土院 大谷寺
所在地:栃木県宇都宮市大谷町1198番地
宗 派:天台宗
本 尊:千手観世音菩薩
通 称:大谷観音
札所等:坂東三十三観音霊場 十九番札所
    下野七福神 弁財天
御詠歌:名を聞くも めぐみ大谷の 観世音 みちびきたまへ 知るも知らぬも

都幾山慈光寺 巡礼地蔵尊御朱印(埼玉県比企郡ときがわ町)5

 慈光寺に参拝した折りに観音様の御朱印以外にもお地蔵様の御朱印もあったので頂きました。
image

 本堂に祀られています。巡礼しているお地蔵様なのかな?
 本堂内は撮影不可かと思いますので、写真は取りませんでした。

 慈光寺の参拝日記→こちら

 まだ、ご本尊の阿弥陀如来、薬師霊場の薬師如来の御朱印は頂いていないので、また参拝しようと思います。





寺院名:都幾山 一乗法華院 慈光寺
所在地:埼玉県比企郡ときがわ町西平386番地
宗 派:天台宗
本 尊:阿弥陀如来
札所等:坂東三十三観音霊場 九番札所
    関東百八地蔵尊霊場 十四番札所
    関東九十一薬師霊場 三十三番札所
御詠歌:聞くからに 大慈大悲の 慈光寺 誓いも共に 深きいわどの

都幾山一乗法華院慈光寺 坂東札所(埼玉県比企郡ときがわ町西平)5

image

 埼玉県比企郡ときがわ町にお寺はありました。

 最寄り駅は、JR八高線「明覚駅」になります。
 駅から徒歩で行くのは無理ですので、バスで行くか自動車で行かれた方が宜しいかもしれません。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「埼玉県比企郡都幾川村にある天台宗寺院。都幾山一乗法華院。本尊は十一面千手千眼観音。
 天武天皇二年(673)慈訓(じくん)が観音霊場を開き、役小角(えんのおづぬ)を根本開山、道忠を開山とする。
 源頼朝、近世には五代将軍綱吉母桂昌院が帰依し朱印寺領百石。」

 また、吉川弘文館刊「日本仏教史辞典」によると次の通りです。
「埼玉県比企郡都幾川村西平にある天台宗寺院。都幾山一乗法華院と号し、草創は天武天皇二年(673)僧慈訓と伝え、鑑真の高弟道忠を開山としている。
 清和天皇の勅願により関東天台別院とされ、貞観十三年(871)上野国権大目安倍小水麿が『大般若経』(重要文化財)を書写奉納した。源頼朝の信仰篤く、文治五年(1189)愛染明王像と長絹百疋を献じている。建久二年(1191)には一山七十五坊を営繕し千二百町歩の寺領を寄進したという。戦国時代松山城主上田朝直に攻略され衰微したが、天正十九年(1591)徳川家康から寺領百石を与えられ東叡山末として勢力を回復した。元禄八年(1695)徳川家光の室桂昌院が金蘭緞子の打敷を寄進。
 寺には後鳥羽上皇らの書写とする法華経・一品経・阿弥陀経・般若心経(慈光寺経、国宝)をはじめ、開山堂(重要文化財)など多数の文化財・寺宝があり。
 観音堂は坂東九番札所である。」


 坂東三十三観音霊場九番札所として知られている寺院になります。

 山の中にあるといった感じのお寺です。森林浴になりそうです。

 山門になります。
image

 山門を入ると正面が本堂になります。
image

 本尊である「阿弥陀如来」が祀られています。
 
 本堂前には多羅葉樹の木がありました。
image

 慈覚大師円仁のお手植えと伝えられており、埼玉県指定天然記念物だそうです。

 鐘楼堂になります。
image

 観音堂は、少し離れた所にありました。
image

 「千手観音」が祀られており、坂東三十三観音霊場の札所本尊になります。

 宝物館がありました。納経所が拝観受付になります。
image

 御朱印は、本堂内で頂けました。「阿弥陀如来(本尊)」・「千手観音(坂東三十三観音霊場)」・「地蔵菩薩(関東百八地蔵尊霊場)」・「薬師如来(関東九十一薬師霊場)」の四種類ありました。

 坂東三十三観音霊場の巡礼用品、汎用の納経帳、御守りや参拝記念品等授与品は多くありました。





寺院名:都幾山 一乗法華院 慈光寺
所在地:埼玉県比企郡ときがわ町西平386番地
宗 派:天台宗
本 尊:阿弥陀如来
札所等:坂東三十三観音霊場 九番札所
    関東百八地蔵尊霊場 十四番札所
    関東九十一薬師霊場 三十三番札所
御詠歌:聞くからに 大慈大悲の 慈光寺 誓いも共に 深きいわどの

浅草観音 板東札所(東京都台東区浅草)2

image

 東京都台東区浅草にある寺院になります。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線・東京メトロ銀座線・都営浅草線「浅草駅」になります。東武と銀座線の浅草駅からは、徒歩で数分位かと思われます。
 
 駐車場は、見当たりませんでした。自動車で行かれる方は周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの寺院の由緒は皆さんご存じでしょうが、あえて調べてみました。雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「聖観音宗総本山。金龍山。通称浅草の観音様。本尊は聖観世音菩薩(秘仏)。
 『武蔵国浅草寺縁起』によれば、推古天皇三十六年(628)に宮古川(現隅田川)で漁をしていた檜前浜成・竹成兄弟の網に観音像がかかり示現した。それを土師真中知(一説に土師真人中知・土師直中知)が自宅を寺堂として安置し、また自らも剃髪して祀ったのが始まりとされる。一方これに対して10人の童子が藜(あかざ)の堂を建てて祀ったという草刈童子の伝承がある。後世、漁師ら三人は権現思想のもと三社権現(現浅草神社)として、また草刈童子とともに十社権現社に祀られた。
 浅草寺という寺院名は『吾妻鏡』建久三年(1192)5月8日条が初見だか、第二次世界大戦後の発掘で、少なくとも平安時代に遡ることが確認されている。
 645年に本堂を再建した勝海を開山とし(この時、本尊を秘仏とするという)、857年に堂宇を再建した円仁を中興開山とし、円仁が謹刻したと伝える観音像が現在のお前立本尊となる。さらに天慶五年(942)当寺への祈願が成就した平公雅が諸堂を修繕し、荘園を寄進して寺域も拡大し、その後も源頼朝や北条氏・足利氏らの外護を得た。江戸時代には徳川幕府の祈願所とされ、家康から寺領500石を賜り興隆した。
 江戸時代は衆徒十二坊、寺僧二十二坊(現在は全二十四支院)で構成され、最高職は独自で選出した別当であったが、貞享二年(1685)の某事件を機に輪王寺の支配を受け、1740年以降は上野輪王寺門跡の兼帯となり、明治になって延暦寺の直轄となった。
 『寺院本末帳』には、朱印500石、僧正寺、衆徒十二か寺、寺僧二十二か寺、末寺十八か寺、門徒七か寺、承仕三人とある。
 昭和二十五年に天台宗より独立。
 戦災で本坊(伝法院)や二天門などを除く本堂・五重塔なとを焼失。昭和三十三年に本堂が、のちに雷門・宝蔵門(旧仁王門)・五重塔なども再建して伽藍を復興しつつある。
 支院の本龍院は待乳山聖天として別に信仰をもつ。
 行事には大晦日より一週間の修正会、正月12日より一週間の温座陀羅尼会、2月8日針供養、3月18日本尊示現会、4月8日仏生会、6月18日百味供養会・楊枝浄水加持会、7月9・10日四万六千日(ほうずき市)、12月17・18日歳の市(ほうずき市)などがある。
 寺宝に国宝『法華経』開結共十巻(伝小野道風筆)、重文『元版一切経』ほか多数。
 坂東第十三番札所、江戸三十三観音第一番札所。」


 言わずと知れた浅草の観音様に参拝してきました。
 こちらの寺院は、江戸時代の川柳に「江戸自慢 十三番が これくらい」と歌われ、江戸っ子の信仰を集めたようです。
image

 参拝者が多く、混みあっていました。
 今回は、坂東三十三観音霊場の巡拝で訪れました。
 授与所で「坂東の御朱印」と「御御影」を頂いてきました。
image

 しかし、帰りに御朱印を確認すると、右上に押される札所の印(坂東十三番)が押されず、「江戸三十三観音札所第一番」の印が押されてました(・ω・)




寺院名:金龍山 伝法院 浅草寺
所在地:東京都台東区浅草二丁目3‐1
宗 派:聖観音宗
寺格等:総本山
本 尊:聖観音
通 称:浅草観音(あさくさかんのん)
札所等:坂東三十三観音霊場 十三番札所
    昭和新撰江戸三十三観音霊場 一番札所
    浅草名所七福神 大黒天
御詠歌:深きとが 今よりのちは よもあらじ つみ浅草へ まいる身ならば
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ