神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

埼玉県

秩父三十四観音霊場 納経帳5

image

秩父三十四観音霊場専用納経帳になります。
手鞠柄の紺色の和綴じ式納経帳になります。

この柄は、気に入っています。

Amazonに出店している「高野山法徳堂」の納経帳を取り寄せました。

大きさは、縦26.2cm×横18.3cm×厚さ1.8cm になります。
大きな納経帳なので、豪快に墨書きをしていただけます。

Amazonでは一部送料無料があり、高野山法徳堂の坂東三十三観音霊場専用納経帳の送料は無料でした。

紙質も良さそうです。

値段は、2,376円でした。

観世音菩薩の絵や十句観音経が書かれています。
image

右側には御詠歌、左側に御朱印を頂けます。

良い納経帳なので、お薦めします。

太平洋セメント熊谷工場5

6b39e8c9.jpg

太平洋セメント蠏谷工場になります。
住所は「埼玉県熊谷市三ケ尻5310番地」になります。

最寄り駅は、JR熊谷駅か籠原駅になります。
しかし、徒歩ではかなり歩きそうです。
もしかすると近くまでバスが来ているかもしれません。

この工場の近くには「小間山 観音院 龍泉寺」や「三ヶ尻八幡神社がありました。

工場萌えにはなかなか良い景色です。

お近くに行った際は、工場を眺めてみてください。

鴻神社(埼玉県鴻巣市)5

acf4e569.jpg


埼玉県鴻巣市に鎮座する「鴻神社(こうじんじゃ)」に参拝してきました。
鴻巣総鎮守になり、旧村社になる神社になります。

鴻巣市の中心部に神社は鎮座していました。

最寄り駅は、JR高崎線「鴻巣駅」になります。
徒歩では、10分位でしょう。

コミュニティバスも出ており、最寄りのバス停は「雷電神社前」になります。
499969e3.jpg

バス停から神社までは30秒位でしょう。

自動車は、境内に停められるスペースがありました。
多くは停められそうにありません。


こちらの神社は、江戸時代に鴻巣宿鎮守となっていた氷川社(鴻ノ宮氷川大明神)、熊野社、竹ノ森雷電社があり、明治6年に三社を合祀して、雷電社のあった当地に「鴻三社」として創建されました。
その後、鴻巣町内に鎮座していた日枝神社、東照宮、大花稲荷社、八幡神社を合祀して、明治四十年に「鴻神社」と改称して、現在に至ります。


一の鳥居になります。
f100a2b4.jpg

こちらは、社標になります。
e7fa2a4d.jpg

こちらが鳥居前にあった看板です。
ae0dccc2.jpg

参道を進むと、二の鳥居がありました。
ef86585d.jpg

進むと、右側には手水舎がありました。
c02d53a8.jpg

市街地に鎮座していますので、境内はさほど広くはありません。

絶えず参拝者はいらっしゃいました。
地域に根差した神社なんでしょう。

参道を進むと、正面には社殿がありました。
しかし、写真を撮り忘れてしまいました(>_<)

社殿前には夫婦銀杏という御神木がありました。
4c5844cc.jpg

とても立派です。

また、松の木もありました。
c3f0524e.jpg

こちらも御神木という位置づけなんでしょうか?
この木もなかなか立派です。続きを読む

楡山神社(埼玉県深谷市)3

埼玉県深谷市に鎮座する「楡山神社」に参拝してきました。
旧県社になります。

埼玉県深谷市の北部にありました。
周辺は、市街地から離れているので、少々長閑かもしれません。

駐車場は、鳥居横にありました。
自動車は、数台は停められそうです。
他にもあるかもしれません。

自動車で来たので、駐車場に車を停めて参拝です。

何だか道端にあるといった感じの神社です。

一の鳥居です。
aa954c1e.jpg

木製の鳥居です。
古そうな感じです。

門標です。
58d592ad.jpg

境内には、楡の木があり、それが神社名の由来になったそうです。

参拝したのは、1月1日でしたので、境内には参拝者はいらっしゃいました。
式内社なのでもう少し多いと思いましたが・・・

参道です。
005f2718.jpg

一の鳥居を入り、少し進むと、右側に神楽殿がありました。
0392cc70.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか。
参拝したときは、閉まっていました。

説明板がありました。
562b7d9e.jpg

「式内社」ですからね。

こちらが神事の案内板です。
9ea22aa3.jpg

やはりいろんな神事がありますね。続きを読む

大東山源蔵寺(埼玉県秩父市)5

798f0aca.jpg

埼玉県秩父市にある「大東山源蔵寺」に参拝しました。
曹洞宗のお寺になります。

中心部にある秩父駅からは、自動車で約十数分位の所にありました。

最寄り駅は、秩父鉄道大野原駅になります。
徒歩では、7分位です。

「愛宕神社前」という交差点が目印になります。

駐車場はありました。
自動車は、十数台位は停められそうです。

自動車を停めて、参拝です。

秩父三十四観音霊場の札所ではないので、参拝者は私だけでした。

御朱印は、本堂の右側にある「寺務所」で頂けます。
御朱印代は、300円でした。

由緒書きは、ありません。

お寺の方に御朱印をお願いしたら、「当寺は、観音霊場ではないですが・・・」と言われましたが、「十三仏霊場ですよね」というと、快く御朱印を書いていただきました。
汎用の御朱印帳に頂きました。

般若心経を写経したものを納経したら、「せっかくなので、本堂に上がってお線香をあげて下さい。」と言われ、本堂内でお参りさせて頂きました。

(´人`)

本堂の内部は、厳かな感じで良かったです。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
いろいろツイートしてます。
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ