KIMG3116

 群馬県甘楽郡下仁田町の妙義山に鎮座する神社になります。

 駐車場は、道路を挟んで反対側にありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「群馬県甘楽郡下仁田町上小坂に鎮座。祭神は本社が日本武尊、前宮が大国主尊。例祭は10月15日。5月5日に若葉祭、11月3日に紅葉祭、4月と11月の初子の日に甲子祭があり獅子舞を奉納する。
 欽明天皇の御代に妙形氏が創建したと伝える。寿永二年(1183)藤原祐胤が神剣を奉納した。元和元年(1615)に加藤長清が中興開山となり神器を守った。江戸期の領主・織田長久が社殿を改築し社地を寄進し厳高寺を草創して別当とし、松平藩の総鎮守とした。明治維新後小坂村内の数社を合祀した。
 前宮の甲子大国神社は弘仁二年(811)に藤原冬嗣と弘法大師か登嶽し大国主命を奉斎した。」


 妙義山の山頂に近いところに神社は鎮座していました。
 5月4日に参拝しましたが、風が強かったです。

 駐車場から見る妙義山です。
KIMG3087
 鳥居になります。
KIMG3088
 境内には「中ノ嶽ドライブイン」があります。
KIMG3089
 お土産物や食事ができます。

 運気が上昇するそうです。
KIMG3102
 黄金色に輝く大国主命(大黒天)立像がいらっしゃいました。
KIMG3091
 通常は打出の小槌を持っていますが、こちらの大黒さまは剣を持っています。

 中之嶽大国神社になります。
KIMG3090
 社殿です。
KIMG3095
 中之嶽神社の前宮になるそうです。

 狛犬ではありませんが、二体の大黒天がいらっしゃいました。
 剣を持った厄除大黒天です。
KIMG3097
 打出の小槌を持った開運大黒天です。
KIMG3096
 中之嶽神社の鳥居になります。
KIMG3099
 急な石段を登ります。断念しました。
KIMG3100
 遥拝いたしました。

 御朱印は授与所で頂きました。御朱印代は、2社分を書いていただき600円です。
 
 書き置きの限定御朱印がありました。
KIMG3094
 初穂料1,000円だそうです。

 御守りや御神札といった授与品はありました。私は交通安全のステッカーを頂きました。一体300円です。




神社名:中之嶽神社
鎮座地:群馬県甘楽郡下仁田町上小坂1248番地
祭 神:日本武尊 外十六柱
社格等:‐
札所等:鏑川七福神 大黒天