06a38e7b.jpg

群馬県伊勢崎市にある「白華山 円満寺 同聚院」に参拝してきました。
曹洞宗のお寺になります。

伊勢崎市の中心部にお寺はありました。

最寄り駅は、JR両毛線・東武伊勢崎線「伊勢崎駅」になります。
伊勢崎駅から降りてすぐです。プラットフォームから発車の案内がお寺まで聞こえました。

駐車場は、境内の右側から入り、参道にありました。
自動車は、5台位は停められそうです。
他にも駐車場はあるかもしれません。

寺伝によれば、平治元年(1159)に赤石城主三浦之介義明が鎌倉建長寺から僧を招き、臨済宗のお寺として創建したと伝えられ、「赤石山同聚院」と称していたそうです。

こちらのお寺の総門になります。
8671ef8d.jpg

江戸時代の初期に伊勢崎藩主を務めた稲垣家の屋敷から移築したものだそうです。
慶長年間に建立された門で、伊勢崎市指定重要文化財になっています。

総門の説明板です。
b02ba8a1.jpg

門標です。
d9256ce6.jpg

市の中心部にあるので、境内はさほど広くはありません。

境内に入ると、右側には六地蔵がいらっしゃいました。
0e00efc5.jpg

ひっそりといらっしゃいました。

参道を進むと、正面に本堂がありました。
dbbfae15.jpg

何だかタージ・マハルのような雰囲気をもった建物です。
本堂には、寺紋である「大中黒」がありました。
「新田義貞」がこちらのお寺の中興開基となり、特別に新田氏の家紋の使用を許されたそうです。
その時に「曹洞宗」に改宗したそうです。
本堂には、本尊である「釈迦如来」、伊勢崎佐波観音霊場の札所本尊になる「聖観世音菩薩」が祀られています。

本堂の左後方には、平成11年に完成した「座禅堂」がありました。
その名の通り、中では座禅が出きるようです。続きを読む