まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

大己貴命

伊香保神社(群馬県渋川市伊香保町)5

KIMG4773
 群馬県渋川市の中でも旧伊香保町に神社は鎮座していました。

 最寄り駅は・・・

 駐車場は、周辺に有料or無料駐車場があります。近いのが「河鹿橋駐車場」かもしれません。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【伊香保神社】
 群馬県北群馬郡伊香保町伊香保の旧県社。延喜式内明神大社。祭神は大己貴命・少彦名命。例祭は9月15日。
 垂仁天皇朝の創始と伝える。承和二年(835)に明神にあずかり、元慶四年(880)に従四位上を授かる。康和五年(1103)に神事に懈怠があったとし社司に中祓が科せられた。三の宮となる。国内神名帳には正一位伊香保大明神とある。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「【伊香保神社】
 群馬県北群馬郡伊香保町。旧県社。大己貴命、少彦名命を祀る。
 『続日本後紀』は承和二年(835)に明神大社に列し同六年6月に従五位下、『三代実録』は貞観九年(867)6月に正五位下に以後二回の昇叙を経て元慶四年(880)には従四位上を授けられ、『朝野群載』は康和五年(1103)に神事を穢したことにより中祓を科されたことなどを記載する。『上野国神名帳』には正一位伊香保大明神と見える。また当国の三の宮を称し『神道集』を同様に記す。
 両毛地方には早くから熊野、諏訪、日光の信仰が入り込んでいたが、一方土着の鎮守信仰も盛んであり、唱導者が活躍したことが『神道集』によって推測されている。
 因みに『神道集』は当社を『上野国第三宮伊香保大明神』として説話的事実としては、『上野国勢多郡鎮守赤城大明神事』の後日譚として語られ、児持山とも関係している。伊香保大明神を『赤城ノ大明神ノ御妹』といい、また、『男体女体御在、男体ハ伊香保ノ御湯守護湯前ニテ御在時ハ、本地薬師如来也、女体ハ里へ下給テハ三宮ト申テ澁河保ニ立御在、本地ハ十一面也』と説いており中世の信仰、民俗、唱導、芸能等を考える上できわめて重要である。さらに中世・近世にかけては藩主・領主の崇敬をうけ、名実ともに関東の古名社である。
 例大祭9月19日。」


 伊香保温泉の石段を上がっていくと神社の境内に出ます。
KIMG4761
 石段の途中に社務所がありました。
KIMG4767
 土日祝日は開いているそうです。氏子さん達なのかな?
 御朱印帳(オリジナルではなさそう)がが授与されていました。

 まだまだ石段を登ります。
KIMG4752
 境内にやっと着き、社殿になります。
KIMG4751
 「大己貴命・少彦名命」が祀られています。温泉街に鎮座するので「医薬の祖」である二柱が祀られているのでしょう。
 土曜日に参拝したので、やはり参拝者が多いです。

 社殿左側にある「三峯神社御眷属、八坂神社、八幡宮、稲荷神社」と書かれた三社の祠が鎮座していました。
KIMG4753
 この社殿前に授与品が置いてありました。無人での授与になり、社務所には授与品はありません。
KIMG4754
 授与品として「開運招福絵馬、えんむすび絵馬、開運子授絵馬、交通安全御守り(朱・緑)、子授御守り」がありました。初穂料は各500円になります。
 また、「書き置きの御朱印」もありました。初穂料は300円となります。鶴亀は描かれません。
 御神籤は、初穂料100円になります。 

 石燈籠
KIMG4758
 松尾芭蕉の句碑
KIMG4756
 高山彦九郎が座った石
KIMG4757
 御朱印帳への直接を墨書きをして頂きたい方は「土日祝日」には石段の途中の「社務所」が開いていますので揮毫していただけます。書き置きにはない「鶴と亀の絵」が描かれています。御朱印帳への揮毫は初穂料500円となります。





神社名:伊香保神社
鎮座地:群馬県渋川市伊香保町伊香保2番地
祭 神:大己貴命 少彦名命
社格等:延喜式内社 旧県社 上野国三宮

伊香保神社 授与品(群馬県渋川市伊香保町)5

KIMG4754
 群馬県渋川市伊香保町の伊香保温泉街の石段に上に鎮座する「伊香保神社」の授与品です。

 授与品として「開運招福絵馬、えんむすび絵馬、開運子授絵馬、交通安全御守り(朱・緑)、子授御守り」があり、初穂料は各500円になります。
 また、書き置きの御朱印もありました。初穂料は300円となります。
 御神籤は、初穂料100円になります。
 以上の授与品は、社殿左側にある「三峯神社御眷属、八坂神社、八幡宮、稲荷神社」と書かれた三社の祠がはいる社殿前に以上の授与品が置いてありました。社務所には授与品はありません。

 なお、御朱印帳への直接を墨書きをして頂きたい人は、土日祝日には社務所が開いていますので揮毫していただけます。御朱印帳への揮毫は、初穂料500円となります。

 社殿になります。
KIMG4751
 土日祝日には参拝者が多いです。




神社名:伊香保神社
鎮座地:群馬県渋川市伊香保町伊香保2番地
祭 神:大己貴命 少彦名命
社格等:延喜式内社 旧県社&郷社 上野国三宮

大洞赤城神社 夏期限定御朱印(群馬県前橋市富士見町)5

KIMG4267
 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「勢多郡富士見村赤城山大洞の旧郷社。祭神は赤城大明神・豊城入彦命・磐筒男命・磐筒女命・徳川家康・大己貴命ほか八柱。例祭は5月8日の山開祭。8月8日の沼祭りには納鏡がある。
 赤城山頂の大沼・小沼は千古の神秘をたたえ、赤城大明神と沼神を祀る。崇神天皇の皇子の豊城入彦命が東国経営にあたり沼霊と大己貴命を奉斎し、允恭・用明天皇の御代に創建されたと伝える。大同二年(807)に大洞に遷座。前橋城主の崇敬があり大老酒井雅楽頭忠清が社殿を造営。徳川家康を合祀して将軍家の処遇を受ける。昭和四十五年(1970)に現在の小鳥ヶ嶋に遷された。」


 赤城山を御神体とする山岳信仰の神社になります。
KIMG4262
KIMG4263
KIMG4264
KIMG4265
 御朱印は、境内の右側にある授与所で頂けました。限定御朱印のみで直接御朱印帳への揮毫はなしです。御朱印代は300円です。




神社名:大洞赤城神社
鎮座地:群馬県前橋市富士見町赤城山4‐2
祭 神:赤城大明神 大国主神 磐筒男神 磐筒女神 経津主神
相 殿:徳川家康公 大山咋神
社格等:旧郷社 延喜式内社 上野国二宮
札所等:全国東照宮めぐり
    上野国十二巡拝

月田近戸神社(群馬県前橋市粕川町)5

KIMG4125
 群馬県前橋市の中でも旧粕川町に神社は鎮座していました。

 駐車場は門前と神社の北側にありました。


 こちらの神社の由緒は、境内の案内板によると次の通りです。
「当社は東国を鎮定した豊城入彦命の媛宮が字丸山に勧請 した社を延暦十三年(七九四)に移築したものと 言われている。
現在の社殿は、鎌倉時代の宝治元年(一二四七)に 造営されたものと言われ、その後何度か改築された。
 昔は地蔵の鎮守神・産土神として信仰されるとともに、 赤城神社と同じく赤城山信仰による里神であり 神仏習合時代は、小沼(粕川の水源)の本地仏である 虚空蔵菩薩をお祀りしていた。
 六百年の伝統を誇る獅子舞と華麗な神輿を舁いでの 御川降り神事に伴う粕流し神事は『粕川』の由来として 有名である。」


 鳥居になります。
KIMG4121
 社殿になります。
KIMG4117
 社殿内部。
KIMG4120
 境内社。
KIMG4116
 野口雨情の童謡碑
KIMG4119
 狛犬。
KIMG4112
KIMG4113
 御朱印は、境内北側にある宮司さん宅にて頂けました。御朱印代は300円です。




神社名:月田近戸神社
鎮座地:群馬県前橋市粕川町月田1261番地
祭 神:大己貴命 豊城入彦命
相殿神:大物主命 誉田別命 伊弉諾尊 伊弉册尊 少名彦名命 大山咋命 素盞嗚尊 大山祇命 大日孁尊 火産靈命 宇賀魂命 菅原道眞 保食命 稚産靈 埴山姫命 木花開耶姫命
社格等:旧村社

生品神社 再拝(群馬県太田市新田市野井町)5

KIMG4126
 群馬県太田市の中でも旧新田町に神社は鎮座していました。

 神社専用の駐車場は、門前にありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「群馬県新田郡新田町市野井の旧県社。祭神は大穴牟遅神・品陀和気命・建御名方神他二十二柱。例祭はは4月15日、11月20日。5月8日に新田義貞挙兵記念祭がある。
 天喜年間(1053〜1058)に源義家が奥州征討にあたり戦勝を祈願し、元弘三年(1333)の新田義貞鎌倉攻めでは当社で義旗を挙げた。
 生階とも称し新田郡内に分社が多くその本社である。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「群馬県新田郡新田町市野井。旧県社。大穴牟遅神・品陀和気命・建御名方神他二十二柱の神を祀る。
 創祀は不詳であるが『上野国神名帳』所載の生階明神に当てられる。源義家は奥州征伐に際し戦勝祈願したと伝え、釜倉時代以後、当地を領有地とした新田氏の崇敬は篤く刀剣、軍旗、絵馬などを奉納している。『太平記』が記すに元弘三年(1333)護良親王の令旨により北条高時追討のために市野井郷総鎮守にて挙兵戦勝祈願したのは当社であり境内は國の史跡に指定されている。
 当郡内には同名社が多く当社を本宮とし、古来産土神として崇敬が篤い。
 宝物としては神鏡、古鏡、軍旗、寄進状などを蔵す。
 例祭は4月15日、11月20日。5月8日には新田義貞挙兵記念祭が実行力され、小学生十人が鎌倉方向に矢を放つ鏑矢祭が執行される。」


 鳥居になります。
KIMG4110
 左側には新田義貞の銅像がありました。
KIMG4108
 銅像は盗難にあい、現在はありません。犯人は見つかったのかな?

 神橋になります。
KIMG4107
 二の鳥居になります。
KIMG4106
 神代木になります。
KIMG4105
 境内社。
KIMG4104
 社殿になります。
KIMG4103
 大己貴命を主祭神として祀られています。
 上野國神名帳には「従三位生階明神」とあるので、平安時代には神社はあったことになります。
 上野国志には「一説には生品社は、平親王将門の弟、御厨三郎将頼を祭る。将門伏誅の後、其の霊祟をなす。依て将門を武州に祀りて神田明神と称し、将頼を上州に祭りて生品明神と称す。共に九月十九日を祭日として之を祭ると生品旧縁起に見えたり」とあります。
 また、言い伝えによると
「豊城入彦命が上野の太守となり、新田地方の開発に先立ち、大己貴命を祀り、『生階明神』と号した。いつしか『生品』と書くようになった。天喜年間(1053年〜1058年)に源義家は、奥州の賊徒を退治するため、生品神社に参詣し、戦勝を祈願。
元弘三年(1333年)五月八日、新田義貞が北条高時を追討するため、神社前に義旗をたて、鎌倉へと進軍した。」
とあります。

 社殿内部です。
KIMG4102
 普段は非常駐の神社ですが、参拝したときは神社関係者(宮司さんか?)がいらっしゃり、御朱印は御朱印帳に直接墨書きが頂けました。恐らくは5月8日の例大祭の準備があったのかなと推測します。ゴールデンウィーク中はいらっしゃるのかなとは思います。御朱印を頂くのはこの時期かもしれません。






神社名:生品神社(いくしなじんじゃ)
鎮座地:群馬県太田市新田市野井町646‐1
祭 神:大穴牟遅神 品陀和気命 建御名方神 他二十二柱
社格等:旧県社
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ