まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

千代田区

靖国神社 御朱印&扇子(東京都千代田区九段北)5

KIMG2727

 東京都千代田区の皇居の田安門の所に神社は鎮座していました。

 最寄り駅は、東京メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線「九段下駅」になります。「1番出口」出て、徒歩で数分位かと思われます。

 神社専用の駐車場はありました。いくらかは分かりませんが、有料のようです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(國學院大学日本文化研究所編『神道辞典』による)。
「〈祭神〉幕末以来大東亜戦争までの国事殉難の英霊二百四十六万余柱
 〈例祭日〉4月21日〜23日(春季例大祭)、10月17日〜19日(秋季例大祭) 〈神事〉新年祭(1月1日)、みたま祭り(7月13日〜16日)
 〈由緒〉明治元年(1868)5月10日、太政官は幕末以来の国事殉難者ならびに戊辰の役の殉難者の霊を京都東山に祭祀するよう布告し、6月2日には、江戸城西丸広間において東征大総督有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王が東京・奥州の各地で戦没した官軍将兵の招魂祭を執行した。
 以後、戊辰の役の戦没者を祀る招魂社の創立の気運が各地で高まったが、東京においては、翌明治二年6月12日、明治維新達成の犠牲となって国事に殉じた三千五百八十八柱の御霊を、現在の九段坂上の地に招魂社を創建して鎮祭することが決定した。同年6月29日、勅使五辻安仲が差遣わされ、小松宮嘉彰親王が祭主となり鎮座祭が斎行された。これが靖国神社の起源で、はじめ東京招魂社と称したが、明治十二年6月、靖国神社と改称し、別格官幣社に列せられた。
 この間、京都ならびに各藩の招魂社に祀られていた嘉永六年(1853)以降に斃(たお)れた維新の志士、陣没者をはじめ、佐賀、神風連(しんぷうれん)、秋月、萩の各乱と、西南の役の犠牲者を逐次合祀し、殉国者を祀る国家の神社としての基礎が確立された。
 その管轄には当初、内務省、海軍省が当たったが、実質的に陸軍省が主として管轄した。以来、日清・日露・第一次世界大戦をはじめ、事変、戦没、ことに第二次世界大戦に殉じた御霊を生前の身分、階級に区別なく合祀奉斎して、その数二百四十万余にも及ぶ。そのうちには女性祭神の約六万柱も含まれている。
 7月のみたま祭りには英霊の御霊を慰める多数の提灯が境内に灯される。
 また、遊就館には英霊の遺品、軍事品が展示されている。
 現在は神社本庁に属さない単立の神社である。
 〈旧社格〉別格官幣社(明治十二年)」


 護国の英霊を祀る神社になります。

 一の鳥居になります。
KIMG2695
 参道途中には大村益次郎の銅像がありました。
KIMG2696
 二の鳥居になります。
KIMG2698
 参道途中には売店があり、お土産を買ったり食事ができたりします。

 社殿になります。
KIMG2699
(´人`)

授与所では、御守りや御神札といった授与品が頂けます。
KIMG2794
 私は横山大観の書の「扇子(大)」を頂きました。初穂料1,000円です。

 遊就館があり、内部は拝観できます。売店があり、そこは無料ゾーンです。
 御朱印は、社務所の御朱印受付で頂けます。御朱印代は300円です。





神社名:編⊃声辧別国神社)
鎮座地:東京都千代田区九段北三丁目1‐1
祭 神:護国の英霊
社格等:旧別格官幣社 勅祭社

赤坂山王日枝神社 再拝(東京都千代田区永田町)5

KIMG2247

 東京都港区のオフィス街に神社は鎮座していました。

 最寄り駅は、東京メトロ千代田線「赤坂駅」、銀座線「溜池山王駅」になります。両駅から徒歩数分位の所にありました。


 こちらの神社の由緒は次の通りです(國學院大学日本文化研究所編 弘文社刊『神道事典』より)。
「〈祭神〉大山咋神、相殿、国常立尊、伊弉冉神、足仲彦尊
〈指定文化財〉太刀一振(国宝) 太刀十四振(重文)
〈例祭日〉6月15日(山王祭、神幸祭(隔年))
〈由緒〉創祀年代未詳。熊野那智大社米良文書の貞治元年(1362)の文書に『武蔵国豊島郡江戸郷山王宮』とみえ、これが当社の前身にあたるという説がある。また一説には、文明十年(1478)太田道灌が江戸築城の際に川越の無量寿寺(現、喜多院)の鎮守日枝神社から勧請したことに始まるともいう。
 天正十八年(1590)徳川家康が江戸に移封されたときに、城内の紅葉山の地に遷座し江戸城の鎮守とされた。慶長九年(1604)からの江戸城改築に伴い、麹町隼町に移遷され江戸庶民の参拝が可能となった。その後明暦の大火で類焼したため、万治二年(1659)さらに現在地にに移された。
 当社の祭礼である山王祭は神田祭と並び江戸の代表的祭りとされ、多数の山車・練物が出るなど華美を極めた。天下祭・御用祭としょうされた。
 明治元年(1868)11月、東京奠都に際して准勅祭社となり、そののち祠官となった平山省斎の努力などもあって皇城鎮護の社として官幣大社に進んだ。
 昭和二十年(1945)5月の空襲で国宝の社殿をはじめ宝物類を焼失したが、昭和三十三年6月に現在の社殿が復興された。
〈旧社格〉官幣大社(大正元年)」

 また、大修館書店刊「日本の神仏の辞典」よると次の通りです。
「東京都千代田区永田町に鎮座する旧官幣大社。神社本庁別表神社。主祭神は大山咋神、相殿神に国常立尊、足仲彦尊、伊弉冉神を奉斎する。
 江戸期においては日吉山王社・山王権現と称し大宮・二宮・三宮を祀った。
 創祀年限は平安末期に遡り、秩父流平氏の名族・江戸重長の江戸荘定着にともなって、同氏の本貫地川越荘の鎮守日吉宮を勧請したという。また、『米良文書』貞治元年(1362)の願文に『豊島郡江戸郷山王宮』とみえ、熊野師檀関係を軸とした中央との交流がうかがえる。
 文明十年(1478)太田道灌の江戸築城にあたり、郭内北の曲輪梅林坂に奉祀され、天正十八年(1590)徳川家康関東入国後は、紅葉山さらに半蔵門外へ遷祀、社領600石が付されるなど、爆風直轄の大社として重きをなした。明暦の大火後は現在地に遷り幕命によって荘厳な社殿が造営された。
 年二季、将軍家の奉幣があり、6月15日の祭礼は山王祭礼・天下祭りとして豪華な神幸祭を挙行、江戸第一の盛典と称された。」


 境内までエスカレーターで行きます。

 鳥居になります。
KIMG2202
 いわゆる「山王鳥居」と呼ばれる鳥居になります。

 「皇城之鎮」になる神社になります。
KIMG2205
 社殿になります。
KIMG2204
12月3日に参拝しましたが、七五三の家族連れが多かったです。さすが江戸最大の神社です。

 久しぶりに参拝したので、御朱印と東京十社巡拝のミニ絵馬を頂きました。





神社名:赤坂山王日枝神社
鎮座地:東京都千代田区永田町二丁目10‐5
祭 神:大山咋神
相 殿:国常立尊 伊弉冉神 足仲彦尊
旧 称:山王社 山王権現
社格等:旧官幣大社 准勅祭社 別表神社

神田神社(東京都千代田区外神田)5

image

東京都千代田区にある神社になります。

最寄り駅は、中央線・総武線「御茶ノ水駅」、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」になります。

駐車場は、見当たりませんでした。
自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場をご利用してください。


こちらの神社の由緒は次の通りです(國學院大学日本文化研究所編 弘文社刊『神道事典』より)。
「〈通称〉神田明神 〈旧称〉神田大明神、芝崎明神
〈祭神〉大己貴命(一宮)、少彦名命(二宮)、平将門霊神(三宮)
〈指定文化財〉将門塚(都史跡)
〈例祭日〉五月中旬(15日頃、神田祭)
〈由緒〉天平二年(730)武蔵国豊島郡芝崎村に開拓民として入植した出雲系氏族が大己貴命を祀るため創始したという。
 承平五年(935)の乱で敗死した平将門の首が、京都から持ち去られて社の傍らに葬られ、東国の平氏から崇敬された。嘉元年間(1303〜1306)疾病が流行すると将門の祟りと見なされて供養が行われ、延慶二年(1309)には荒廃した社を修復し、将門を相殿神に迎えた。
 その後徳川家康の江戸入府と江戸城増築に伴い、元和二年(1616)現在地に遷座。同四年には桃山風の社殿が竣工し、武州総社、城下総鎮守、江戸城鬼門の守護神として山王社に並ぶ待遇を受け、その祭礼も天下祭と呼ばれて将軍の上覧を得た。
 また、将門の末裔芝崎氏が神主と府内神社触頭(ふれがしら)に任命され、寛文三年(1626)天皇より将門勅免がくだった。
 明治元年勅祭社となるが、七年、将門が祭神より外されて別殿に移り、大洗磯前神社より少彦名命の分霊が迎えられた。しかし、昭和五十九年氏子の要望により、将門は三宮の祭神として復活した。
〈旧社格〉府社(明治五年)」

また、大修館書店刊「日本の神仏の辞典」よると次の通りです。
「東京都千代田区外神田に鎮座する旧府社。神社本庁別表神社。神田明神の称も名高い。主祭神として大己貴命・少彦名命・平将門命を奉斎する。
 社伝によれば天平年間、出雲系氏族による大己貴命勧請を創祀とする。中世には江戸郷芝崎村の鎮守として平将門の霊を奉斎したともいわれ、大手町の将門塚(都旧跡)の存在からも御霊信仰の深い影響がうかがえる。
 近世初期の江戸城大拡張により、慶長八年(1603)駿河台に移され、次いで元和二年(1616)江戸城東北鎮護として現在地に遷座した。
 『慶長見聞録』によると江戸城お茶の水の堀を境に北東を当社、南西を山王権現の氏子として江戸総鎮守とされた。幕府の尊崇は極めて厚く、幕命による社殿造営がみられ、また寛文十一年(1671)霊元天皇から神田大明神の宸筆勅額の下賜をみた。
 5月15日の例祭は天下祭り・御用祭りとも称し、城内神輿繰り込みが免許され、将軍上覧があった。豪荘華麗な山車が江戸市中を巡幸し江戸・東京を代表する大祭と称された。」


「なんだ神田の大明神」と詠まれた神田明神です。
正式な神社名は「神田神社」となります。

参道には「甘酒」を売るお店がありました。

随神門になります。
image

鮮やかな門になります。

手水舎になります。
image

手と口を漱いで参拝です。

神楽殿でしょうか。
image

こちらは大黒天です。
image

(´人`)

社殿になります。
image

(´人`)

平将門も祀られています。

境内には、「銭形平次の碑」がありました。
image

といっても銭形平次自体は架空の人物になりますが、物語では神田明神の近くに住んでいたということで、こちらの神社に碑があります。

境内の左側には江戸神社が鎮座していました。
image

御朱印は、境内の左側にある授与所で頂けました。
御朱印代は、300円でした。

御守りや御札といった授与品はありました。




神社名:神田神社
鎮座地:東京都千代田区外神田二丁目16‐2
祭 神:大己貴命 少彦名命 平将門命
通 称:神田明神
社格等:旧府社 勅祭社 江戸総鎮守
札所等:東京十社めぐり
URL:http://www.kandamyoujin.or.jp/

築土神社(東京都千代田区)4

537f253b.jpg

東京都千代田区に鎮座する「築土神社」に参拝してきました。

最寄り駅は、東京メトロ東西線・半蔵門線、営団新宿線「九段下駅」になります。
「1番出口」が一番近いです。

駐車場は、見当たりませんでした。
自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場を利用した方が良いかもしれません。

「靖国神社」・「皇居の田安門」・「東京理科大学」の近くに鎮座しています。
以前は、新宿区に鎮座する「筑土八幡神社」の近くに鎮座していたそうです。

江戸城田安門と江戸時代の御三卿である田安徳川家の「田安」の由来は、築土神社の旧称の「田安明神」からきているそうです。

ビルの谷間に鎮座していますが、いざ境内に入ると、とても雰囲気の良い神社でした。

社殿です。
dc388967.jpg

なかなか立派でした。
何造りなんでしょうか?

社殿の右側には「世継稲荷」が鎮座していました。
安産・子育てにご利益があるそうです。

近くにある「靖国神社」には、多くの方が参拝しますが、こちらの神社にはちらほらといった感じです。
なので、隠れたパワースポットかもしれません。

御朱印は、境内の右側にある「社務所(授与所)」で頂けます。
御朱印代は、300円でした。

判子の御朱印でしたが、いろんなサイトを見ると、直接御朱印帳に墨書きをしているサイトを見ました。
以前は、墨書きをしていたのでしょうか?

由緒書きは、有りました。

御守りや御札といった授与品は有りました。
お正月限定で「勝守り」を授与しているそうです。





神社データ
神社名:築土神社(つくどじんじゃ)
鎮座地:東京都千代田区九段北1丁目14‐21
祭 神:天津彦火邇々杵尊
相 殿:平将門公 菅原道真公
旧社格:村社
別 名:築土明神
旧 称:津久戸大明神 江戸明神 田安明神

神田神社(東京都千代田区)5

49b17203.jpg

東京都千代田区に鎮座する「神田神社」に参拝してきました。
「神田明神」と呼ばれており、「江戸総鎮守」になる神社になります。

湯島聖堂の裏手に鎮座していました。

最寄り駅は、JR中央線・東京メトロ丸ノ内線「お茶の水駅」、東京メトロ千代田線「新お茶の水駅」になります。

神門です。
e65c4fc2.jpg

朱色の綺麗な門です。
門前には、甘酒を売るお店がありました。

社殿です。
5b115e1f.jpg

残念ながらコンクリート製ですが、権現造になるそうです。
祭神は、「一宮:大己貴命 二宮:少名彦命 三宮:平将門」になります。

明治時代に、明治天皇が参拝したとき、「平将門」は朝廷に反逆した朝敵になるので、祭神からはずしたそうです。
その代わり、茨城県大洗町に鎮座する「大洗磯前神社」から「少彦名命」を勧請したそうです。

境内は、白と赤(朱色)のコントラストといった感じです。
なんだか「土」を感じさせないのも、何だか違和感が・・・

授与所の左側には休憩室がありました。
また、神門を入り、左側にも休憩所もありました。
参拝した日は8月15日で、とても暑かったので授与所の隣の休憩所で休ませて頂きました。

境内には、「銭形平次の碑」がありました。
境内社も多く鎮座していました。

御朱印は、境内の左側にある「授与所」で頂けました。
御朱印代は、300円でした。
御朱印は巫女さんが書いてくれました。
「江戸総鎮守」だとか「御府内総鎮守」って書いていただけたなら、最高でした。

由緒書きは頂けます。

御守りや御札といった授与品は、ありました。

休憩所には、オリジナル御朱印帳や東京十社御朱印帳、参拝記念品が多くありました。

神田明神の裏手には、「明神男坂」がありました。
e553fb75.jpg

なかなか味わいのある坂です。
社寺巡りも良いですが、「坂巡り」もなかなか良いです。




神社データ
神社名:神田神社
鎮座地:東京都千代田区外神田二丁目16‐2
祭 神:大己貴命 少名彦命 平将門
社格等:府社 准勅祭社 別表神社
通 称:神田明神
札所等:東京十社めぐり
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ