神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

大己貴命

三夜沢赤城神社 再拝(群馬県前橋市三夜沢)5

KIMG2318

 群馬県前橋市の北部、赤城山の中腹に鎮座する神社です。

 神社専用の駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「勢多郡宮城村三夜沢の旧県社。延喜式内名神大社。祭神は大己貴命・豊城入彦命。例祭は5月5日4月初辰日と12月初辰日に春・秋の神幸祭がある。筒粥神事は1月14日で神代神楽を奉奏する。
 崇神天皇朝の創祀と伝える。元慶四年(880)に従四位上を授かる。上野二の宮となり、国内神名帳には正一位とある。徳川家が朱印領を安堵し前橋藩主の酒井氏も崇敬した。
 内外に分社が多い。
 国幣中社内定中に終戦となる。」


 鳥居になります。
KIMG2310
 手水舎になります。
KIMG2311
 社殿になります。
KIMG2312 
 12月17日に参拝してきましたが、すごく寒かったです。しかし、参拝者は多かったです。

 神楽殿です。
KIMG2313

 社務所は開いていたした。40代かと思われる神職の方がいらっしゃいました。常駐しているのかな?
 せっかく開いていたので御朱印をお願いしました。




神社名:三夜沢赤城神社
鎮座地:群馬県前橋市三夜沢114番地
祭 神:赤城神 大己貴命 豊城入彦命
社格等:延喜式内社 県社 上野国二宮

神田神社(東京都千代田区外神田)5

image

東京都千代田区にある神社になります。

最寄り駅は、中央線・総武線「御茶ノ水駅」、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」になります。

駐車場は、見当たりませんでした。
自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場をご利用してください。


こちらの神社の由緒は次の通りです(國學院大学日本文化研究所編 弘文社刊『神道事典』より)。
「〈通称〉神田明神 〈旧称〉神田大明神、芝崎明神
〈祭神〉大己貴命(一宮)、少彦名命(二宮)、平将門霊神(三宮)
〈指定文化財〉将門塚(都史跡)
〈例祭日〉五月中旬(15日頃、神田祭)
〈由緒〉天平二年(730)武蔵国豊島郡芝崎村に開拓民として入植した出雲系氏族が大己貴命を祀るため創始したという。
 承平五年(935)の乱で敗死した平将門の首が、京都から持ち去られて社の傍らに葬られ、東国の平氏から崇敬された。嘉元年間(1303〜1306)疾病が流行すると将門の祟りと見なされて供養が行われ、延慶二年(1309)には荒廃した社を修復し、将門を相殿神に迎えた。
 その後徳川家康の江戸入府と江戸城増築に伴い、元和二年(1616)現在地に遷座。同四年には桃山風の社殿が竣工し、武州総社、城下総鎮守、江戸城鬼門の守護神として山王社に並ぶ待遇を受け、その祭礼も天下祭と呼ばれて将軍の上覧を得た。
 また、将門の末裔芝崎氏が神主と府内神社触頭(ふれがしら)に任命され、寛文三年(1626)天皇より将門勅免がくだった。
 明治元年勅祭社となるが、七年、将門が祭神より外されて別殿に移り、大洗磯前神社より少彦名命の分霊が迎えられた。しかし、昭和五十九年氏子の要望により、将門は三宮の祭神として復活した。
〈旧社格〉府社(明治五年)」

また、大修館書店刊「日本の神仏の辞典」よると次の通りです。
「東京都千代田区外神田に鎮座する旧府社。神社本庁別表神社。神田明神の称も名高い。主祭神として大己貴命・少彦名命・平将門命を奉斎する。
 社伝によれば天平年間、出雲系氏族による大己貴命勧請を創祀とする。中世には江戸郷芝崎村の鎮守として平将門の霊を奉斎したともいわれ、大手町の将門塚(都旧跡)の存在からも御霊信仰の深い影響がうかがえる。
 近世初期の江戸城大拡張により、慶長八年(1603)駿河台に移され、次いで元和二年(1616)江戸城東北鎮護として現在地に遷座した。
 『慶長見聞録』によると江戸城お茶の水の堀を境に北東を当社、南西を山王権現の氏子として江戸総鎮守とされた。幕府の尊崇は極めて厚く、幕命による社殿造営がみられ、また寛文十一年(1671)霊元天皇から神田大明神の宸筆勅額の下賜をみた。
 5月15日の例祭は天下祭り・御用祭りとも称し、城内神輿繰り込みが免許され、将軍上覧があった。豪荘華麗な山車が江戸市中を巡幸し江戸・東京を代表する大祭と称された。」


「なんだ神田の大明神」と詠まれた神田明神です。
正式な神社名は「神田神社」となります。

参道には「甘酒」を売るお店がありました。

随神門になります。
image

鮮やかな門になります。

手水舎になります。
image

手と口を漱いで参拝です。

神楽殿でしょうか。
image

こちらは大黒天です。
image

(´人`)

社殿になります。
image

(´人`)

平将門も祀られています。

境内には、「銭形平次の碑」がありました。
image

といっても銭形平次自体は架空の人物になりますが、物語では神田明神の近くに住んでいたということで、こちらの神社に碑があります。

境内の左側には江戸神社が鎮座していました。
image

御朱印は、境内の左側にある授与所で頂けました。
御朱印代は、300円でした。

御守りや御札といった授与品はありました。




神社名:神田神社
鎮座地:東京都千代田区外神田二丁目16‐2
祭 神:大己貴命 少彦名命 平将門命
通 称:神田明神
社格等:旧府社 勅祭社 江戸総鎮守
札所等:東京十社めぐり
URL:http://www.kandamyoujin.or.jp/

二宮赤城神社(群馬県前橋市二宮町)5

7a813138.jpg

群馬県前橋市に鎮座する「二宮赤城神社」に参拝してきました。

前橋市の東部に神社は鎮座していました。

これといった最寄り駅はありませんので、自動車で行かれた方が宜しいかもしれません。
駐車場は、社務所の前か公民館の所に停められそうです。


神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「当社ハ、第十代崇神天皇ノ皇子『豊城入彦命』『大己貴尊』ヲ始メトシ、数柱ノ神々ヲ祭神トシ、第十一代垂仁天皇、第十二代景行天皇ノ時代ニ創建サレタト伝ヘラレル古社デアル。
特ニ、古代豊城入彦命ヲ始トシタ毛野氏ノ子孫上毛野氏ト深イ縁ノアッタ社トモ伝ヘラレテイル。
平安朝初期ノ第五四代仁明天皇ノ承和六年(829)ニ従五位下ニ叙サレテ官社トナリ、続イテ昇叙ヲ経、第六〇代醍醐天皇ノ延長五年(927)ニ制定サレタ『延喜式』内、上野国十二社中ノ名神大社トサレタ。
第六八代後一條天皇ノ長元々年(1028)頃ノ上野国ノ国司文書中ニ、正一位赤城大明神、上野国神名帳ニハ、上野国二宮赤城大明神ナドノ神位、神階ガ記録サレテイル古名社デアツタ。
第七〇代後冷泉天皇ノ永承四年(1049)ニハ、日本全国ノ諸社中カラ五五社ガ選バレ、神仏習合ノ勅願神社トナリ、当社モソノ一社トシテ、社域内ニ造塔ノ折、心礎(根巻石)内ニ仏舎利(釋迦尊ノ骨片、現存)ガ奉納サレテイタノデアル。
鎌倉時代ニハ征夷大将軍源頼朝ノ崇敬ヲ受ケ、建久五年(1194)当社ナドノ修築ヲ、守護職安達盛長ニ命ジ、二宮太郎浅忠、岡部九内忠成ラガ修築ヲ奉行シタリ、百石ヲ寄進シタト云ウ記録モ見ラレル。
戦国時代ニ小田原城主北條氏政ノ軍勢ニ依ッテ、数多クノ建物ハ打壊サレ、潰滅的被害ヲ受ケ、宝物類モ多ク失ナイ衰微シタ。
天正十八年(1590)北條氏滅亡後、領主トシテ大胡城ヘ入城シタ牧野駿河守忠成、康成父子ヲ始メソノ後厩橋藩主トナツタ酒井氏歴代、江戸時代幕府ノ天領代官藩主松平氏歴代サラニ住民ニ篤ク尊崇サレテキタ。
ソシテ赤城南麓地帯ノ関連神社ノ中心的役割ヲ果シテイタ。」


鳥居になります。
7d67fb09.jpg

鳥居に掲げられていた神額になります。
5a06c45f.jpg

社号標です。
07c97f36.jpg

4月12日に参拝いたしましたが、残念ながら桜は散っていました。
f5ac62cd.jpg

満開のときはさぞかし綺麗だったでしょう。

鳥居をくぐると右側には、鐘楼がありました。
4c83f706.jpg

神仏習合的な感じがしました。

境内は、交通量の多い道路から中へ入っているので、とても静かでした。

参道を進みます。
498e2808.jpg

苔が蒸していますので、気をつけて下さい。

綺麗な花が咲いていました。
d2fd7634.jpg

c692f7d0.jpg


神代橋です。
962f7453.jpg

渡ると隋神門がありました。
be022182.jpg

右大臣・左大臣がいらっしゃいます。続きを読む

諏訪機神社(群馬県桐生市)3

群馬県桐生市に鎮座する「諏訪機神社」に参拝してきました。
「すわはたじんじゃ」と読みます。

桐生市の東部、真言宗豊山派「諏訪山 観音院」の西隣に鎮座していました。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。

駐車場は、見当たりませんでした。
観音院の駐車場を利用させていただきました。


周東隆一著「桐生市史神社編」によると、こちらの神社の由緒は以下の通りです(要約します。)。
「こちらの神社の創建は不詳です。
機神が主祭神で、諏訪社が後年配祀されたようである。
機神社は、明治五年3月3日に無格社に列格。
明治十年宮本町の無格社薬神社を合祀。
明治24年9月に建御名方神を合祀、10月には諏訪機神社と社名を変更したそうです。
諏訪神社は、古く信州の諏訪明神から勧請したそうです。
元禄年間には竹本土佐守より『諏訪山』という額を奉納、石鳥居・石灯籠も建立されたそうです。
諏訪山の額は、お隣の観音院に現存するそうです。
元は、諏訪神社が主体であり、現在のように機神社が主体となったのは、明治40年に旧諏訪神社が常祇稲荷神社に合祀されていたそうで、昭和24年に再度祀り直し、現在は諏訪神社が主体となり古い姿に戻っています。」


こちらの神社は、由緒を考えれば「桐生諏訪神社」と呼んだ方が良いかもしれません。

こちらが鳥居になります。
e79a87bd.jpg

鳥居に掲げられていた扁額には、諏訪神社とありました。

境内の左側には、「薬神社」が鎮座していました。
2446569f.jpg

祭神は、大己貴命になります。
医薬の神様として信仰されていて、参拝者は多かったようです。
「昭和15年に合祀した」と案内板にはありましたが、周東隆一著「桐生市史神社編」には「明治十年に合祀」とあります。
どうなんでしょうか?

境内の左側には、神楽殿と思われる建物がありました。
071f1a4c.jpg

そのお隣には、「能書稲荷神社」が鎮座していました。
1df26054.jpg

元は、お隣の「観音院」の別当だったそうです。
祭神は、宇迦御魂命になります。続きを読む

三夜沢赤城神社(群馬県前橋市)5

群馬県前橋市に鎮座する「三夜沢赤城神社」に参拝してきました。

前橋市の北部、富士見町に神社はありました。

赤城山の中腹に鎮座しているといった感じでした。

鳥居の左側に大きな駐車場がありました。
自動車は、数十台くらいは停められそうです。


こちらの神社の由緒は、以下の通りです。
「赤城神社は東國開拓の神々が祀られている古来の名社である
東國経営にあたつた上毛野君の創祀以来 國司 武将が篤く崇敬し朝廷 からも承和六年(西暦八三九年)に従五位下を贈られ 元慶四年西暦八八〇年に従四位上にあげられ 延喜式には名神大社に列せられた 長元九年(西暦一〇二八年)頃には正一位に叙せられ 次いで 上野國の二宮とうやまわれていた赤城山は高く 美しく うしろに山山をひかえて 雄然と聳えている
山頂の小沼から出る粕川を始め各河川は麓の村〃をひろくうるほしている その尊厳と恩恵とはみ山とよはれ親しまれ尊はれ上毛野君の昔から祀りつかれて来た分社は群馬県下のみで七十八社その 他を併せると三百余社に及ぶ昭和十九年(西暦一九四四年)には國幣中社に 昇格の内定があつたが 終戦後は國 土建設 開拓精神発揚のため 神威 益々顕著である」

こちらが鳥居になります。
05a1756e.jpg

木製の鳥居のようです。
かなり大きいです。

こちらが社号標碑になります。
2f2afab3.jpg

旧県社になります。
また、上野国の二ノ宮にあたる式内社の神社になります。
大洞赤城神社と二宮赤城神社も式内社で二宮ですが、どうなんでしょうか?

こちらが由緒が書かれた案内板です。
44500360.jpg

参道を進んでいきます。
90034862.jpg

こちらが手水舎になります。
7bd834eb.jpg

池の中にあるといった感じです。
39aa8152.jpg

鯉が泳いでました。

参道を進んでいきます。
0c7f63bf.jpg

歌碑がありました。
767928ad.jpg

鎌倉幕府三代将軍源実朝が詠んだ歌です。
「上野の勢多の赤城のからやしろ やまとにいかであとをたれけむ」

こちらが「神代文字」が書かれた碑になります。
ee13c212.jpg

漢字が伝わる前に使われた文字です。
ネットを見ていたら、「神代文字はハングル文字からできている」とふざけた書き込みを見ましたが、全く別の文字ですのであしからず。
案内板です。
b26cf7bd.jpg

こちらが社殿になります。
db36a60c.jpg

神明造でしょうか。

こちらの神社は、赤城山の中腹に位置していますので、森の中に居るといった感じでした。
abf0ed79.jpg

914295d8.jpg

境内には、御神水を持ち帰る方々が多くいらっしゃいました。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 管理部に所属する会社員。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ