神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

地蔵尊

祥寿山曹源寺 (群馬県太田市東今泉)5

KIMG2410

 群馬県太田市の北部、桐生市や足利市にも近い所にお寺はありました。

 これといった最寄り駅は無いので、自動車で行かれた方が良いかもしれません。

 駐車場は、境内の左側にある「参拝者駐車場」を利用できます。自動車は、十数台位は停められそうです。


 こちらのお寺の由緒は以下の通りです。
「文治三年(1187年)に新田家の祖新田義重が京都から迎えた養姫である祥寿姫の菩提をを弔うために建立された六角堂が起源である。過去に二度の火事により本堂は焼失し(1852)、仏殿であった『さざえ堂』のみ現存し、これを本堂としてます。寛政五年四月(1793)に関東の大工の祖といわれた町田兵部栄により十三年の歳月をかけて建てられたお堂は、間口・奥行きとも16.3m、高さ16.8m。外見からは二階建てに見えるが内は三階建て。
堂内は回廊式といって同じところを二度通らずに元の所に戻れる構造になっている。一階正面には本尊の魚籃観世音菩薩が祀られている。その左側の通路より右回りに進んで二階三階と上がっていき、また回りながら同じ道を通らずに一階に戻ってくるといった造りになっている。
 その回廊の内壁の一階には秩父三十四観音 二階には坂東三十三観音 三階には西国三十三観音の計百札所の観世音菩薩を模した観音様が安置されて、さざえ堂を一巡りすれば百箇所の札所を巡った功徳を得られると言われています。
 境内には数多くのあじさいが植えられていて六月下旬頃の景色はすばらしく、このことから『群馬のあじさい寺』とも呼ばれています。
 昭和五十二年九月(1977)に群馬県重要文化財に指定されました。」


 山門になります。
KIMG2396
 本堂になります。
KIMG2397

 長い改修工事を経て1月2日から本堂(さざえ堂)拝観が叶うようになりました。本堂(さざえ堂)の拝観料は大人300円です。

 紫陽花寺とも呼ばれており、今年の梅雨の時期の紫陽花は見ることはできそうです。

 鐘楼堂になります。
KIMG2400
 だるま石がありました。
KIMG2402

 御朱印は、本堂内の拝観受付にて頂けました。御朱印代は300円です。






寺院名:祥寿山 曹源寺
所在地:群馬県太田市東今泉町165番地
宗 派:曹洞宗
本 尊:魚籃観世音菩薩
札所等:新田秩父三十四観音霊場 二十四番札所
    太田七福神 布袋尊
    関東百八地蔵尊霊場 二十番札所
    東国花の寺百ヶ寺
    上州三十三観音霊場 七番札所
御詠歌:そうげんの 一滴わいて いまいずみ 心のあかを あらう水かな

諏訪山観音院 関東八十八ヶ所(群馬県桐生市)5

image

 群馬県桐生市にある「諏訪山 観音院」に参拝してきました。真言宗豊山派に属するお寺になります。

 桐生市の東部、桐生タイムスという新聞社の少し北側にありました。
 お寺の西側には「諏訪機神社」が鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。徒歩ではかなりかかりそうです。近くまでバスが来ているかもしれません。

 駐車場は、道路を挟んで反対側と境内の東側にありました。自動車は、数十台位は停められそうです。


 上毛新聞社刊‘ぐんまのお寺 真言宗機任砲茲襪藩浬錣蓮以下の通りです(一部を抜粋)。
「当寺の開創は文書・記録が失われていて確実なことはわからない。しかし、江戸時代中ごろの郷土史家高橋五右衛門守行によって著された『今泉古事談』によると、正保元年(1644)養甚という道心が岩崎彦右衛門の庵に移り住んだのを始まりとする。承応元年(1652)小俣村(足利市)威徳院の弟子、秀賀という僧が来住、庵を今の観音堂の廟所に移し観音院と呼んだ。その後、寛文二年(1662)に現在地諏訪の森に移した。」


 日限地蔵尊として知られているお寺です。お地蔵さまは地蔵堂に祀られています。
image

 本堂には聖観音が祀られています。
image

 関東八十八ヶ所・上州三十三観音霊場・上州新四国八十八ヶ所の各札所本尊になります。

 大通りから外れているので境内はとても静かです。

 本堂左後方には、寺樹という欅(けやき)の木がありました。
image

 木の下には石造不動明王立像がありました。神社で言うところの御神木に相当する木だと思われます。

 御朱印は、地蔵堂に併設されている御朱印受付にて頂きました。御朱印代は300円でした。

 各種御守りはありました。





寺院名:諏訪山 能満寺 観音院
所在地:群馬県桐生市東二丁目13‐18
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:聖観世音菩薩
札所等:関東八十八ヶ所 十番札所
    上州三十三観音霊場 五番札所
    上州新四国八十八ヶ所 四十八番札所
御詠歌:諸人の 願いをしかと 能満の 深き誓いに 絶えぬ香煙

春日岡山 惣宗官寺(栃木県佐野市)2

栃木県佐野市にある「春日岡山 転法輪院 惣宗官寺」に参拝してきました。
天台宗に属するお寺で、「佐野厄除け大師」として有名なお寺です。

佐野市の中心部にお寺はありました。

最寄り駅は、JR両毛線・東武佐野線「佐野駅」になります。
徒歩では、10分位かかりそうです。

お寺専用の無料駐車場が周辺にありました。
お寺の前には有料駐車場もありますので、気をつけて下さい。


お寺の由緒は以下の通り(ホームページより抜粋)。
「朱雀天皇の天慶七年(944年)3月、奈良の僧宥尊上人が開いた寺で、最初は日本の仏教で最も古い南都六宗の法相宗に属し、正しくは春日岡山転法輪院惣宗官寺(かすがおかやまてんぼうりんいんそうしゅうかんじ)という。
藤原秀郷公が平将門降伏の誓願により、佐野の春日岡(現在の城山公園)の地に、春日明神の社殿とともにお寺を建て朱雀天皇に申し上げたところ、天皇は大変喜ばれ「春日岡山惣宗官寺」の勅額を賜ったといわれている。
それ以来、藤原一門の信仰あつく栄えたが、平安時代の末期の保元・平治のころには衰えた。

その後比叡山の僧で俊海という人が、父の藤原光憲から「春日岡は、わが祖父である秀郷公の創立した氏寺である。 昔、保元・平治の乱に殿堂が焼けて灰になったが、父の志を継ぎ修行の後にこの山を復興せよ。」このことを深く 心にとどめ、この寺の荒れ果てたことを憂い、正応年間(鎌倉時代)に信徒を集めて、藤原一族および北条一門の 有志とはかり、鎌倉幕府九代執権北条貞時をさとして、永仁五年(1297年)8月に復興完成し、これ以後「法華経」を所依の経典とし、伝教大師を宗祖と仰ぐ天台宗となる。
その後十二世の僧豪海のときに慶長七年(1602年)、秀郷公から30代の佐野信吉公が、幕命により唐沢城をこの春日岡(城山公園)に移すにあたり、寺は現在地に移転した。
徳川時代には御朱印五十石を拝領し、寺社奉行も置かれ、三代将軍家光公も参拝する等徳川幕府との縁故も深い。
また当山は、厄よけ元三慈恵大師(御本地・如意輪観音)を安置し、厄よけ、身体安全の祈願を続けており、年毎に信者が激増し、正月大祭には約百万人以上の参拝客を仰いでいる。」


こちらが山門でしょうか?
1377fb92.jpg

土曜日に参拝したので、参拝客はとても多かったです。

入って目に付くのが、こちらの鐘楼です。
7ab4d266.jpg

信者と書いて「儲かる」と読みますが、この鐘を見るとそう思います。

山門を入り、左側お片隅には、「春日稲荷大明神」がいらっしゃいました。
e3a44e4d.jpg

いわゆるダキニ天を祀ってあると思われますが、開山と深く関係があるようです。
996ba6e1.jpg

説明板がありました。
ふむふむ。

こちらが「東照宮」です。
7ab4d266.jpg

「佐野東照宮」と呼んでいいのでしょうか?
こぢんまりしています。
神仏習合的でしょうか、おそらくは徳川家康公が久能山から日光山へ改葬される際にこちらのお寺で一時的に休息したのかもしれません。
それが故に、東照宮が勧請されたのかもしれません。
もしかすると、こちらはお寺の境内にあるので「東照宮」というよりも東照神君の本地仏にあたる「薬師如来」が祀られているのかもしれませんね。
つまり「薬師堂」かもしれません。

こちらが地蔵堂です。
4fbf816f.jpg

小僧さんがいらっしゃました。
4935b5cc.jpg

可愛らしいです。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ