神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

大黒天

浅草観音 板東札所(東京都台東区浅草)2

image

 東京都台東区浅草にある寺院になります。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線・東京メトロ銀座線・都営浅草線「浅草駅」になります。東武と銀座線の浅草駅からは、徒歩で数分位かと思われます。
 
 駐車場は、見当たりませんでした。自動車で行かれる方は周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの寺院の由緒は皆さんご存じでしょうが、あえて調べてみました。雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「聖観音宗総本山。金龍山。通称浅草の観音様。本尊は聖観世音菩薩(秘仏)。
 『武蔵国浅草寺縁起』によれば、推古天皇三十六年(628)に宮古川(現隅田川)で漁をしていた檜前浜成・竹成兄弟の網に観音像がかかり示現した。それを土師真中知(一説に土師真人中知・土師直中知)が自宅を寺堂として安置し、また自らも剃髪して祀ったのが始まりとされる。一方これに対して10人の童子が藜(あかざ)の堂を建てて祀ったという草刈童子の伝承がある。後世、漁師ら三人は権現思想のもと三社権現(現浅草神社)として、また草刈童子とともに十社権現社に祀られた。
 浅草寺という寺院名は『吾妻鏡』建久三年(1192)5月8日条が初見だか、第二次世界大戦後の発掘で、少なくとも平安時代に遡ることが確認されている。
 645年に本堂を再建した勝海を開山とし(この時、本尊を秘仏とするという)、857年に堂宇を再建した円仁を中興開山とし、円仁が謹刻したと伝える観音像が現在のお前立本尊となる。さらに天慶五年(942)当寺への祈願が成就した平公雅が諸堂を修繕し、荘園を寄進して寺域も拡大し、その後も源頼朝や北条氏・足利氏らの外護を得た。江戸時代には徳川幕府の祈願所とされ、家康から寺領500石を賜り興隆した。
 江戸時代は衆徒十二坊、寺僧二十二坊(現在は全二十四支院)で構成され、最高職は独自で選出した別当であったが、貞享二年(1685)の某事件を機に輪王寺の支配を受け、1740年以降は上野輪王寺門跡の兼帯となり、明治になって延暦寺の直轄となった。
 『寺院本末帳』には、朱印500石、僧正寺、衆徒十二か寺、寺僧二十二か寺、末寺十八か寺、門徒七か寺、承仕三人とある。
 昭和二十五年に天台宗より独立。
 戦災で本坊(伝法院)や二天門などを除く本堂・五重塔なとを焼失。昭和三十三年に本堂が、のちに雷門・宝蔵門(旧仁王門)・五重塔なども再建して伽藍を復興しつつある。
 支院の本龍院は待乳山聖天として別に信仰をもつ。
 行事には大晦日より一週間の修正会、正月12日より一週間の温座陀羅尼会、2月8日針供養、3月18日本尊示現会、4月8日仏生会、6月18日百味供養会・楊枝浄水加持会、7月9・10日四万六千日(ほうずき市)、12月17・18日歳の市(ほうずき市)などがある。
 寺宝に国宝『法華経』開結共十巻(伝小野道風筆)、重文『元版一切経』ほか多数。
 坂東第十三番札所、江戸三十三観音第一番札所。」


 言わずと知れた浅草の観音様に参拝してきました。
 こちらの寺院は、江戸時代の川柳に「江戸自慢 十三番が これくらい」と歌われ、江戸っ子の信仰を集めたようです。
image

 参拝者が多く、混みあっていました。
 今回は、坂東三十三観音霊場の巡拝で訪れました。
 授与所で「坂東の御朱印」と「御御影」を頂いてきました。
image

 しかし、帰りに御朱印を確認すると、右上に押される札所の印(坂東十三番)が押されず、「江戸三十三観音札所第一番」の印が押されてました(・ω・)




寺院名:金龍山 伝法院 浅草寺
所在地:東京都台東区浅草二丁目3‐1
宗 派:聖観音宗
寺格等:総本山
本 尊:聖観音
通 称:浅草観音(あさくさかんのん)
札所等:坂東三十三観音霊場 十三番札所
    昭和新撰江戸三十三観音霊場 一番札所
    浅草名所七福神 大黒天
御詠歌:深きとが 今よりのちは よもあらじ つみ浅草へ まいる身ならば

青龍山 茂林寺(群馬県館林市堀工町)5

image
 
 群馬県館林市にある曹洞宗の名刹「青龍山茂林寺」に参拝してきました。
 館林市の南部、「野鳥の森ガーデン」の南に寺院はありました。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「茂林寺前駅」になります。駅から寺院まで徒歩で10分位はかかりそうです。

 駐車場は通り沿いにありました。自動車は、かなりの台数は停められるかもしれません。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(東京堂出版刊『神社辞典』による)。
「群馬県館林市堀工町1570。青竜山と号す。分福茶釜の寺として知られる。曹洞宗。
 応仁二年(1468)青柳城主赤井正光の創建で、相模国(神奈川県)最乗寺大林正通を請して開山とする。
 山門、総門、本堂、庫裡、開山堂があり、寺宝に分福茶釜、花鳥墨画(一花千金の牡丹と称し、明舜挙筆)等を蔵している。
 この分福茶釜は古来から有名で、種々の伝説を生じているが、『甲子夜話』第三五によると、開創のとき、守鶴という老僧が正通に従って来て、十世岑月に至るまで給じしたけれども、七世月舟の時には衆僧は千人に達したので、守鶴はどこからともなく大木な釜を出して来た。その茶釜は昼夜汲んでも尽きず、かつ八功徳を有し、福を分けるというので分福茶釜といわれた。ところが岑月がその正体を狢(一説には狐)を見破ってしまった。開山の徳を慕って僧に化身していたのである。岑月は鎮守として祭祀したという。
 またお伽噺には文福和尚の時、狸の変化である茶釜があり、古物商がこれを得て、見世物とし、のち当寺に納めたものともいう。
 境内には、この伝説童話とした厳谷小波の碑がある。」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「曹洞宗。青竜山。本尊は釈迦如来。
 開創は応仁二年(1468)。開山は大林正通。開基は赤井照光。
 赤井氏は当時、東上州における新興勢力であった。当主照光はかねてから禅に心を寄せていたが、たまたま大林の声望を聞き、大林が小田原最乗寺の輪番住職を終えるのを待って館林に招いた。
 館林の地が下野・常陸・武蔵に近接した所であるため、当寺は上野のほか下野・武蔵・信濃など各地へ勢力を伸ばした。その結果、第三世密天正茂が住持する大永に朝廷の勅願寺となった。
 当寺には分福茶釜の伝説があるが、門前両脇には陶製の大きな狸がたくさん並んでいる。この伝説の原型は、開山大林正通に近侍し布教を助けた守鶴が持参した茶釜にあり、この茶釜は汲めど尽きず人に福を分け与えたというが、ある時守鶴は狸であることがわかってしまい、いずこへかさってしまったという。
 曹洞宗は在来の信仰を取り込みながら勢力を伸長したが、この伝説の背後にはそれがあるように思われる。
 寛永の寺院本末帳によると、門前屋敷二十石・山林二十町が榊原氏から与えられたことと、および末寺六十八ヶ寺が書き上げられている。
 朱印は二十三石六斗で本寺は美濃竜泰寺である。」


 以前、ゴールデンウィーク中に参拝しました。
 その時は、やはりかなりのは人手ででした。観光バスも来ており、駐車場は満車状態でした。それ以外は、さほど観光客はいないと思われますが、なにぶんにも分福茶釜で有名なので、多少の観光客は仕方ないでしょう。

 通り沿いに寺号標がありました。
image

 参道沿いには狸の置物やお菓子を売るお土産屋さんがありました。

 こちらが総門になります。
image

 総門を入り、本堂へ向かう参道の脇には大き狸立像があります。
image

image

 いわゆる「信楽焼」なんでしょうか?

 参道を進むと山門がありました。
image

 山門をくぐり、進むと左側には「守鶴堂」になります。
image

 分福茶釜のモデルとなった守鶴和尚が祀られています。

 こちらが本堂になります。
image

 こちらの寺院では、基本的に御朱印は「印刷」になります。まれに御朱印帳への揮毫があるようですが、常時墨書きをしていただければ良いのですが。

 宝物館には、守鶴和尚が使ったという茶釜がありました。いわゆり「分福茶釜」になります。
 拝観料は300円でした。




寺院名:青龍山 茂林寺
所在地:群馬県館林市堀工町1570番地
宗 派:曹洞宗
本 尊:釈迦牟尼仏
通 称:分福茶釜の寺
札所等:つつじの館林七福神 大黒天

栄昌山 善宗寺(群馬県太田市)5

1c09e8f1.jpg

群馬県太田市にある「栄昌山 善宗寺」に参拝してきました。
曹洞宗のお寺になります。

太田市の北部、栃木県足利市に近い所にありました。

国道50号線の「原宿」という交差点を北へ行き、一つ目の信号を西へ行くと「赤い旗」が目印になります。

近くには、渡良瀬川が流れており、太田市と栃木県足利市の県境に架かる「葉鹿橋」がありました。
また、道路を挟んで反対側には、雷電神社が鎮座していました。

最寄り駅は、JR両毛線「小俣駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。

駐車場は、入り口の横にありました。
自動車は、10台位は停められそうです。

お寺は、太田市の中心部からかなり外れており、桐生市や栃木県足利市にも近くいので、周囲は長閑な感じもします。

こちらのお寺は、元禄十二年(1699年)に同市内にある「祥寿山 曹源寺」の住職の隠居寺として創建されました。
詳細は不明です。
創建の経緯からして住職の無住の時代もあったそうで、その時は地域住民の集会所となっていたそうです。

かつては「原宿の寺」とも呼ばれていたこともあるようです。

駐車場に車を停めて、参拝です。

こちらが入り口になります。
97a9b600.jpg

山門はなく、門柱がありだけでした。
上州七福神の赤い旗が目立ちます。

入口を入りると左側には、江戸時代造立の庚申塔、観世音菩薩、二十二夜塔、地蔵菩薩等が祀られていました。
862d97b5.jpg

右側には、六地蔵がいらっしゃいました。
dfbc6227.jpg

ひっそりといらっしゃいました。

また、正面には本堂がありました。
4bf0d97b.jpg

本尊である「阿弥陀如来」、「大黒天」が祀られています。
阿弥陀如来は、東上州新田秩父三十四観音霊場の札所本尊になります。

また、大黒天は上州七福神の一尊になります。
38cd5ab4.jpg

一期一会と刻まれており、福々しい大黒様が彫られていました。
ないなか良いです。

本堂の左側には「弁天堂」がありました。
6e0db806.jpg

「弁財天」が祀られています。
また、薬師如来と地蔵菩薩が祀られている祠もありました。続きを読む

行田八幡神社 オリジナル御朱印帳(埼玉県行田市行田)3

image

埼玉県行田市行田に鎮座する「行田八幡神社」のオリジナル御朱印帳になります。

大きさは「縦16cm×横11cm」でした。
御朱印代込みで1,300円になります。
授与所にて頂けます。




神社データ
神社名:行田八幡神社
鎮座地:埼玉県行田市行田16‐23
祭 神:誉田別尊 気長足姫尊 比売大神 大物主神 神素盞鳴尊
通 称:西向き八幡  封じの宮
札所等:忍城下七福神 大黒天

大原神社(栃木県足利市大前町)5

栃木県足利市にある「大原神社」に参拝してきました。
旧郷社になります。

足利市の西部、群馬県太田市との境近くに神社は鎮座していました。
足利市の中心部からはかなり外れています。

最寄り駅は、JR両毛線「小俣駅」になります。

駐車場は、道路を挟んで鳥居前と神社の右側にありました。
自動車は、合わせて6〜7台位は停められそうです。

以前の参拝日記⇒大原神社(栃木県足利市)


こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「本社は、人皇第十二代景行天皇の御代、日本武尊が東征帰路台山(本社の後方の台地)に登り前方の豊に稔る田野を見渡され、国家鎮護の為に山城国大原野神社を勧請して建てられたという。
中世以降は坂西各村の総鎮守として栄えた。」


こちらの神社は、平将門の伝説があります。
平将門が討たれたときに、腹部がこの地に飛んできたそうです。
また、同市内には将門の手が落ちたという伝説がある「大手神社」や将門の弟の御厨太郎に関係していると言う「御厨神社」が鎮座していました。

こちらが一の鳥居になります。
d9512339.jpg

鳥居に掲げられていた神額です。
ee5cf0d9.jpg

社号標になります。
bbb72868.jpg

「郷社 大原神社」と刻まれています。

境内に入ると、右側には藤棚がありました。
a1372ab8.jpg

5月11日に参拝しましたが、見頃は過ぎてしまいました。
とても残念です。

手水舎になります。
184fe2d8.jpg

境内の左側には、碑がありました。
a1fe46e5.jpg

所縁のある方のでしょうか?

境内の右側にもありました。
3f930637.jpg

こちらが神楽殿になります。
04f2da05.jpg

cf9e5c27.jpg

「大和渋井流」だそうです。
どんな神楽なんでしょうか?

狛犬になります。
26d63fc8.jpg

b75c8194.jpg

神社には、狛犬がいらっしゃらないと!

二の鳥居と社殿になります。
a94bab95.jpg

内部になります。
aa11deb5.jpg

(´人`)

「天兒屋根命 經津主命 武甕槌命 比女神」が祀られています。
平将門も祀られているのでしょうか?

社殿に掲げられていた神額になります。
79d7bbe1.jpg

どなたが書かれたのでしょうか?

内部には、騎馬武者と思われる男性が描かれた絵馬?が掲げられていました。
1844b805.jpg

まさか平将門公でしょうか?
誰が奉納したのでしょうか?続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ