まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

台之郷観音

江徳寺(群馬県太田市)5

59a179e2.jpg

群馬県太田市にある「孤峰山 江徳寺」に参拝してきました。
曹洞宗のお寺になります。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「韮川駅」になります。
徒歩では、数十分位はかかりそうです。

駐車場は、山門の前にありました。
自動車は、数十台位は停められそうです。

元和2年(1616年)に開創されたお寺になります。
江戸時代には寺子屋が置かれており、明治時代には韮川小学校の全身である「擇善学校」が置かれていたそうです。
昭和16年(1941年)火災にあい、昭和24年に本堂は再建されました。
残念ながら、お寺に関する文献は無くなってしまい、詳細は分からなくなってしまったそうです。

入口です。
0c9b4612.jpg

脇には、お地蔵様がいらっしゃいました。
46954cb9.jpg

境内の左側には、観音堂がありました。
498b2728.jpg>

東武伊勢崎線韮川駅の近くにあった「観音寺」というお寺が駅周辺の開発のため、こちらのお寺の境内に遷座し、祀られたお堂になります。
「台之郷観音」と呼ばれている三尺七寸(112cm位)ある聖観世音菩薩が祀られています。
こちらの観音様は、東上州三十三観音霊場の札所本尊になります。続きを読む

街道を行く“日光例幣使街道 台之郷の辻(群馬県太田市)”3

江戸時代、徳川家康の没後、久能山東照宮から日光東照宮へ改葬されました。

その際に、東照宮に幣帛を奉献するための勅使(日光例幣使)が遣わせることになりました。
中山道の倉賀野宿を起点として、楡木(にれぎ)宿において壬生通り(日光西街道)と合流して日光坊中へと至る道を「日光例幣使街道」と呼びます。

その途中、太田宿から八木宿の間に「日光例幣使道 台之郷の辻」がありました。
b0c11e7c.jpg

国道122号線の「東長岡」という交差点を西に行くと、「石原東」という交差点があります。
その交差点を北(右折)へ行くと、右側に「文真堂書店 石原店(住所:太田市石原町540‐5)」があります。
その駐車場に石標がありました。
ひっそりと建ってます。

近くには、台之郷観音を祀る「孤峰山 江徳寺(所在地:群馬県太田市台之郷845番地 宗派:曹洞宗 本尊:釈迦如来 聖観音 札所等:東上州三十三観音霊場 十三番札所)」がありました。
こちらの江徳寺は、例幣使の休息に使われたのでしょうか?

周辺は、太田市の中心部から外れていますので、長閑な感じもします。

こんな所を日光例幣使が行列を仕立てて、通過したのを思うと、何だか歴史を感じさせます。

江戸時代に生きた方は、これを頼りに道を行き来していたわけですね。

まほろば流の「街道をゆく」の第一弾でした。
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

まほろばと申します。

「社寺参詣道 代表師範」になります。

社寺巡りや散歩を趣味にしています!
リンクやトラックバックはご自由に。ただしアダルト系は困ります。
コメントもしていただくと嬉しいです。

いろんな情報もコメントしてください。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ