まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

古墳

前橋八幡宮 誕生守(群馬県前橋市本町)5

 群馬県前橋市に鎮座する前橋八幡宮に平成31年1月6日に参拝いたしました。
 その際に「誕生守」を頂きました。
KIMG3673
 私は四月生まれなので「藤」が描かれています。
KIMG3688
KIMG3689
 初穂料400円です。前橋八幡宮オリジナルかどうかはわかりません。

 境内左側の授与所が開いていたので、神職の方は詰めていらっしゃいました。
KIMG3675
 御神札や御守りといった授与品も多くありました。
 こちらは破魔矢です。
KIMG3672
 各種御守りです。300円〜600円前後になります。
KIMG3671
KIMG3670
 伊勢神宮と前橋八幡宮の御神札もあります。

 いつまで社殿前の授与所が開いているかわかりません。閉まっている場合は「社務所(群馬県前橋市本町二丁目7‐2)」で祈祷祈願の受付や授与品は扱っていると思われます。

 鳥居横には「参集殿建設募金のお願い」という案内板がありました。
KIMG3681
 一口5,000円だそうです。良かったら寄付をお願いいたします。





神社名:前橋八幡宮
鎮座地:群馬県前橋市本町二丁目9‐21
祭 神:誉田別命 比売大神 息長帯比売命
社格等:旧県社 前橋総鎮守

前橋八幡宮 再拝 御朱印&御守り(群馬県前橋市本町)5

image

 群馬県前橋市の中心部、国道50号線と国道17号線の交わる交差点から遠くない所に神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「前橋駅」になります。徒歩では少々歩きます。

 神社専用の駐車場は、ありません。周辺には、有料駐車場がありますので、自動車で来られた方はそちらを利用してください。



 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「前橋市本町の旧県社。祭神は品陀和気命・息長足媛命。例祭は9月15日。
 1月9日の初市祭はだるま市として知られる。また、子育て八幡の信仰から七五三祭はにぎわう。
 在原業平の後裔の業重が石清水八幡宮を勧請したという。
 永禄年間(1558〜1570)に兵火に遭ったが、元亀・天正年間(1570〜1592)に北条氏らの武将が神田を寄進した。
 徳川将軍家から十五石の朱印領が寄せられた。藩主の酒井・松平両氏が代々崇敬し、前橋の総鎮守として市井の信仰も厚い。」


 公園内に鎮座しているといった感じです。

 鳥居になります。
image

 手水舎になります。
image

 社殿になります。
image

 境内。
image

 神社周辺は前橋市の中心部なので、買い物や食事ができるお店が多いです。

 久し振りの参拝なので、御朱印と御守りを一体(300円)頂きました。
image

 境内にある授与所は閉まっているので、社務所で頂きました。
image

image


 社務所の所在地は「前橋市本町二丁目7‐2」になります。
image





神社名:前橋八幡宮
鎮座地:群馬県前橋市本町二丁目9‐21
祭 神:誉田別命 比売大神 息長帯比売命
社格等:旧県社

烏子稲荷神社(群馬県高崎市)5

0b15dcdc.jpg

群馬県高崎市に鎮座する「烏子稲荷神社」に参拝してきました。

高崎市のJR高崎駅から北西へ直線で約5kmの所に神社はありました。

最寄り駅は、JR信越本線「群馬八幡駅」になります。
徒歩で神社まで行くのは、かなり大変かと思われます。

駐車場は、鳥居の前にありました。
自動車は、7〜8台位は停められそうです。


こちらの神社の由緒は以下の通りです(由緒書きより)。
「人皇五十代桓武天皇の御世延暦二年(783年)に藤原金善という人が山城の国藤の森稲荷の御分霊を勧請せりと云う。
武田信玄箕輪城攻略に際し戦勝祈願をし大願成就の後、武運長久を願ってご寄進をする。
安藤対馬守がご参詣のおり、挿し木をしたモミジが『逆さモミジ』として現在も繁っている。
徳川幕府より御朱印状をいただく。
十六石五斗並に境内山林竹木の納税諸役等の免除。
明治39年12月28日神饌弊帛料を供進しうべき神社に指定せらる。
平成7年3月23日市重要文化財として指定される。
平成3年3月1日付けで市史跡に指定された上小塙稲荷山古墳の上に神社が祀られています。」


烏子稲荷神社と書いて「からすこいなりじんじゃ」と読んでしまいがちですが、「すないごいなりじんじゃ」と読みます。
なんと読みづらいのか・・・
こちらの一帯を「須苗子の森(すなえごのもり)」と言ったため、神社名になったそうです。

由緒を考えると「山城国の藤の森稲荷」からの勧請とあるので、京都の「藤森神社」と「伏見稲荷大社」と関係があるようです。
もちろん山城国には「藤の森稲荷」はありません。

こちらが案内板です。
1d039cf7.jpg

こちらが入り口です。
722dffd6.jpg

入り口を入り、両サイドには蛙?がいらっしゃいました。
312c134a.jpg

7568faf3.jpg

こま蛙なんでしょうか?

また、身代わり達磨がいらっしゃいました。
e1e9d98f.jpg

神社で達磨大師ですか・・・
なんだか神仏習合的な感じがします。
自分の身体の痛いところと達磨と同じところをさすって痛みがとれるようお願いするとご利益があるそうです。
良くなった方は、七色(七種類)のお菓子を添えて御礼参りをする慣わしだそうです。

左側には、手水舎がありました。
643b4e16.jpg

手と口を漱いで、先に進みます。

一の鳥居です。
9c54b4dc.jpg

こちらが由緒を記した説明板です。
e5879a75.jpg
ふむふむ。

こちらが二の鳥居です。
48121d6b.jpg

こちらの神社は、上小塙稲荷山古墳に鎮座しています
高崎市指定史跡だそうです。
7bc7d458.jpg

階段を登ります。

登りきると、やはりいらっしゃいました。
c1863434.jpg

71dd72ec.jpg

お狐様です。

こちらが社殿になります。
422ed923.jpg

こちらが内部です。
b845da09.jpg

(´人`)

社殿の右側には、神楽殿がありました。
727b27c0.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?続きを読む

伊与久雷電神社(群馬県伊勢崎市)1

 群馬県伊勢崎市に鎮座する「伊与久雷電神社」に参拝してきました。旧郷社になる神社です。

 群馬県伊勢崎市の南部、旧境町に神社はありました。佐波第一工業団地を少し南に行くと神社が右側に見えてきます。通りに大きな鳥居がありますので、わかりやすいかもしれません。
aab64d42.jpg

 神社周辺には民家がありますが、少々のどかな感じがします。
 南側には、正久山円勝寺(伊勢崎佐波観音霊場の札所)がありました。別当寺だったのかな?詳しく調べていないので、わかりません

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「剛志駅」になります。徒歩では、無理かもしれません。

 駐車場は、境内の右側にあります。自動車は、十台位は停められそうです。

 神社は、古墳の上に鎮座しています。
7bdf61cb.jpg

 何だか小さい山のようで、富士塚かと思いました。神社の周辺には、まだ古墳があるそうで、古墳群が構成されているそうです。神社の社殿が鎮座している古墳は、重要だということになるでしょう。おそらくは、この地域を治めていた豪族のお墓なのでしょうか。

 拝殿まで行くと、森の中といった感じでした。

拝殿です。
d12fbb93.jpg

 大雷命(おおいかずちのみこと)が祀られています。小ぢんまりしてますが、立派です。

 境内社の一つ「英霊社」になります。社殿の右側に鎮座しています。
bd4acd81.jpg

 おそらくは、太平洋戦争で亡くなられた方々を祀ってあるのでしょう。だから「英霊社」なのでしょう。

 他にも、境内社はありました。

 御朱印は、境内の右側にある「社務所」で頂けるようですが、「不在のため裏の森様まで」と貼り紙が有りました。
 しかし、何処か分からず・・・社務所の裏手にあるお宅なのだろうか?今日は、何だか躊躇ってしまいました。

 後日、また参拝してみようと思います。




神社データ
神社名:伊与久雷電神社
鎮座地:群馬県伊勢崎市境伊与久3581番地
祭 神:大雷神
配 祀:高於加美命 火産霊命 菅原道真命 天照大神 保食神 他
社格等:旧郷社
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ